キレイの先生

ホーム > 体もキレイ美容法 > 

アロマ香水の作り方!精油をブレンドする手作り香水のレシピ

aroma room Chamomile  田村 真喜 先生

アロマ香水の作り方!精油をブレンドする手作り香水のレシピ

「キレイの先生」編集部です。

「あれ、いい香りしますね」

エステサロンの取材から社内に戻ると、そう聞かれることがあります。サロンで焚かれていたアロマの香りが、私に移っているんですね。

ふとしたときに、アロマの香りが鼻をくすぐるのは、悪くありません。

そんなアロマの香りで身を包みたいときにおすすめなのが、「アロマ香水」です。

アロマ香水は、精油(エッセンシャルオイル)を使って、簡単に手作りできちゃいます。必要な材料も少ないです。

好きなアロマの香りを持ち歩けるなんて、最高ですよね。

今回は、aroma room Chamomile の田村 真喜 先生に、手作りアロマ香水の作り方を教えていただきました。香水を作るのにおすすめの精油もご紹介いただいています。

アロマ香水も、魅力的なアロマの楽しみ方ですよ。

目次

アロマ香水の魅力

トップノート・ミドルノート・ベースノート

手作りアロマ香水の材料
・材料1. 無水エタノール・精製水
・材料2. お好きな精油

手作りアロマ香水の材料・道具
・道具
・容器
・容器(アロマペンダント)

手作りアロマ香水の作り方
・1. ブレンドする精油を決める
・2. アロマ香水を作る

その他のレシピ
・オーデコロン
・「ケルンの水」のレシピ

手作りアロマ香水の使い方・保存期間
・使い方
・保存期間など

精油の選び方

通販で手に入る精油を編集部が集めました

まとめ

アロマ香水の魅力

アロマ香水の魅力

香水のブランドは色々あって、私も好きな香りはいくつかあります。

香水は、濃度によって種類が分けられています。

例えば「パヒューム」は、アルコールをベースに芳香成分が入っていて、薄めていない香水のことをいいます。濃度にすると、15%くらいでしょうか。いちどに使う量も少ないため、小さめのビンに入っていることが多いです。

他にも、香水の種類には「オーデトワレ」や「オーデコロン」などがありますが、この「オーデ(Eau de)」はフランス語で「水の」という意味です。これらは、芳香成分を水やアルコールで薄められたものです。オーデコロンの濃度は8%くらいで、オーデトワレはそれよりも少し濃いイメージです。

香水はその人の印象になったり、すれ違ったときの残り香で素敵に感じたりします。

ただ、満員電車の中では、香りがきつく感じたりすることもあるのではないでしょうか?

手作りのアロマ香水は、自分で濃度を調整することができ、2%くらいの濃度で作ると、香りはそれほど強くありません。イメージとしては、石鹸の香りが漂うような感じでしょうか。

そのため、自分自身で楽しむための香りといえるのではないかと思います。

そして、自然の植物が凝縮された精油を使うため、自分好みの香りを作ることができます。

精油にはそれぞれ効能があるため、ブレンド(組み合わせ)によって、リラックスやリフレッシュを促してくれます。

このようにアロマ香水は、作り方や使い方が自由で魅力があります。

トップノート・ミドルノート・ベースノート

トップノート・ミドルノート・ベースノート

アロマ香水は、1種類の精油から作ることもできます。

ただ、香りに深みを出すには、数種類の精油をブレンドするのがおすすめです。私もアロマ香水を作るときには、数種類の精油を使っています。

例えば、ウッディ(森林)系の香りの精油に、花の精油をブレンドすることで、香りに華やかな感じが出るようになります。

料理で隠し味にスパイスを使うように、精油をブレンドしていくのです。

いくつかの精油をブレンドして、初めに香り立つものを「トップノート」、トップノートが弱まって現れる香りのものを「ミドルノート」、ミドルノートも弱まり最後に現れる香りを「ベースノート」といいます(ノートとは、精油の香りが持続する時間のことをいいます)。

そのため、最初にアロマ香水をつけたときに、「(トップノートの)香りが少し強いかな」と感じても、次第に落ち着いてきます。

それぞれのノートの持続時間は、精油の種類によって異なりますが、おおまかには、下のようなイメージです。

・トップノート:約30分
・ミドルノート:約2~3時間
・ベースノート:約6時間以上(種類によっては3日間程、持続するものもあります)

アロマ香水を作るときは、これらの香りを、好きな花でブーケを作るようにして組み合わせていきます。

手作りアロマ香水の材料

手作りアロマ香水の材料

材料1. 無水エタノール・精製水

アロマ香水を手作りするときの材料をご紹介します。

■ 無水エタノール
アルコールです。薬局などで販売されています。
精油を潤滑に混ぜ合わせるために使います。

■ 精製水
精油の濃度を薄めるために使い、こちらも薬局などで販売されています。
精製水は、お好きなフローラルウォーター*に置き換えることもできます(フローラルウォーターは、アロマショップなどでお取扱いしています)。

* 編集部:フローラルウォーターは、精油を作るときに出来る副産物で、植物の水溶性の成分が含まれています。

材料2. お好きな精油

手作りアロマ香水の材料 精油

精油は、柑橘系、フローラル(花)系、ウッディ(樹木)系、ハーブ系、オリエンタル系など、色々な種類があると、香水の香りを広げることができます。

ローズなどの高価な精油は1~2ml、安価な精油は5~10mlで販売されています。精油は量のたくさんとれるものは1000円くらいから購入でき、高価なものは1万円以上するものもあります。

精油はブランドによって、同じ植物でも香りが違います。そのため、アロマショップなどの専門店で、香りを試しながらお選びになるのが良いと思います。

また、精油は体内に入るので、信用できる専門店のオーガニックのものをおすすめします。

下が、3つのノート(トップ・ミドル・ベース)の代表的な精油です。

精油をお選びになるときのご参考にしてみてください。

■ トップノート
例えば、みかんの皮をつぶすと、プシュッと香りが飛ぶと思います。トップノートの香りは、そのようなイメージで、フレッシュに香り立つものです。柑橘系の精油が多くこれに当たります。

[柑橘系]オレンジ、ベルガモット、グレープフルーツ、など

[ハーブ系]ローズマリー、ペパーミント、ティートリー、など

* ベルガモットなど柑橘系の精油には、光毒性があるものがあり、直射日光にあたると肌に炎症を起こす場合があるので注意が必要です。光毒性を抜いたフロマクリンフリー(FCF)の精油を選ぶことをおすすめします(柑橘系でも、オレンジやマンダリンは光毒性がありません)

■ ミドルノート
3つのノートの中では、ミドルノートにくくられる精油が多く、種類も幅広いです。トップからミドルの間くらいに位置するアロマもあります(それを「トップミドル」と呼んだりもします)。

[フローラル(花)系]ローズ、ネロリ、イランイラン、など

[ウッディ(森林)系]ローズウッド、フランキンセンス、など

[ハーブ系]クラリセージ、スイートマージョラム、など

[スパイス系]ブラックペッパー、など 

■ ベースノート
重たい香りの精油です。私の個人的なイメージでは、深い森の葉っぱが落ちて、ジメジメとした腐葉土のような感じです。

ベンゾイン、パチュリー、ベチバー、サンダルウッド、ジャスミン、ミルラ、など

* ノートは、専門書によって多少のずれがある場合があります。また、ケモタイプ(育った環境の違いによって成分構成の異なるもの)によって違うので、私の所見で記述しています。

手作りアロマ香水の道具・容器

手作りアロマ香水の道具・容器

道具

道具は、下のものを用意します。

■ ビーカー
5mlメモリのあるものが使いやすいと思います。

■ ムエット
香りの確認をするために使います。ない場合は、ティッシュペーパーでも代用できます。

■ 遮光ビン
ブレンドした精油を入れます。保存用にも使えます。

容器

手作りしたアロマ香水を入れる容器は、濃度によって変えると良いと思います。

■ 香水ボトル・小瓶
濃度が高い香水を作ったときは、香水ボトルや小瓶など、ふた付きの容器が合っています。

■ スプレーボトル
香水の濃度が薄い場合は、スプレーボトルに入れると使いやすいです。

■ ロールオンタイプ
お肌がアルコールに敏感な場合は、エタノールの代わりに、ホホバオイルなどの植物油を使って、ロールオンタイプに入れても良いでしょう。

容器(アロマペンダント)

手作りアロマ香水の道具・容器(アロマペンダント)

また、「アロマペンダント」にアロマ香水を入れて持ち運ぶこともできます。

アロマペンダントは、小さな容器や陶器のペンダントに穴が空いていて、アロマを入れて持ち歩くことができるものです。

中にアロマ香水を1滴入れておくだけで、優しい香りが胸元から漂ってきます。

手作りアロマ香水の作り方

まずは、10%の濃度のアロマ香水を作るときのレシピをご紹介します。

(水で薄めずに、精油とアルコールだけを使ったアロマ香水(パヒューム)の作り方です)

■ 材料:
無水エタノール 5mL
精油 10滴

* 精油は1滴が0.05mLのため、10滴で0.5mLとなります。

■ 精油のブレンド例(お好みの組み合わせで大丈夫です):
ベースノート 2滴
ミドルノート 6滴
トップ 2滴

* 精油のバランスはお好みで変えてください。ただしベースは1~2滴に抑えましょう。

1. ブレンドする精油を決める

使いたい精油の名前をムエットに書き込みます。そして、そこにその精油を1滴つけます(例えば、「オレンジ」と書いたムエットには、オレンジの精油を1滴つけます)。

何種類かムエットを作ったら、まずは同じ高さにそろえて香りをかいでみます。

手作りアロマ香水の作り方1

その後に、ノートに合わせてムエットの高さを変え、香りをかいでバランスをみます。

例えば、トップのものは高くして、ベースのものは低くするイメージです。

手作りアロマ香水の作り方2

それによって、ブレンドしたときの香りが、何となくイメージできると思います。

好みの組み合わせをみつけて、使う精油を選びましょう。

2. アロマ香水を作る

遮光ビンにエタノールを計って入れてから、精油を加えます。精油の順番は、ベースノートからミドル、トップです。

精油は、空気に触れた瞬間から香りが飛びます。

トップノートは3つの中でも、香りが飛びやすいため、最後に入れるようにしましょう。トップノートを最初(や途中)に入れると、その香りが物足りなく感じる場合があります。

精油は、香りのバランスをみながら、少しずつ入れていきます。このとき、メモを取りながら作業することをおすすめします。

そして、すべての精油を遮光ビンに入れたら、ふたをしてよく混ぜます。

その後は一晩寝かせてから、容器に移します。口が細い容器には、スポイドや漏斗(じょうご)を使います。

そして残りは、ふたをして冷暗所で保管します

その他のレシピ

手作りアロマ香水のその他のレシピ

オーデコロン

では次に、水を加えて薄めた「オーデコロン」のレシピをご紹介します。

濃度は、2%です。

■ 材料:
無水エタノール 12mL
精製水(またはフローラルウォーター) 3mL
精油 6滴

* 精油は1滴が0.05mLのため、6滴で0.3mLとなります。

■ 精油のブレンド例(お好みの組み合わせで大丈夫です):
ベース 1滴
ミドル 3~4滴
トップ 1~2滴

■ 道具・容器
遮光スプレーボトル(20mLサイズ)

作り方は、まずは遮光スプレーボトルにエタノールを入れ、そこに精油を加えて、よく混ぜます。

最後に精製水を入れて、さらに混ぜ合わせれば完成です。

使うときは、よく振ってからスプレーします。

「ケルンの水」のレシピ

ちなみに、オーデコロンの原点となる「ケルンの水」という香水も、手作りすることができます。

材料となる精油は下のような種類で、柑橘系の精油が中心で、ベースノートは入っていません。

ベルガモット 5滴
ネロリ 2滴
ラベンダー 1滴
レモン 1滴
オレンジスイート 1滴

私自身は、上の組み合わせで物足りなさを感じたので、イランイランを1滴プラスして作りました。

すると、香りに華やかさと奥行きが生まれ女性らしいコロンになります。

手作りアロマ香水の使い方・保存期間

手作りアロマ香水の使い方・保存期間

使い方

手作りしたアロマ香水は、身体に付けて楽しむことができます。

ただ、お肌が弱い方は直接肌につけず、頭の上の方にスプレーして、落ちてくるミストをくぐるようにして、香りを身に着けると良いでしょう。

また夏場などは、扇子などにアロマ香水をスプレーして使うこともできます。

他にも、外出時に容器を持ち歩いて、気分をすっきりさせたいときや落ち着きたいときに、香りをかぐのもおすすめです。

保存期間など

アロマ香水は、直射日光を避け冷暗所で保管します。

冷蔵庫で保管する場合は、匂いが漏れないように密閉袋に入れて、野菜室で保管するのがおすすめです。

精油は空気に触れると劣化が進むため、手作りしたアロマ香水は2~3週間で使い切ることをおすすめします。

(オーデコロンなど)水を入れたものの方が傷みやすいため、2週間以内に使い切るようにしましょう。もし香水が残ってしまった場合は、ふたを開けた状態で洗面所やトイレなどに置いて、芳香用として楽しむこともできます。

精油の選び方

精油の選び方

アロマ香水を手作りするときは、ご自分の好みの精油で作るのがいちばんです。

最後に、香りの特徴に合わせて、いくつかの種類をご紹介させていただきます。

■ リラックスしたいとき

[トップノート]オレンジ、ベルガモット、など

[ミドルノート]ネロリ、ローズ、イランイラン、ラベンダー、フランキンセンス、など

[ベースノート]ジャスミン、パチュリー、ベチバー、など

これらは鎮静作用があり、優雅なフローラルの香りで、贅沢な気分を味わいながらリラックスすることができます。女性らしい気分に浸りたいときにもおすすめです。

■ 一息つきたいとき

[トップノート]オレンジ、マンダリン、など

[ミドルノート]スイートマージョラム、パルマローザ、など

[ベースノート]ベンゾイン、ミルラ、など

これらは温かみのある優しい香りで、リラックスできるため、ホッと一息つくのに良いです。忙しいママさんなどにおすすめです。

■ すっきりしたいとき

[トップノート]グレープフルーツ、レモン、ペパーミント、ローズマリーなど

[ミドルノート]ジュニパーベリー、サイプレス、ブラックペッパー、ジンジャー、など

これらはスパイシーで、すっきりリフレッシュできる香りです。サイプレスなどを加えると、男性向けの香りの香水に仕上がります。

アロマ香水のレシピは、お料理本のようにたくさんあるので、レシピをまねることから始めると、好みのバランスやオリジナルの香水が作れるようになると思います。

シーンに合わせた自分だけの香りで、お洒落を楽しみたいですね。

通販で手に入る精油を編集部が集めました

「キレイの先生」編集部です。

アロマ香水の材料となる「精油」は、インターネットでも簡単に手に入れることができます。

今回は、アロマの定番のブランド「生活の木」から、トップノート・ミドルノート・ベースノートの精油を選んでみました。

[トップノート]エッセンシャルオイル スイートオレンジ 10mL 生活の木

トップノートからは、柑橘系の定番「オレンジ」です。

オレンジの香りは、嫌いな人がほとんどいないのではないでしょうか?

[ミドルノート]エッセンシャルオイル フランキンセンス 3mL 生活の木

ミドルノートからは、「フランキンセンス」です。

美容効果の高い精油としても知られていると思います。

樹木の落ち着いた香りで、私は大好きです。

[ベースノート]エッセンシャルオイル サンダルウッド 3mL 生活の木

ベースノートからは、「サンダルウッド」です。

サンダルウッドも、樹木系の精油です。

ミドルノートも「フランキンセンス」で樹木系の精油を選んでいたので、迷ったのですが、私自身が好きなものですから…。

ミドルノートには、「ローズ」や「ネロリ」を持ってきて、華やかさを持たせるのも良いと思います。


まとめ

「キレイの先生」編集部のまとめです。

今回、田村 先生から「ケルンの水」の手作りアロマ香水をいただきました(田村 先生、ありがとうございました!)。取材日は真夏日だったのですが、熱い時期にぴったりの柑橘系のさっぱりした香りです。

アロマの香りを組み合わせて、深みのある香水を作れるのは、面白いですね。ドップ、ミドル、ベースと、香りが変化していくのも魅力的です。

アロマ香水は、気分や用途で、好みの香りを作ることができ、濃度も調整できます。

アロマの香りを手軽に持ち歩けるようになるので、アロマ好きな方には、是非お試しいただきたい内容です。

本日のキレイの先生