キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

顔が四角くなる原因は?四角い顔を引き締めるマッサージ2つ

エステのお店 リラックスローズ  水本 実穂 先生

顔が四角くなる原因は?四角い顔を引き締めるマッサージ2つ

「キレイの先生」編集部です。

顔が四角い…。

顔の角ばりが気になる…。

それは、生まれついての骨格だけが、原因ではありません。

生活習慣によっても、顔は四角くなってしまいます。

今回のテーマは、「四角い顔を引き締める方法」です。

エステのお店 リラックスローズ の水本 実穂 先生に、取材させていただきました。

顔を引き締めるには、咀嚼筋(咀嚼筋)をマッサージしてほぐすのが、効果が高いといいます。

顔が四角くなるのは、何が原因なのでしょうか?

そして、四角い顔を引き締めるには、どんなことができるのでしょうか?

水本 先生に教えていただきました。

目次

四角い顔について

顔が四角くなる原因

四角い顔を引き締める方法
・フェイスマッサージ
・その他

まとめ

本日のキレイの先生

エステのお店 リラックスローズ

水本 実穂 先生

「キレイの先生」編集部

四角い顔について

水本 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「四角い顔を引き締める方法」です。

サロンのお客様にも、顔が四角いことにお悩みの方は多いですか?

はい、かなり多いように感じます。

それは、年齢も関係しているのですか?

年齢というよりも、頑張り屋さんでストレスをためやすい方や、オンオフがうまくいっていない方に多いです。

逆に、のんびりされている方には、少ないかもしれません。

「頑張り屋さんでオンオフがうまくいかない」のは、お仕事や育児でお忙しい方に多そうですね。

顔が四角いと、どんな印象になりますか?

顔が角張って、大きく見えてしまいます。

顔が角張るは、顔のどんな骨や筋肉が関係しているのですか?

まずは、「下顎角骨(かがくかくこつ)」です。

これは、下顎(したあご)の隅で、「エラ」と呼ばれる部分です。

下顎角骨が広がると、エラが張ったようになり、顔が四角くなります。

そして、顔が角張るのは、「咀嚼筋(そしゃくきん)」も関係しています。

咀嚼筋については、このサイトでも何度か取り上げたことがあります。

咀嚼筋は、どんな筋肉なのでしょうか?

咀嚼筋は、咀嚼する、つまり、噛むときに使う筋肉です。

他の場所よりも使われることが多いです。

咀嚼筋には、いくつかの筋肉があると思います。

顔の角張りと特に関係している筋肉は、ありますか?

ひとつは、「咬筋(こうきん)」です。

咬筋の場所

そして、「側頭筋(そくとうきん)」も、顔の角ばりに関係しています。

側頭筋の場所

咬筋や側頭筋が肥大すると、エラが張ったようになって、顔も四角くなります。

顔が四角くなる原因

顔が四角いのは、生まれついてのものなのでしょうか?

先天性の場合もあります。

骨格に、原因があるようなケースですね。

ただ、ほとんどの場合は、後天性といえます。

多いのは、咬筋や側頭筋などの咀嚼筋が肥大して、顔が四角く見えることです。

もう少し具体的にお話しいただけますか?

筋トレもそうですが、筋肉は鍛えると発達します。

咀嚼筋は、他の顔の筋肉と比べると、よく使われる筋肉です。

例えば、上と下の歯が噛み合わさっているだけでも、咀嚼筋が使われています。

咀嚼筋を使い過ぎると、筋肉が厚く張って、顔も四角く見えるようになります。

咀嚼筋が肥大する原因には、どんなことがありますか?

食いしばりや、噛みしめの癖です。

実は、私も、食いしばりの癖があります。

それは、あるエステサロンへの取材時、先生にご指摘いただいて、初めてその癖に気付きました。

仕事でパソコンに向かっているときや、睡眠中に、歯を食いしばっていることがありました。

意外と、私のように、自分の食いしばりの癖に気付かれていない方も多いように思えます。

そうですね。

無意識の内に、食いしばりや噛みしめの癖がある人は、少なくないでしょう。

それは、ストレスとも関係しています。

人は緊張していると、歯を噛みしめたりするものです。

現代社会で、ストレスのまったくない人はいないと思います。

サロンのお客様も、お仕事や恋愛の悩みをお持ちです。

性格的には、頑張り屋さんや、物事を気にしがちな人の方が、無意識に噛みしめていることも多いように感じます。

たしかに、頑張り屋さんほど、歯を食いしばって頑張っているイメージがあります。

それが、顔の角張りにつながってしまうのは、少し複雑な気持ちです。

他に、顔が四角くなる原因はありますか?

噛みごたえのあるものを好んで食べることも、顔の角張りにつながります。

例えば、固いものの食べ過ぎや、貧血のときに氷をガリガリと食べてばかりいると、咀嚼筋を使いすぎる原因になります。

編集部のコメント

顔が四角くなる原因を、簡単にまとめてみます。

1. 先天的な骨格によるもの

2. 咀嚼筋の肥大
食いしばり・歯ぎしりの癖が原因になる。
これらは、ストレスから来る場合が多く、頑張り屋さんがなりやすい。

3. 噛みごたえのあるものをよく食べること

四角い顔を引き締める方法

フェイスマッサージ

四角い顔を引き締めるのに、自分で行えるマッサージはありますか?

顔が角張るのは、咬筋や側頭筋の使い過ぎが、原因のひとつです。

そのため、固くなったそれらの筋肉を、マッサージでほぐしてあげると、顔の引き締めにもなります。

咬筋のマッサージは、中指と薬指の2本の指で、クルクルと優しく回します。

咬筋のマッサージ

側頭筋のマッサージは、指の腹で皮膚を押さえるようにして、クルクルと回します。

側頭筋のマッサージ

マッサージは、強く行うと、筋肉が反発しています。

そのため、優しくゆっくりと、気持ち良さを感じるくらいの力で良いでしょう。

その他

マッサージ以外で、四角い顔を引き締めるのに、ホームケアで行えることはありますか?

食いしばりの防止です。

食いしばったり、噛みしめたりしないように、意識してほしいです。

上と下の歯が接触しないようにするには、マウスピースなどを使う方法もあります。

睡眠中に食いしばりを意識して防ぐことはできません。

そのため、その睡眠中の癖には、マウスピースなどを使わないと、治すのがなかなか難しいです。

マウスピースは、通販などでも手に入れることができます。

他には、ストレスを解消することも、顔を引き締めるのに大切です。

質の良い睡眠、バランスの良い食生活、身体を温めること、深呼吸、適度な運動。

これらは、ストレスの解消にもなります。

生活習慣を正すということですね。

また、マッサージやエステなどで、血液の循環を良くすることもおすすめです。

編集部のコメント

四角い顔を引き締める方法をまとめます。

1. フェイスマッサージ
使い過ぎで固くなった咬筋と咀嚼筋をほぐします。

2. 食いしばりの防止
普段、食いしばったり、噛みしめたりしないように意識します。
マウスピースなどは、睡眠中の食いしばりの防止に良いです。

3. ストレス解消
生活習慣を整えて、マッサージやエステなどでリフレッシュすることも、おすすめです。

私も、無意識の内に、食いしばりの癖がありました。

皆さまの中にも、気付かない内に、歯を食いしばっていたりする方もいらっしゃるはずです。

まずは、普段、自分が歯を食いしばっていないか、意識するだけも変わってくると思いますよ。

まとめ

頑張り屋さんは素敵です。

でも、だからこそ歯を食いしばったりして、顔が四角くなりやすいといえるのかもしれません。

私も、食いしばりの癖があるので、意識して注意するようにしています(私自身は頑張り屋さんではないのですが…)。

四角い顔を引き締めるには、咬筋や側頭筋をほぐすことが効果的です。

水本 先生に教えていただいたマッサージは、ちょっとした空き時間にでも行えるものです。

食いしばりなどに気付いて、「咀嚼筋を使い過ぎてしまっているかな…」と気になったときは、マッサージしてほぐしてあげると良いと思います。

今回取材した香川 美知子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

私が以前から使っていた他社のオールインワンゲルにも、ローズ成分が含まれていたのですが、かすかな香りしかなく、「もっとローズが沢山入っているものがあればいいのにな…」とずっと思っていました。この商品は、使うたびに香りに癒され、幸福感があります。保湿性が高く、物足りなさもありません。女性の心と体に働きかける作用を多く持つダマスクローズが、たくさん入っているのは、何より嬉しいです!

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生