キレイの先生

ホーム > 美ボディ > ボディケア > 

お顔と同じように年齢が表れやすい手に美容液ハンドパック!

リラクゼーションハウス mirimili [東京都]  梅津 芙美子 先生

1400043_a01

年齢が表れるのは、お顔だけではありません。手も、しわやシミなど、年齢が出やすい場所です。手のしわ・シミに、ちょっと贅沢な美容液ハンドパックです。

美容液ハンドパックとは

美容液ハンドパックは、「ハンドマスク(手袋の形をした美容マスクシート)」が、ご自宅でも簡単にできちゃうテクニックです。

用意するものは、
・ビニール手袋
・美容液
だけです。

1400043_a02

ビニール手袋は、使い捨てのパウダーフリータイプで、薄手のものが使いやすいです。

美容液ハンドパックの方法

1)
まず、手をきれいに洗って清潔にし、美容液を多めに手に取って、手全体、指先までなじませます。

1400043_a03

2)
そして、ビニール手袋をします。
たったこれだけで美容液ハンドパックの出来上がりです。

1400043_a04

そのまま15分くらいパックをしてください。

パックをしたまま、お湯で食器洗いなどをすると、温かいお湯のスチーム効果も期待でき、一石二鳥です。

贅沢な手のエイジングケア

美容液ハンドパックは即効性があります。

ビニール手袋を外すと、手がふっくらとし、一回でもシワが目立たなくなったり、お肌が白くなったりして、キメも整います。

最後はハンドクリームやワセリンでふたを

パックを外した後は、ハンドクリームやワセリンを塗って、油性のふたをしてください。

ハンドケアでも、ハンドクリームやワセリンで、潤いの「ふた」をすることで、美容液の潤いを閉じ込め、さらにしっとり整えることができます。

週1回の美容液ハンドパックで指先まで美人に

手をしっとりすべすべさせるのに、絹(シルク)の手袋はよく知られているかと思います。

ハンドクリームをつけた後に、絹の手袋をして寝るのも効果的です。

ただ、美容液はお肌に「栄養を与える」ための化粧品です。

手に使えば、ハンドクリーム以上のスペシャルなエイジングケアになります。

日常のハンドクリームにプラスして、週1回の美容液ハンドパックで、手・指先まで若々しくいたいですね。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:リラクゼーションハウス mirimili梅津 芙美子 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】美容液・化粧水でもっと美しく!

お肌の気になるところにポイント使い!美容液コットンパック

化粧水は手よりもローションパック!5段階レベルアップ術

【ミニコラム】温冷の差を利用してスキンケアをレベルアップ

本日のキレイの先生

7000034_b

梅津 芙美子 先生