キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

頬を上げる方法!さとう式リンパケアのほっぺたの引き上げ方

Forest Breath  吉波 素子 先生

頬のたるみ解消!頬を上げるために咀嚼筋をほぐす3つの方法

「キレイの先生」編集部です。

「年をとると、頬がたるんでくるのも仕方ないよね…」そんな風に思っていました。

Forest Breath の吉波 素子 先生にその話をしたところ、「たしかに頬のたるみは、筋力が落ちてきて、というイメージが強いかもしれませんね。でも原因としては、生活習慣だったりの方が大きいと思いますよ」という答えが返ってきました。

生活習慣ということであれば、改善の余地もありそうです!

頬のたるみは、いくつか原因がありますが、その中でも大きなポイントになるのが「咀嚼筋」(そしゃくきん)だそうです。

この咀嚼筋をほぐすことで、頬を上げることもできます。

今回は吉波 先生に、頬のたるみを解消する方法を教えていただきました。

「さとう式リンパケア」をベースにしたほっぺたの引き上げ方です。

どの方法も、「え、それだけでいいんですか?」というほど簡単な内容で、記事をご覧になっているこの瞬間から始めることができます。

頬のたるみでお悩みの方は、必見ですよ。

目次

頬のたるみの原因:咀嚼筋
・咀嚼筋とは
・咀嚼筋と頬のたるみ

頬のたるみの原因:その他
・姿勢
・首や肩のコリ
・筋肉の縮みによるお肌への影響

頬を上げるたるみ解消法1
・あごを揺らしてほっぺたを引き上げる

頬を上げるたるみ解消法2
・耳たぶを回してほっぺたを引き上げる

頬を上げるたるみ解消法3
・1) 側頭筋をほぐす
・2) 咬筋をほぐす
・3)  口角下制筋をほぐす
・4)  顎舌骨筋をほぐす
・5)  広頚筋をほぐす

まとめ

頬のたるみの原因:咀嚼筋

今回、私がお話しする内容は、サロンでも取り入れている『さとう式リンパケア』の考え方を元にしています。

頬のたるみというと、筋肉が衰えて、頬の肉が落ちてくるイメージが強いかもしれません。でも、筋肉の少ない赤ちゃんや小さなお子さんの頬は、どうでしょうか? たるんでいますか? むしろ、ふっくらとしていますよね。

私は、頬がたるんでしまうのは、生活習慣によるところが大きいのではないかと思います。

そのひとつが、咀嚼筋の縮みです。

咀嚼筋とは

咀嚼筋は、顎関節(がくかんせつ・あごを動かす関節)を動かしている筋肉です。

「咬筋(こうきん)」や「側頭筋(そくとうきん)」、「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」といった筋肉がこれに当たります。

頬のたるみの原因:咀嚼筋

咀嚼筋と頬のたるみ

咀嚼筋は、噛むときに縮んで、力が出ます。

人は、知らず知らずのうちに歯を食いしばっていることがあります。

現代社会は、ストレスによって緊張状態でいることが少なくありません。その状態が当然になってしまうと、いま自分が緊張していることにすら、気が付かなくなってしまいます。

まったく意識していなくても、食いしばりが癖になっていることも多く、眠っているときに、無意識で食いしばっている方もいらっしゃいます。サロンにお越しになられるお客様にも、顔を触られて「顔の筋肉がこっていたと初めて分かった」という方がたくさんいらっしゃいます。

そうして日常的に食いしばっていると、咀嚼筋が縮まったまま固まっていきます。

ご自身の頭部が「中に空洞の筒が立ててある」と想像してみてください。その正面(顔の側)を縮めるとどうなるでしょうか? 体積は変わりませんから、筒がつぶれるようにして横に広がると思います。

このようにして咀嚼筋が縮むことで、顔は横に広がります。それが頬のたるみの原因にもなります。

咀嚼筋のコリが頬のたるみに…

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、吉波 先生のおっしゃるように、咀嚼筋が凝り固まって縮むと、顔が横に広がって四角く見えるようになり、頬のたるみの原因になります。

頬のたるみの原因:その他

頬のたるみの原因:その他

姿勢

頬のたるみは、姿勢とも大きく関係しています。

先ほどは頭部を筒に例えるお話をしましたが、人の身体自体、「筒」が真っ直ぐに立っているのが、本来の自然な正しい姿勢です。

ただ、PCやスマホなどを見るときは、首を前へとかがめ、顔だけが前に出る姿勢になりやすいです。また、鏡をのぞくときに、真剣なあまり前かがみになる方もいらっしゃるでしょう。

顔だけ前に突き出した姿勢では、首の部分の「筒」は前方へと縮んでいきます。

すると、首の筋肉は顔とつながっていますから、その縮みで顔が下へ引っ張られて、頬のたるみにつながってしまいます。

同じような理由で、肩が前に出ているような姿勢も、頬のたるみの原因になります。

首や肩のコリ

首や肩のコリも、頬のたるみと連動しています。

コリは筋肉が縮んだ状態です。首や肩の筋肉が縮むことで、やはり顔もそれに引っ張られて広がり、頬もその影響を受けます。

言いかえると、頬のたるみと姿勢・身体のコリは、お互いに関連しているということです。

その解消方法でポイントとなるのが、固く縮んだ筋肉をほぐして(ゆるめて)、本来の姿・働きを取り戻してあげることなのです。

筋肉の縮みによるお肌への影響

「さとう式リンパケア」では筋肉が固く縮むと、体内のめぐり(体液循環)も悪くなると考えています。

私たちの体内の、数十兆個とも言われる膨大な数の細胞のひとつひとつは「リンパ液」に浸されていて、その「リンパ液」が細胞へ栄養や酸素を運び込んだり、逆に老廃物や二酸化炭素を運び出したりしています。

そのスムーズな循環を促すのが、やわらかくて、しなやかな筋肉の動きです。

その筋肉が固く縮んで「リンパ液」の循環が悪くなると、老廃物が溜まり、むくみやたるみにつながります。

また、細胞に必要な栄養や酸素が充分に届けられなくなって、お肌はくすみ、ハリもなくなります。そして巡りの悪い状態では、良い化粧品を使っても、お肌がその美容成分をしっかり受け取れず、効果も半減してしまいます。

このように筋肉が縮むことで、顔の形だけではなく、お肌にも影響があるのです。

頬を上げるたるみ解消法1

ここから、筋肉の縮みを解消するケアのやり方をお話しますが、筋肉をほぐすというよりも、「ゆるめる」という意識を持ってください。

例えば、肩こりのときに、ギューギュー揉んだりしていませんか? それによって、肩がやわらかくなると感じるかもしれません。でもそれは、強く揉んだことで、その部分の組織が傷ついたのを治そうと血流が良くなるためと考えられます。

そのため、楽に感じるのは一時的で、その後、筋肉はさらに固く縮んでしまいます。

筋肉には極々、弱い圧でやさしく触れ、軽く揺らすことでこそ、筋肉をゆるめる信号が脳へと送られます。

リラックスも大切な要素です。普段よりも少し深く呼吸をして、口から「フーッ」とゆっくり吐くことで、副交感神経が優位になって体の緊張が解けます。

あごを揺らしてほっぺたを引き上げる

先程お話したように、咀嚼筋は口を閉じたときに縮む筋肉です。

その逆で、口を開くことで咀嚼筋はゆるみます。まずはあごの動きで、咀嚼筋をほぐす方法をご紹介します。

これには、いくつかポイントがあります。

まずは、頭を真っ直ぐに立てた状態で行いましょう(顔が前にかがんだような姿勢にならないよう、気をつけてください)。目線を正面の上方へ保つようにするとよいでしょう。また、口を無理やり開ける必要はありません。

あごを動かすと痛みを感じる方は、その手前までの痛みの出ない範囲で動かしましょう。

1)
口を少し開いた状態で、下あごを前後に動かします。
このとき、側頭筋から下あごの方につながっていることを意識するようにしましょう。また、下あごを動かすのに必死になって、無理しすぎないことが大切です。
この前後の動きを4ターン、行います。

頬を上げるたるみ解消法1

2)
次は、下あごを左右に動かします。これも4ターン、行います。

3)
そして最後に、下あごを軽く前に突き出したところから、口を「アーン」と開いて終わりです。
このときは、口を開くというよりも、下あごを落とすようなイメージでしてください。

1)から3)までを1セットとして、疲れの出ない範囲で数セット繰り返しましょう。

この方法なら、手も使う必要がありませんので、料理をしながらでも、パソコン作業をしながらでも、簡単に咀嚼筋をほぐすことができ、頬のたるみ解消におすすめです。

咀嚼筋を揺するだけでも頬は上がる?

「キレイの先生」編集部です。下の記事でご紹介していますが、咬筋のあたりに手を置き、優しくユラユラと揺すってあげるだけでも、咀嚼筋をほぐすことができます。

頬を上げるたるみ解消法2

咀嚼筋をほぐす(ゆるめる)2つ目のアプローチは、耳からです。

耳の下には「耳下腺(じかせん)リンパ節」があって、その流れをスムーズするために、耳にアプローチするというのは、聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

「さとう式リンパケア」では、少し考え方が違います。

耳のあたりには、最初にご紹介した「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」という咀嚼筋があります。

耳たぶはその近くにあって、奥の方にある咀嚼筋に、外側からアプローチできる場所です。

リンパ節について

「キレイの先生」編集部です。リンパは、体内の老廃物を回収して排出する役割があります。そして「リンパ節」は、リンパにある器官のひとつで、老廃物をろ過するフィルターです。

ある先生は、リンパを高速道路に例えました。リンパが「(高速道路の)本線」とすると、リンパ節が「料金所」です。料金所が混んでしまうと、高速道路の本線も渋滞してしまうと思います。リンパも同じように、リンパ節が滞ると、リンパの流れも悪くなってしまいます。

そのため、リンパ節を流すことで、リンパの流れを良くすることにもつながります。

ちなみに、顔のリンパは、耳下腺リンパ節を通って最後は鎖骨のリンパ節へと流れていくため、鎖骨のリンパを流すことも、顔のたるみには効果があります。鎖骨のリンパの流し方は、下の記事をご覧ください。

耳たぶを回してほっぺたを引き上げる

耳から咀嚼筋にアプローチする簡単な方法が、耳たぶ回しです。

下の写真のように、耳たぶの下の端っこの付け根を軽くつまみます。このとき、力を入れる必要はありません。親指と人差し指で軽くはさみ触れるくらいです。

そして、耳たぶを後ろ向きに小さく回します。回す円の半径も極々小さく、耳たぶが軽く揺れているくらいの感覚で十分です。

この耳たぶ回しを行うときも、前屈みの姿勢にならないようにしましょう。

左右同時に行っても、片方ずつでもかまいません。

頬を上げるたるみ解消法2

「さとう式リンパケア」では、手足の末端からすべての筋肉が連携して咀嚼筋へとつながっていると考えています。

全身の筋肉の起点となる咀嚼筋をゆるめる「耳たぶ回し」は、頬のたるみ解消だけではなく、全身の体液循環も良くなりますので、お肌のハリやツヤのアップにも効果的です。

頬を上げるたるみ解消法3

最後に、咀嚼筋・表情筋・首をやさしくなでて、ほぐす(ゆるめる)方法をご説明します。

[編集部]表情筋とは

表情筋は、名前の通り、表情を作る筋肉です。

何度もお話しているように、極々やさしく、超微弱な刺激で行います。

お肌が引っ張られてしわが寄るようでは、力が強すぎですので、ここではフェイスブラシを使う方法をご紹介します。

頬を上げるたるみ解消法3

ブラシは、メイクブラシで構いません。

大きめで幅が広いタイプのものが良いでしょう。

人工素材の安いブラシは、お肌につけたとき静電気が起きて、シミにつながる場合もあります。

そのためブラシは、出来るだけ、天然素材で質の良いものをお使いになってほしいと思います。

ブラシを顔にあてるときは、毛先があたってチクチクしないよう、ブラシを寝かせるように側面を使ってなでるようにします。

1) 側頭筋をほぐす

まずは、側頭筋をゆるめます。

スタートは、こめかみです。そこから、下顎角(かがくかく・エラ)に向かって、4回なで下ろします。

側頭筋をほぐす

2) 咬筋をほぐす

次に、咬筋をゆるめます。

スタートは下の画像のように、頬骨の内側のあたりです。そこから下顎角(エラ)に向かって、斜めに4回なで下ろします。

咬筋をほぐす

3)  口角下制筋をほぐす

「口角下制筋(こうかくかせいきん)」は、表情筋*のひとつです。唇の両端からあごの方にかけてある筋肉です。

この筋肉が縮んでいると、口角も下がり気味になります。

口角下制筋をゆるめるには、唇の端から下顎角(エラ)に向かって、ほぼ真横に4回なでます。

口角下制筋をほぐす

口角下制筋がゆるむと、口角が上がりやすくなります。

4)  顎舌骨筋をほぐす

「顎舌骨筋(がくぜっこつきん)」は、あごの裏側あたりにある筋肉で、咀嚼筋のひとつといわれています(この筋肉は文献によって、咀嚼筋に分類されていたり、いなかったりします)。

この筋肉が縮むと、顔もそれに引っ張られて、頬のたるみやエラ張りの原因になります。

顎舌骨筋をゆるめるには、あごの裏を下顎角(エラ)に向けて、横に4回なでます。

顎舌骨筋をほぐす

5)  広頚筋をほぐす

「広頚筋(こうけいきん)」は、首の前面にある筋肉で、あごの下端からバストの上あたりまでつながっています。

先程もお話したように、首の筋肉が縮んでも、顔が引っ張られ、頬のたるみにもつながります。

広頚筋をゆるめるには、首の前面を、上から下へと8回なで下ろします。

首の側面も含めて、バストトップのあたりまで広い範囲をやさしくなでましょう。

広頚筋をほぐす

左右どちらか片側を1)から5)まで行ったら、鏡で確認してみてください。目尻や頬骨の位置が高くなって、フェイスラインがすっきりしていれば上手に出来ています。

回数をたくさん一生懸命やるよりも、リラックスしながらていねいに、ご自身が気持ちよく感じるようにやる方が、効果がありますよ。

「さとう式リンパケア」は、全国各地で講習会が開催されていますので、実際の力加減や、フェイシャル以外のケアをお知りになりたい方は、足を運んで体験されるのも良いと思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

私は以前、別の取材で「咬筋がこっていますね」と先生からご指摘いただいたことがありました。

それまでまったく意識したことがなかったのですが、実は食いしばり癖があったのです。

そのとき初めて、自分に食いしばり癖があることを知りました。

皆さまの中にも、気付かない内に食いしばり癖のある方が、少なくないのではないかと思います。

それも、頬のたるみの原因になります。

今回の取材中、吉波 先生に耳たぶ回しをしていただきました。

耳たぶが回っているのか、揺れているのか、どちらか分からないくらいの力です。頭の横の部分がスーッとなるような、不思議な感覚があります。

片方の耳で終えた後、鏡を見てみると、そちら側だけ頬がすっきりしていて、引き上がっているのが分かりました。

短時間でも、頬の上がる効果を実感できたのは驚きでした。

「頬のたるみが気になる…」、「頬を上げたい!」というときは、今回の頬を引き上げる方法をお試しになってみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Forest Breath 吉波 素子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年4月28日に公開した『頬のたるみ解消!頬を上げるために咀嚼筋をほぐす3つの方法』を再編集しました。

本日のキレイの先生

7000087_b

吉波 素子 先生