キレイの先生

ホーム > 美ボディ > 手技・セラピー > 

頭は固くなるの?「ヘッドスパ」で深くリラックスできる理由

RIREGER  倉本 聡美 先生

1400032_a01

ヘッドスパ。最近では、美容院のメニューのオプションで取り入れるサロンが出てきたり、数年前から雑誌で特集が組まれるようになったり、耳にされたことがある方も多いでしょう。「リルージェ」では、ヘッドリラクゼーションを目的とし、マッサージが充実したヘッドスパを行っています。ヘッドスパをご存知ない方のために、リラックスするのに、どうしてヘッド(頭)からアプローチするのか、その理由をご紹介させていただきます。

ヘッドスパとは

1400032_a02

ヘッドスパとは、一般的に、ヘッドマッサージやシャンプー、頭皮ケアなどで、髪の毛を含めた頭部のケアをすることです。

例えば、身近なところでは、美容院でのシャンプーを思い出してみてください。頭をきれいにされただけでもスッキリし、リフレッシュしますよね。

リルージェのヘッドスパは、独自の手法により、頭の深いところの筋肉にアプローチし、頭皮をしっかりほぐします。ストレスや疲れを癒して、リラックス効果の高いヘッドスパです。

頭も「コリ」や「むくみ」が

「リルージェ」のヘッドスパでは、頭を「ほぐして」いきます。

ほぐすということは、頭も固くなっているということです。意外かもしれませんが、例えば、肩と同じように、頭もこって固くなります。脚と同じように、頭もむくみます。

もしかすると、頭の部分には、筋肉がないイメージがあるかもしれません。しかし、頭蓋骨の周りには、下記のような筋肉があり、それぞれが「筋膜」でつながっています。

・側頭筋(耳の周りに位置する筋肉)

・後頭筋(後頭部の筋肉)

・前頭筋(おでこあたりの筋肉)

そして、これらの筋肉が固くなると、頭が固くなるのです。

「頭のコリ」は「心のコリ」

筋肉が固くなるメカニズムは、身体の他の部分と同じです。頭部に関していうと、心に抱えるストレスなどのネガティブな感情や思考と大きく関わってきます。

心というと「胸」にあるようなイメージがありますが、実際に感情を感じるのは、「脳 = 頭」です。つまり、ストレスなども「頭」で感じているため、頭は感情や思考の影響をとても受けやすいのです。

感情や思考と連動して、頭の筋肉も収縮し、少しずつコリとなってたまっていきます。

「頭のコリ」は「心のコリ」。

頭は心の状態が表れやすい場所なのです。

「性格」や「心情」などでコリ方が違う

面白いことに、その方の性格や心情によって、 頭のどこにコリがあるか、どのようにこっているか、変わってきます。

お客様の頭を触ると、コリ方によって考え方の癖が分かるのです。

それをお客様にお話すると、当てはまって驚かれることが多くあります。ご自身では意識していなくても、お話ししている内に、「たしかに、そうかも」と思い返されることもあります。

頭のコリの場所によって、どんな性格や心情が読み取れるのか、特徴的なものをいくつかご紹介させていただきます。

「おでこ」のコリ → よく考え事をする

例えば、おでこにコリがある方は、頭を働かせて、いろいろなことを考えている人に多いです。

それは、考え事をするときは、脳の中でも、おでこあたりにある「前頭葉」を使うため、その部分の筋肉が固くなりやすいです。

「耳あたり」のコリ → 我慢しがち

最近、口を強くかみしめる方が増えてきています。中には、寝ている間も無意識でかみしめてしまうので、マウスピースをして寝られる方もいるほどです。

生活の中で、なにかに我慢していることが、強くかみしめる行為に表れているのかもしれません。

かみしめるとき、口の横に位置する「咀嚼筋」を使っています。そして、咀嚼筋は、耳のあたりの「側頭筋」とつながっています。

そのため、強くかみしめることが多い人は、耳のあたりにコリができて固くなりやすいです。

「頭の中心のライン」のコリ → 気持ちが晴れない

例えば、恋愛や家族でも、うまくいっていないことがあると、気持ちが晴れずにすっきりしないと思います。そういうとき、頭の上の方がモヤモヤしませんか?

1400032_a04

なにかに悩みがあって、そのことをずっと考えているようなときは、頭の中心のラインがこりやすいです。

まとめ

「頭のコリ」は「心のコリ」です。

頭がほぐれると、心の芯からリラックスすることができます。

ヘッドスパは手の届かない脳や心の疲れを癒すものです。

実際、ヘッドマッサージを行っていると、施術中に深い睡眠に落ちるお客様も少なくありません。

頭(心)から安らげるのが、ヘッドスパなのです。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:RIREGER 倉本 聡美 先生、「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

7000037_b

倉本 聡美 先生