キレイの先生

ホーム > 美肌 > 手作り化粧品 > 

手作りアロマ石鹸の作り方!石鹸素地を混ぜるだけ簡単レシピ

「キレイの先生」編集部  

手作りアロマ石鹸の作り方!石鹸素地にアロマ等を混ぜるだけ

「キレイの先生」編集部です。

いま自宅では、手作りのアロマ石鹸(石けん)を使っています。

これが、本当に使い心地が良いのです。

身体を洗うとアロマの香りに包み込まれ、お風呂から上がった後もふとしたときに、ふわっと香りが立ちます。

このサイトで、小さな隠れ家 女性専用サロン ドールズ のしのぶ 先生に作り方を教えていただいてから、私自身も時々手作りするようになりました。

手作りアロマ石鹸の作り方を調べてみると、湯煎などが必要な方法もあります。

しのぶ 先生に教えていただいた方法は、面倒な手間はなく、石鹸素地にアロマなどの材料を混ぜ込むだけの簡単なレシピです。

面倒くさがり屋さんでも、簡単に手作りできます。

作り方は、しのぶ 先生の記事でもご紹介いただいていますが、私自身も大好きなものなので、改めて紹介させていただきます。

目次

手作りアロマ石鹸(石けん)の魅力

材料
・石鹸素地
・アロマ(精油)
・キャリアオイル
・ミルクの乾燥粉末など

手作りアロマ石鹸の作り方
・レシピ1. アロマやキャリアオイルなどをブレンド
・レシピ2. 石鹸素地に材料を混ぜ合わせる
・レシピ3. 成形する
・レシピ4. 乾燥させて完成
・注意点

【編集部チョイス】おすすめの「手作り石鹸の材料」

まとめ

手作りアロマ石鹸(石けん)の魅力

手作りアロマ石鹸(石けん)の魅力

「早くアロマ石鹸の作り方を教えて!」という方には申し訳ないのですが、まずは、その魅力をちょっとだけ語らせていただきたいと思います。

しのぶ 先生は手作り石鹸のワークショップを開いていらっしゃって、石鹸素地を使ったアロマ石鹸の作り方をお教えになっています。

生徒さんは、一回のワークショップで、数種類のアロマ石鹸をお作りになるそうです。

「これにはこのアロマを入れて、こっちにはあのアロマを入れて」と、アロマを使い分けて、数種類のアロマ石鹸を手作りすることができるのですね。

私も取材時、アロマの香りを比べさせていただき、どのアロマを使うのか選ばせていただきました。

これが楽しいのですよね。

「このアロマは良い、でもこっちも捨てがたいな…」と、取材はそっちのけでした。

自分の選んだアロマで手作りした石鹸が、気に入らないわけありません。

アロマについては、取材したアロマサロンの先生方も、「そのときに良いなと思った(香りの)アロマが、いま身体が必要としているものなのですよ」とおっしゃいます。

アロマは香りが良いだけではなく、そのひとつひとつに効能があります。

例えば、心が緊張しているときは、鎮静作用のあるアロマの香りを「いいな」と感じるそうです。

だから、アロマを選ぶときは、その香りをかいだときの直感に従うのがいちばんです。

また、アロマにはそれぞれ効果・効能がありますので、手作りアロマ石鹸の材料に、効能から選ぶこともできます。

例えば、しのぶ 先生にも、アンチエイジングをテーマに、手作りアロマ石鹸の材料を選んでいただきました。

美肌効果の高いアロマとしては、「フランキンセンス」などもおすすめです。

そして、自分の選んだアロマで手作りした石鹸には、愛着がわきます。

だから、それを使うだけでも楽しくなります。

つまり、手作りアロマ石鹸には、下のような魅力があるのです。

・作って面白い
・美容にもいい
・使って楽しい

いかがですか?

皆さまも、手作りアロマ石鹸を少し作ってみたくなりませんか?

材料

材料を混ぜるだけで作れるアロマ石鹸の材料をご紹介します。

こちらは、しのぶ 先生の「混ぜてもむだけ! 5分で簡単「手作り石けん」の作り方の基本」でご紹介いただいた内容です。

■ 手作りアロマ石鹸の材料(1個分)
・石鹸素地 100g
・アロマ(精油) 3~5滴
・キャリアオイル 15mL
・ミルクの乾燥粉末など 適量

これで、少し大きめのアロマ石鹸が1個、出来上がります。

それぞれ、どんな材料なのかをみていきたいと思います。

石鹸素地

石鹸素地

いまお使いの石鹸のパッケージがあれば、全成分の表示をご覧になってみてください。

(全成分の表示の)上の方に、「石鹸素地」がありせんか?

石鹸素地は、油脂と苛性ソーダを反応させたものです。

いわゆる「石鹸」といわれるものです。

石鹸は基本的に、石鹸素地に美容成分が配合され作られていて、石鹸素地が100%のものは、「純石鹸」といわれます。

石鹸素地は、粉末のものが市販されていて、インターネット通販やアロマの専門店などで簡単に手に入れることができます。

石鹸素地は動物性や質の悪い油脂から作られたものもありますが、アロマ石鹸は、植物の有効成分の凝縮されたアロマで石鹸を作るのですから、石鹸素地も植物性の油脂から作られたものをお選びになるのがおすすめです。

ちなみに、しのぶ 先生は、「生活の木」さんの石鹸素地をお使いになっていました。

これは、植物性の石鹸素地で、保存料・香料・着色料も入っていません。

アロマ(精油)

アロマ(精油)

アロマ石鹸の主役ともいえるのが、アロマ(精油)です。

アロマは、植物の油性の成分が凝縮された天然素材です。

取材でアロマサロンにお伺いさせていただくと、アロマの種類に驚きます。

本当にたくさんの種類があります。

花から抽出するものもあれば(例えば、ラベンダーなど)、樹木から抽出すものもあります(例えば、ティーツリーなど)。

何をお使いになるかは、香りをかいで、ご自分の好きなものをお選びいただくのがいちばんです。

先程も書きましたがが、そのときに「いいな」と感じた(香りの)アロマが、身体が必要としているものです。

もちろん、アロマの効能から選んでも良いですね。

例えば、しのぶ 先生は、アンチエイジングをテーマにしたアロマ石鹸には、「ゼラニウム」をお選びになっていました。

使うアロマは、1種類ではなく、数種類をブレンドしても大丈夫です。

ただ、ご自宅で数種類のアロマを用意するのは、少し大変かもしれません。

手作り石鹸の教室では、たくさんの種類のアロマの中から使うものを選ぶこともできるので、まずはそういったところで(手作りアロマ石鹸)をお試しになっても良いと思いますよ。

キャリアオイル

キャリアオイル

アロマは植物の有効成分がギュッと凝縮されています。

ただ、お肌に直接付けるには刺激が強いとされています。

そこで、お肌にアロマの成分を届けるには、「キャリアオイル(植物オイル)」を使用します。

アロマサロンのマッサージオイルも、基本的には、キャリアオイルでアロマを希釈した(濃度を薄めた)ものが使われています。

「キャリア(運ぶ)」というように、オイルでアロマの成分を運ぶのです。

キャリアオイルは、単体でも効果・効能が期待でき、スキンケアにもお使いいただけます。

キャリアオイルには、ホホバオイルやアルガンオイルなどがあります。

アロマ石鹸を手作りするときも、キャリアオイルでアロマを希釈することで、お肌に優しい石鹸になります。

ミルクの乾燥粉末など

しのぶ 先生に取材したときは、手作りアロマ石鹸に、ミルクの乾燥粉末(ゴートミルクパウダー)を加えられました。

これは、石鹸の栄養分になる美容成分です。

乾燥粉末には他にも、ヨーグルトやハチミツなどもあるといいます。

牛乳などの食材をそのまま使うこともできますが、保存期間など衛生面にも気を使う必要が出てくるので、乾燥本末がおすすめだそうです。

これらは、栄養たっぷりの石鹸を作りたいときに良いですね。

ちなみに、私自身でアロマ石鹸を作るときは、乾燥粉末は加えていません。

手作りアロマ石鹸の作り方

手作りアロマ石鹸を作るときの手順をみていきましょう。

こちらも、しのぶ 先生の「混ぜてもむだけ! 5分で簡単「手作り石けん」の作り方の基本」の内容と同じです。

下の写真はすべて、そのときのものです。

レシピ1. アロマやキャリアオイルなどをブレンド

まずは、石鹸素地以外の材料をブレンドします。

キャリアオイルをビーカーなどに入れ、そこにアロマ(精油)を加えて混ぜ合わせます。

手作りアロマ石鹸の作り方1

手作りアロマ石鹸の作り方2

写真のキャリアオイルは緑色をしていますが、このときは「アボカドオイル」を使いました。

アボカド保湿力の高いのが、特徴のオイルです。

出来上がったアロマ石鹸の写真をご覧いただければと思いますが、アボカドオイルを使うと、淡いグリーンのきれいな石鹸が出来上がります。

ミルクの乾燥粉末などを入れるときは、アロマを加える前に入れて混ぜ合わせましょう。

アロマ石鹸の作り方

手作りアロマ石鹸に、ミルクの乾燥粉末などを入れる場合は、下のような手順になります。

1) キャリアオイルを入れる

2) 乾燥粉末を加えて混ぜ合わせる

3) そこにアロマ(精油)を加えて混ぜ合わせる

しのぶ 先生が取材でアロマ石鹸をお作りになったときは、ゴートミルクパウダーを1cc加えていました。

手作りアロマ石鹸の作り方3

レシピ2. 石鹸素地に材料を混ぜ合わせる

石鹸素地はあらかじめ、ジップロックなどの袋に入れておきます。

そして、そこに1) でブレンドした材料を加えます。

手作りアロマ石鹸の作り方4

袋から空気を抜いて袋を閉じ、手でこねて石鹸素地と材料を混ぜ合わせます。

手作りアロマ石鹸の作り方5

ポイントは、石鹸素地の粒をつぶすようにして、こねることだそうです。

これは実際にやってみると分かるのですが、なかなか力のいる作業で、手も疲れてきます。

手作り石鹸教室では、肘で押しつぶしたり、足裏で踏みつぶしたりする生徒さんもいらっしゃるそうです。

もちろんその方法でも大丈夫なのですが、手でこねることで、手の温度で石鹸素地もほぐれてきますので、おすすめです。

レシピ3. 成形する

石鹸素地と材料が混ざり合わさると、少し固めの粘土のようになります。

それを袋から取り出して、成形していきます。

これは、ちょっとした粘土遊びのようです。

ちなみに、しのぶ 先生は、定規を使って成形されていました。

手作りアロマ石鹸の作り方6

成形は、牛乳パックで型を用意しておけば、簡単にきれいな石鹸を作ることができます。

また、市販されているシリコンの型を使えば、花の模様の入ったものなど、かわいらしい石鹸を作れるそうです。

レシピ4. 乾燥させて完成

成形したアロマ石鹸は、日陰で風通しのいい場所に置いておきます。

2~3日で乾燥して固くなったら、手作りアロマ石鹸の完成です。

手作りアロマ石鹸の作り方7

注意点

しのぶ 先生は、手作りアロマ石鹸について、いくつかの注意点もお話しされていました。

■ 安全性の確認
アロマ石鹸は、アロマを使っていますから、肌質によっては刺激を感じてしまう場合があるかもしれません。
そのため、まずはハンドソープとして使い始め、その次に身体、問題がなければ顔、といったように順を踏むことをおすすめします。

■ 使用期限
しのぶ 先生に教えていただいたアロマ石鹸の作り方は、水を加えません。そのため、比較的長くもちます。
使用期限は1年が目安です。
(使用期限は、今回ご紹介したレシピの場合です。使う材料によって変わりますので、ご注意ください)

【編集部チョイス】おすすめの「手作り石鹸の材料」

編集部の選んだおすすめの手作り石鹸の材料を、ご紹介します。

石けん素地 300g 生活の木

ハーブやアロマテラピーの専門店としておなじみの「生活の木」の石鹸素地です。しのぶ 先生もお使いになっていたもので、植物性です。1,000g(1kg)の容量のものもありますが、石鹸作りが初めての方は、まずは小さめの300gからお選びになることをおすすめします。

(通常価格 税別400円 * 2017年8月18日時点)

ホホバオイル 50mL 無印良品

「無印良品」のホホバオイルで、精製されているため、使いやすいです。手作り石鹸の材料になる他、普段のスキンケアやボディケアなどにもお使いいただけます。

(通常価格 税別833円 * 2017年8月18日時点)

アボカドオイル 25mL 生活の木

「生活の木」のアボカドオイルで、保湿力が高く、濃厚でリッチなテクスチャーです。手作り石鹸に使うと、淡いグリーンの石鹸に仕上がります。

(通常価格 税別800円 * 2017年8月18日時点)

ゴートミルクパウダー 20g monday moon

手作りコスメの原料専門店「monday moon」のゴートミルクパウダー(ミルクの乾燥粉末)です。栄養たっぷりの石鹸を手作りしたいときは、お使いになると良いと思います。

(通常価格 税別400円 * 2017年8月18日時点)

まとめ

いかがだったでしょうか?

手作りアロマ石鹸は、石鹸素地を使うと簡単に作ることができます。

自分で材料を選んで、好みの石鹸にカスタマイズできるのも、魅力的です。

しのぶ 先生は、お風呂場に数種類の手作りアロマ石鹸を置いていて、その日の気分によって使うものを変えているそうです。

アロマ(精油)の種類を持っていないと、それは難しいかもしれませんが、贅沢で良いですよね。

そういった楽しみ方ができるのも、手作りアロマ石鹸の魅力です。

作り方も簡単ですので、皆さまにも是非お試しいただきたい内容です。

* 2016年5月19日に公開した『手作りアロマ石鹸の作り方!石鹸素地にアロマ等を混ぜるだけ』を再編集しました。

本日のキレイの先生