キレイの先生

ホーム > 体もキレイ美容法 > 

プチ断食のやり方!1日の流れ|朝食を抜き昼夕は健康食だけ

自然療法サロン Salon de eau  須田 玲子 先生

プチ断食のやり方!1日の流れ|朝食を抜き昼夕は健康食だけ

「サロン ド オー」では、施術に昔ながらの自然療法を取り入れていますが、「断食」も昔からある健康法です。内臓をきれいにすることができるので、私も推奨しています。何日も断食しなくても、朝食を抜いて、昼食・夕食を消化に良い食べ物にする、1日だけの「プチ断食」でも、身体の調子は変わります。美肌効果も期待できます。そんなプチ断食のやり方をご紹介します。

*編集部:自然療法については、須田先生の過去の記事を合わせてご覧ください。
ホットこんにゃく湿布の効果とやり方!家庭でできる自然療法
しょうがの足湯の作り方!風邪にはお風呂代わりで体を温める

プチ断食が良い理由:酵素と腸サイクル

理由1. 酵素

酵素の働きは、大きく分けて、
A) 食べたものの消化(消化酵素)
B) 細胞の代謝(代謝酵素)
があります。

もし、暴飲暴食をして、酵素の働きが「A) 食べたものの消化」ばかりに回ってしまうと、B細胞の代謝」が追いつかなくなってしまいます。

代謝できない細胞が蓄積すると、それが疲労物質にもつながってしまい、健康にも良くありません。

断食して、酵素を「A) 食べたものの消化」にエネルギーを使わずに済むようになれば、「B) 細胞の代謝」にエネルギーを回せます。

理由2. 腸サイクル

腸にも一日のサイクルがあります。

おおまかにいうと、下記のイメージです。

・04:00~12:00 排泄(出す)

・12:00~20:00 吸収(食べる)

・20:00~04:00 代謝(休む)

腸の一日のサイクル

これは酵素の働きとも関係していますが、腸の「上皮細胞」は、一日で新陳代謝して(生まれ変わって)いるといわれています。

食べものを消化するのには、大きなエネルギーを使います。

もし夜遅くに食事をすると、本来、腸は代謝(休む)の時間[20:00~04:00]にも関わらず、食べたものの消化にエネルギーを使わざるをえません。

すると、細胞の代謝に十分にエネルギーを回せなくなってしまいます。

夜遅くの食事が良くない、というのは、そのためです。

断食で腸を休ませてあげれば、腸の代謝もしっかり働き、細胞の生まれ変わりを促せます。

そして、腸は、血を作る臓器でもあります。腸がきれいになって、きれいな血が全身に巡るようになれば、お肌にも栄養が行き渡ります。

そして、「腸はお肌の鏡」といわれるように、腸の不調は、肌荒れなどにも表れます。断食は美肌にも良いですね。

プチ断食の方法 - 1日の流れ –

断食も、何日間かで行う場合は、しっかりとした知識が必要です。断食後の回復食もとても大切です。

ただ、プチ断食であれば、取かかりやすいです。

朝食を抜いて、昼夕食は消化の良い食事にするだけでOKです。

朝食は抜く

まずは、朝食を抜きます。

飲むのは、白湯(お水を沸かしただけのお湯)が良いでしょう。

白湯

お水を沸かして、少し冷ましてから飲みます。フーッフーッとするくらいの熱さが、身体も温まりますので、お勧めです。

朝食を食べなければ、朝の時間、腸は排泄だけに力を使うことができます(腸のサイクルでは、04:00~12:00が、排泄の時間です)。

昼夕食は消化の良い食事

プチ断食では、昼食・夕食まで抜く必要はありません。

ただ、消化の良い食事を食べるようにします。

消化の良い食事

例えば、下記のような食事です。

■ 野菜のすりおろし
・大根
・きゅうり
など

■ 発酵食品
・納豆
・お豆腐
・漬け物
・キムチ
など

野菜をすりおろすと、酵素が出ます。それに発酵食品のお豆腐を混ぜるのも、良いですね。

まとめ

このように、プチ断食はそれほど難しい内容ではありません。これだけでも、腸を休まらせる時間ができて、元気になります。

断食の第一歩には、気軽な良い方法です。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:自然療法サロン Salon de eau 須田 玲子 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】毎日の食事きちんと考えている?

肉の食べ合わせに良いもの!体をアルカリ性にする食べ物など

美肌作りにいい食べ物!美肌効果のある10の食材を選びました

お肌は食事から出来ている、乾燥肌にいい食べ物は何だろう?

本日のキレイの先生