キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

太白ごま油の効能!スキンケアにも!アーユルヴェーダ専門家に教わる

エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA  鈴木 まり 先生

太白ごま油のデトックス効能!うがいやスキンケア等の使い方

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「太白(たいはく)ごま油」の効能です。

東京都王子 エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA の鈴木 まり 先生にインタビューさせていただきました。

ごま油というと香ばしい料理用のオイルがまず思い浮かぶかもしれませんが、インドの伝統医学のアーユルヴェーダでは、セサミオイルが定番のオイルとして用いられています。

それは、料理用のごま油ではなく、「太白ごま油」と呼ばれるものです。

太白ごま油は、スキンケアに用いることもできるといいます。

太白ごま油は、どな効果・効能が期待できるのでしょうか?

そして、セルフケアでは、どんな使い方ができるのでしょうか?

鈴木先生に教えていただきました。

目次

太白ごま油はアーユルヴェーダの定番オイル
・太白ごま油とは
・アーユルヴェーダでは太白ごま油を…

太白ごま油の効果・効能
・デトックス
・ゴマリグナン・リノール酸・オレイン酸などの栄養素

太白ごま油でアーユルヴェーダのオイルを作る
・太白ごま油をキュアリングする
・ホーリーバジルとブレンドする
・シナモン・ブラックペッパーとブレンドする
・精油などとブレンドする

太白ごま油の使い方
・太白ごま油でうがいする
・スキンケアでフェイスマッサージする
・オイルパック
・お腹のマッサージ
・インドでは治療の一環としてセサミオイルが使われる

編集部の選ぶオススメの太白ごま油

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

まとめ

太白ごま油はアーユルヴェーダの定番オイル

太白ごま油とは

アーユルヴェーダでは、ごまから抽出したセサミオイルを使うことが多く、サロンでも使用しています。

ただ、それは、料理で使われる香ばしいごま油とは種類が違います。

一般的な香ばしいごま油は、ゴマを焙煎(ばいせん・乾煎りすること)してからオイルを抽出したものです。

それに対して、アーユルヴェーダで使われるセサミオイルは、焙煎せずに生のゴマから抽出したピュアオイルです。

ちなみに、アーユルヴェーダの本場インドでは、専門の製法で作られたセサミオイルが、薬局で医薬品として取り扱われています。

サロンで使用しているセサミオイルも、本場の専用のオイルです。

ただ、ご家庭でそれを用意するのは大変でしょうから、スーパーなどでも市販されている白ごま油(太白ごま油)で代用することができます。

ごま油の違い

料理用のごま油:焙煎したゴマから抽出

太白ごま油(セサミオイル):生のゴマから抽出

アーユルヴェーダでは太白ごま油を…

アーユルヴェーダでは、セサミオイルをベースオイルとして使われることが多いです。

ベースオイルとは、マッサージオイルなどをブレンドして作るときに基材にするオイルのことで、セサミオイルの他には、ココナッツオイルなどが使われることもあります。

サロンでも、セサミオイルがベースのブレンドオイルを、ドーシャ(アーユルヴェーダで分類される3つの体質・性質)ごとに用意していて、それをトリートメント(マッサージ)などで使っています。

後は、額にオイルを垂らし続ける「シロダーラ」などにも、セサミオイルは使われます。

また、アーユルヴェーダの本場のインドでは、ドクターの処方のもと、セサミオイルを目や耳に垂らすような療法もあります(真似はせず、行うときは専門家の指示に従うようにしてください)。

このように、アーユルヴェーダでは、セサミオイルはとても幅広い用途に使われています。

シロダーラとは

「キレイの先生」編集部です。シロダーラは、アーユルヴェーダの代表的な療法のひとつで、額の「第3の目」と呼ばれる場所に、温めたオイルを垂らし続けます。

太白ごま油の効果・効能

ご家庭でアーユルヴェーダのセサミオイルの代用になるのは、一般的な香ばしい料理用のごま油ではなく、太白ごま油です。

先程ご紹介したように、料理用のごま油と太白ごま油とでは、製法に違いがあります。

料理用のごま油:ごまを焙煎してから油を抽出

白ごま油(太白ごま油):ごまを焙煎せずに生のままで油を抽出したピュアオイル(透明なオイルで香りもほとんどありません)

太白ごま油は、スーパーなどで市販されているものをお使いいただいて大丈夫です。

デトックス

太白ごま油のデトックス効能

インドでは薬局でもセサミオイルが取り扱われていて、ごま油は「万能薬」といえます。

特に優れているのが、デトックス(体内の老廃物を排出すること)の効能です。

それは、セサミオイルが肝臓にアプローチするとされているためです。

肝臓はアルコールを分解する臓器として知られているように、デトックスの機能を備えています。

アーユルヴェーダは、病気を治療するわけではありません。

人が持つ自己治癒力を高めて自分自身で病気を治すというのがアーユルヴェーダの考え方です。

自己治癒力を高めるには、身体に悪いものを取り除くことが必要です(アーユルヴェーダでは、身体に悪い老廃物を「アーマ」といいます)。

身体がデトックスされれば、気怠さや疲労感も取れますし健康になれます。

美容面にもプラスです。

セサミオイルは、それを手伝ってくれます。

ゴマリグナン・リノール酸・オレイン酸などの栄養素

セサミオイルには、「ゴマリグナン」・「リノール酸」・「オレイン酸」などの栄養素が含まれていて、それらからの効能も期待できます。

■ ゴマリグナン
健康食品などによく含まれている栄養素の「セサミン」は、ゴマリグナンの一種です。ゴマリグナンには抗酸化作用があり、身体の細胞が酸化すると老化の原因になりますから、ゴマリグナンはアンチエイジングにも良いです。

■ リノール酸
不飽和脂肪酸の一種で、身体には必要不可欠な栄養素ですが、体内で作ることができません。

■ オレイン酸
不飽和脂肪酸の一種で、老化を予防する効能があるとされています。また、お肌の皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)に多く含まれている成分のため、お肌のコンディションを整えるような効能も期待できます。

太白ごま油でアーユルヴェーダのオイルを作る

太白ごま油をキュアリングする

ご家庭で太白ごま油を使用するときは、オイルをそのまま使うわけではなく、いちど加熱処理する必要があります。

アーユルヴェーダでも、同じように加熱処理したセサミオイルが使われます。

その加熱処理を、「キュアリング」といいます。

ご家庭で太白ごま油を加熱処理するときは、湯煎(ゆせん・水を張ったお鍋の中に耐熱容器を入れて温めること)が行いやすいと思います。

キュアリングは、太白ごま油を100度くらいの温度でで10~15分湯煎します

そして、それを冷ましてからトリートメントなどに使います。

加熱処理した太白ごま油は、まだ温かいうちに使うのがおすすめで、できるだけ早く使い切るのが基本ですが、常温で半年間ほどは保存が効きます。

ホーリーバジルとブレンドする

アーユルヴェーダのセサミオイルは、ベースオイルとして使われることが多く、そこにハーブや香辛料などをブレンドしていきます。

サロンでも、セサミオイル単独ではなく、それをベースにしたブレンドオイルを使っています。

加熱処理した太白ごま油は、もちろん単体で使うこともできますが、ハーブなどとブレンドするのもおすすめです。

例えば、「ホーリーバジル」は、インドではセサミオイル・ココナッツオイルと並んで代表的な生薬で、セサミオイルと同じように「万能薬」とされています。

ホーリーバジルは、苗でも市販されていますし、パウダーになっているものもあります。

太白ごま油とブレンドするには、太白ごま油を湯煎するときに一緒に入れるだけです。

苗でお持ちのときは、枝ごと入れましょう。

保存するときも、そのまま漬け置きで大丈夫です。

ホーリーバジルのブレンドオイルは、イグサのような香りでリラックスでき、アトピー肌のケアなどにもお使いいただけます。

シナモン・ブラックペッパーとブレンドする

太白ごま油にシナモンをブレンド

冷え性の方には、太白ごま油に「シナモン」と「ブラックペッパー」をブレンドするのもおすすめです。

ブラックペッパーは、粉末になっていない粒の「ホールタイプ」を使います。

ブレンドオイルを200mL作るとしたら、 シナモンが1枝、ブラックペッパーが5~10ホールを目安にして、太白ごま油と一緒に湯煎します。

■ ブレンドオイルの作り方
太白ごま油:200mL
シナモン:1枝
ブラックペッパー:5~10ホール

このブレンドオイルも、保存は、シナモンなどを漬け置きのままで大丈夫です。

精油などとブレンドする

後は、バジルなどのハーブグレープフルーツなどの柑橘系の皮などで、ブレンドオイルを作ることもできますし、精油(エッセンシャルオイル)を加えることもできます。

ご自分のお好きな精油を加えれば、香りの良いブレンドオイルが出来上がり、精油の効能を得ることもできます。

キュアリングした太白ごま油は、単体で使うこともできますが、ハーブや精油をブレンドするのもおすすめですよ。

太白ごま油の使い方

キュアリングした太白ごま油は、うがい・スキンケア・マッサージなど様々な用途に使うことができます。

太白ごま油でうがいする

太白ごま油でうがいすると、口内の粘膜のデトックスになり、免疫力を高めることにもつながります。

口臭や風邪の予防にも良いです。

やり方は簡単で、うがいするときに、水をセサミオイルに変えるだけです。

インドではうがいした後もそのままでいることが多いですが、口の中のべたつき気になる方は水でゆすいでください。

「喉の調子が悪いな…」というときは、夜寝る前にセサミオイルでうがいするのもおすすめですよ。

スキンケアでフェイスマッサージする

お肌と髪の毛を形成するホルモンは肝臓で作られていて、セサミオイルは肝機能にアプローチする効能があるとされていますので、美肌にも良いです。

セサミオイルは肌なじみも良いので、スキンケアにもお使いいただけ、特にしみ・小じわ・くすみなどのお悩みにおすすめです。

スキンケアでは、セサミオイルでフェイスマッサージするのも良いです。

まずは洗顔後、化粧水をつける前に、セサミオイルをお顔になじませます

フェイスマッサージは、特に目の周りは小じわやクマの表れやすい場所ですから、そこを中指と薬指の腹を使ってセサミオイルでクルクルとマッサージしてあげると効果的ですよ。

太白ごま油の使い方(フェイスマッサージ)

もちろん、きちんとしたフェイスマッサージを行わなくても、化粧水を付けるようにセサミオイルを付けるだけでも、お肌のケアになります。

オイルパック

セサミオイルはスキンケアとしては、「オイルパック」にもお使いいただけます。

セサミオイルをお顔に乗せて、20分くらいしたら落とします。

ホーリーバジルのブレンドオイルも、オイルパックにはおすすめですよ。

オイルパックをしてセサミオイルを落とすときは、できるだけティッシュなどで拭き落とすことをおすすめします。

タオルで拭き取っても良いですが、そのタオルを洗濯して乾燥機にかけると発火の危険性があるのでご注意ください。

オイルパックとは

「キレイの先生」編集部です。オイルパックは、オイルを顔に塗って、その上からホットタオルを乗せることをいいます。それによって、オイルの浸透を高めることができます。

お腹のマッサージ

セサミオイルは肝臓にアプローチするといいますから、セサミオイルで肝臓のあるお腹を中心にマッサージするのもおすすめです。

このとき、セサミオイルはたっぷり使って、お腹を全体的にマッサージしてあげましょう。

太白ごま油の使い方(お腹のマッサージ)

アーユルヴェーダには「マルマ」という考え方があり、マルマはツボと同じようなものですが、ツボに比べると面が大きいとされています。

お腹を広めにマッサージしてあげることで、マルマを刺激することができます。

マルマとは

「キレイの先生」編集部です。アーユルヴェーダの「マルマ」は、東洋医学でいう「ツボ」と似たようなもので、身体の部位や内臓とつながっている場所とされています。

インドでは治療の一環としてセサミオイルが使われる

ちなみに、インドでは、セサミオイルを目や耳に垂らすような使い方もされていて、ごま油でうがいするのと同じように、免疫力を高める効果があるといわれています。

それらは、アーユルヴェーダのドクターのもと治療の一環として行われるもので、日本で行うのはなかなか難しいです。

それらと近しいことろでは、セサミオイルを脱脂綿に含ませて耳のマッサージなどを行うことはできます。

編集部の選ぶオススメの太白ごま油

「キレイの先生」編集部です。

ここまでが、鈴木先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。

ここからは、編集部のおすすめする太白ごま油をご紹介します。

SimSim セサミピュアオイル 110mL

「SimSim」は、アーユルヴェーダのセサミオイルやヘナ(白髪染めなどに用いられるハーブ)のメーカーで、アーユルヴェーダのスタジオも運営されています。

スーパーなどで市販されている太白ごま油をセルフケアに用いるには、ご自身でキュアリングする必要があってひと手間かかります。

SimSimの「セサミピュアオイル」は、あらかじめキュアリングされているのでそのまま用いることができて便利で、セルフケアに用いるにはとてもおすすめですよ。

化学合成成分が無添加の100%ピュアな太白ごま油で、品質的にも高いです。

編集部のここがオススメ!

アーユルヴェーダの専門メーカーの太白ごま油!

キュアリング済みでそのまま使える!

化学合成成分が無添加の100%ピュア!

SimSim

商品名:セサミピュアオイル
ブランド:SimSim
容量:110mL
通常価格:税別2,200円(2017年11月時点)

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンもオススメ!

キレイの先生 バラに満ちるオールインワン

太白ごま油にご興味のある方は、このサイトから出ている「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」もおすすめですよ。

キレイの先生 バラに満ちるオールインワンは、このサイトから200人以上の美容スペシャリストの方々の教えをまとめたオールインワンです。

水を一滴も加えず、バラの美容成分の詰まったローズウォーターに贅沢に置き換え(全成分に水の表記がありますが原料由来のものです)、ライスオイルやホホバオイルなどのキャリアオイルでうるおいを逃しません

自然なバラの優しく華やかな香りに包まれながら、美容成分98%のチカラでお肌をうるおします

美容家の感想

自然なバラの香りでリラックスでき、べたつきすぎず軽すぎない感じがとても使いやすいです。オールインワンで十分な保湿力で、乾燥肌の方・ストレス肌の方・寝不足で肌くすみの気になる方には、特にいいのではないでしょうか。余計なものが入っていない感じも、また良いところですね。バラは、女性ホルモンをアップさせるアロマ効果も知られていますので、内面からも効果もありそうです。

* 個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

編集部のここがオススメ!

水を一滴も加えずに美容成分豊富なローズウォーターに置き換え!

98%の美容成分のチカラで肌をうるおす!

ライスオイルなどのキャリアオイルでうるおいを逃さない

バラに満ちるオールインワン

商品名:キレイの先生 バラに満ちるオールインワン
ブランド:キレイの先生
容量:65mL
通常価格:税別2,880円
初回特別価格:税別1,000円

まとめ

太白ごま油は、アーユルヴェーダでは定番のオイルとして用いられているように、デトックスの効能が高く、抗酸化作用の高い成分を含んでいるためアンチエイジングにもつながります。

健康法の一環として太白ごま油でうがいすることもできますし、加熱処理(キュアリング)したオイルをスキンケアにお使いいただくこともできます。

アーユルヴェーダが生まれたのは、何千年も前で科学も発展していない時代です。

その中で、太白ごま油には優れた効能があるということが、経験的にも分かっていたのですね。

そうした伝統や知恵を、セルフケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA 鈴木 まり 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年2月29日に公開した『太白ごま油のデトックス効能!うがいやスキンケア等の使い方』を再編集しました。

本日のキレイの先生