キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

ライスオイルの効能!米油で美肌に?美容家も愛用の米ぬかオイルとは

木の家のサロン mocca  青木 めぐみ 先生

米油のすごい効能!美容効果ばっちりのライスオイルの使い方

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ライスオイル」です。

木の家のサロン mocca の青木 めぐみ 先生にインタビューさせていただきました。

ライスオイルは、名前に「ライス」と付くようにお米から抽出されるキャリアオイル(植物オイル)で、「米油」や「米ぬかオイル」ともいいます。

料理用としてスーパーなどで売られたりしていますが、美容面での効能も高く、例えばスキンケアなどでお肌に使うこともできるといいます。

青木先生のサロンでも、トリートメント(マッサージ)のベースオイルとしてライスオイルをお使いになっているそうです。

ライスオイルは、どんな効果・効能を期待できるんでしょうか?

ご自身でもライスオイルを愛用されているという青木先生に、教えていただきました。

目次

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)とは
・米ぬかから抽出されるオイル
・肌に使うときは化粧品用のライスオイルを
・ライスオイルはキャリアオイル

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)の効果・効能
・栄養
・酸化しづらい性質

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)をスキンケアに使う
・スキンケアの仕上げに
・皮脂のケアに
・クレンジングなど

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)をトリートメントオイルに使う
・トリートメントオイルにおすすめの精油は?

編集部の選ぶオススメのライスオイル(米油・米ぬかオイル)

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

まとめ

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)とは

ライスオイル(米油)とは

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)は昨今、テレビなどでも「健康にとても良いオイル」として取り上げられ、注目を集めているオイルです。

ライスオイルは美容面での効能も高く、私自身は以前からスキンケアに使っていたり、サロンでは「美容のためのオイル」として取り入れていたりします。

米ぬかから抽出されるオイル

玄米を精米機にかけたときに出る米ぬかには、オイルが含まれています。

それを抽出したのが、「ライスオイル」です。

お米のオイルなので、日本人のお肌に合いやすいです

ライスオイルと似たようなところでは、小麦からとれるオイルもありますが、小麦アレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。

それに対して、お米のアレルギーは、ほとんど聞いたことがないと思います。

実際、化粧品用のライスオイルをお使いになって肌トラブルが出たという方を、私は見たたことがありません。

化粧品の製造会社を経営する友人も、「ライスオイルは肌トラブルが少なくおすすめ」と話しています。

ライスオイルは、日本人に相性の良い「和のオイル」といえます。

和のキャリアオイル

「キレイの先生」編集部です。日本のキャリアオイルとしては、ヘアケアなどでよく用いられる「椿油」もよく知られていると思います。青木 先生には、下の記事で、椿油についてもインタビューさせていただきました。

肌に使うときは化粧品用のライスオイルを

ライスオイルには、食用と化粧品用があります。

食用のものはスーパーなどにでも売っていて、「米油」と名前になっているものが多いです。

それに対して、化粧品用のライスオイルは、食用のものとは精製の度合いが違い、不純物がしっかり取り除かれていてお肌にも安全なように精製されています

ですので、お肌に付けるときのライスオイルは、化粧品用のものを使うようにしましょう。

ちなみに、サロンやスクールでは、日本産アロマブランドである「yuica(ユイカ)」 の「ライスキャリアオイル」というものを使用しています。

キャリアオイルとしての「ライスオイル」

yuicaについて

「キレイの先生」編集部です。yuicaは、日本のアロマブランドです。主に岐阜県の飛騨高山で育った野生の植物から抽出した、和のアロマ(ヒノキ・モミ・クロモジなど)を取り扱っていらっしゃいます。都内の高級ホテルのスパでも、yuicaのアロマがコースに取り入れられているそうです。

ライスオイルはキャリアオイル

キャリアオイルの「キャリア」というのは、「運ぶ」という意味があります。

サロンでは、精油を使ったアロマトリートメントをしているのですが、精油は一滴でもたくさんの成分が含まれていて、お肌に直接付けるには刺激があります。

それに、仮にお肌に精油を一滴だけ垂らしても、そこの部分にしか精油の成分が行き届きません(お肌に精油を直接垂らすことは、皮膚刺激を起こす可能性があるため、おすすめしていません)。

そこで、精油をキャリアオイルに希釈(きしゃく・濃度を薄めること)してトリートメントオイルを作ります。

それによって、精油の成分をお肌全体に広く行き渡らせることができるようになります。

キャリアオイルで、精油の成分を「運ぶ(キャリア)」のです。

キャリアオイルは、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどがよく知られていますが、ライスオイルもそうです。

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)の効果・効能

ライスオイル(米油)の効果効能

栄養

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)は、お肌への浸透が良く肌なじみが良いです

「オイルはべたつくから苦手」という方もいらっしゃいますが、ライスオイル他のオイルと比べてあまりべたつきを感じないと思います。

その理由は、ライスオイルに含まれている成分にあります。

ライスオイルの主成分

オレイン酸
リノール酸
パルミトレイン酸
γ-オリザノール(ガンマオリザノール)
トコフェノール(ビタミンE)
など

オレイン酸やリノール酸は「不飽和脂肪酸(常温でも固まらずサラサラしている油)」で、美容面でも下のような効果が期待できます。

■ オレイン酸
お肌を柔らかくする作用があり、浸透力が高い。

■ リノール酸
保湿効果が高く、しわなどの予防にも良いです。

この2つの成分だけも美容面での効能は高いといえますが、他のキャリアオイルにもオレイン酸やリノール酸が豊富なものはあります(例えば、オリーブオイルはオレイン酸が豊富です)。

ライスオイルに含まれる成分で特徴的なのは、「γ-オリザノール」です。

これは、他のキャリアオイルにはあまり見られない成分です。

γ—オリザノールは、シミの原因となるメラニン色素を抑える作用があり、保湿しつつお肌の再生をサポートしてくれます

そのためライスオイルは、シミが気になるときにも良いですし、紫外線が強いシーズンなどにも良いですね。

酸化しづらい性質

ライスオイルの効果効能(高温調理でも酸化しづらい)

これはどちらかというと、食用の方の特長でもあるのですが、ライスオイルは酸化しにくい性質を持っています。

それは、ライスオイルには、スーパービタミンEとも呼ばれている「トコフェノール」という成分が含まれているためです。

オイルには、酸化がつきものです。

例えば、揚げ物が冷めると、油の嫌な臭いが気になることがありませんか?

それは、油が酸化してしまったということです。

オイルが酸化すると、身体に悪影響のある発ガン性の物質などを増やしてしまい、動脈硬化や脳梗塞などの原因になります。

ライスオイルは酸化しづらい性質があるので、料理で普段お使いの油を米油に置き換えるだけでも、酸化臭を軽減できて身体にも良いです。

市販の揚げ煎餅やポテトフライにも、揚げてから時間が経っても風味が落ちないように、米油が使われている製菓もありますし、米油はお米のオイルですので和食料理などにも合いますよ。

酸化しづらいキャリアオイルは?

「キレイの先生」編集部です。キャリアオイルの中では、「ホホバオイル」も酸化しづらいオイルとして知られていて、オイル美容などにも使いやすいオイルです。

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)をスキンケアに使う

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)は、美容面では、スキンケアだけでもたくさんの使い方ができます。

ライスオイル(米油)の使い方1. スキンケア

スキンケアの仕上げに

私自身は、お肌のお手入れの仕上げにライスオイルを使っていて、下のような順番でお手入れをしています。

1. クレンジング・洗顔(手作り石けん)
2. 化粧水(ハーブウォーター)
3. ジェル美容液(手作り)
4. 【ライスオイル】

ライスオイルは、クリームの代わりに使用していて、お肌への浸透性が良いのでべたつきも気にならず使いやすいです。

ちなみに、冬場の乾燥が気になるときは、ライスオイルを付けた後に、さらにシアバターを付けて保湿力を上げるようにしています。

皮脂のケアに

ライスオイル(米油)の使い方1. スキンケア(皮脂ケア)

汗をかきやすいシーズンになると、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)の詰まりも気になりがちです。

そんなときは、毛穴シートパックやスクラブ(微細な粒子で古い角質や毛穴の詰まりを取り除くこと)といった方法もありますが、それらは皮膚への刺激もあるため、お肌の弱い方にはあまりおすすめできません。

ライスオイルは、皮脂のケアに使うこともでき、皮脂の詰まりが気になる場所にライスオイルをなじませ、その後はこすらずに、ティッシュなどでオイルを優しく拭き取ります(もしくは、その後洗顔しても大丈夫です)

オイルで油汚れを落とすのです。

ライスオイルを使って皮脂のケアをするときは、洗顔前にするのがおすすめです。

クレンジングなど

その他にも、ライスオイルは、スキンケアで下のような使い方ができます。

■ クレンジング
ライスオイルで、メイクの汚れを落とすこと(クレンジング)もできます。ただ、アイメイクを落とすときは目にライスオイルが入リやすいので、少量を取って行うか、専用のアイメイク落としをお使いになるのがおすすめです。

■ 日焼け予防
ライスオイルは、「γ-オリザノール」が含まれているためシミの予防にもなり、日焼け予防にも良いです。

■ マッサージ
ライスオイルは、そのままフェイスマッサージにもお使いいただけます。マッサージで血行も良くなりますから、肌荒れ・むくみの予防にも効果的です。

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)をトリートメントオイルに使う

ライスオイル(米油)の使い方2. トリートメントオイル

サロンでは、ライスキャリアオイル(米油・米ぬかオイル)をトリートメントオイルの基材に使い、ボディやフェイスのトリートメントをしています。

トリートメントオイルは、ライスオイルと精油をブレンドするだけで、ご自宅でも簡単に作ることができます。

例えば、トリートメントオイルを足のむくみなどのボディ用に作るときは、精油の希釈率は約1%です

例)
・ライスオイル 小さじ 1杯(5ml)
・お好みの精油 1滴

トリートメントオイルをフェイス用に作るときは、精油の希釈率は約0.5%と少し薄めにすると良いでしょう。

例)
ライスキャリアオイル 小さじ 2杯(10ml)
・精油 1滴

ちなみに、サロンのトリートメントオイルは、ライスキャリアオイルだけでは全身に使うには粘度が高いため、伸びが良くなるよう、ホホバオイルやアルガンオイルなどとブレンドしています。

ただ、ご自宅でトリートメントオイルを作るときは、ライスキャリアオイルだけで十分だと思います(もちろん、ライスオイルを精油とブレンドせずにそのままトリートメントにお使いいただくこともできます)。

トリートメントオイルにおすすめの精油は?

ライスオイルでトリートメントオイルを作るとき、ブレンドする精油は下のような種類がおすすめです。

■ 足のむくみなどに
・グレープフルーツ
・ジュニパー
・ゼラニウム
・アスナロ(yuica和精油、別名ヒバ)

■ フェイスマッサージに
・ネロリ
・パルマローザ
・ゼラニウム
・フランキンセンス
・クロモジ(yuica和精油)

ちなみに、私のサロンは「木の家」がコンセプトのため、お客様がお選びになるアロマも樹木系のものが人気です。

尚、精油を使用する際は、光毒性や妊娠時にはご注意いただき、精油をご購入する際も、アロマテラピーアドバイザーなど専門知識のある方にご相談してから購入いただくのが安全です。

編集部の選ぶオススメのライスオイル(米油・米ぬかオイル)

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、青木先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部の選んだオススメのライスオイル(米油・米ぬかオイル)をご紹介します。

ライスオイル 100mL yuika

青木 先生のサロンでもお使いになっている日本のアロマメーカー「yuika」のライスオイルです。オーガニックで、肌なじみが良いです。

(通常価格 税別2,000円)

美容オイル 60mL リセナル

天然のライスオイルに、精油(エッセンシャル)を配合した美容オイルで、心地良いバラの香りがします。スキンケアや、ボディケアにお使いいただけます。

(通常価格 税別1,000円)

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

ライスオイル(米油・米ぬかオイル)にご興味のある方は、このサイトから出ている「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」もおすすめです。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンは、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめたオールインワンです。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換えました(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)。

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおし、ライスオイルなどのキャリアオイルがお肌のうるおいを逃しません

美容家の感想

オールインワンジェルとして、お手入れがこの1本でまかなえると思いました。朝顔を洗うとき、「きちんと皮膚の水分保護をしている!」と感じられました。ローズ水の香りがかなりしっかりしていて、個人的にはもう少し香りが抑えめでも良かったかもしれません。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

ライスオイルなどのキャリアオイルが肌のうるおいを逃さない!

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

青木先生へのインタビューで、「和のオイルっていいな…」と、私自身もすっかりライスオイル(米油・米ぬかオイル)のファンになりました。

ライスオイルはお米から抽出されるオイルですから、日本人のお肌にとても合いそうですし、美容面での効能も高いです。

インタビュー中、青木先生は、「もっとたくさんの方にライスオイルの魅力を知っていただきたい!」とおっしゃっていました。

キャリアオイルの中では、ライスオイルはまだなじみの薄いオイルといえるかもしれません。

この記事で、「ライスオイルって良いな…」と思っていただける方が、ひとりでも増えると嬉しいです。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:木の家のサロン mocca 青木 めぐみ 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年6月6日に公開した『米油のすごい効能!美容効果ばっちりのライスオイルの使い方』を再編集しました。

本日のキレイの先生