キレイの先生

ホーム > 美ボディ > リラックス > 

プロが選んだ、アロマオイル初心者が最初にそろえる定番5本

Aroma Foret  丹野 先生

1400038_a01

アロマオイルはたくさんの種類があって、価格もバラバラです。アロマオイルを初めて買う方は、どれを選べばよいのか、迷ってしまうかもしれません。そこで、私が「初めてアロマオイルを買うならこの5本」というテーマで選んでみました。

アロマオイル(精油)とは

アロマオイル(精油)とは、「天然由来成分」です。

オイルとはいいますが、どろどろしたものではなく、さっぱりとしている揮発性のオイルで、「成分」という表現がぴったりです。

植物の花や葉、実から抽出します。

抽出方法は、植物の種類によって異なります。よく知れているのは、熱した水蒸気を通して、植物から成分を抽出させる方法です。

抽出方法も、生産量も、種類によって異なるため、価格にもばらつきがあります。

例えば、定番のアロマオイル「ラベンダー」は、生産量も多いため、価格もそれほど高くなく、5~10mLが約3,000円で販売されています。

それに対し、あまり量が取れない「バラ」は、2mLほどでも10,000円くらいするなど、とても高価です。

100%天然由来成分のものを使う

雑貨屋さんで安価なタイプも見かけますが、それは人工的な成分が入っているものがほとんどです。

アロマオイルは、香りが良いだけではなく、分子となり鼻から吸引したり、お肌に塗布したりすることで、プラスαの効能があります。

人工的な成分が含まれているタイプは、お部屋で香りを楽しむだけなら良いですが、プラスαの効能は期待できません。

せっかくアロマを焚くのであれば、天然由来100%のものを選んでほしいと思います。

アロマオイルの魅力は「香り + 効能・作用」

アロマオイルの魅力は、「香り」だけではなく、その「効能・作用」にもあります。

効能・作用はそれぞれ異なりますから、そこからアロマオイルを選ぶこともできます。

今回選んだ初心者向けの5本も、香りもそうですが、効能・作用も考えています。

1. ラベンダー

まず外せないのは、「ラベンダー」です。

定番中の定番で、私も大好きなアロマオイルです。

通常は、ラベンダーの花と葉から抽出されます。

1100007_a04

■ 香りの特徴:
・心を落ち着かせる、鎮める
・まったりさせる

■ こんな気分のときに:
・イライラしている
・不眠

■ こんな症状にも:
・片頭痛

2. オレンジ

柑橘系で「グレープフルーツ」と迷ったのですが、今回は「オレンジ」を選びました。

オレンジの果皮から抽出したアロマオイルです。

1100007_a06

■ 香りの特徴:
・温かみがある
・ハッピーになる

■ こんな気分のときに:
・気分が沈んでいる
・悲しい

■ こんな症状にも:
・胃もたれなど、胃の調子が悪い

3. イランイラン

イランイランは、熱帯地方に分布する植物です。

花から精油が抽出されます。

オリエンタルな香りが特徴です。

1400038_a03
(写真:Pinus

■ 香りの特徴:
・催淫作用がある

■ こんな気分のときに:
・バイタリティが必要
・女性ホルモンの調整

4. ローズマリー

「ローズマリー」も定番のアロマオイルですね。

通常は、ローズマリーの葉から抽出されます。

1100007_a07

■ 香りの特徴:
・気分がすっきりする

■ こんな気分のときに:
・頭がぼんやりする

■ こんな症状にも:
・筋肉痛

5. ベルガモット

「ベルガモット」も柑橘系の果物です。

アールグレイ(紅茶)で、ベルガモットの葉で香りづけしたりしますね。

こちらも定番のアロマオイルです。

オレンジと同様に、果皮から抽出されます。

1400038_a05

■ 香りの特徴:
・気分がリフレッシュする

■ こんな症状にも:
・胃腸の調子が悪い

まとめ

今回、選んだのは、比較的手に入りやすいアロマオイルです。

これらと比べて入手が少し難しくなりますが、「アロマフォーレ」のスタッフの間では、「フランキンセンス」なども人気があります(私も好きです)。

エイジングケアの作用のあるアロマオイルで、化粧水に垂らしてお使いいただけます。

今回、選んだものには、私の好みも入っています。

いちばんはご自分の好きな香りを選ぶことです。

いろいろな香りを試しながら、ご自分のお気に入りを探してみてください。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Aroma Foret 丹野 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】みんな大好きアロマオイル!

心とお肌はつながっている! アロマオイルで感情を把握する

アーユルヴェーダ的 じぶんの体質でアロマオイルを選ぶ

【ミニコラム】体、心の疲れに! 疲れをいやす定番アロマ

本日のキレイの先生