キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

耳のマッサージ!耳たぶを引っ張るだけで顔がリフトアップ?

自由が丘のリンパドレナージュサロン くほんぶつサロン  篠崎 陽子 先生

耳のマッサージ!耳たぶを引っ張るだけで顔がリフトアップ?

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「耳のマッサージ」です。

自由が丘のリンパドレナージュサロン くほんぶつサロン の篠崎 陽子 先生に、取材させていただきました。

耳のマッサージは、ホームケアにおすすめの方法といいます。

やり方もとても簡単で、耳たぶを引っ張るだけでも良いそうです。

それなら、いつどこでも行うことができますね。

でも、それがどうして、身体のケアにつながるのでしょうか?

そして、どんな効果が、期待できるのでしょうか?

篠崎 先生に教えていただきました。

目次

耳のマッサージの効果

耳のマッサージの方法

まとめ

本日のキレイの先生

自由が丘のリンパドレナージュサロン くほんぶつサロン

篠崎 陽子 先生

「キレイの先生」編集部

耳のマッサージの効果

篠崎 先生、よろしくお願いします。

ホームケアでは、「耳のマッサージ」も良いとのことでしたが、それはどうしてですか?

耳には、ツボがあるためです。

「耳つぼ」と呼ばれるものですね。

はい。

耳には、全身のツボの三分の一が、集まっているとされ、例えば、ストレスを取る、内分泌を整える、胃腸を整える、肺を整える、食欲を抑制するなど、色々なツボがあります。

サロンでは、「耳つぼダイエット」で、ツボにジュエリーを貼って刺激を与えています。

ツボについて

下の記事でも紹介していますが、ツボは、東洋医学の考え方です。東洋医学では、「気(き)」・「血(けつ)」・「水(すい)」の3つのエネルギーが、人の生命活動に欠かせない要素とされていて、それらの通り道を「経絡(けいらく)」といいます。そして、その(経絡の)ライン上で、身体の表面に表れているポイントを「ツボ」といいます。

耳のマッサージは、耳つぼを刺激できる、ということでしょうか?

はい、(ツボを刺激することで)その反射区につながっている場所に刺激を与えて、動きを活性化させるなどの効果が期待できます。

例えば、サロンのお客様にも、胃腸のツボを刺激して、便秘が改善されたというようなお話をいただいたこともあります。

反射区について

下の記事でも紹介していますが、反射区は、体内の臓器や器官とつながっているとされる場所のことをいいます。そこを刺激することで、(その反射区につながっている)臓器や器官の働きを活性化させる効果が期待できます。

耳には、どんなツボがあるのでしょうか?

耳を、お腹の中の赤ちゃんに見立てると、イメージしやすいと思います。

赤ちゃんの頭が下に、耳たぶの方に来るようなイメージです。

耳つぼのイメージ

言われてみると、耳たぶは、「胎児がママのお腹の中でまるまっている」ような形をしていますね。

つまり、(胎児の頭に当たる)耳たぶには顔のツボ、耳の側面には背中や肩のツボ、耳の上部には足のツボがあるようなイメージでしょうか?

はい、そうですね。

耳つぼの場所は、ひとつひとつ知っておくのも良いですが、耳をお腹の中の赤ちゃんにイメージして、何となくの場所を分かっておくだけでも良いと思います。

耳のマッサージの方法

耳は、どのようにマッサージすれば良いでしょうか?

身体で気になる場所があれば、「(それに当たる耳つぼは)大体、このあたりかな…」という感じで、耳をマッサージするのでも良いと思います。

例えば、耳たぶを触ったり、耳たぶの下部を下の方に、側部を横の方に引っ張ったりすることで、顔のリフトアップ効果も期待できます。

それは、(耳をお腹の赤ちゃんに見立てると)耳たぶが、赤ちゃんの顔の場所に当たるからですね。

はい。

耳たぶを引っ張るのは、顔のリンパの流れを良くしたり、筋肉をほぐしたりするのにも良いので、そういったこともリフトアップにつながりそうです。

そうですね。

耳を触ると、血液やリンパの循環も良くなるので、全身がポカポカと温かくなります。

耳たぶを引っ張っるマッサージ

耳たぶを引っ張るのは、「リンパ」や「筋肉」の観点から考えても、顔のリフトアップにつながるといえそうです。

リンパは、体内の老廃物を回収して排出する役割があり、リンパの流れが滞ると、老廃物がたまって、むくみなどが出やすくなります。そして、リンパには、「リンパ節」という器官があります。リンパ節は、リンパの集まる「出口」ともいえる場所で、老廃物をろ過するフィルターの役割があります。

リンパを高速道路に例えると、リンパが「(高速道路の)本線」で、リンパ節が「(出口の)料金所」です。高速道路は、料金所が混雑すると本線も渋滞するように、リンパも、リンパ節の流れが滞るとリンパ自体の流れも悪くなってしまいます。そのため、リンパの流れを良くするには、リンパ節を流すことが大切になります。

顔のリンパは、耳の下あたりにある「耳下腺(じかせん)リンパ節」を通って、身体の方に戻っていきます。

耳たぶを引っ張ることは、耳下腺リンパ節を流すことにもつながり、それによって、顔のリンパの流れが良くなって老廃物を流せるようになると、(顔の)リフトアップにもなります。

下の記事では、小顔リンパマッサージの方法を教えていただきましたが、その中でも、「耳たぶを引っ張るマッサージがもっとも重要」と紹介いただいています。

また、耳は、顔の「咀嚼筋(そしゃくきん)」にも、つながっています。咀嚼筋は、咀嚼するときに使う力の強い筋肉で、噛みしめや歯ぎしりの癖などで、凝り固まりやすいです。

咀嚼筋が凝り固まると、顔のたるみなどの原因にもなります。

耳たぶを引っ張ることは、(耳とつながっている)咀嚼筋をゆるめることにもつながり、それによって、顔のリフトアップや小顔効果も期待できます。

下の記事でも、耳たぶを回したりして、咀嚼筋をほぐす方法を紹介しています。

耳のマッサージは、耳を触ってみて、痛みを感じる場所を、圧をかけて押すのも良いです。

触って痛みを感じる場所は…

耳を触って、痛みを感じる場所は、そこの反射区とつながっている臓器や器官の不調が考えられます。その反射区を押して刺激することで、(そことつながっている)臓器や器官の働きを良くするよう、働きかけることができます。

後は、耳は狭いので、耳全体を触ってマッサージするのも良いと思います。

色々なところを触れば、(そこの反射区とつながっている)色々なところの動きを良くして、身体の中のめぐりを促すことができます。

耳のマッサージは、クリームを付けなくても、テレビをみているときや、電車を待っているときにも行うことができるので、とても手軽です。

まとめ

耳にはツボ(耳つぼ)があるため、耳をマッサージするだけで、身体のケアにもなります。

耳を赤ちゃんに見立てると、耳のどのあたりに、(身体の)どんな場所のツボがあるのか、何となくイメージを付けることができますね。

もっと言ってしまえば、特に耳つぼを意識しなくても、例えば耳たぶを引っ張ってあげたり、耳全体をマッサージしたりするのでも良いです。

篠崎 先生もおっしゃっていましたが、耳のマッサージは、クリームを付けなくても良いですし、きちっとした方法を守る必要もなく、とても手軽な健康・美容法です。

私も、電車の待ち時間など、ちょっとしたときに、耳たぶを引っ張るようにしています。

今回取材した篠﨑 陽子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

リラックスできるほのかなローズの香りに包まれて、心地よく眠りにつける感じです。伸びが良いので、お風呂上りに全身に使うとボディのうるおいをキープすることもできます!

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだオールインワン。下がり気味の年齢肌を、バラ1,500枚分のちからで上向き肌に。初回925円キャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生