キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

インフューズドオイルのカレンデュラオイル等の簡単な作り方

ナチュロパシー&ヒーリングサロン Fu MANA(ふま~な)  田中 幸子 先生

ドライハーブで簡単カモミール・カレンデュラオイルの作り方!

「キレイの先生」編集部です。

取材で個人的に好きなのが、手作り化粧品です。

もしかしたら取材している自分がいちばんワクワクしているかもしれません。出来上がったときは、テンションが上がってしまいます。

自分で組み合わせを考えるのも楽しいですし、香りも良くて癒されますし。

これまで、色々な手作り化粧品の作り方を先生にご紹介いただきました。

今回は、ナチュロパシー&ヒーリングサロン Fu MANA(ふま~な) 田中 幸子 先生が、「カモミールオイルやカレンデュラオイルも簡単に作れますよ」ということで、お話を聞いてきました。

カモミールオイル・カレンデュラオイルは、「インフューズドオイル」のひとつで、美容効果の高いオイルです。

作り方も(作るというのも言い過ぎかもしれないくらい)、とても簡単です。

目次

インフューズドオイルとは
・手作りオイルの魅力

カモミールオイル・カレンデュラオイル等の作り方
・材料1 キャリアオイル
・材料2 ドライハーブ
・インフューズドオイルの作り方
・オイルを作る量
・オイルに精油をブレンド

インフューズドオイルの効能
・ジャーマンカモミールオイルの効能
・カレンデュラオイルの効能
・その他

インフューズドオイルの使い方
・スキンケアでは乳液代わりに
・その他

まとめ

インフューズドオイルとは

ハーブをキャリアオイル(植物油)につけて油溶性の成分を抽出したものを、「インフューズドオイル」、または「浸出油」といいます。

例えば、「カレンデュラオイル」が、これに当たります。

カレンデュラオイルは、お肌に優しく美容効果の高いオイルとして知られています。

インフューズドオイルには、他にも、下のようなオイルがあります。

・ジャーマンカモミールオイル
・ローズヒップオイル
・セントジョーンズワートオイル
など

手作りオイルの魅力

インフューズドオイルは、ご自分でも簡単に作ることができます。

材料もインターネット通販などで手軽にご用意いただけ、特別なものは必要ありません。

手作り化粧品は、自分で作りますから、中に何が入っているのか明確に分かります。

これが、市販されているアイテムでは、全成分を見ても、実際にどんなものが入っているのか分からない部分があります。

その安心感も、手作り化粧品の魅力ではないでしょうか。

カモミールオイル・カレンデュラオイル等の作り方

では早速、カモミールオイルやカレンデュラオイルなど、インフューズドオイルの作り方をみていきましょう。

用意する材料は、「キャリアオイル(植物油)」と「ドライハーブ」のふたつだけです。

カモミールオイルもカレンデュラオイルも、作り方は同じで、ハーブを変えることで出来上がるインフューズドオイルが変わります。

材料1 キャリアオイル

キャリアオイルとは、基材(ベース)となる植物油のことをいいます。

キャリアオイルには、代表的なところで、下のようなものがあります。

・ホホバオイル
・アルガンオイル
・オリーブオイル
など

インフューズドオイルを作るには、酸化しにくいオイルがおすすめで、ホホバオイルなども良いですね。

特におすすめなのは、「マカダミアナッツオイル」です。これはその名の通り、マカダミアナッツから抽出されたオイルです。

酸化しにくいのもそうですが、お肌の構成成分と近い成分を多く含んでおり、美容効果が高いのも特徴です。

どのキャリアオイルを使う?

「キレイの先生」編集部です。使うキャリアオイルによって、特徴の違うインフューズドオイルが出来上がりそうです。田中 先生のおすすめの「マカダミアナッツオイル」も良いですし、「ホホバオイル」も使いやすく保湿力が高いです。「アルガンオイル」で作ると、とても美容効果の高いインフューズドオイルが出来上がりそうです。このサイトでも、キャリアオイルについては、下のような記事で取り上げています。

材料2 ドライハーブ

インフューズドオイルの材料 ドライハーブ

インフューズドオイルを作るのに、キャリアオイルにハーブを浸けて温め、有効成分を抽出する製法があります。

このときは、「フレッシュハーブ」を使用します。

ただ、ご自宅で手作りするときは、火にかけずに作る方法が簡単で、「ドライハーブ」を使用します。

ドライハーブはハーブティーでお使いになるもので大丈夫ですが、お肌につけるものですので、できればオーガニックのものの方がより安心です。

インフューズドオイルの作り方

インフューズドオイルの作り方は簡単で、キャリアオイルにドライハーブを浸けて、あとはそのビンを密閉しておくだけです。

出来上がるまでに、約2週間かかります。

キャリアオイルとドライハーブの分量は、下記を目安にしてください。

・キャリアオイル 100mL

・ドライハーブ 10~20g

きっちり計量しなくても目分量で、ビンの7~8分目くらいまでドライハーブを入れて、そこにキャリアオイルを一杯に入れても大丈夫です。

下の写真は、ジャーマンカモミールオイルを作っている最中のものです。ジャーマンカモミールのドライハーブを、マカダミアナッツオイルにつけています。

インフューズドオイルの作り方

オイルは空気に触れると酸化してしまいますから、できるだけビン目一杯まで入れると良いでしょう。

もしくは、下の写真のように、上からラップをして、オイルが空気に触れないようにしてください。

インフューズドオイルの作り方2

後は、空気が入らないように、ビンをしっかりと密閉して、日当たりの良い場所で保存します。

一日に1回は、ビンを振ったりひっくり返してして、混ぜてあげましょう。

約2週間たったら、ガーゼなどで漉(こ)してドライハーブを取り除けば、インフューズドオイルの出来上がりです。

ドライハーブを取り除いたガーゼは、ドライハーブごとそのまま丸めて、お肌にポンポンとつけてあげても良いですね。

また、出来上がったオイルを使って、もういちど同じ工程を繰り返すと、さらに香りの良い効能の高いものになります。

オイルを作る量

オイルは、スキンケアでたくさんの量を使うわけではありません。

インフューズドオイルを作りすぎてしまうと、なかなか使い切れずに、かえって酸化させてしまうこともあります。

ボディのマッサージに使うようなら別ですが、スキンケアメインの用途でしたら、作るときは、下の写真くらいの量でも良いと思います(右隣の精油の容器は、15mLです)。

インフューズドオイルを作る量

少量で色々なインフューズドオイルを作って、それぞれの香りや効能を試してみるのも楽しいのですよ。

オイルに精油をブレンド

インフューズドオイルは、精油を加えて使うこともできます。

ドライハーブを漉(こ)した後に、お好みの精油をブレンドしましょう。

精油にも効能がありますから、オイルの用途によって、ブレンドする精油をお選びいただくのも良いですね。

例えば、下のようなブレンドも良いと思います。

・スキンケア用 → ラベンダー(吹き出物などに良い)

・ボディマッサージ用 → ペパーミント(コリなどに良い)

スキンケアの用途のときは、精油はできるだけオーガニックのものをお選びいただくのがおすすめです。

インフューズドオイルの効能

インフューズドオイルには、浸けたドライハーブの効能が含まれています。精油に近いとお考えください。

例えば、ジャーマンカモミールオイルの効能は、カモミールの精油に近いです。

ジャーマンカモミールオイルの効能

ジャーマンカモミールオイルの効能

ジャーマンカモミールオイルは、保湿力に優れており、お肌を補修する作用があるともされています。

肌荒れやかゆみなどにも良く、アトピーの方にもおすすめです。

また、香り成分は、癒しの作用もあるので、おやすみ前に使うことで安眠効果も期待できます。

基本的には、カモミールの精油と近い効能ですが、精油にあってオイルに含まれていない成分があります。

それは、「カマズレン」という成分です。

カモミールの精油は青色なのですが、その元になっている成分です。

カマズレンは、抗炎症作用に優れた成分で、精油の精製でなければ抽出ができず、オイルには含まれていません。

カモミールのドライハーブは、手に入りやすく美容効果も高いですから、作りやすいインフューズドオイルだと思います。

香りが良いのも、魅力です。

ただ、キク科のアレルギーをお持ちの方は、パッチテスト(例えば、二の腕にオイルをつけてみる、など)を行ってから、お使いになってください。

カレンデュラオイルの効能

カレンデュラオイルの効能

カレンデュラオイルも、ジャーマンカモミールオイルと同じように、保湿力に優れたオイルです。

また、傷を治したり、治すのを早くしたりする瘢痕形成作用があるとされています。

ニキビや日焼けのケアに良く、火傷などにもお使いいただけます。

カモミール・カレンデュラオイルとも、乾燥肌や肌荒れが気になる方におすすめです。

その他

その他のインフューズドオイルでは、レモンの10倍以上ものビタミンCの含むことから「ビタミンCの爆弾」といわれているローズヒップを使った、「ローズヒップオイル」もおすすめです。

これは、美肌効果の高く、シワ予防やアンチエイジングなどに良いオイルです。

美容効果の高い「ローズヒップオイル」

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、「ローズヒップオイル」は、美容・美白効果が高く、アンチエイジングに良いオイルです。

また、うつ病の人に良いといわれているセントジョーンズワート(オトギリソウ)を使う、「セントジョーンズワートオイル」は、鎮痛作用があり打撲、腰痛、神経痛などあらゆる痛みの緩和に良いとされています。

さらに、体内の毒素を排出するデトックス効果も期待できるので、マッサージオイルとして使うとむくみの改善にいいでしょう。

インフューズドオイルの使い方

スキンケアでは乳液代わりに

手作りしたインフューズドオイルは、スキンケアで、化粧水の後、乳液の代わりに保湿オイルとして使うのもおすすめです。

用途をスキンケアメインで考えているときは、作ったオイルを、下の写真のような「ロールオンタイプ」の容器に保存しておくと便利です。

カモミールオイル・カレンデュラオイル等の使い方

これなら、オイルを手に乗せなくても、簡単にお肌につけることができます。

また、先程もご紹介したように、精油をブレンドし、その効能を加えるのも良いですね。

その他

その他にも、インフューズドオイルはボディにも、マッサージオイルとして使うことができます。

また、手作り化粧品がお好きな方は、石けんやクリーム作りに使ったりもしています。

このように、インフューズドオイルは、スキンケア以外でも、身体の色々な場所・用途で使えます。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

今回、田中 先生にお作りいただいたのは、「ジャーマンカモミールオイル」と「ローズヒップオイル」でした。

取材日に出来上がるように、わざわざ2週間前からドライハーブをキャリアオイルにつけていただきました…(先生、すいませんでした。ありがとうございました!)。

本当に香りが良いんですよね。優しい香りがします。

試しにお肌にも少しつけさせてもらったのですが、とてもしっとり感があり、半日経ってもほのかな香りが残っていました。

手作りしたオイルは、美容効果が高いのはもちろん、自然由来の材料しか使わないので、お肌にも安心ですね。

作り方もキャリアオイルにドライハーブをつけるだけで、とても簡単です。手作り化粧品の面白さを感じていただければ嬉しいです。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:ナチュロパシー&ヒーリングサロン Fu MANA(ふま~な) 田中 幸子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年2月25日に公開した『ドライハーブで簡単カモミール・カレンデュラオイルの作り方!』を再編集しました。