キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

アーユルヴェーダの太白ごま油の効能!スキンケア等の使い方

エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA  鈴木 まり 先生

太白ごま油のデトックス効能!うがいやスキンケア等の使い方

「キレイの先生」編集部です。

「え? ごま油はスキンケアにも使えるのですか!?」

あるサロンの先生に取材をしているときのことでした。アーユルヴェーダではごま油がよく使われるという話になりました。

料理の香り付けにごま油は大好きですが、スキンケアにも使えるといいます。

ただ、それは料理用のごま油ではなく、「太白ごま油」というものだそうです。

今回のテーマは、「太白ごま油」です。

エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA の鈴木 まり 先生に、取材させていただきました。

太白ごま油には、どのような効果・効能が期待できるのでしょうか?

そして、どのような使い方ができるのでしょうか?

鈴木 先生に教えていただきました。

アーユルヴェーダとは

下の記事でも紹介していますが、「アーユルヴェーダ」は、インドの伝統医学で、人が持っている自己治癒力を高める療法です。

目次

アーユルヴェーダと太白ごま油
・アーユルヴェーダのセサミオイル
・アーユルヴェーダでのオイルの使い方

太白ごま油の効果・効能
・太白ごま油とは
・肝臓などにアプローチするデトックス効果
・ゴマリグナン・リノール酸・オレイン酸などの栄養素

アーユルヴェーダオイルの作り方
・太白ごま油を湯煎する
・ホーリーバジルとブレンド
・シナモン・ブラックペッパーとブレンド
・その他とブレンド

太白ごま油の使い方
・活用法1. うがい
・活用法2. フェイスマッサージ
・活用法3. オイルパック
・活用法4. お腹のマッサージ
・活用法5. その他

【編集部チョイス】おすすめの「太白ごま油」

まとめ

アーユルヴェーダと太白ごま油

アーユルヴェーダのセサミオイル

アーユルヴェーダで使われることが多いのは、ごまから抽出したセサミオイルで、サロンでも使っています。

ただ、おそらく料理で使われることの多い、香ばしいごま油とは、少し種類が違います。

一般的な香ばしいごま油は、ごまを焙煎(乾煎り)してから油を抽出したものです。

それに対して、アーユルヴェーダで使うものは、焙煎せずに生のごまから抽出したピュアオイルです。

それも、アーユルヴェーダの本場インドでは、専門の製法で作られたセサミオイルが、薬局で医薬品として取り扱われ、それがアーユルヴェーダで使用されています。

サロンで使っているセサミオイルも、専用のものです。

ただ、ご家庭でそれを用意するのは大変でしょうから、スーパーなどでも市販されている白ごま油(太白ごま油)で代用することができます。

アーユルヴェーダでのオイルの使い方

アーユルヴェーダでは、セサミオイルをベースオイルとしてよく使います。

ベースオイルとは、マッサージオイルなどをブレンドして作るとき、基材にするオイルのことです(ちなみに、ココナッツオイルもよく使われます)。

サロンでも、セサミオイルがベースのブレンドオイルを、ドーシャごとに用意しています。それをトリートメント(マッサージ)などで使います。

ドーシャとは

「キレイの先生」編集部です。「ドーシャ」とは、アーユルヴェーダで3つに分類される体質・性質のことをいいます。

その他、額にオイルを垂らし続けるシロダーラなどにも、セサミオイルは使われます。

シロダーラとは

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、「シロダーラ」は、額の一部にオイルを垂らし続ける療法のことをいい、「脳のマッサージ」とも呼ばれたりしています。

さらに、本場インドでは、ドクターの処方のもと、セサミオイルを目や耳に垂らす療法*もあります。

このように、アーユルヴェーダでは、セサミオイルはとても幅広く使われているオイルです。

* 真似はせず、行うときは専門家の指示に従うようにしてください。

太白ごま油の効果・効能

太白ごま油とは

アーユルヴェーダのセサミオイルの代用になるのは、一般的な香ばしいごま油ではなく、白ごま油(太白ごま油)です。

先程ご紹介したように、製法に違いがあります。

■ ごま油
ごまを焙煎してから油を抽出

■ 白ごま油(太白ごま油)
ごまを焙煎せずに生のままで油を抽出したピュアオイル(透明なオイルで香りもほとんどありません)

白ごま油はスーパーなどでもお取扱いしています。

肝臓などにアプローチするデトックス効果

太白ごま油のデトックス効能

インドでは、薬局にセサミオイルがあるように、ごま油は「万能薬」といえます。

特に、デトックスの効能に優れています。

それは、ごま油が肝臓にアプローチするとされているためです。

肝臓はアルコールを分解する臓器として知られているように、デトックスの機能を持っています。

デトックスとは

「キレイの先生」編集部です。デトックスは、体内の老廃物を排出することをいいます。

アーユルヴェーダは、病気を治療するわけではありません。

人が持つ自己治癒力を高め、自分自身で病気を治すというのがアーユルヴェーダの考え方です。

自己治癒力を高めるには、身体に悪いものを取り除くことが必要です(アーユルヴェーダでは、身体に悪い老廃物を「アーマ」といいます)。

身体がデトックスされれば、気怠さや疲労感も取れますし、健康になります。美肌にも良いですね。

それを手伝うのがセサミオイル、つまりごま油です。

ゴマリグナン・リノール酸・オレイン酸などの栄養素

また、ごま油には下記のような栄養素が含まれています。

■ ゴマリグナン
健康食品などによく含まれている「セサミン」という栄養素をお聞きになったことはありませんか? ごまに含まれているセサミンは、ゴマリグナンの一種です。
ゴマリグナンには抗酸化作用があります。
身体の細胞が酸化すると老化の原因になったり、お肌では肌トラブルにつながったりしますから、ゴマリグナンはアンチエイジングにもなりますね。

■ リノール酸
不飽和脂肪酸の一種で、身体には必要不可欠な栄養素ですが、体内で作ることができません。

■ オレイン酸
こちらも不飽和脂肪酸の一種ですが、老化を予防する効能があるとされています。また、お肌の皮脂(ひし)に多く含まれている成分のため、美肌にも良いです。

皮脂とは

「キレイの先生」編集部です。皮脂は、毛穴から分泌されている油分で、皮膚の水分が蒸発しないように防いだりする役割があります。

アーユルヴェーダオイルの作り方

太白ごま油を湯煎する

ご家庭で白ごま油(太白ごま油)を使用するとき、そのまま使うわけではありません。

いちど加熱処理する必要があります。

これを「キュアリング」といいます(アーユルヴェーダのセサミオイルも、加熱処理されています)

ご家庭では、湯煎が行いやすいでしょう。

白ごま油を、100度くらいで10~15分湯煎してください。

そして、それを冷ましてから使います。

キュアリングの方法

「キレイの先生」編集部です。湯煎は、下の写真のように、お鍋に水を張って、その中に耐熱性の容器を入れて温めることをいいます。

1300049_a04

ちなみに、この写真は、「蜜蝋の手作りフェイスクリーム」の取材のときのものです。

加熱処理した白ごま油は、まだ温かいうちに使うのがベストです。

できるだけ早く使い切るのが基本ですが、常温で半年間ほどは保存が効きます。

ホーリーバジルとブレンド

アーユルヴェーダのセサミオイルは、ベースオイルとして使われることも多く、そこにハーブや香辛料をブレンドしていきます。

サロンでも、セサミオイル単独ではなく、それをベースにしたブレンドオイルを使っています。

白ごま油は、もちろんそれだけで使うこともできますが、ハーブなどとブレンドするのもおすすめです。

ブレンドするのにおすすめなのが、「ホーリーバジル」です。

ホーリーバジルは、インドではセサミオイル・ココナッツオイルと並んで、代表的な生薬です。

ごま油と同じように、こちらも「万能薬」とされています。

ホーリーバジルは、苗でも売っていますし、パウダーもあります(インターネット通販でも購入できます)。

白ごま油とブレンドする方法は、湯煎するときに一緒に入れるだけです。

苗でお持ちのときは、枝ごと入れましょう。

保存するときも、そのままつけ置きで大丈夫です。

ホーリーバジルのブレンドオイルは、イグサのような香りでリラックスでき、アトピー肌のケアなどにもお使いいただけます。

万能薬「ホーリーバジル」

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、インドでは、ホーリーバジルは「万能薬」として用いられています。

シナモン・ブラックペッパーとブレンド

太白ごま油にシナモンをブレンド

冷え性の方には、「シナモン」と「ブラックペッパー」をブレンドするのもおすすめです。

ブラックペッパーは、ホールタイプ(粉末になっていない粒のもの)を使います。

白ごま油を200mL作るとしたら、
・シナモン:1枝
・ブラックペッパー:5~10ホール
を目安にして、一緒に湯煎しましょう。

こちらも保存するときは、つけ置きのままで大丈夫です。

その他とブレンド

その他にも、バジルなどのハーブや、グレープフルーツなどの柑橘系の皮で、ブレンドオイルを作ることもできます。

また、精油(エッセンシャルオイル)を加えるのも良いですね。

ご自分のお好きな精油を加えれば、良い香りのブレンドオイルが出来上がります。

このように、白ごま油はそれだけで使うこともできますが、ハーブや精油をブレンドして楽しむことができます。

精油のブレンドオイルの作り方

「キレイの先生」編集部です。太白ごま油は、キャリアオイル(植物油)です。下の記事でも紹介していますが、精油とブレンドしてアロママッサージオイルを作ることもできます。

太白ごま油の使い方

では、白ごま油(太白ごま油)の使い方をみていきましょう。

うがいやスキンケア、マッサージなど、たくさんの使い方があります。

活用法1. うがい

白ごま油でうがいすると、口内の粘膜のデトックスになり、免疫力を高められます。

口臭や風邪の予防にも良いですね。

方法は簡単で、うがいするときに、水から白ごま油に変えるだけです。

インドではうがいした後もそのままですが、気になる方は水でゆすいでください。

「喉の調子が悪いな…」というときは、夜寝る前に、白ごま油でうがいするのもおすすめです。

活用法2. フェイスマッサージ

お肌と髪を形成するホルモンは、肝臓から作られています。

ごま油は肝機能にアプローチする効能がありますから、美肌にも効果があります。

白ごま油は肌なじみも良いので、お肌に直接つけることができ、スキンケアに使えます。

しみや小じわ、くすみといったお悩みにおすすめです。

スキンケアでの使い方のひとつが、フェイスマッサージです。

洗顔後、化粧水をつける前に、白ごま油を顔になじませます。

きちんとしたマッサージではなくても、化粧水をつけるように、白ごま油をただつけるだけでも大丈夫です。

特に、目の周りは小じわやクマが表れやすい場所ですから、そこを白ごま油でくるくると中指と薬指の腹を使ってマッサージしてあげると効果的です。

太白ごま油の使い方(フェイスマッサージ)

活用法3. オイルパック

白ごま油はスキンケアとしては、オイルパックにも使えます。

白ごま油を顔に乗せて、20分くらいしたら落とします。

先程ご紹介したホーリーバジルのブレンドオイルも、フェイスパックに良いですね。

オイルパックとは

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、オイルパックは、オイルを顔に付けて、上からホットタオルを乗せる美容法です。オイルの浸透が高まります。

* ちなみに、白ごま油を落とすときは、できるだけティッシュなどで拭き落とすようにしましょう。タオルで拭いても良いですが、そのタオルを洗濯して乾燥機にかけると、発火の危険性があります。実際、過去にそのような事故がありました。

活用法4. お腹のマッサージ

白ごま油は肝臓にアプローチしますから、(肝臓のある)お腹を中心にしてマッサージするのもおすすめです。

このとき、白ごま油はたっぷり使って、お腹を全体的にマッサージしてあげてください。

太白ごま油の使い方(お腹のマッサージ)

それは、アーユルヴェーダには「マルマ」という考え方があるためです。

マルマは、つぼと同じようなものですが、つぼよりも面が大きいとされています。

お腹を広めにマッサージすることで、マルマを刺激してあげることができます。

マルマとは

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、アーユルヴェーダの「マルマ」は、東洋医学でいう「ツボ」と似たようなものです。

活用法5. その他

インドでは、白ごま油を目や耳に垂らす使い方もされています。

うがいと同じように、免疫力を高める効果があります。

これはアーユルヴェーダのドクターのもと行われる療法なので、日本で行うのはなかなか難しいです。

ただ、白ごま油を脱脂綿に含ませて、それで耳のマッサージなどを行うことはでき、免疫力アップにつながります。

* ごまに食品アレルギーのある方は、太白ごま油の使用はご遠慮ください。

【編集部チョイス】おすすめの「太白ごま油」

「キレイの先生」編集部です。

編集部の選んだおすすめの太白ごま油を、ご紹介します。

セサミオイル(生ゴマ油) 100mL 生活の木

アロマやハーブの専門店としておなじみの「生活の木」のごま油(セサミオイル)で、スキンケアやボディケアにお使いいただけます。

(通常価格 税別800円 * 2017年8月11日時点)

セサミオイル 100mL Dr.Itsuko

敏感肌やアトピー肌のオーガニック製品メーカー「Dr.Itsuko」のごま油(セサミオイル)で、スキンケアやボディケアにお使いいただけます。

(通常価格 税別1,540円 * 2017年8月11日時点)

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

近所のスーパーにも置いてある太白ごま油が、こんな優れものだったなんて知りませんでした。

料理だけではなく、うがいからスキンケアにも、本当にたくさんの使い方ができますね。

まさに食べられる「美容アイテム」といえそうです。

しかし、昔の人々はすごいですね。

アーユルヴェーダが生まれたのは、何千年も前で、科学も発展していない時代です。

その中で、「太白ごま油には優れた効能がある」ということが分かっているのですよね。

そうした伝統や知恵は、現代でもこうして活用することができます。

アーユルヴェーダで使われる太白ごま油には、何千年も受け継がれてきた歴史の一端を、感じられるのではないでしょうか?

今回取材した鈴木 まり 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

自然なバラの香りでリラックスでき、かつ、べたつき過ぎず軽過ぎない感じが、とても使いやすいです。オールインワンで十分な保湿力です。余計なものが入っていない感じも、また良いです。乾燥肌やストレス肌の方、寝不足などで肌くすみの気になる方には、特に良いと思います。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:エステ&アーユルヴェーダサロン ROSA 鈴木 まり 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年2月29日に公開した『太白ごま油のデトックス効能!うがいやスキンケア等の使い方』を再編集しました。

本日のキレイの先生