キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

鼻が大きい…鼻筋をきれいに見せて鼻を小さくする簡単な方法

美容矯正サロン OCEAN  平井 久美子 先生

鼻が大きい…鼻筋をきれいに見せて鼻を小さくする簡単な方法

「キレイの先生」編集部です。

鼻が大きい。

私自身、ちょっと気になっていた部分です。

出来れば小鼻になりたいものです。

ただ、それは顔のつくりですから、「仕方ないな…」と思っていました。

鼻を小さくすることはできるのでしょうか?

そんな疑問に答えていただいたのは、美容矯正サロン OCEAN の平井 久美子 先生です。

平井 先生によると、鼻を小さくするために、自宅でもできることがあるといいます。

鼻が大きくなってしまうのには、何か原因があるのでしょうか? そして、小さくするには、どうしたらいいのでしょうか?

平井 先生に教えていただきました。

平井 先生の記事

こちらは、平井 先生の前編の記事です。後編では、首を長くする方法を取り上げます。首が短く見えると、顔も小顔に見えるようになります。

目次

「鼻が大きい」とは

鼻が大きくなる原因
・噛みしめ
・口呼吸など

鼻筋をきれいにみせて鼻を小さくする方法
・1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす
・2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす

まとめ

本日のキレイの先生

美容矯正サロン OCEAN

平井 久美子 先生

「キレイの先生」編集部

「鼻が大きい」とは

「鼻が大きい」とは

平井 先生、よろしくお願いします。今回のテーマは、「鼻を小さくする方法」です。私自身、鼻の大きさはちょっと気になっている部分です。先生は、どんな鼻の形が理想だと思われますか?

鼻の形の理想は、人それぞれですよね。

鼻が小さくて低いと、童顔に見えやすいです。

逆に、鼻が高くて大きいと、「美人顔」で男性的なイメージが強くなります。

日本人は平面的な顔の作りが多いので、外国人のように、「鼻筋が通っていて、小さいけれど高い鼻」が理想という方も多いのではないでしょうか。

たしかに私も、「小さくて高い鼻」が理想です。

ただ、鼻の大きさや高さは、生まれつきのものですよね。小さくするのは、難しいようなイメージがあります。

確かに鼻の高さは、骨格で決められるため、大きく変えることは難しいです。

ただ、鼻の大きさは、小鼻の太さ・広さによって印象が変わります。

小鼻

小鼻が太ければ、鼻は丸く大きく、鼻が短ければ、鼻も小さく見えます。

そして、この小鼻を形作っているのが、「上顎骨(じょうがくこつ)」という、上顎(うわあご)の骨です。

上顎骨

鼻の骨ではなく、顎の骨なんですか!?

鼻の骨もありますが、小鼻の部分は、上顎骨によるところが大きいです。

上顎骨の真ん中の部分を見てください。左右に分かれているのが分かると思います。

そのため、上顎骨は歪みやすいのです。

例えば、その左右にある頬骨(きょうこつ)が横にずれると、上顎骨もそれに引っ張られるようにして開いてしまいます。

上顎骨の歪み

すると、小鼻が広がって、鼻は大きくなります。

顔も、のっぺりとした印象が強くなります。

また、顔に左右差があると、やはり上顎骨がその歪みに引っ張られて、鼻が曲がって見えたりしてしまいます。

たしかに、上顎骨は左右に分かれていますから、周りの骨の影響を受けて歪みやすそうですね…。

そして、上顎骨は、「前頭骨(ぜんとうこつ)」ともつながっています。

前頭骨の歪み

そのため、前頭骨が歪むと、上顎骨も歪みます。

それによって、目が落ち込んだりすると、顔は平面的なぼやっとした印象になって、鼻も立体的に見えづらくなります。

たしかに、顔がのっぺりとしていると、鼻が低く見えてしまいます。

鼻の大きさや高さは、その周りの印象が変わるということですね。

鼻が大きくなる原因

鼻が大きくなる原因

噛みしめ

小鼻を形作っているのが、顎の骨という話には驚きました。

鼻が大きくなってしまう、つまり小鼻が広がってしまうのには、どんな原因があるのでしょうか?

まずは、噛みしめです。

強く噛みしめると、上顎骨の周りの骨が歪みやすく、それによって上顎骨も開いてしまいます。

噛みしめ癖で鼻が大きくなる?

私たちは、固い食べ物でも噛み砕くことができますよね。噛む(咀嚼する)力は、とても強いです。それは、それだけの力が、骨や筋肉にかかっているということです。

例えば、食べ物を食べるとき、片方の歯ばかりを使うとどうなるでしょうか?(私自身は、固い食べ物を食べるとき、必ず右側の歯で噛み砕く癖があります)左右でかかる力が違いますから、歪みにつながることは、イメージできるのではないでしょうか?

そして、噛みしめや食いしばりの癖も、顔の骨や筋肉に大きな負荷がかかって、歪みの原因になります。そのことは、下の記事などでも紹介しています。

口呼吸など

あとは、「口呼吸」もあまり良くありません。

口呼吸とは

口呼吸は、口で息を吸って、口で息を吐くことをいいます。

本来は、鼻で呼吸する「鼻呼吸」がいいのですよね。

ただ、現代人は、口呼吸になっている人が多いんじゃないでしょうか? 私もそうです。

口呼吸も、上顎骨の歪みにつながるのですか?

はい。

鼻呼吸をすることで、鼻の周りの筋肉を使うことができます。

「顔の使える筋肉は使う」というのは、大切なことです。

それによって、引き締めの効果も期待できます。

顔の筋肉を使うと顔が引き締まる?

身体の筋肉は、使わないと衰えます。同じように、顔の筋肉も使えていないと衰えて、たるみの原因になります。そのため、下の記事でも紹介していますが、顔の筋肉を使うようにすることで、顔を引き締めて小顔にもつながります。

そして、鼻から息を吸うことで、自律神経に働きかけて、心を落ち着かせてリラックスすることもできます。

歯ぎしり・食いしばりは、ストレスや緊張から来るため、鼻呼吸をすることで、鼻が大きくなるのを防ぐことにもつながります。

自律神経とは

自律神経は、人の身体と心をコントロールしている神経です。「交感神経(緊張の神経・昼に優位になる)」と「副交感神経(リラックスの神経・夜に優位になる)」が、交互に入れ替わってバランスを取っていて、そのバランスが乱れると、心身に大きな影響があります。

そして、自律神経は、深く呼吸することで、整えることができます。

・息を吸う:交感神経が優位に

・息を吐く:副交感神経が優位に

皆さまも試してみてください。鼻から息を大きく吸うと、心が落ち着きませんか?

また、身体の歪みも、顔の歪みにつながります。

例えば、人の身体は、骨盤から側頭骨、頬骨へと連動をしています。

結果、骨盤が歪むと、頬骨も影響を受けてしまうのです。

そして、頬骨が歪むと、上顎骨もそれに引っ張られて歪み、小鼻が太くなって鼻も大きく見えてしまうのですね。

鼻が大きくなるのは、鼻だけに原因があるわけではないことが、よく分かりました。

むしろ、それ以外の原因の方が大きそうです。

鼻筋をきれいにみせて鼻を小さくする方法

鼻筋をきれいにみせて鼻を小さくする方法

これまでの話をお聞きしていると、鼻を小さくする…小さく見せるといった方が正確かもしれませんね。

そのためには、上顎骨の歪みを戻していくことが大切なんでしょうか?

はい。

上顎骨が歪んで開いていると顔がのっぺりとした印象になりますが、シュッとしていると顔も立体的になり、鼻も小さく見えます。

鼻を小さくする最大のポイントは、どう立体感を出すかということです。

それには、鼻筋をきれいに見せることです。

鼻筋が通っていると、鼻が立体的に、小鼻に見えやすくなって、印象が変わります。

そのために、自宅でも何か出来る方法はあるのでしょうか?

はい。簡単な方法がありますよ。

1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす

まずは、片手で上顎骨を押さえます。

そして、もう片手で頬骨を外に優しく引きます。

これを、鼻呼吸をしながら行います。

強くやる必要はまったくありません。

1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす 1

これは、上顎骨を頬骨から引き剥がすようなイメージです。

1. 上顎骨から頬骨を引き剥がす 2

先生のお話の中で、上顎骨が頬骨の歪みに引っ張られて、開いてしまうお話がありました。

上顎骨から頬骨を引き剥がすことで、上顎骨を本来の位置に戻すようなイメージですね。

2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす

そして、もうひとつが、片手で上顎骨を押さえて、もう片手で前頭骨を引き上げる方法です。

これも、鼻呼吸をしながら、強い力は必要ありません。

2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす 1

これは、上顎骨を前頭骨から引き剥がすようなイメージです。

2. 上顎骨から前頭骨を引き剥がす 2

これも、上顎骨を前頭骨から引き剥がすことで、本来の位置に戻すようなイメージということですね。

上顎骨が本来の位置に戻れば、鼻筋がきれいに出て、小鼻にも見えるようになります。

教えていただいた方法は、どちらも本当に簡単です。私もチャレンジしてみたいと思います。

平井 先生、ありがとうございました。

まとめ

鼻が大きくなる(小鼻が広がってしまう)理由は、頭蓋骨の模型をみて、よく分かりました。

上顎骨(じょうがくこつ)は、中心で左右に分かれています。

周りの骨が歪んで、それに引っ張られれば、小鼻が広がって鼻も大きくなります。

平井 先生のおっしゃっていたように、鼻筋をきれいにみせれば、鼻はシュッとした印象になり、小さく(見せられるように)なります。

ポイントは、上顎骨を周りの骨から引き剥がすようにして、本来の場所に戻してあげることでしたね。

「鼻が大きい…」とお悩みの方は、平井 先生に教えていただいた方法をお試しになってはいかがでしょうか?

私も取材以降、ちょっとした空き時間に行うようにしていますよ。

平井 先生の記事

こちらは、平井 先生の前編の記事です。後編では、首を長くする方法を取り上げます。首が短く見えると、顔も小顔に見えるようになります。

本日のキレイの先生

7000046_b_02

平井 久美子 先生