キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

鎖骨のリンパの流し方!簡単すぎる鎖骨のリンパマッサージ!

武蔵小杉リンパサロン かおりの部屋  杉山 佳織 先生

鎖骨のリンパの流し方!毎日5分マッサージでキレイになろう

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「鎖骨のリンパ」です。

武蔵小杉リンパサロン かおりの部屋  の杉山 佳織 先生に、取材させていただきました。

リンパは全身に流れていますが、その中でも、鎖骨はもっとも大切といえる場所だそうです。

鎖骨のリンパを流すことで、小顔にもつながるといいます。

今回は、杉山 先生に鎖骨のリンパの流し方を教えていただきました。

「リンパマッサージ」と呼ぶのも大げさなくらい簡単な内容ですよ。

目次

鎖骨リンパ節について
・リンパとリンパ節
・鎖骨リンパ節
・左の鎖骨リンパ節

鎖骨リンパ節の流れが悪くなると

リンパの流れが滞る原因
・姿勢
・生活

鎖骨リンパ節の流し方
・鎖骨のリンパマッサージ
・呼吸
・運動、他

毎日5分の簡単リンパマッサージ
・1) 鎖骨のリンパマッサージ
・2) 耳のリンパマッサージ
・3) 顔のリンパマッサージ
・4) 耳のリンパマッサージ(2回目)
・(番外) 目のリンパマッサージ
・5) 鎖骨のリンパマッサージ(2回目)

まとめ

鎖骨リンパ節について

鎖骨リンパ節について

リンパとリンパ節

人の身体には、「リンパ管」が全身を網目のように、くまなく張りめぐらされています。その管の中を流れているのが、「リンパ液」です。

そして、全身のリンパ管の合流している要所を、「リンパ節」といいます。

このリンパ管・リンパ液・リンパ節を総称して、「リンパ」と呼びます。

リンパには主に、下記のような2つの役割があります。

身体から不要物を集めて排出する「老廃物などの運搬」

細菌などから身体を守る「免疫の働き」

心臓から送り出される血液は、全身に栄養や酸素を運んでいます。それに対してリンパは、体内で不要になった老廃物や、疲労物質を回収して運んでいます。

つまり、下水道のような役割があります。

老廃物について

「キレイの先生」編集部です。身体の細胞は、日々生まれ変わっています。その代謝によって古くなった細胞や、食べ物をエネルギーに変換したあとの燃えカスのようなものを、老廃物と呼んでいます。

鎖骨リンパ節

全身に張りめぐらされたリンパ管は、リンパ節で合流します。そこで老廃物や細菌がろ過すされ、フィルターの役割をしています。

このリンパ節は、全身で800個程あるとされています。

主要なリンパ節はいくつかありますが、その中でもポイントになるのが、鎖骨にある「鎖骨リンパ節」です。

場所は、鎖骨を触ったときの上のくぼみ部分にあります。

なぜ、鎖骨リンパ節がポイントになるかというと、そこが全身のリンパ管の入り口であり、出口でもあるからです(リンパ管も、血管と同じように全身を循環しています)。

サロンのトリートメント(マッサージ)でも、必ず鎖骨リンパ節から始めて、最後もそこを流して終わります。

それは、小顔マッサージでも、全身のトリートメントでも同じです。

リンパ節について

「キレイの先生」編集部です。リンパを高速道路に例えると、リンパ管が「(高速道路の)本線」で、リンパ節は「料金所(の出口)」といえます。高速道路は、料金所が混雑していると、本線も渋滞してしまいますよね。リンパも同じように、(出口の)リンパ節が滞っていると、リンパ自体の流れも悪くなってしまいます。

鎖骨は、全身のリンパの出口ともある場所ですから、そこを流すことがとても大切になってきます。

左の鎖骨リンパ節

鎖骨リンパ節は左右両方にありますが、特に大切なのが左側です。

それは、左右(の鎖骨のリンパ節)で、つながっているリンパ管が違うからです。

■ 「左」の鎖骨リンパ節とつながっている
顔の左半分、上半身の左半分、下半身

■ 「右」の鎖骨リンパ節とつながっている
顔の右半分、上半身の右半分

このように、左側の鎖骨リンパ節は、下半身のリンパにもつながっています。

そのため、足のむくみとも深い関係があります。

鎖骨リンパ節の流れが悪くなると

鎖骨リンパ節の流れが滞ると

鎖骨リンパ節は、全身のリンパ管につながっている場所です。

そのため、鎖骨リンパ節の流れが滞ると、全身のリンパの流れも悪くなり、下記のように全身にその影響があります。

■ 顔のむくみ
顔のリンパも、鎖骨リンパ節がゴール(であり入り口)です。そのため、鎖骨リンパ節の流れが滞ると、顔のリンパの流れも悪くなり、顔もむくみやすくなります。

■ 吹き出物・シミ・くすみ
顔のリンパの流れが悪くなると、老廃物もたまりやすくなり、吹き出物やシミなどにつながる場合もありますまた、リンパの流れが悪いということは、代謝も低下して血流も悪くなっているという状態ですので、くすみも出やすいです。

■ 肩こり・首こり・腰痛
鎖骨リンパ節の流れが悪くなっていると、肩こり・首コリ・腰痛にもなりやすいです。それらの慢性的な痛みをお抱えの方は、鎖骨リンパ節をさすってみると、症状が改善されるかもしれません。

■ 足のむくみ
左側の鎖骨リンパ節は足のリンパにもつながっているため、そこの流れが滞っていると、足のむくみにもつながります。それ以外にも、腕などのむくみの原因にもなります。

■ 疲れやすい、他
リンパは、疲労物質を運ぶ役割もあるため、リンパの流れが悪くなると、疲労物質を流すことができずにたまってしまい、身体も疲れやすくなります。その他、口臭や冷え性の原因にもなります。

鎖骨リンパ節の流れがどうなっているかは、デコルテを見ると、何となく感じることができます。

鎖骨が埋もれ気味の方は、鎖骨リンパ節の流れが滞っていると考えられます。

サロンのお客様でも、そういう方は身体がむくみがちで、洋服で足が見えなくても、「足もむくまれているのかな…」ということが想像でき、それは大抵当たっています。

リンパの流れが滞る原因

リンパの流れが滞る原因

では、どんなことが原因でリンパの流れが滞ってしまうのでしょうか?

姿勢

血液は心臓がポンプになって、全身に送り出されます。

それに対してリンパは、筋肉の伸縮で流れています。

そのため、長時間立ったままだったり座ったままだったりして同じ姿勢でいると、筋肉の伸縮がありませんから、リンパの流れも悪くなってしまいます。

また、身体の下半身には、重力で水がたまりやすいです。

例えば、飛行機のフライトで「座りっぱなしはあまり良くない」と言いますが、これもひとつの理由です。

生活

いまの社会では、ただ生活しているだけでも、身体の中に老廃物を取り込んでしまいます。

例えば、加工食品には基本的に添加物が含まれています。

お米や野菜には、農薬が使われています。

魚には水銀が、水には塩素が含まれています。

外を歩けば、排気ガスを吸い込みます。

これらは体内に入ると、どれもが老廃物になります。

このように、生活しているだけでも老廃物を取り込んでしまう環境だからこそ、それを排出することが大切です。

鎖骨リンパ節の流し方

鎖骨のリンパマッサージ

リンパを流すには、2つの方法があります。

ひとつは「筋肉の伸縮」、そしてもうひとつが「刺激」です。

まずご紹介する鎖骨リンパ節の流し方は、「刺激」を与えるリンパマッサージです。

刺激といっても、力は必要ありません。

鎖骨リンパ節は(深さが)浅い場所にありますから、優しくなでるだけでOKです。

下の写真のように、まずは左側を上から下になでて、次に右側を同じようになでましょう

このとき、下から上には動かさないようにご注意ください。

(手を動かす)方向は必ず、上から下です。

鎖骨リンパ節の流し方

これを、左右で各10セットずつ行います。

鎖骨のリンパマッサージに、力は必要ありませんが、指先で軽く指圧しながら動かすと、刺激になって気持ちが良いです。

これを毎日行うだけでも、美容にも効果的です。

呼吸

もうひとつ、鎖骨リンパ節を流すのに、とても簡単な方法があります。

それが、「呼吸」です。

人は呼吸をするだけで、筋肉が動きます。

筋肉の伸縮がリンパを流しますから、呼吸でリンパの流れが良くなります。

それは、鎖骨リンパ節だけではなく、他のリンパにも当てはまりますね。

このとき、ただ呼吸するだけではいけません。

大切なのは、「意識して」呼吸することです。

そうすることで、息を深く吸って、深く吐くことでき、酸素をたくさん取り込め代謝も良くなり、汗のかき方が変わります。

汗で老廃物を排出することで、若返りにもつながります。

運動、他

リンパは筋肉の伸縮で流れますから、筋肉量が減ると、リンパの流れも悪くなります。

そのため、リンパの流れを良くするには、「適度な運動」も効果的です。

これは、激しい運動ではなく、ウォーキングでOKです。

他にも、身体を温めることも大切です。

毎日5分の簡単リンパマッサージ

最後に、サロンのお客様にも教えている、小顔リンパマッサージをご紹介します。

これは通しで行っていただくと、5分くらいの簡単な内容です。

10分のマッサージになるとなかなか長続きしないでしょうが、5分でしたら継続しやすいと思います。

大切なのは、毎日継続いただくことです。

マッサージは、お風呂などで身体を温めてから行うのが、おすすめです。

マッサージオイルやクリームなどを使うと保湿にもなりますから、それも良いですね。

1) 鎖骨のリンパマッサージ

スタートは、鎖骨リンパ節のマッサージです。

ここが顔のリンパの出口ですから、まずはここから流すことから始めます。

方法は、先程の内容と同じで、左右で10セットずつ行いましょう。

鎖骨のリンパマッサージ

2) 耳のリンパマッサージ

次は、耳のリンパを流していきます。

耳の下あたりには、「耳下腺(じかせん)リンパ節」があります。そして、そこから鎖骨まで、首の横の部分にはリンパ節が通っています。

このリンパも浅いところにありますから、マッサージに力はいりません。

まずは、耳を人差し指と中指ではさみます。

耳のリンパマッサージ

そして、そのまま手を下ろしていきます。ゴールは、鎖骨です。

耳のリンパマッサージ2

これを10セット行います。

このとき、手を下から上に動かさないようにしましょう。動かす方向は、上から下です。

3) 顔のリンパマッサージ

そして次が、顔のリンパマッサージです。

まず、「ヤッホー」とするように、口の前で手を三角形にします。そして、そのまま手を横にスライドしていきます。

顔のリンパマッサージ

マッサージのゴールは、耳のところです。

顔のリンパマッサージ2

これも、10セット行います。

手を動かす方向は、中から外です。外(耳の方)から中(鼻の方)には、動かさないようにしましょう。

4) 耳のリンパマッサージ(2回目)

顔のリンパマッサージまで終わったら、また耳のリンパを流します。

方法は2) と同じで、10セット行います。

(番外) 目のリンパマッサージ

もし眼精疲労が気になるときには、ここで目のリンパマッサージを入れても良いです。

目には、その周りにリンパが通っています。

その部分を流す方法は、手の平に目の部分を当てて、それから顔を離すだけです。

このとき、手で目を押さえるというよりも、顔を手の方に下ろしていくようにしましょう。

目のリンパマッサージ

これも10セットです。

このマッサージで、目元の血行が良くなりすっきりして、目も大きくなります。

また、筋肉を使えばリンパが流れますから、目を大きく開閉するだけでも、目の周りのリンパを流すには効果的です。

この目のリンパマッサージを終えたら、また耳のリンパを流しましょう。

方法は2) と同じで、10セットです。

5) 鎖骨のリンパマッサージ(2回目)

耳のリンパマッサージまで戻ってきたら、最後にまた鎖骨リンパ節を流します。

方法は1) と同じで、左右で10セットずつです。

ここまでの時間で、5分くらいになると思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

鎖骨には、全身のリンパの入り口と出口があったのですね。

そのため、鎖骨のリンパの流れが悪くなると、全身に影響があります。

美容的にもマイナスです。

私も、取材を終えて帰社してから、せっせと鎖骨をさすっていました。

「リンパマッサージ」と呼ぶのも大げさなくらい簡単なリンパの流し方ですね。

杉山 先生は、「毎日鎖骨をさすって、そこのリンパを流すようにするだけでも効果的ですよ」とおっしゃっていました。

鎖骨のリンパは、健康にも美容にも大切な場所といえますから、皆さまも意識を少し傾けてみてはいかがでしょうか?

今回取材した杉山 佳織 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

最初に付けたとき、天然のバラの香りがふわーっとして、天然のものを使用している安心感があります。付け心地も、良い感じです。オールインワンで手軽なので、特に、主婦の人たちには良さそうです。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:「キレイの先生」編集部)

* 2016年5月16日に公開した『鎖骨のリンパの流し方!毎日5分マッサージでキレイになろう』を再編集しました。

本日のキレイの先生