キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

顔の脂肪をとるには?セラピストの教える自分で出来る方法4つ!

プライベートサロン BEAUTY GARDEN  千野 真寿美 先生

バイバイふっくら顔!顔の脂肪を取る!自分で出来る方法4つ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「顔の脂肪」です。

嬉しくない響きですよね…。

顔に脂肪が付いてしまうことも、自分自身に原因があるのかもしれませんが、できればご遠慮いただきたいものです。

取材させていただいたのは、プライベートサロン BEAUTY GARDEN の千野 真寿美 先生です。

顔に脂肪が付くと顔がふっくらとしてしまいますが、それはどんなことが原因になるのでしょうか?

そして、顔の脂肪をとるには、どんな方法があるのでしょうか?

千野 先生には、顔の脂肪をとるのにセルフケアでやれることを教えていただきました。

目次

顔の脂肪
・顔で脂肪の付きやすい場所1. 頬
・顔で脂肪の付きやすい場所2. 顎
・顔で脂肪の付きやすい場所3. まぶた

顔に脂肪が付く原因
・骨格の歪み
・代謝の低下
・むくみ

顔の脂肪をとる方法
・1. ガム2個を左右で噛んで表情筋を鍛える
・2. 口の中で舌を回して表情筋を鍛える
・3. 首の横をさすってリンパを流す
・4. 顔のツボ押し

編集部の選ぶ顔の脂肪をとるのにオススメのアイテム

まとめ

顔の脂肪

顔の脂肪

脂肪は、筋肉・骨・水分などと並んで身体を作っているもので、身体を守る役割があります。

ただ、脂肪が増えすぎてしまうと、代謝が低下したり、見た目がふっくらとした印象になったりします。

女性の中には、身体がスラッとしていても顔に脂肪が付いてふっくらして、身体全体がぽっちゃりして見えてしまうような方もいらっしゃいます。

顔には、下のような場所に脂肪が付きやすいです。

顔で脂肪の付きやすい場所1. 頬

頬に脂肪が付くと、顔がぽっちゃりしたり、大きく見えやすくなったりします。

顔で脂肪の付きやすい場所2. 顎

顎(あご)に脂肪が付くと、二重顎の原因になります。

顔で脂肪の付きやすい場所3. まぶた

まぶたに脂肪が付くと、腫れぼったい目になってしまいます。

顔に脂肪が付く原因

骨格の歪み

顔に限らず身体にも当てはまることですが、骨格の歪みは、脂肪が付く原因になります。

骨格が歪んでいると負担のかかりやすい場所ができ、脂肪は負担のかかっているところに付きやすいため、そこに脂肪が付いていきます。

骨格の歪みについて

「キレイの先生」編集部です。骨格の歪みは生まれついてのものもありますが、日々の生活習慣によっても歪んでいきます。例えば、頭蓋骨でいうと、噛み癖などは歪みの原因になります。咀嚼する(噛む)力はとても強いため、片側ばかりで噛む癖があると、そちらにばかり負荷がかかって、骨格の歪みにもつながります。ちなみに、私自身は固いものを食べるとき、右側で噛み砕く癖があります。皆さまも無意識の内の噛み癖をお持ちなのではないかと思います。他には、頬杖なども、片側だけに圧がかかってしまうので良くありません。

そして、意外かもしれませんが、身体の使い方によっても頭蓋骨の歪みにつながります。私たちの身体はひとつでつながっているので、どこかが歪むと、それに引っ張られて全身の歪みにつながってしまうのです。例えば、荷物を同じ手で持つことや、信号が変わったときにどちらの足から踏み出すか、といったことも歪みの原因になるといいます。

私たちが生きている以上、骨格が歪むのは仕方ないといえるのかもしれませんね。そして、そういったことも、顔に脂肪が付く遠因になっているといえそうです。

代謝の低下

顔に脂肪が付く原因 代謝の低下

筋肉が衰えたりして代謝が低下すると、脂肪が燃焼されないため、脂肪が付きやすくなります。

昔は、玄米や小魚など固い食べ物を食べることが多かったですが、現代は(例えばパスタなど)柔らかい食べ物が多いです。

そのため、昔と比べると顎(あご)を使う機会が少なく、顔に脂肪が付いてふっくらしやすいといえます。

また、あまり表情を動かさないことによる表情筋(表情を作る筋肉)の衰えも、原因になります。

顔の筋肉の衰え

「キレイの先生」編集部です。身体の筋肉は使っていないと衰えていくように、顔の筋肉も普段あまり使えていないと衰えていきます。特に現代社会は、スマホやパソコンなどで無表情になっていることが多いです(例えば、電車の中でスマホをみている人は、無表情になっていませんか?)。普段、無表情でいることが多かったりすると、表情筋の衰える原因になります。

後は、リンパ(血液と同じように全身をめぐって体内の老廃物を回収して排出している器官)の流れが滞って老廃物がたまることでも、代謝が低下して脂肪が付きやすくなります。

むくみ

むくみは、体内の水分が滞って老廃物が流れない状態です。

そのため、そのまま放っておくと代謝が低下して、セルライト(脂肪細胞が互いにくっついたり、老廃物とくっついたりして固まったもの)になりやすいです。

むくみは、水分や塩分の摂り過ぎが原因になります。

顔の脂肪をとる方法

顔の脂肪を取る方法

では、顔の脂肪をとるのに、ご自宅でもできる方法をいくつかご紹介します。

脂肪をとるには、基本的には代謝を上げることが大切です。

1. ガム2個を左右で噛んで表情筋を鍛える

ガムを1個ずつ左右の奥歯のところに置いて、2個を一緒に噛むことで、表情筋を鍛えることができます。

もし、噛み癖のある方は、(普段あまり使わない)片方に2個のガムを置いても良いです。

これは、15分くらい続けると、疲れを感じると思います。

「エラが大きくなるのでは?」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、よほど強く噛みしめなければ大丈夫です。

2. 口の中で舌を回して表情筋を鍛える

口を閉じて、口の中で舌を回すことも、表情筋を鍛えることができます。

舌回しについて

「キレイの先生」編集部です。舌回しは、口周りの筋肉を簡単に鍛えられるおすすめの方法です。一見すると簡単なようですが、口周りの筋肉を普段あまり使えていないと数回で痛みを感じると思います。私も10回くらいで、舌の付け根がヒリヒリして、それ以上続けることができませんでした。

3. 首の横をさすってリンパを流す

表情筋を鍛えるのと一緒に、首の横をさすってリンパを流すことも、効果が高いです。

舌回しについて

「キレイの先生」編集部です。顔のリンパは、耳の下あたり(耳下腺・じかせん)を通って、首から鎖骨へと流れていきます。そのため、首のリンパを流すことで、顔全体のリンパの流れを良くする効果も期待できます。

4. 顔のツボ押し

顔のツボを押すのも、顔に脂肪を付きにくくすることにつながります。

脂肪が付きにくくなるツボとしては、下の2つがおすすめです。

1300097_a08

■ 地倉(ちそう)
口角を上げて、顔をすっきりさせる効果が期待できます。

■ 頬車(きょうしゃ)
頬を触って、顎関節の空洞が出来ている場所にあるツボで、頬肉を取るのに良いとされています。

編集部の選ぶ顔の脂肪をとるのにオススメのアイテム

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、千野 先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部が選んだ顔の脂肪をとるのにおすすめのアイテムをご紹介します。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

手前味噌ですが、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめた「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」です。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

ローズウォーターには収れん(引き締め)作用があって、伸びの良いやわらかいテクスチャーなのでスキンケアしながら軽くマッサージするのにも向いていて、例えば首をマッサージしてリンパを流すときに使ったりするのもおすすめですよ。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

ローズウォーターの収れん(引き締め)作用!

やわらかくて伸びが良くマッサージに向いているテクスチャー!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

お腹周りに付いた脂肪を取るのには、運動などで代謝を上げることが効果的です。

顔も同じように、代謝を上げることが、脂肪をとるいちばんの方法といえそうです。

今回、千野 先生に教えていただいたのは、表情筋を鍛えたりリンパを流したりして、代謝を上げる方法です。

これでしたら、顔の脂肪をとるのに、セルフケアでやることもできますね。

ちなみに、顔の脂肪をとるのに、エステマシンの「ラジオ波フェイシャル」も効果が高いそうです。

千野 先生には、ラジオ波についても教えていただき、それは別の記事でまとめさせていただきます。

是非、こちらと合わせてご覧ください。

* 2016年12月1日に公開した『バイバイふっくら顔!顔の脂肪を取る!自分で出来る方法4つ』を再編集しました。

本日のキレイの先生

7000085_b

千野 真寿美 先生