キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

鼻の下が長い…?鼻と口の間の長さを短くする8つの方法とは

アンチエイジング専門店 美匠顔  加藤 聖子 先生

鼻の下が長い…?鼻と口の間の長さを短くする8つの方法とは

「キレイの先生」編集部です。

鼻の下が短いのは、美人顔の条件のひとつといいます。

たしかに、きれいな美人女優で鼻の下が長い人は、あまり思い浮かびません。

今回のテーマは、そんな「鼻の下」についてです。

アンチエイジング専門店 美匠顔 の加藤 聖子 先生に取材させていただきました。

鼻の下が長いのは、どんなことが原因になるのでしょうか?

鼻と口の間の長さは、生まれついてのもので、短くするのが難しいようにも感じますが、鼻の下を短くすることはできるのでしょうか?

加藤 先生に教えていただきました。

目次

鼻の下が長いと…

鼻の下が伸びる原因とは

鼻の下を短くする方法(顔のエクササイズなど)
・1. 口角を上げる
・2. アヒル口を作る
・3. 口で「ぴよぴよ」
・4. 「す・ま・い・る」と口に出す
・5. 口に箸をくわえる
・6. 舌回し
・鼻の下を短くするために

鼻の下を短くする方法(メイク)
・7. 鼻の下にチークを入れる
・8. オーバーリップなど

まとめ

本日のキレイの先生

アンチエイジング専門店 美匠顔

加藤 聖子 先生

「キレイの先生」編集部

鼻の下が長いと…

加藤 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「鼻の下」についてです。

鼻の下が長いと、顔は、どんな印象になりますか?

可愛くて綺麗な女優さんで、鼻の下が長い人は、ほとんどいないと思います。

鼻の下が短いことは、美人顔の条件のひとつといえます。

鼻の下がたるんで長くなっていると、老けて見えたり、顔が長く見えたり、間延びしたように見えたりしてしまいます。

鼻の下の長さは、生まれてついての先天性のものなのですか?

骨格によるものも場合もありますが、成長過程によるところが大きいです。

年をとって、若いときよりも顔が大きくなったように感じる人も多いと思いますが、顔の長さは、20代から60代で、3cm伸びるといわれています。

顔は3cmも長くなるのですか…。

そして、顔の中でも、老けが表れやすいのは、顔の下半分、口の周りです。

年をとると、フェイスラインが落ち、口角も落ち、それと一緒に、鼻の下も長くなってきます。

鼻の下が伸びると、(鼻の下が)上唇に乗っかるようになって、上唇が薄くなりやすいです。

笑ったときに、上唇が隠れてしまう人もいますね。

上唇が薄くなると、鼻の下がさらに長く見えそうです…。

顔の下半分の老けは、なかなか、メイクだけではごまかしきれません。

例えば、目元などは、アイメイクなどで、目をパッチリと見せることができやすいです。

ただ、口は、(例えば、薄くなっている上唇をごまかそうと)唇のないところにメイクで唇を描いても、不自然になります。

そのため、口周りは、老けさせないように頑張ることが大切です。

「鼻の下」と「唇の下」の比率の理想は、1:2です。

サロンのお客様や、(メイクアップアーティストとして)女優さんやモデルさんをみていても、「美人だな…」、「かわいいな…」という人はほとんど、そのバランスが守られているように感じます。

例えば、「鼻の下」と「口の下」のバランスが、1:1くらいになっていると、顔は間延びした印象になって、年齢よりも老けてみえやすいです。

「鼻の下」と「唇の下」のバランス

鼻の下(鼻と上唇の間)と唇の下(下唇とあごの間)は、下が、「黄金バランス」ということができそうですね。

・鼻の下(鼻と上唇の間):1

・唇の下(下唇とあごの間):2

「鼻の下」と「唇の下」のバランス

鼻の下が伸びる原因とは

先程、鼻の下は、成長過程で伸びてくるというお話がありました。

それは、どんなことが原因になるのですか?

口周りの「口輪筋(こうりんきん・口の周りを囲むようにしてある筋肉)」などの表情筋(表情を作る筋肉)の衰えによるところが、大きいです。

口輪筋などが衰えると、鼻の下が伸びたり、ほうれい線が出たり、フェイスラインが落ちたりする原因になります。

加齢で鼻の下が伸びるのは…

筋肉量は、年齢とともに減少します。年をとると、鼻の下が伸びやすいのは、そのことが関係しているといえそうです。

表情筋は、表情が乏しくて(表情筋を)動かせていないと、衰えます。

例えば、パソコンやスマホをみているときは、表情がないと思います。

事務や、人とあまり話さない仕事をしている人も、表情が乏しくなりがちです。

それは、よく分かります。

私も仕事柄、パソコン作業が多いですが、パソコンに向かっているときは基本、無表情です。

表情筋の衰えについて

例えば、身体の筋肉も、運動不足で使っていないと衰えてくると思います。顔の表情筋も、それと同じように、普段から使えていないと衰えていきます。

また、電車に乗っているとき、周りを観察してみると、鼻の下が落ちてぼーっとした顔をしている人もいると思います。

それは、無意識の内にそういう表情になっているので、自宅にいるときや、機嫌が悪いときも、同じような表情をしていることが多くなっているかもしれません。

そのような表情が長く続くほど、鼻の下も伸びやすくなります。

後は、「噛む」という行為も、大事なことです。

昔は、玄米などの固い食べ物がありましたが、現代社会は、やわらかい食べ物が多いです。

「(食事は)30回は噛むようにしましょう」といいますが、いまの人は、(食べたものを)すぐ飲み込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

それも、口周りの筋肉が弱まる原因になります。

たしかに、私もしっかり噛まずに、すぐに飲み込んでしまうことが多いかもしれません…。

他には、口呼吸なども、口周りの筋肉の衰えにつながります。

口呼吸について

下の記事でも紹介していますが、呼吸は本来、鼻から息を吸って、鼻または口から息を吐く「鼻呼吸」が、好ましいです。それに対して、現代社会は、口から息を吸って、口から息を吐く呼吸を「口呼吸」になっている人も多いといいます。口呼吸では、深く呼吸することができません。

鼻の下を短くする方法(顔のエクササイズなど)

では、鼻の下を短くする方法を教えていただきたいと思います。

ホームケアで鼻の下を短くするには、どんな方法がありますか?

1. 口角を上げる

まずは、口角を上げることを、いつも意識することです。

口角を上げるのには、表情筋が使われます。

普段から口角を上げて、表情筋を動かせていれば、鼻の下も落ちにくくなります。

例えば、パソコン作業をやっているときに、口角を上げるように意識するのも良いですね。

私は、メイク(アップアーティスト)の仕事もしているのですが、撮影が長時間にわたることもあります。

昔から、そういった「いま、しんどいな…」というときほど、口角を上げることを心がけるようにしていました。

それは、本当に素晴らしいことですね。

苦しいときに口角を上げるのは、簡単にできることではありません。

口角を上げると、笑顔の筋肉が使われて、脳が幸せを感じやすくもなるのですよ。

口角を上げることは、鼻の下が落ちにくくなるだけではなく、精神的にも良いのですね。

口角を上げる

加藤 先生は、本当に笑顔が素敵で、口角がきれいに上がっています。先日、登山に行かれたそうですが、苦しくなってくると、自然と口角が上がってきたそうです。口角を上げることが、習慣化されているのですね。

下の記事でも紹介していますが、口角を上げることは、良いこと尽くしです。鼻の下を短くするのにも良いです。顔のリフトアップにもなります。相手からの印象も良くなりますよね。そして、精神的にも幸せを感じやすくなります。私も、口角を上げることを、もっと普段から意識していきたいと思います。

2. アヒル口を作る

(鼻の下を短くするのに良い)エクササイズの方法もあります。

まずは、唇の端を押さえて、外に引っ張るようにします。

鼻の下を短くする方法

そして、唇を突き出すようにしてアヒル口を作って、20秒くらいキープします。

そのとき、口角をちょっと上げるようにすると、さらに良いです。

鼻の下を短くする方法

これも、表情筋を鍛えることができるのですか?

はい。

特に、唇の筋肉を鍛えることができます。

年をとると、唇も水分量が減って、しぼんできやすいです。

(唇の筋肉を鍛えて)唇がぷるっとしてくると、鼻の下も短くなります。

3. 口で「ぴよぴよ」

もうひとつ、(鼻の下を短くする)エクササイズの方法があります。

顎を手で押さえて、口で「ぴよぴよ」とします。

鼻の下を短くする方法

このとき、顎を手で押さえるのは、顎にしわが出るのを防ぐためです。

これは、唇の筋肉や、鼻の下など、大きな部分を鍛えることができます。

4. 「ス・マ・イ・ル」と口に出す

(鼻の下を短くするのに)「ス・マ・イ・ル」と口に出すことも、おすすめです。

口周りのエクササイズになるだけではなく、自分自身に「笑おうね」と意識することもできます。

「あ・い・う・え・お」の応用

下の記事でも紹介していますが、表情筋を鍛えるのに、大きく口を動かして「あ・い・う・え・お」と口に出す方法があります。

「ス・マ・イ・ル」と口に出すのは、その応用編といえそうですね。このときも、大きく口を動かすことが、ポイントです。

5. 口に箸をくわえる

他には、(鼻の下を短くするのに)口に箸(はし)をくわえるのも良いです。

箸をくわえると、口角が上がります。

また、顔が下を向いていると、口角が上がりづらいため、(割りばしをくわえることで)自然と顔が上がってきて、姿勢もピンなってきます。

口に割りばしをくわえる

下の記事でも紹介していますが、口に箸をくわえると、自然に口角が上がります。口周りの筋肉を鍛えることができ、鼻の下を短くするのにも良いです。これは、簡単そうに思われるかもしれませんが、あまり口周りの筋肉を使えていない人は、しばらくするとぷるぷると震えて、割りばしをくわえるのが苦しくなってくると思います(私もそうでした)。

6. 舌回し

後は、(鼻の下を短くするのに)舌回しなども良いです。

舌回しについて

下の記事でも紹介していますが、舌回しは、口の中で、はぐきをなぞるようにして、舌を回す方法です。これも、あまり口周りの筋肉を使えていない人は、10回くらいで痛みを感じると思います(下の記事では、20回を目標にしているのですが、私は10回を過ぎたあたりでギブアップしてしまいました)。

鼻の下を短くするために

おそらく、顔の老化は、鼻の下よりも、フェイスラインのたるみや、ほうれい線の方が、先に気になりやすいと思います。

そうですね。

私自身も、たるみは目に付きますが、これまで正直、鼻と口の間の長さを意識したことは、あまりありませんでした。

ただ、先生の話をお聞きすると、鼻の下も老化が表れやすい場所なのですよね。

はい。

そして、例えばほうれい線を消すことよりも、鼻の下を短くする方が、効果を実感しやすいかもしれません。

それは、どのくらいで効果を感じられるものですか?

普段、口周りの筋肉をあまり動かしていない人であれば、一週間から二週間くらいで、効果を実感できると思います。

それを持続するには、(エクササイズなどを)最初の一ヶ月間くらい頑張り、その後は、週にいちどくらいに回数を減らしても、筋肉は落ちにくいです。

そして、三か月くらいして習慣化されると、「上がった」形の筋肉が付いてくると思います。

後は、それがゆるんでこないように意識していれば、筋肉は落ちにくいです。

エクササイズは、例えば、「トイレに行ったときに、やるようにしよう」と決めておくのも良いと思います。

鼻の下を短くする方法(メイク)

ちなみに、(鼻の下を短く見せる)メイクのテクニックもあります。

7. 鼻の下にチークを入れる

ひとつは、鼻の下にチークを入れる方法です。

そのときのチークは、ラメが入っているものではなく、オレンジ系やコーラルピンクなどのものが良いです。

頬にチークを付けて、そのまま鼻の下まで伸ばしてあげましょう。

8. オーバーリップなど

他には、オーバーリップで上唇を大きめに書いてあげたり、唇の山の部分だけにホワイトを入れたりして、唇をプリッとさせることも、(鼻の下を短く見せるのに)良いです。

まとめ

鼻の下が伸びるのは、口輪筋などの表情筋が衰えることが原因になります。

そのため、口周りの筋肉を鍛えることが、鼻の下を短くするのにも効果的です。

そしてそれには、普段から口角を上げるようにすることが、いちばん手軽に行えることといえそうです。

加藤 先生は、本当に笑顔の素敵な先生でした。

苦しいときこそ口角を上げることは、本当に素晴らしいことだとです。

私は、あまり口角を上げられていないので、取材中に先生の笑顔をみながら、とても反省しました。

鼻の下が長いと、老けて見えてしまいます。

鼻の下を短くするのに、皆さまもまずは、口角を上げることから始めてみてはいかがでしょうか?

今回取材した加藤 聖子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

「バラの香りがしっかりするな…」と感じました。保湿力があって、目元などの乾燥も気にならず使用することができました。オールインワンで、出張先や風呂上がりのつなぎとして使用したり、メイク前に使用したりするのにも良いですね。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだ年齢肌オールインワン。バラのチカラで見た目20代の肌へ。初回50%OFFキャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生