キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

口周りの表情筋の簡単なトレーニング!ほうれい線の防止にも

エステティックサロン ロズまり  向井 麻理子 先生

ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ

「キレイの先生」編集部です。

辛い…。

それが、最初の感想でした。

何を行ったかというと、舌をはぐきに沿うようにして回す「口周りの表情筋のトレーニング」です。

これが、想像以上につらいのです。

このトレーニングを行って、私と同じように辛く感じる方は、表情筋が使えていないことが考えられます。

口周りの表情筋が使えていないと、ほうれい線などの原因にもなります。

今回のテーマは、「ほうれい線におすすめの表情筋のトレーニング」です。

エステティックサロン ロズまり の向井 麻理子 先生に取材させていただきました。

向井 先生は、「小顔筋艶肌フェイシャル」という技術を開発され、書籍やDVDも出されていらっしゃいます。

小顔筋艶肌フェイシャルは、小顔に導くために、ポイントとなる8つの顔の筋肉にアプローチする技術です。

ほうれい線には、どんな表情筋が関係しているのでしょうか?

表情筋のトレーニングは、どんなことができるのでしょうか?

向井 先生に教えていただきました。

目次

表情筋について

ほうれい線に関係している筋肉
・表情筋が衰える原因

口周りの表情筋トレーニング
・1. 頬を膨らませる
・2. 口の中で舌を回す

まとめ

表情筋について

表情筋について

顔には、表情を作る「表情筋(顔面筋ともいいます)」が30種類以上あります。

そして、その7割は口元にあります。

表情筋は、他の身体の場所に比べて細く、細かく動かすことができます。

また、筋肉の付いている場所が、身体とは違うことも特徴です。身体の筋肉は、骨から骨に付いています。一方で表情筋は、骨から皮膚に付いています。

■ 身体の筋肉
骨 ← 筋肉 → 骨

■ 表情筋
骨 ← 筋肉 → 皮膚

このように身体の筋肉は、両側が骨に付いているため、支えがしっかりしています。

しかし表情筋は、(片方が皮膚に付いているため)支える部分が弱いです。その分、たるみやすいといえます。

口周りの筋肉

ほうれい線に関係している筋肉

ほうれい線と大きく関係しているのは、口周りの4つの表情筋です。

■ 小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
頬を引き上げる筋肉です。

■ 大頬骨筋(だいきょうこつきん)
口角を引き上げる筋肉です。笑うときに使われます。

■ 笑筋(しょうきん)
口角を横に開く筋肉です。「笑」う筋肉と書くようように、大頬骨筋と同じように、笑うときに使われます。

■ 頬筋(きょうきん)
頬を動かす筋肉です。顎の骨にも付いてます。

口周りの筋肉について

「キレイの先生」編集部です。向井 先生がおっしゃったように、表情筋の7割は口元にあります。口角ひとつを動かすのにも、引き上げる「大頬骨筋」や、横に広げる「笑筋」など、動かし方によって筋肉が違います。私たちが口元で細かな表情を作ることができるのは、口周りに細かい表情筋がたくさん集まっているからなのですね。

顔の皮膚は、表皮(ひょうひ)や真皮(しんぴ)、脂肪の層(皮下組織)があって、その下に表情筋があります。

1200047_a03

表情筋は皮膚の深層部にあるため、表情筋が衰えると、ハリを保てずに支えられなくなり、皮膚全体が落ちてたるんでしまいます。

そのため、口周りの筋肉(小頬骨筋・大頬骨筋・笑筋・頬筋など)の衰えが、ほうれい線に直結します。

表情筋が衰える原因

表情筋が衰える原因

表情筋は、年をとるにつれてハリがなくなってきます。

加齢も、表情筋が衰える原因のひとつです。

そして、表情を動かさずに表情筋を使っていないと、筋繊維が細くなって弱くなります。

表情筋が鍛えられていない、ともいえます。

表情筋が衰えるのは…

「キレイの先生」編集部です。身体の筋肉も、運動不足などで使っていないと、衰えていきます。顔の表情筋も同じように、筋肉を使っていないと、筋力が弱まります。

例えば、パソコン仕事の多い方は無表情で、表情筋を動かす機会が少ないと思います。

そのため、表情筋の衰えから、たるみを引き起こしやすいといえます。

また、ほうれい線に直結する「大頬骨筋」や「笑筋」は、笑うときに使う筋肉のため、笑顔を作ることが少ない方は、ほうれい線につながりやすいです。

また、無表情のまま顔の緊張状態が長く続くと、筋肉は固くなります。

すると、血液やリンパの流れが悪くなって老廃物がたまり、むくみの原因にもなります。

サロンのお客様で顔のたるみにお悩みの方は、表情筋を動かせていない方が多いです。

表情筋を意識して表情を動かすことによって、筋繊維を良い状態に保つことができ、皮下全体を引き上げることができます。

口周りの表情筋トレーニング

口周りの表情筋エクササイズ

ほうれい線には、口周りの表情筋を鍛えて使えるようにすることが大切です。

それには、「口元のトレーニング」です。

今回は、その2つの方法をご紹介します。

どちらも、手を使うこともなく、どこでも行える内容です。

パソコン仕事が多い方でも、オフィスで行えます。

この2つのトレーニングを毎日続けるだけで、見違えるような効果を感じていただけると思います。

1. 頬を膨らませる

片方の頬を思いきっりプーッと膨らませ、その状態で、(膨らませた方の)頬をこめかみの方に上げるように意識します。

頬を膨らませる

それを、20回繰り返します。

これは、頬を引き上げる「小頬骨筋」、口角を引き上げる「笑筋」を鍛える効果があり、20回行うと、(口周りの筋肉を使って)「効いているな」ということが感じられると思います。

2. 口の中で舌を回す

口の中で舌をはぐきになぞるようにして回すことで、口周りの表情筋を鍛えることができます。

口の中で舌を回す

それを、20回行います。

筋肉は刺激を与えると、それを跳ね返そうとして自然と伸縮し、鍛えることができます。

「小顔筋艶肌フェイシャル」でも、顔の筋肉を押さえて圧をかけ、鍛えることを行っています。

口周りの筋肉も、口の中で舌を回すことで刺激になり、トレーニングにつながります。

普段、人に接する機会があまりなくて表情を動かすことが少ない方は、これを20回行うのは難しいかもしれません。

10回でも、きつく感じる方もいらっしゃるでしょう。

ただ、毎日続けることで、口周りの筋肉が鍛えられ、きつさもなくなってくると思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

私も取材中に、口周りの表情筋のトレーニングを試してみましたが、キツいですね…。

口の中で舌を回すトレーニングは、とても20回行えませんでした。

舌をひと回しして「キツいです」と言うと、向井 先生には「まだ1セットですよ」と苦笑いされてしまいました。

私は普段、顔の表情筋をあまり使えていないのですね…。

向井 先生は、表情が豊かで本当に素敵でした。

先生の笑顔をみながら、「口周りの表情筋をしっかりと使えていらっしゃるんだろうな」と、そんなことを感じました。

教えていただいた2つのトレーニングの方法は、手を使う必要もなく、本当に簡単です。

自分がどれだけ表情筋を使えているのかも、知ることができます。

ほうれい線の防止にもなるので、皆さまにも是非チャレンジいただきたい内容です。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

* 2016年10月3日に公開した『ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ』を再編集しました。

本日のキレイの先生