キレイの先生

ホーム > 体もキレイ美容法 > 

体調で香りは変わるからアロマオイルは本能で好きなのを選ぶ

Aroma Foret  丹野 先生

体調で香りは変わるからアロマオイルは本能で好きなのを選ぶ

アロマオイルの香りは、その日の体調・心情によって、感じる印象がまったく違います。どんな香りが「いいな」と感じるかによって、ご自分のその日の体調を知ることができます。

同じアロマでも体調・心情で香りが違う

私がアロマオイルに夢中になったきっかけの話をします。

セラピストをする前、私はアパレルの仕事をしていました。

当時、あるサロンに行ったときのことです。

そのサロンでは、アロマオイルを独自に配合したブレンドオイルを、4種類ご用意されていました。

そして、その4種類の香りを嗅いで、どれが「いい」と感じるのか選ぶのですが、私が選んだオイルを見て、先生は顔をしかめました。

「精神的にもだいぶ疲れているみたいね」

当たっていました。仕事で少し参っていた時期だったので、驚きました。

アロマオイルで、そのときの体調・心情もみえてくるのです。

同じオイルでも違うオイルに感じる

話は続きます。

それからしばらくして、またそのサロンに行きました。

そして、同じように4種類のブレンドオイルの香りを嗅ぎます。

すると、臭みがとても気になるオイルがありました。前回は、そんな香りのものはなかったはずです。ただ、オイルの入れ替えなどもしていないそうです。

もうお分かりですね。

その臭みのあるオイルこそが、前回の私が選んだオイルだったのです。

私もにわかには信じられませんでした。

先生によると、そのオイルは、「刺激が強くて臭みがあるから、普段はほとんど選ばれない」そうです。

しかし、精神的に疲れていると、それが「いい香り」と感じます。

続けて、先生には「その香りを臭いと感じるということは、疲れも取れたみたいね」と仰っていただきました。

それをきっかけに、私はアロマオイルの世界に夢中になりました。

香りの好き嫌いは本能で選んでいる

香りの好き嫌いは本能で選んでいる

私たちは、そのときの体調・心情によって、香りの好き嫌いが変わります。

きっと本能で判断しているのでしょう。

今でも私は、そのとき嗅ぎたい香りでアロマオイルを選ぶようにしています。

アロマオイルは、そのときのご自分が「いい」と感じた香りがいちばんです。

そのときの気分で選ぶアロマオイル

参考までに、どんなときにどのアロマオイルがお勧めか、いくつかご紹介します。

下記のアロマオイルを試せば、ご自分がいまどんな体調・心情なのか、みえてくるかもしれません。

気分が沈んでいる

・ペパーミント

・オレンジ(※)

・グレープフルーツ

グレープフルーツ

イライラしている

・ラベンダー(※)

・シダーウッド

・クラリセージ

・ゼラニウム

ゼラニウム

悲しい

・オレンジ(※)

・パルマローザ

※「オレンジ」、「ラベンダー」については、以前の記事でもご紹介さあせていただきました。詳細は「プロが選んだ、アロマオイル初心者が最初にそろえる定番5本」をご覧ください。

アロマオイルの香りを出先にも持ち歩くには

最後に、出先に香りを持ち歩く、ちょっとしたテクニックをご紹介します。

まずいちばん簡単なのは、ハンカチやティッシュにアロマオイルを2~3滴垂らしておくことです。

香りを嗅ぎたくなったときに、それを取り出すだけです。

そこにもうひと工夫を加え、アロマオイルを垂らしたティッシュを、ブラジャーに挟んでおくのもお勧めです。

体温によって、香りが胸元から上がってきますから、ずっと香りを楽しむことができます。

わざわざアロマオイルのビンを持ち歩かないでも、そのときの気分に合わせたアロマオイルの香りを、いつでもどこでも持ち運べ、楽しみ方の幅も広がると思います。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Aroma Foret 丹野 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】アロマオイルのあれこれ

アロマオイル焚くだけ?効能があるからスキンケアにも使える

プロが選んだ、アロマオイル初心者が最初にそろえる定番5本

心とお肌はつながっている! アロマオイルで感情を把握する

本日のキレイの先生