キレイの先生

ホーム > 美ボディ > ボディケア > 

「シロダーラ」とは?たくさんありすぎる効果の中から16つ

アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico  飯島 生都子 先生

「シロダーラ」とは?たくさんありすぎる効果の中から16つ

「キレイの先生」編集部です。

「私、天狗をみました…」

これは、あるサロンのお客様がおっしゃったという発言です。

その方は、「シロダーラ」というメニューをお受けになられていたそうです。

額の一点に温かなオイルを垂らし続けている内に、酩酊したようなゾーンに入り、そこで天狗をみたといいます。

取材後の雑談で、その話をお聞きしてから、このサイトでも「シロダーラ」について、ずっと取り上げたいと思っていました。

何より、私自身が話をお聞きしてみたかったです。

今回、ようやくその機会が来ました。

取材させていただいたのは、アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico の飯島 生都子 先生です。

和 nico さんにも、シロダーラのメニューがあります。

シロダーラには、スピリチュアルな側面もあるようです。

だれもが天狗をみるわけではありませんが、飯島 先生の話をお聞きすると、それも不思議なことではなさそうです。

シロダーラとは、何なのでしょうか?

そして、どんな効果が期待できるのでしょうか?

飯島 先生に教えていただきました。

* こちらは、飯島 先生の前編の記事です。後編では、「セサミオイル」について取り上げます。

目次

アーユルヴェーダとは

シロダーラとは
・バンチャカルマ
・セサミオイル

シロダーラの効果
・ホームケアで行う方法

まとめ

本日のキレイの先生

アーユルヴェーダデトックスサロン 和 nico

飯島 生都子 先生

「キレイの先生」編集部

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは

飯島 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「シロダーラ」です。

実は、私がずっとお聞きしたかったテーマでもあります。

シロダーラは、「アーユルヴェーダ」の技術です。

まずは、アーユルヴェーダについて、お話しいただけますか?

アーユルヴェーダは、インドの医療で、5,000年以上前からある世界最古の医学といわれています。

元は、「リシ」と呼ばれる聖者たちが、「人間の病気がどうしたら良くなるのか」といったことを、山の中で瞑想し、悟りを開いた英知が口承で伝わり、経典のようなものが出来上がりました。

そして、紀元前800年頃、最初のアーユルヴェーダの医学校が設立されました。

アーユルヴェーダの歴史については、いくつかの説があるのですが、この「リシの悟りが始まり」という説が、よくいわれているものです。

私は、アーユルヴェーダが医学であることは知っていました。

ただ、聖者の瞑想から始まったといわれているのですね。

哲学的なものも感じます。

はい、アーユルヴェーダには、「幸せは内から来る」という考え方が含まれています。

アーユルヴェーダは、19世紀の頃に一旦衰退するなど、何度かの挫折をしながら、ほぼ形を変えずに、現在まで伝えられてきているといいます。

そして、現在のインドでは、西洋医療と並んで用いられています。

アーユルヴェーダの医師になるためには、大学で長くきちんと学ぶ必要もあります。

インドには、アーユルヴェーダの大学があるのですか!?

日本の医大みたいです…。

アーユルヴェーダは、蓮(はす)がシンボルとして使われます。

これまで取材したアーユルヴェーダサロンさんにも、ロゴに蓮の花をお使いのお店がありました。

その蓮は、内科や外科、小児科など、8つの部門を表しています。

日本の病院と同じ分類の仕方をしているのですか。

伝統医療というイメージが少し変わります。

他にも、毒物学や、日本でいう「若返り」科などがあります。

アンチエイジングですね。

アーユルヴェーダは、心や身体の科学の集大成で、人間のマニュアルといえます。

例えると、パソコンが不調なときにみる、取扱説明書や手引書のようなものです。

身体が不調なときの養生法や食べ物のこと、病気になったときの生薬・ハーブ、食事療法、デトックスの方法などがまとめられています。

日本では、アーユルヴェーダは、アンチエイジングのウェイトが大きいように感じます。

私自身も、そのようなイメージがありました。

ただ、実際のアーユルヴェーダは、それだけにはとどまらず、もっと大きなことを含んでいるのですね。

シロダーラとは

シロダーラとは

Therme Loipersdorf(flickr)

では、「シロダーラ」の話に入らせていただきます。

この記事をお読みの方の中には、シロダーラをご存じない方もいらっしゃると思います。

シロダーラはどんなことをする技術なのか、お話しいただけますか?

シロダーラは、簡単にいうと、額の眉間のあたりに温めたオイルを垂らし続ける施術のことをいいます。

この場所は、「3の目」とも呼ばれています。

「第三の目」とは、何でしょうか?

人間の体には、エネルギーが流れています。

そのエネルギーが集まるところを「チャクラ」といい、第三の目は、「6チャクラ」と呼ばれています。

大体、どのくらいの時間、その第三の目にオイルを垂らすものなのですか?

3040くらいでしょうか。

オイルは、1Lほど使います。

1Lも使うのですか!?

はい、落ちてきたオイルをまた温めて、もういちど入れ直して、といったように循環させます。

私はてっきり、「オイルを垂らし始めたら終わりで、それが流れ落ちるまで待っているだけ」のものと思っていました。

そうではないのですね?

はい、そうですね。

もし、オイルを循環しなければ、1Lのオイルは数分で流れてしまいます。

それでも、一回に1Lのオイルをお使いになるのですか。

贅沢ですね…。

アーユルヴェーダは、オイルをたくさん使います。

そのため、「王様のマッサージ」とも呼ばれたりもしています。

バンチャカルマ

ちなみに、本場のインドでは、シロダーラはどのように用いられているのですか?

アーユルヴェーダには、「バンチャカルマ」と呼ばれる処置があります。

「ドーシャ」というエネルギーの考え方があるのですが*、バンチャカルマは、増えすぎたそのエネルギーを抑える方法です。

病気を抑えたり、若返りにも期待できたりします。

バンチャカルマは、前処置・中処置・後処置に分けられます。

その中で、シロダーラは前処置として施されます。

ちなみに、前処置には、「油剤法」である身体のボディマッサージなども含まれています。

身体と心をゆるませて、エネルギーの流れを良くし、身体に毒素を排出する準備をさせることが目的です。

そして、中処置で、集めた汚れを排出していきます。

それには、吐かせたり、点鼻したり、浣腸したり、瀉血(しゃけつ)したりします。

瀉血とは、静脈から少量の血液を抜くことです。

身体がきれいになったところで、最後に後処置として、身体を元の状態に戻していきます。

この後処置には、食事の改善や、身体を若返らせるアーユルヴェーダの万能薬を服用することなどがあります。

編集部のコメント

ここで、飯島 先生のお話をまとめてみます。

「バンチャカルマ」は、下のような処置のことをいうそうです。

1. 前処置

「シロダーラ」やボディマッサージなどで、身体と心をゆるませて、身体に毒素を排出する準備をさせます。

2. 中処置

下のような方法で、集めた汚れを排出する。

・口から吐かせる
・点鼻
・浣腸
・瀉血(少量の血液を抜くこと)

3. 後処置

身体がきれいになったところで、食事の改善や、アーユルヴェーダの万能薬の服用などによって、身体を元の状態に戻していく。

* ドーシャは、アーユルヴェーダの考え方で、エネルギーのことをいいます。「ヴァータ(風の性質)」・「ピッタ(火の性質)」・「カパ(水の性質)」に分けられ、私たちはこれらすべてを持っています。そのバランスが乱れると、心身などの不調の原因になります。ドーシャについては、「アーユルヴェーダの体質で選ぶ美容オイル!貴方に合うのは?」などでも取り上げています。

セサミオイル

シロダーラには、どのようなオイルが使われるのですか?

日本では、ほぼセサミオイルが使われていると思います。

セサミオイルに、煎じたハーブを合わせたりして、使うこともあります。

セサミオイルは、いちど100度に温めてから使います。

それを、「キュアリング」と呼びます。

セサミオイルには、身体を温める作用がありますが、キュアリングすることで、それが強まります。

また、不純物が飛ばされることで、皮膚から吸収されやすくもなります。

セサミオイルはデトックスの作用があるため、シロダーラを行っていると、オイルが濁ってきて、体内の汚れが出てくるのが分かります。

オイルが濁るほど、セサミオイルはデトックス作用が強いのですね。

アーユルヴェーダの本場のインドでも、シロダーラには、セサミオイルが使われているのですか?

はい。

また、黒ゴマを絞ったオイルも使われたりします。

それ以外にも、水や牛乳に煎じたハーブを合わせたものや、そこにヨーグルトを加えたものなども使われたりもするそうです。

本来は、体質や目的別に、シロダーラに使うものも変えていきます。

ちなみに、先生のサロンでは、何をお使いになっているのですか?

やはり、セサミオイルですか?

セサミオイルに、煎じたハーブを合わせて使っています。

ハーブは、インドから取り寄せています。

先生ご自身が一回一回、セサミオイルとハーブを合わせているのですか?

はい、そうですね。

これが、ブレンドしたオイルです。

シロダーラのオイル

色がはっきりと付いています。

ハーブがブレンドされているだけに、独特な香りがします。

これを先生が、ご自分でお作りになっているのですか。

お手間がかかっていますね…。

シロダーラの効果

シロダーラは、どのような効果が期待できるのですか?

インドでは、医療にも用いられているようですから、身体には良さそうです。

オイルを垂らす「第三の目」は、直感につながっている部分です。

自分自身につながっている場所ともいえます。

オイルを垂らし続けることで、感覚神経が刺激され、リラックスして感情のデトックスになります。

中には、イライラをためている人は一瞬イライラが強くなったり、無意識に涙を流したりする方もいらっしゃいます。

それも、感情のデトックスになっているからだと思います。

アーユルヴェーダは、「脳のマッサージ」のイメージです。

また、霊性も高いため、心の浄化になります。

脳内のアルファ波が上がり、瞑想状態に入ることもできます。

私は以前、「シロダーラ中に天狗をみた」という話を聞いたことがあります。

それは、霊性が高いことや、瞑想状態に入りやすいことも、関係していそうです。

シロダーラは、特に、ストレスから来るものに良いです。

例えば、お客様の中には、一回のシロダーラで、不眠などの睡眠障害・眼精疲労・偏頭痛などが良くなったという方もいらっしゃいました。

他にも、めまいや立ちくらみなどにも良いです。

脳の疲れに作用するため、慢性疲労などにもおすすめです。

また、頭皮を健康にするため、ストレスから来る白髪や抜け毛にも良いです。

首や肩コリの解消にもなります。

鼻づまりにも効果があります。

オイルの重さで頭部を引っ張って、マッサージにもなるため、顔のリフトアップ効果も期待できます*。

他にも、お肌に輝きが出たり、くすみが取れたり、化粧ノリが良くなったりもします。

シロダーラには、ここですべてを挙げられないほど、たくさんの効果が期待できます。

編集部のコメント

今回、飯島 先生に教えていただいたシロダーラの効果は、ほんの一部です。

その内容をまとめると、下のようになります。

飯島 先生のおっしゃるように、ストレスから来る症状や悩みへの効果が高そうです。

1. 感情のデトックス

2. 心の浄化

3. 瞑想状態に入りやすい

4. 不眠などの睡眠障害の改善

5. 眼精疲労の解消

6. 片頭痛の改善

7. めまい・立ちくらみ

8. 慢性疲労の改善

9. 白髪の改善

10. 抜け毛の改善

11. 首・肩コリの解消

12. 鼻づまりの改善

13. 顔のリフトアップ

14. お肌に輝きが出る

15. くすみが取れる

16. 化粧ノリが良くなる

など

* 顔は一枚の皮膚でつながっています。そのため、頭部がほぐれることで、顔もリフトアップします。そのことは、「頭皮をやわらかくするマッサージ等の方法6つ!たるみ改善も」などでも取り上げています。

ホームケアで行う方法

シロダーラは、本当にたくさんの効果が期待できるのですね。

ただ、話をお聞きしていると、ホームケアで行うのには難しそうです。

そうですね。

ただ、「第三の目」の場所を、オイルでくるくるとマッサージするだけでも良いです。

それを続けるだけでも、身体は変わってくると思いますよ。

それなら、シロダーラの代わりに、自宅でも行えそうです。

先生には、シロダーラの面白い話をたくさんお聞かせいただきました。

この後も引き続き、シロダーラでも使われる「セサミオイル」について、お話しいただきたいと思います。

こちらの内容も楽しみです。

まずはここまで、ありがとうございました。

まとめ

シロダーラの効果について、飯島 先生にお聞きしたとき、「たくさんありすぎるんですよ」と笑っていらっしゃったのが印象的でした。

シロダーラは、心のデトックスになります。

脳のマッサージは気持ちが良さそうです。

ストレスから来る症状におすすめです。

美容にも効果があります。

ちなみに、あるお客様は「合コン前にシロダーラを行うと良い」とおっしゃっていたそうです(それを真っ先に心の中でメモしたのは、内緒の話です)。

現代は、ストレス社会ですから、シロダーラで、心をいちどリセットするのも良いのではないでしょうか?

飯島 先生には、セサミオイルについても、話をお聞かせいただきました。

セサミオイルは、シロダーラをはじめ、アーユルヴェーダでよく用いられるオイルです。

こちらも、面白い内容なので、合わせてご覧ください。

本日のキレイの先生