キレイの先生

ホーム > 美肌 > 手作り化粧品 > 

手作り宝石石鹸の作り方!グリセリンソープ等での簡単レシピ

Koko-Suke  安岡 由起枝 先生

手作り宝石石鹸の作り方!グリセリンソープ等での簡単レシピ

「キレイの先生」編集部です。

上の写真、本当にきれいですよね。

これ、実は、石鹸なのです。しかも、手作りしたものです。

まるで、宝石みたいですよね。

このような石鹸を、「宝石石鹸」というそうです。

今回は、Koko-Suke の安岡 由起枝 先生に取材させていただきました。

安岡 先生は、手作り石鹸の講師などをされていらっしゃいます。

先生のワークショップでも、手作りの宝石石鹸は、人気が上がっているといいます。

宝石石鹸は、どのように作ることができるのでしょうか?

安岡 先生に教えていただきました。

目次

宝石石鹸とは

手作り宝石石鹸の材料
・石鹸素地(グリセリンソープ・MPソープ)
・着色(リキッドカラー・マイカ)
・その他

手作り宝石石鹸のレシピ

手作り宝石石鹸の作り方
・小分けした石鹸素地に色や香りを付ける
・宝石石鹸を仕上げる

まとめ

本日のキレイの先生

Koko-Suke

安岡 由起枝 先生

「キレイの先生」編集部

宝石石鹸とは

安岡 先生、よろしくお願いします。

先生は、手作り石鹸のワークショップなどをお開きになっていますが、手作り石鹸の魅力は、どんなところにありますか?

使っている原材料が明確で、好きな香りやデザインで(石鹸を)手作りできることです。

また、手作り石鹸は、経験が少し必要かもしれませんが、例えば夏はさっぱりと、冬はしっとりと、といったように、自分の望む使い心地を調整することもできます。

先生は普段、ご自身でお作りになった手作り石鹸をお使いになっているのですか?

はい、全身に使っています。

今回お話しする「宝石石鹸」や「アイスキャンディーソープ」は、見た目がかわいいので、洗面所に置いて、手洗いなどに使うことが多いです。

手作り石鹸は、スキンケアの洗顔などでも使うことができるのですか?

はい、顔にも使うことはできます。

ただ、「宝石石鹸」などは、デザイン性を重視した石鹸で、キラキラするグリッターなどの材料も入っているため、顔に使えないことはないですが、(顔に使うことは)あまりおすすめしてしません。

では、今回のテーマの「宝石石鹸」について、お聞きしたいと思います。

宝石石鹸とは、どんな石鹸なのでしょうか?

見た目が、宝石っぽい、鉱石っぽい石鹸です。

宝石石鹸は、「サボンジェム」さんというお店が販売を始め、メディアでもたびたび取り上げられ、私も数年前から目にするようになりました。

市販されている宝石石鹸は、とてもきれいなのですが、高価です。

そこで、手作り石鹸の講師の先生が、(宝石石鹸の)作り方を研究し、手作りする人が出てきました。

先生のワークショップでも、宝石石鹸は、人気が上がっているそうですね。

はい。

幅広い年代の方に、とても人気があります。

男の子も喜びます。

宝石石鹸は、石鹸にはみえないため、他のワークショップにお越しになった生徒さんから、置いてある宝石石鹸をみて、必ず「これは何?」と聞かれます。

そして、それを石鹸と知ると、「作りたい!」とおっしゃっていただきます。

分かります。

見た目が、本当にきれいですものね。

それと、(手作りした)宝石石鹸は、同じ模様を出すことはできません

それも、魅力のひとつだと思います。

手作り宝石石鹸の材料

手作り宝石石鹸の材料

石鹸素地(グリセリンソープ・MPソープ)

宝石石鹸を手作りするには、どんな材料を使うのでしょうか?

まずは、「グリセリンソープ」や「MPソープ」と呼ばれる石鹸の素です。

これは、防腐剤などが含まれていない、手作りの石鹸のベースになるものです。

それだけでも固形石鹸を作ることができ、保湿力を上げるグリセリンなどが、あらかじめ入っています。

中には、使い心地にこだわった、アロエベラエキスやハチミツなどが入ったものもあります。

グリセリンソープなどは、手作り石鹸の材料を販売している通販サイトや、(アロマ専門店の)「生活の木」さんなどでも取り扱っています。

着色(リキッドカラー・マイカ)

宝石石鹸は、宝石のように色が付いています。

(グリセリンソープなどの)石鹸素地に色を付けるのには、何を使うのですか?

マイカ」や「リキッドカラー」です。

マイカは、日本語でいう「雲母(うんも)」で、鉱石です。

水晶に含まれている「ケイ素」などの元素が主成分で、粉末になっています。

色は複数の種類があり、キラキラしたものもあります。

そして、リキッドカラーは、「カラージェル」とも呼ばれ、マイカや酸化チタンなどを、水に溶けやすいように液状化したもので、発色が良いです。

宝石石鹸を手作りするには、「マイカ」と「リキッドカラー」のどちらで、色を付けるのがおすすめですか?

私は、ミックスして使っています。

リキッドカラーだけでは、本物の宝石らしさを出すのが難しく、マイカを入れることで、鉱石っぽさや、キラキラ感が増します。

そして、マイカ単独では、色が薄いです。

宝石石鹸には、他にも、アイシャドウなどにも入っているキラキラのパウダー(グリッター)を使うこともできます。

宝石石鹸で色を付ける材料

宝石石鹸を手作りするときは、発色の良い「リキッドカラー」をベースにして、「マイカ」などを加えることで、キラキラ感や、宝石っぽさを出すことができるようです。

マイカ[粉末]
鉱石。単独では、色が薄い。

リキッドカラー[液体]:
マイカなどを水に溶けやすいように液体化している。単独では、キラキラ感や、鉱石っぽさが出づらい。

他にも、ホワイト系のマイカパウダーを、クリアソープ(グリセリンソープ)に溶いて「パールソープ」を作ることもあるそうです。

その他

手作りの宝石石鹸には、アロマなども入れることができるのですよね?

はい。

エッセンシャルオイルを加えることで、それに応じた効果も期待できます。

道具などは、どんなもの用意が必要ですか?

例えば、プリンなどのお菓子作りに使うような、温めたり冷やしたりすることのできる耐熱容器です。

耐熱容器は、タッパーなどでも良いです。

手作り宝石石鹸のレシピ

では、手作り宝石石鹸の作り方を教えていただきたいと思います。

宝石石鹸は、石鹸素地を紙コップなどに小分けし、溶かして色を付けたものを、(プリンなどのお菓子作りに使う耐熱容器の)カップなどに、層のように積み重ねていって作ります。

まずは、石鹸素地を50gずつくらい、紙コップなどに入れ、電子レンジに数十秒かけて溶かします。

石鹸素地を溶かすには、他にも、ホーロー鍋などに入れ、火にかけて熱を加えても良いです。

そして、(溶けた)石鹸素地に、マイカやリキッドカラーを入れて色を付けたり、エッセンシャルオイルを入れて香りを付けたりします。

マイカやリキッドカラーを入れる順番はありますか?

また、どのくらいの量を入れると良いのでしょうか?

まずは、発色の良い液状のリキッドカラーから入れます。

分量は、色によって発色が違うので、最初は少量を入れて、自分の好みの色になるよう、少しずつ調整していくのが良いと思います。

例えば、紫や青色は、色がはっきり出やすいですが、オレンジは、色が薄めです。

そして、リキッドカラーを混ぜた後に、マイカを入れることで、良い意味での「濁り」が出てきます。

先程、マイカを入れることで、鉱石っぽさや、キラキラ感が出るとお話しされていました。

「濁り」というのは、その鉱石っぽさのことですね。

次に、エッセンシャルオイルを加えて、香りを付けます。

エッセンシャルオイルは、小分けした50gの石鹸素地に対して、10滴くらい入れることができます。

つまり、宝石石鹸のトータルでは、20滴以上のエッセンシャルオイルを入ることになりますね。

石鹸素地を少し冷まして固くなってきたら、(手作りお菓子で使う)カップに入れます。

一気に満量を注ぐのではなく、紙コップに小分けしたものを、40g、30g、と積み重ねていくようなイメージです。

また、石鹸素地を熱いまま入れると、(色が)混ざってしまい単色の石鹸になるので、(石鹸素地が)冷めて少し固くなってきた状態で入れるのが、ポイントです。

そして、(割りばしや、プラスチックのスプーンなどで)ざくざくとかき混ぜると、石鹸が層に分かれずに、宝石っぽくなります。

最後に、石鹸素地が固まったら、型から外し、包丁でカットして、宝石石鹸の出来上がりです。

また、石鹸素地が少し冷えてきた段階で、(石鹸を型から)ラップなどに出して、素手でこねて形を整えても大丈夫です。

これなら、子どもでも安心して手作りすることができますね。

石鹸は、どのくらいで固まるのでしょうか?

ワークショップでは、冷凍庫に15分~30分くらい入れて、固めています。

また、氷水に入れて冷やすこともできます。

石鹸の中身が固まりきらずにゆるいと、カットしづらいため、中身がきちんと固まってから、型から外すようにしましょう。

手作り宝石石鹸の作り方

安岡 先生に教えていただいた、手作り宝石石鹸の作り方をまとめます。

宝石石鹸は、石鹸素地を小分けして、それぞれ色を付けたものを、積み重ねるようにして作ります。

例えば、(プリンなどのお菓子作りに使う)カップが200gとすると、下のように、紙コップに小分けした石鹸素地を、積み重ねて作ります。

a) 「キラキラ感のある」石鹸素地

b) 「白っぽい」石鹸素地

c) 「濃い青色」の石鹸素地

d) 「青色」の石鹸素地

こうして、色の違う石鹸素地を積み重ねることで、宝石っぽさや、鉱石っぽさが出るようになります。

色の組み合わせ方は、自由です。

自分の好みで、リキッドカラーやマイカなどで、色味を調整します(例えば、小分けしたすべての石鹸素地に、マイカを入れても良いですし、どれかひとつにマイカを入れるような作り方でも良いです)。

また、各層の間に、「パールソープ」を入れると、陰影を付けることもできます。

小分けした石鹸素地に色や香りを付ける

手作り宝石石鹸の作り方

まずは、石鹸素地を紙コップなどに小分けして溶かし、色や香りを付けていきます。

宝石石鹸を手作りする手順1.

1) 紙コップに20~50gずつ、石鹸素地を入れて、電子レンジに数十秒かけて溶かす。

2) まずは、発色の良い液体のリキッドカラーを入れて、色を付ける(色によって発色が違うため、最初は少量を入れて、少しずつ色を調整していくのがおすすめ)。

3) 粉末のマイカを入れて、色を付ける。

4) エッセンシャルオイルを入れて、香りを付ける。石鹸素地50gに対して、エッセンシャルオイルは10滴くらいが目安。

宝石石鹸を仕上げる

手作り宝石石鹸の作り方

石鹸素地を小分けし、溶かしたものに色を付けたら、それを積み重ねるようにして、宝石石鹸を仕上げていきます。

宝石石鹸を手作りする手順2.

1) 石鹸素地を溶かして色(や香り)を付けたものを、冷ます。少し固まってきたら、(プリンなどのお菓子作りで使う耐熱容器の)カップに移す。

2) 小分けした石鹸素地を、積み重ねるようにして、カップに入れていく(石鹸素地が熱いまま入れると、色が混ざって単色になってしまうので、少し冷まして固まってから入れるようにする)。

3) 割りばしやプラスチックのスプーンなどで、ざくざくとかき混ぜる(それによって、石鹸素地の層がなくなってきて、宝石っぽさが出る)。

4) それを、冷凍庫で15~30分くらい冷やす(氷水に入れて冷やしても良い)。

5) 石鹸が、中まできちんと固まったら、(カップの)型から出して、包丁などでカットして、出来上がり。

まとめ

安岡 先生には取材時、宝石石鹸をいくつかお持ちいただきました。

どれも、見た目は石鹸にはみえず、本当に宝石のようです。

みているだけでもテンションが上がり、宝石石鹸は、目でも楽しむこともできる石鹸といえそうです。

宝石石鹸は、作り方も簡単です。

グリセリンソープなどの石鹸素地を、リキッドカラーなどで色を付け、それを層になるように積み重ねて混ぜるだけです。

世界にひとつしかない模様の宝石石鹸を手作りできるので、是非、皆さまにもお試しいただきたい内容です。

今回取材した安岡 由起枝 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

まずは、新鮮で強すぎないバラの香りに包まれます。オールインワンということもあり、最初は多めに付けましたが、浸透も良く逆に肌に余る感覚があったので、2回目からは減らして塗布したところ、伸びも良く物足りなさは感じませんでした。塗布後、つっぱりや乾燥もなく、使用感や使用後の肌の状態も満足のいくものでした。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだ年齢肌オールインワン。バラのチカラで見た目20代の肌へ。初回50%OFFキャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生

7300018_b

安岡 由起枝 先生