キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

バイバイふっくら顔!顔の脂肪を取る!自分で出来る方法4つ

BEAUTY GARDEN  千野 真寿美 先生

バイバイふっくら顔!顔の脂肪を取る!自分で出来る方法4つ

「キレイの先生」編集部です。

脂肪。

嫌な響きですよね…。自分の身体には、出来れば遠慮願いたいものです(本来は脂肪も、身体に必要なものではあるんですけれどもね…)。

このサイトは、お肌や顔のことを中心に取り上げています。

そこで今回のテーマは、「顔の脂肪」です。

BEAUTY GARDEN の千野 真寿美 先生に話をお聞きしました。

顔に脂肪が付くと、顔がふっくらするイメージがあります。ただ具体的には、どんな場所に付きやすいのでしょうか?

そして、顔の脂肪を取るには、どんな方法があるのでしょうか?

千野 先生に教えていただきました。

* この記事は、千野 先生の「顔の脂肪」に関する前編です。後編では、「ラジオ波フェイシャル」について取り上げます。ラジオ波は、顔の脂肪を取るのにも良い方法だそうです。

目次

顔の脂肪

顔に脂肪が付く原因
・骨格の歪み
・代謝の低下
・むくみ

顔の脂肪を取る方法
・1. ガム2個を左右で噛んで表情筋を鍛える
・2. 口の中で舌を回して表情筋を鍛える
・3. 首の横をさすってリンパをさする
・4. 顔のツボ押し

まとめ

顔の脂肪

顔の脂肪

脂肪は、筋肉・骨・水分などと並んで身体を作っているもので、身体を守る役割があります。

ただ、脂肪が増えすぎてしまうと、代謝が低下したり、見た目がふっくらとした印象になったりします。

顔には、下のような場所に脂肪が付きやすいです。

■ 頬
(頬に脂肪が付くと)顔がぽっちゃりしたり、大きく見えやすくなったりします。

■ 顎
(顎に脂肪が付くと)二重顎の原因になります。

■ まぶた
(まぶたに脂肪が付くと)腫れぼったい目になってしまいます。

女性の中には、身体がスラッとしていても顔にふっくらしていて、身体全体がぽっちゃり見えるような方もいらっしゃいます。

顔に脂肪が付く原因

骨格の歪み

顔に脂肪が付く原因 骨格の歪み

顔に限らず身体にも当てはまることですが、骨格の歪みは、脂肪が付く原因になります。

骨格が歪んでいると、片方だけに負担がかかってしまいます。そして、脂肪は負担のかかっているところに付きやすいです。

編集部のコメント

頭蓋骨の歪みは、生まれついてのものもあります。

ただ、日々の生活によっても、頭蓋骨は歪んでいきます。

例えば、噛み癖などは分かりやすいですね。噛む力は、とても強いものです。そのため、片側ばかりで噛む癖があると、骨格が歪む原因になります(ちなみに私は、固いものを食べるときは、右側で噛み砕く癖がありました)。

他には頬杖なども、片側だけに圧がかかってしまいますので良くありません。

そして、荷物を同じ手で持つことも、頭蓋骨の歪みにつながるといいます。

私たちの身体の骨は、すべてひとつにつながっています。

どこかひとつの場所が歪むと、他の場所もそれに引っ張られて歪んでしまうのです。

そのため、例えば信号待ちをしていて信号が変わって歩き出すとき、最初にどちらの足を踏み出すか、といった癖も、頭蓋骨の歪みにつながるそうです。

私はその話を聞いて、「生きている以上、頭蓋骨が歪むのは仕方のないことだ」と思うようになりました。あるエステサロンの先生も、頭蓋骨の歪みを「生きている証」とおっしゃっていました。

頭蓋骨の歪みについては、「頭蓋骨の歪みで顔も歪む?原因は生きていれば仕方ないこと?」でも取り上げています。合わせてご覧になってみてください。

代謝の低下

顔に脂肪が付く原因 代謝の低下

筋肉が衰えたり、リンパが滞ったりして代謝が低下すると、脂肪が燃焼されないため、脂肪が付きやすくなります。

昔は、玄米や小魚など、固いものを食べる機会が少なくありませんでした。それに比べて現代は、(例えばパスタなど)柔らかい食べ物が多いです。

そのため、昔と比べると顎を使う機会が少なく、顔に脂肪が付いてふっくらしやすいといえます。

また、あまり表情を動かさないことによる表情筋の衰えも、原因になります。

編集部のコメント

顎を動かす筋肉のことを、「咀嚼筋(そしゃくきん)」といいます。

咀嚼筋は、このサイトでもよく取り上げられる、小顔のキーワードのひとつです。

ものを噛む力はとても強いため、例えば食いしばりや歯ぎしりの癖があると、咀嚼筋が凝り固まって、(顎を支える弾力性がなくなり)たるみの原因になります。

咀嚼筋は、「使い過ぎ」でも、「使わな過ぎ」でも良くないのですね。

そして、表情筋は、表情を作る筋肉です。

現代社会は、PCやスマホなどの影響もあり、表情筋を使えていない人が多いといいます(PCやスマホをみるときは、無表情でいることが多いですよね)。

筋肉は使っていないと、衰えてしまいます。

表情筋が衰えると、たるみにもつながり、顔に脂肪が付く原因にもなります。

咀嚼筋については「顔が四角い…顎のむくみを解消する!咀嚼筋をほぐす方法2つ」、表情筋については「ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ」などでも取り上げています。合わせてご覧になってみてください。

そして、リンパ*の流れが滞って老廃物がたまることでも、代謝は低下して、脂肪が付きやすくなります。

* 編集部:リンパは、体内の老廃物を回収して排出する働きがあります。リンパの流れが滞ると、老廃物がたまって、むくみなどにもつながりやすいです。リンパについては、「リンパマッサージは痛い?リンパを流すにはさするだけでOK」でも取り上げています。合わせてご覧になってみてください。

むくみ

むくみは、水分が滞って老廃物が流れない状態です。

そのため、そのまま放っておくと代謝が低下して、セルライト*になりやすいです。

ちなみに、むくみは水分や塩分の摂り過ぎが原因になります。

* 編集部:セルライトは、脂肪細胞が互いにくっついたり、老廃物とくっついたりして固まったものをいいます。

顔の脂肪を取る方法

顔の脂肪を取る方法

では、顔の脂肪を取るのに、ご自宅でも出来る方法をいくつかご紹介します。

基本的には、代謝を上げることが大切です。

1. ガム2個を左右で噛んで表情筋を鍛える

ガムを1個ずつ左右の奥歯のところに置いて、2個を一緒に噛むことで、表情筋を鍛えることができます。

もし、噛み癖のある方は、(普段あまり使わない)片方に2個のガムを置いても良いです。

これは、15分くらい続けると、疲れを感じると思います。

「エラが大きくなるのでは?」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、よほど強く噛みしめなければ大丈夫です。

2. 口の中で舌を回して表情筋を鍛える

口を閉じて、口の中で舌を回すことも、表情筋を鍛えることができます。

編集部のコメント

この方法は、よく知られているのではないでしょうか?

このサイトでも、「ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ」などでご紹介させていただきました。

顔の脂肪を取る方法 表情筋を鍛える

これを行うことで、口周りの筋肉(表情筋)を刺激でき、トレーニングになります。

また、どのくらい行えるかで、自分がどれだけ表情筋を使えているかがお分かりになると思います。

私は10回くらいで舌の付け根あたりがヒリヒリして、続けることができませんでした。

それだけ普段、表情筋が使えていないということですね。

そんな方には、おすすめの方法です。

3. 首の横をさすってリンパをさする

表情筋を鍛えるのと一緒に、首の横をさすってリンパを流すことも、効果が高いです。

編集部のコメント

顔のリンパは、耳の下の「耳下腺(じかせん)リンパ節」を通って、首から鎖骨へと流れていきます。

そのため、首のリンパを流すことで、顔全体のリンパを流すことにも効果があります。

エステサロンの先生方にフェイスマッサージを教えていただくと、この首のリンパマッサージの工程は、必ずといっていいほど含まれています。

例えば、武蔵小杉リンパサロン かおりの部屋 の杉山 佳織 先生に教えていただいた方法もそうでした。

顔の脂肪を取る方法 リンパをさする

杉山 先生には、5分で出来る小顔リンパマッサージを教えていただきました。

リンパの流れに沿って順々にマッサージしていくのですが、その中で首のリンパを流すマッサージも出てきます。

詳細は、「鎖骨のリンパの流し方!毎日5分マッサージでキレイになろう」をご覧になってみてください。

4. 顔のツボ押し

顔のツボを押すのも、顔に脂肪を付きにくくするのに良いです。

中でも、下のツボがおすすめです。

1300097_a08

■ 地倉(ちそう)
口角を上げて、顔をすっきりさせる効果が期待できます。

■ 頬車(きょうしゃ)
頬を触って、顎関節の空洞が出来ている場所にあるツボです。
頬肉を取るのに良いです。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

例えば、お腹周りに付いた脂肪を取るのに、運動したりして、代謝を上げると思います。

顔も同じように、代謝を上げることが、脂肪を取るいちばんの方法といえそうです。

表情筋を鍛えて代謝を上げる。

リンパの流れを良くして代謝を上げる。

これらのことなら、自宅でも行うことができますね。

そして、美容器を使った「ラジオ波フェイシャル」も、顔の脂肪を取るのに良いそうです。

私はその名前は知っていましたが、どんな内容なのかまでは分かっていませんでした。

千野 先生には、ラジオ波についても教えていただいたので、それは後編の記事でまとめさせていただきます。

是非、こちらとセットでご覧ください。

* 千野 先生の後編の記事は、下からご覧ください。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

7000085_b

千野 真寿美 先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから