キレイの先生

ホーム > 美ボディ > ボディケア > 

ヘナの効果は白髪染めだけでない!デトックスによる効果とは

アーユルヴェーダ エステサロン VERMA  須藤 るり子 先生

白髪染めだけじゃないヘナのデトックス効果!染め方の解説も

「キレイの先生」編集部です。

「白髪がちょっと気になる、染めなきゃな…」

皆さまはそんなとき、どうしますか? ヘアカラーをお使いになりますか?

その選択肢に、「ヘナ」を加えてみてはいかがでしょうか?

ヘナはアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)で使用されるハーブで、白髪染めにも用いられています。

今回のテーマは、そんな「ヘナ」についてです。

アーユルヴェーダ エステサロン VERMA の須藤 るり子 先生に、取材させていただきました。

須藤 先生はヘナの体験型ワークショップの講師をされていらっしゃって、サロンでも、ヘナトリートメントのメニューをご提供されています。

ヘナは、デトックス(体内の毒素を排出する)効果が高く、白髪を染めるだけではなく、様々な効果が期待できます。

美髪にも良いですし、顔のむくみ解消などにもつながるといいます。

須藤 先生には、ヘナの使い方も教えていただいたので、参考にしてみてください。

目次

ヘナとは
・アーユルヴェーダとヘナ
・毛染めとしてのヘナ

ヘナのデトックス効果
・美髪
・小顔・美肌
・リラックス
・その他

髪の染め方
・白髪染めに使うヘナについて
・ヘナペーストの作り方
・染め方
・ヘナの染め時間
・インディゴハーブで二度染め

ヘナ風呂などでの使い方
・ヘナ風呂
・ヘナのパック他

まとめ

ヘナとは

ヘナとは

アーユルヴェーダとヘナ

ヘナはミソハギ科の植物で、ハーブです。

デトックス効果が高いのが特徴です。

アーユルヴェーダ発祥の地インドでは、専門のドクターの処方でヘナジュースや、岩塩・ギー油などとブレンドし、体質を整えるために内服されたりしています。

デトックスを促す体質作りのひとつとして、ヘナが薬草のように使われているとお考えください。

アーユルヴェーダについて

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、アーユルヴェーダは、インドの伝統医学で、日本では健康法として用いられたりしています。

毛染めとしてのヘナ

このようにヘナは、アーユルヴェーダでは薬草としても使われています。

ただ、インドの一般家庭では、毛染めとして一般的です。

日本でも、白髪染めの用途がもっとも知られているのではないでしょうか?

ヘナの葉っぱには、「ローソン」という成分が含まれていて、髪を染める作用があります。

日本で流通しているヘナは、その葉っぱの部分をパウダー状にしたもので、白髪染めに使うと、髪はきれいなオレンジ色に染まります。

ヘナには、一般のヘアカラーリング剤とは違い、ケミカルな成分は含まれていません。

髪を染めるのも、天然成分の働きです。

そのため、ヘナは、害の少ない白髪染めといえます。

ヘナのデトックス効果

ヘナの働きは、ただ白髪を染めるだけではありません。

デトックス効果も大きな魅力です。

ヘナをお使いの方には、白髪染めとしてではなく、このデトックス効果を目的とされる方も少なくありません。

ヘナのデトックス効果

美髪

髪は、表に出てきた細胞の死骸(しがい)のようなものです。

そのため、髪自体には自己再生能力がありません。

そして、髪は体内の有害な金属などの排出器官でもあります。

髪の毛が細くなると、排出する力が弱まってしまい、有害金属を体内にためこんでしまう原因になります。

ヘナの葉っぱに含まれるローソンは、髪を修復する作用があります。

ヘナを頭皮や髪につけることで、細くて弱かった髪が、健康に元気になります。

すると、有害金属の排出もしっかり働くようになり、頭から解毒が進みます。

頭皮のデトックスですね。

小顔・美肌

ヘナのデトックス効果は、顔やお肌でも変化をご実感いただけると思います。

ヘナのトリートメントをお受けになった後、ほとんどの方は顔のむくみが取れて、顔がシュッとなります。

お肌にツヤも出ますね。

また、こわばっていた表情の方も、表情がやわらかくなったり、目に輝きが出たり、顔の雰囲気も変わります。

その他、「視界が広くなった」といった感想もいただきます。

リラックス

ヘナは、疲労感の回復にも効果的です。

少し大げさですが、交感神経を強制的にリセットするとイメージしてください。

交感神経がパンパンになっている方に、ヘナのトリートメントを行うと、心がゆるむ反動はとても大きいと思います。

お客様の中には、帰宅時に「電車のアナウンスがまったく頭に入ってこなかった」という方もいらっしゃいました。

そのため、ヘナトリートメントをお受けになった後は、そのまま何もせずにご自宅にお帰りになられるのをおすすめしています。

またヘナは、茶葉に似た優しい香りがします。日本人には馴染みの深い香りで、それも癒しになります。

実際にインドでは、ヘナの花の部分から抽出したエッセンシャルオイル(精油)があり、睡眠を促したり、ストレスを解消したりする作用があるとされています。

交換神経とは

「キレイの先生」編集部です。交換神経は、人の身体と心をコントロールする「自律神経」のひとつです。自律神経には、「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」があり、交互に入れ替わってバランスを取っています。そのバランスが崩れて、例えば交感神経が優位な状態が長く続くと、寝付きが悪くなったりするなど、心身に大きな影響があります。

その他

ヘナのトリートメントをお受けになった方からは、他にも下記のような感想をいただきます。

これらも、ヘナのデトックス効果の表れだと思います。

・利尿作用がある
・便秘が改善した
・ヘナの足湯で足が細くなった
・頭痛がなくなった
など

このように、ヘナはただ髪を染めるだけではなく、健康・美容にも効果的が期待できます。

髪の染め方

ヘナの髪の染め方

ヘナは20~30年前に、白髪染めとして日本に入ってきました。

日本に入ってきた当時は、下のような使い方で、白髪を染めるのにも時間がかかったそうです。

1) ヘナのパウダーをお湯で溶いて

2) 一日置いて酸化させてから、髪につけ

3) 色がなじむまでにも時間がかかり

当時は、染まりを良くするために、ヘナに紅茶を入れて使われたりすることもあったそうです。

そのため、今でも、年配の方が「(白髪染めに)ヘナは時間がかかるんでしょ」とおっしゃることがありますが、そんなことはありません。

それは当時、日本に入ってきたヘナの品質が低かったからです。

品質の良いヘナをお使いいただけば、20分くらいで髪は染まります。使い方も簡単です。

白髪染めに使うヘナについて

ヘナは、ケミカルの成分を含まず、天然の成分で髪を染められるのが魅力でしょう。

ただ、市販されている商品の中には、「ナチュラル」といっていても、ケミカルの成分が一部加えられているものもあります。

また、かさ増しするために、ヘナの茎や根のパウダーを混ぜている商品もあるようです(先程ご紹介したように、ローソンという成分が含まれているのは、葉っぱの部分です)。

デトックス効果を得るには、出来るだけ余分な材料が含まれていないものの方が良いでしょう。

ヘナを選ぶときは、その品質にも注目してほしいと思います。

ちなみに、サロンで使用しているのは、「ソジャット」のヘナです。

ソジャットは、ヘナの名産地として知られています。

それは、もちろんケミカルな成分は含まず、葉っぱの部分のみをパウダーにしています。

そして、ヘナの収穫時期にもこだわりがあります。

ヘナは春と秋に収穫されますが、もっとも品質が良い状態なのは、(インドの)雨期の後で栄養をたっぷりと含んだ秋のヘナです。

サロンのソジャットのヘナは、秋に収穫したヘナを使っています。

ヘナペーストの作り方

では、ヘナを使った白髪の染め方をご紹介します。

まずは、ヘナのパウダーを50度以上のお湯で溶いて、ペースト状にします。

お湯に溶くことで、髪を染めたときの発光が良くなります。

お湯の量は、ヘナの3~4倍です。

ヘナは、髪型によって使う量も変わります。下記は、髪型ごとの目安です。

・ショート:40~50g
・ミディアム:70g
・ロング:100g

ヘナのペーストを作るとき、パウダーにお湯を入れると、ダマが出来やすいです。

ケーキなどを作るときと同じですね。

お湯の中にパウダーを入れると混ざり合いやすいですよ。

染め方

ヘナのペーストの準備が出来たら、まずは頭皮にヘナをつけていきます。

そうすることで、ヘナが悪い油分を吸着して、毛穴の中をきれいにします。

すると、毛根が元気になりますし、抜け毛の予防にもなります。

髪にはその後につけていきましょう。

ヘナのつけ方に、特に決まりはありませんが、ムラなくつけるには、下記のような方法がおすすめです。

前髪・横髪は縦に1ラインずつ、ヘナを髪の根本から髪先につけていきます。

ヘナの染め方1

後ろ髪は横に1ラインずつ、ヘナを髪の根本から髪先につけていきます。

ヘナの染め方2

ヘナを髪にムラなくつけたら、髪をラップでくるみます。

そして、さらにその上からフェイスタオルで巻いてあげましょう。

このとき、フェイスタオルではなく、アルミキャップをかぶせるのでも大丈夫です。

ヘナを髪にしばらく置いておくと、熱を発して頭がポカポカと温かくなります。

そのため、夏場にヘナのトリートメントを行うと、汗でヘナが垂れてくることがあります。

そのときは、ラップの境目にティッシュをはさんで、ヘナが垂れてこないように抑えてあげましょう。

染め時間

その状態で20分くらい置いておけば、髪は染まると思います。

ヘナにはデトックスやリラックス効果がありますから、すぐに落とさず、そのまま何時間でも置いておいてもOKです。

ヘナはシャワーなどで洗い落としてください。

ヘナの天然成分は、吸着に24時間かかるといわれています。ヘナのトリートメントを行った日は、できるだけシャンプーをしないのがおすすめです。

ヘナには汚れを取る働きもあり、シャンプー代わりにもなります(シャンプーをすると、髪が染まらないというわけではありません)。

インディゴハーブで二度染め

サロンのヘナトリートメントでは、ヘナで白髪をオレンジに染めた後、インディゴハーブで二度染めされる方が多いです。

インディゴハーブも、天然の成分で、白髪を濃い藍色に染めることができます。

例えば、髪の一部分だけが白髪だと、ヘナのトリートメントを行ったとき、どうしてもムラになってしまうことがあります。

そこでインディゴハーブと掛け合わせることで、ムラのないきれいな染め上がりに仕上げます。

ヘナ風呂などでの使い方

ヘナの使い方

ヘナ風呂

ヘナ好きの方に人気なのが、「ヘナ風呂」です。

ヘナをお風呂に入れると、身体を温める効果が上がり、身体の芯から温めることができます。

お風呂から上がっても、あまり湯冷めしません。

お風呂にヘナのパウダーを大さじ1杯くらい入れれば、ヘナ湯になります。

ただ、もっと簡単でおすすめなのは、お風呂でヘナのトリートメントを行って、ペースト状のヘナをそのままお風呂に洗い流すことです。

それだけでヘナ湯になって、身体やお肌のデトックスになります。

ヘナのパック他

ペースト状にしたヘナは、パックでも使うことができます。

足裏のかかとや肘(ひじ)の角質ケアにも良いですね。

ヘナは加齢臭の予防にもなりますので、旦那さまの首まわりにパックしてあげても良いかもしれません(笑)。

また、ヘナ好きの方の中には、顔やデコルテのパックにお使いになる方もいらっしゃいます。

ヘナはタンパク質の修復作用もあるので、ヘナで顔のパックを終えた後は、お肌がツヤツヤになるそうです。

ヘナには、色のつかない「クリア」という種類もあり、パックにお使いいただけます。

これは、「カシア」というハーブがメインのものです。

タンパク質の修復作用はありますが、ローソンの含有量は少なくなりますから、デトックス効果は通常のヘナよりも劣ります。

ヘナは、それ以外にも、最近では「ヘナタトゥー」といって、タトゥーを描くのにも使われたりしています。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

「ヘナ = 白髪染め」。

私は、ヘナについて、取材前はそんなイメージを持っていました。

ただ、ヘナのいちばんの効果は、デトックス作用にあるといえそうです。

実際、ヘナを。白髪染めとしてではなく、デトックス目的でヘナをお使いになる人もいるとのことでした。

ちなみに、インドの一般家庭では、ヘナが健康・美容法として用いられることは、少ないそうです。

もし、白髪染めをお考えのときは、デトックス効果も高い「ヘナ」を、選択肢のひとつにに入れてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:アーユルヴェーダ エステサロン VERMA 須藤 るり子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年3月16日に公開した『白髪染めだけじゃないヘナのデトックス効果!染め方の解説も』を再編集しました。

本日のキレイの先生