キレイの先生

ホーム > 美肌 > 手作り化粧品 > 

顔や唇をすべすべに!手作りシュガースクラブの簡単な作り方

メディカルアロマサロン Angelease  針谷 幸亜 先生

手作りシュガースクラブの作り方!顔や唇に使ってスベスベに

「キレイの先生」編集部です。

「作って楽しい、使って嬉しい!」

そんなキャッチコピーがぴったりの手作り化粧品、私も大好きです。

このサイトではこれまで、化粧水やクリームなどの作り方を取り上げてきました。

今回のテーマは、「シュガースクラブ」です。

名前の響きは、何だかおいしそうですね。

まさに、「食べられるコスメ」といったところでしょうか。

お肌にも優しい感じがしますね。

今回は、メディカルアロマサロン Angelease の針谷 幸亜 先生に、シュガースクラブの作り方を教えていただきました。

手作りしたシュガースクラブは、顔にもお使いいただけ、美肌にも効果があるといいます。

では、針谷 先生に、シュガースクラブのレシピを教えていただきましょう。

目次

シュガースクラブの効果
・シュガースクラブとは

手作りシュガースクラブの作り方
・シュガースクラブのレシピ

シュガースクラブに使うアロマの選び方
・夏におすすめの「ペパーミント」・「オレンジ」
・冬におすすめの「マジョラム」・「オレンジ」
・美肌におすすめの「ゼラニウム」・「ラベンダー」など

シュガースクラブの使い方(顔や唇など)
・顔での使い方
・唇などでの使い方

【編集部チョイス】おすすめの「手作りシュガースクラブの材料」

まとめ

シュガースクラブの効果

シュガースクラブの効果

「スクラブ」は、古い角質を取り除くことをいい、基本的には、細かい粒子をお肌になじませて行います。

古い角質がたまっていると、お肌はざらついてしまいます。

スクラブを行うことで、そのざらつきを取り、お肌をスベスベにする効果が期待でき、黒ずみが気になるときの改善にも良いです。

また、お肌のターンオーバーの周期は、28日が理想ですが、年をとるにつれ遅くなっていきます。

スクラブで古い角質を取り除いてあげることで、ターンオーバーを手伝うことにもつながります。

シュガースクラブの効果

「キレイの先生」編集部です。皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれ、少しずつ表面に上がり、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

古い角質が、皮膚の表面にたまっていると、お肌のごわつきやくすみなどの原因になります。シュガースクラブは、それを取り除くことで、ざらつきを解消したり、ターンオーバーを整える効果が期待できます。

ちなみに、下の記事でも紹介していますが、古い角質を取り除くのには、「ピーリング」という方法もあります。ピーリングは、角質を酸などでやわらかくして取り除く方法です。

シュガースクラブとは

「シュガースクラブ」は、砂糖のスクラブです。

砂糖などの材料を混ぜるだけで、ご自宅でも簡単に手作りすることができます。

手作りすると、材料に使っているものが何か分かるため、お肌(や身体)に安心安全なものを作ることができます。

シュガースクラブは、赤ちゃんにも使えるくらい優しいもので、敏感肌にもお使いいただけます。

また、水に溶けやすいため、お肌につけたときのなじみが良いです。

スクラブは、ソルト(塩)でも作ることができます。

ただ砂糖の方が、保湿効果が高く、お肌をやわらかくするのでおすすめです。

また、塩は傷につけるとしみますが、砂糖は傷の治りを早める作用があるといわれています。

そして、手作りのシュガースクラブは、エッセンシャルオイル(精油)を入れて作ります。

そのため、ご自分の好きな香りのスクラブを作れ、さらにエッセンシャルオイルの効能を加えることもできます。

手作りシュガースクラブの作り方

手作りシュガースクラブの作り方

では、手作りシュガースクラブの作り方をご紹介します。

下は、全身1回分くらいの量を作るときの材料です。

顔・肘・膝・足裏など、場所ごとに分けて使うと、2~3回分になると思います。

■ 砂糖 大さじ4

■ キャリアオイル(植物油) 大さじ1
今回は、ココナッツオイルを使って作りました。ホホバオイルなど、他のキャリアオイルでも大丈夫です。
キャリアオイルを加えることで、しっとり感のあるスクラブにすることができます。

■ ハチミツ 小さじ1
ハチミツも、保湿力のあるアイテムです。
ハチミツを入れない場合は、キャリアオイルの量を調整します。

■ エッセンシャルオイル(精油) 5~6滴
エッセンシャルオイルは、1種類でも良いですが、私は2~3種類を合わせて作ることが多いです。
今回は、「ペパーミント」と「オレンジ」を使いました。特に夏場には、おすすめの組み合わせです。

■ 容器(ガラスビンなど)

スクラブは、お肌が乾燥してしまいそうなイメージがあるかもしれませんが、上の材料で手作りするシュガースクラブは、キャリアオイルやハチミツを入れて、しっとりとした出来上がりになります。

シュガースクラブの材料

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、キャリアオイルとハチミツは、保湿力があって美容効果も高いです。それらを使ってシュガースクラブを手作りすると、保湿性の高いスクラブが出来上がりそうです。

シュガースクラブのレシピ

1) 砂糖をガラスビンに入れます。

手作りシュガースクラブの作り方1

2) キャリアオイルを加えて、よく混ぜます。

手作りシュガースクラブの作り方2

手作りシュガースクラブの作り方3

3) ハチミツを加えて、よく混ぜます。

手作りシュガースクラブの作り方4

4) 最後にエッセンシャルオイルを加えて、よく混ぜます。

1300081_a08

5) 材料が混ざり合って、砂糖がしっとりとなったら出来上がりです。

手作りシュガースクラブの作り方5

手作りしたシュガースクラブは、直射日光を避け、常温で保存します。

2週間以内を目処に、使い切るようにしましょう。

シュガースクラブに使うアロマの選び方

エッセンシャルオイルは、ご自分の好きな香りでお選びになることも、効能でお選びいただくこともできます。

ここでは、いくつかの組み合わせをご紹介させていただきます。

夏におすすめの「ペパーミント」・「オレンジ」

今回のレシピでも使用した「ペパーミント」と「オレンジ」は、特に夏におすすめの組み合わせです。

ペパーミントは、リフレッシュできる香りで、暑いときは体感温度を下げる効果が期待できます。

「オレンジ」の香りは、気持ちが明るくなり、消化器系に良いです。

夏は、冷たいものを摂ることも多いため、おすすめです。

冬におすすめの「マジョラム」・「オレンジ」

冬は、身体の冷えが気になるシーズンです。

「マジョラム」や「オレンジ」は、身体を温める作用があります。

美肌におすすめの「ゼラニウム」・「ラベンダー」など

「ゼラニウム」は、皮脂(毛穴から分泌されている油分で皮膚のうるおいを保つ役割などがある)やホルモンのバランスを整える作用があるため、美肌効果が期待できます。

定番の「ラベンダー」も、美肌に良いエッセンシャルオイルとして知られています。

他には、「イランイラン」なども、皮脂のバランスを整える作用があるため、おすすめです。

シュガースクラブの使い方(顔や唇など)

シュガースクラブの使い方

手作りしたシュガースクラブは、顔とボディの両方にお使いいただけます(男性の方もお使いいただけます)。

基本的には、お風呂場が使いやすいと思います(手作りのシュガースクラブは、キャリアオイルを使っているため、お風呂場でスクラブを流した後は、床が滑りやすくなることをお気を付けください)。

顔での使い方

顔のスクラブは、洗顔後に行います。

小さじ1杯くらいのスクラブを手に取り、濡れている状態の顔に乗せます。

そして、優しく円を描くように、顔全体になじませていきます。

すると、砂糖が水に溶けていきます。

スクラブを顔全体になじませたら、最後はぬるま湯で洗い流します。

顔のくぼんでいる場所(小鼻の脇や口元など)は、古い角質がたまりやすいため、忘れずにシュガースクラブを付けてあげましょう。

スクラブは、お肌が濡れている状態で行うようにしましょう。

お肌が乾いている状態でシュガースクラブを使うと、お肌には強すぎて刺激になってしまいます。

また、スクラブを行うのは、多くても週に3回をおすすめします。

それ以上行うと、お肌に負担がかかってしまう可能性もあります。

唇などの使い方

シュガースクラブは、唇にもお使いいただけます。

使い方は、顔のときと同じで、唇が濡れている状態で行いましょう。

唇に使うと、唇がふっくらとします。

また、唇はターンオーバーの周期は、お肌よりもとても早いです。

冬になると、唇の皮が剥けやすいのも、そのためです。

唇のスクラブは、皮剥けをきれいな状態にするのにも良いです。

また、身体では、角質のたまりやすい肘・膝・足裏などにお使いいただくのがおすすめです。

ボディ全体にお使いになっても、お肌をスベスベにすることができます。

【編集部チョイス】おすすめの「手作りシュガースクラブの材料」

「キレイの先生」編集部です。

手作りシュガースクラブには、キャリアオイルを使用します。

編集部の選んだおすすめのキャリアオイルを、紹介します。

ココナッツオイル オーガニック 50mL monday moon

手作り化粧品の専門店の「Monday moon」のココナッツオイルです。オーガニックの品質保証も取得しています。

(通常価格 税別450円 * 2017年8月18日時点)

オーガニック ホホバオイル 100mL spa hinoki

個人的におすすめなキャリアオイルが、保湿力もあって使いやすい「ホホバオイル」です。こちらは、東京都 赤坂のヘッドスパ専門店「桧 spa hinoki」さんのホホバオイルです。spa hinoki さんは、私もよく知っていて、古民家の隠れ家のような雰囲気が素敵なサロンです。未精製(ゴールデン)で栄養豊富なオーガニックのオイルです。

(通常価格 税別1,852円 * 2017年8月14日時点)

ホホバオイル(クリア) 70mL 生活の木

アロマやハーブの専門店としておなじみの「生活の木」のホホバオイルです。精製されたタイプで、使いやすいです。

(通常価格 税別1,600円 * 2017年8月14日時点)


まとめ

「キレイの先生」編集部です。

針谷 先生に取材させていただいたのが真夏日だったこともあり、取材では、ペパーミントとオレンジのシュガースクラブを作っていただき、それをお土産にいただきました(針谷 先生、ありがとうございます!)。

表現が間違えているかもしれませんが、ペパーミントとオレンジのシュガースクラブは、柑橘系のアイスのような香りで、暑い夏にはぴったりです。

帰宅後、夜のお風呂で早速試してみましたが、お肌の透明感がアップした感じがします。

食べられるもので作られていて、お肌に優しいのも嬉しいです。

アロマの香りでリラックスできるのも魅力です。

ただ、口に入ってもおいしいので、ついつい舐めたくなっちゃうのが難点です(私だけかもしれませんね)。

シュガースクラブは、材料を混ぜるだけで手作りすることができ、作り方も簡単です。

顔や唇、ボディにも使うことができて便利です。

皆さまもいちど、手作りシュガースクラブをお試しになってみてはいかがでしょうか?

今回取材した針谷 幸亜 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

乾燥肌のため、オールインワンの製品では保湿力が物足りず、これまで使用を控えていました。今回試しに使ってみたのですが、まずバラの香りに癒され、それだけでも心地良さを感じます。さらに、乾燥肌の私でも十分に保湿され、また、ぐんぐんと浸透していくのが分かり、とっても良かったです。乾燥が特にひどいときは、少し時間が経ってからもういちど付けると、びっくりするぐらい肌がよみがえりモチモチになって、肌の調子が良くなりました。乾燥肌の方にもおススメです!

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだオールインワン。下がり気味の年齢肌を、バラ1,500枚分のちからで上向き肌に。初回925円キャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:メディカルアロマサロン Angelease 針谷 幸亜 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年9月5日に公開した『手作りシュガースクラブの作り方!顔や唇に使ってスベスベに』を再編集しました。

本日のキレイの先生