キレイの先生

ホーム > 美肌 > 手作り化粧品 > 

手作り保湿化粧水!フローラルウォーターを使った作り方とは

La Estrella  高橋 志保 先生

手作り保湿化粧水の簡単な作り方!乾燥肌向けグリセリン入り

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、私も大好きな「手作り化粧水」です。

自分のお肌の状態や、アロマの効能、好みの香りで、材料を選ぶことができ、作るのも使うのも楽しいです。

どんな材料で作っているのかも分かるので、安心感もありますね。

このサイトでも、いくつかの手作り化粧水の作り方をご紹介してきました。

今回は、保湿化粧水の作り方です。

La Estrella の高橋 志保 先生に取材させていただきました。

(ローズウォーターなどの)フローラルウォーターと、保湿力を高めるグリセリンを合わせて、化粧水を手作りします。

作り方も、とても簡単です。

目次

保湿化粧水を50mL手作りするときの材料
1. (ローズウォーターなどの)フローラルウォーター 40mL
2. グリセリン 10mL
3. 精油 4~5滴

手作り保湿化粧水の作り方
・手順1. グリセリンと精油を混ぜ合わせる
・手順2. フローラルウォーターを半分加える
・手順3. 残りのフローラルウォーターを加える
・フローラルウォーターとグリセリンの手作り化粧水の使い方

【編集部チョイス】おすすめの「手作り化粧水の材料」

まとめ

保湿化粧水を50mL手作りするときの材料

私は、化粧水やオイル、クリームなどは、サロンで使用する前に品質をチェックするという意味でも、精油を使って手作りしたものを日常的に使っています。

今回はその中で、手作り化粧水の作り方をご紹介します。

オールマイティなフローラルウォーターに、グリセリンを入れることで、保湿力のある化粧水が簡単に出来上がります。

お肌の乾燥でお悩みの方には、特におすすめです。

まずは、材料をご紹介します。

手作り化粧水は、天然由来の材料で作ります。

そのため、2週間程で使い切るくらいの量で作って、なくなったらまた作るようにしましょう(長くても、1ヶ月では使い切るようにしてください)。

私は普段、50mLでこまめに作るようにしています。

今回の材料も、50mLで作るときの分量でご紹介します。

1. (ローズウォーターなどの)フローラルウォーター 40mL

精油を抽出するときは、植物を蒸留して油分と水分に分離させるのですが、その水分が「フローラルウォーター」、油分が「精油」になります。

そのため、フローラルウォーターには、植物の水溶性のエキスが詰まっています。

フローラルウォーターについて

「キレイの先生」編集部です。フローラルウォーターについて、簡単に補足させていただきます。フローラルウォーターは、下のように、精油を「水蒸気蒸留法」で抽出するときに出来る副産物です。

1. ハーブを専用の釜に入れて蒸気を当てる

2. ハーブの芳香成分が蒸気に含まれる

3. それを冷却して液体に戻す

4. 油分と水分に分かれて、油分が「精油」に、水分が「フローラルウォーター」になる

水と油は混ざり合わず、油は水よりも軽いため、(水蒸気蒸留した)蒸気を液体に戻すと、上が油分、下が水分に分かれます。その下の水分が、「フローラルウォーター」になり、ハーブの水溶性の成分が含まれています。

フローラルウォーターについては、下の記事でも取り上げています。

手作り化粧水にフローラルウォーターを使うときは、ご自分のお好きな香りでお選びいただいて大丈夫です。

今回のレシピでは、「ローズウォーター」を使用しました。

ローズウォーターは、どんな肌質の方にもオールマイティにお使いいただけます。

ローズの花びらは水分が多く、採取できる精油の量は少ないです(そのため、ローズの精油は高価です)。

それに対して、ローズウォーターは、多くの量を採取することができ、ローズの精油の代用にすることもできます(例えば、ローズの精油には「幸せホルモン」を促す作用がありますが、ローズウォーターにもその作用があります)。

フローラルウォーターには、ローズ以外にも、「ラベンダー」や「カモミール」などの種類もあります。

2. グリセリン 10mL

そして、手作り化粧水の保湿力を高めるのが、「グリセリン」です。

私は、植物性のコスメグレードのグリセリンを使用しています。

このグリセリンの量で、化粧水をさっぱりさせるのか、しっとりさせるのか、質感を調整します。

グリセリンの量が多いほど、しっとりとした化粧水になります。

今回のレシピでは、グリセリンを10mL使用します。

もし、スプレータイプのボトルを容器にするときは、グリセリンが10mLでは、しっとりとして(化粧水の)出が悪いかもしれませんので、まずは5mLくらいで調整するのも良いと思います。

ワンタッチタイプのボトルでしたら、グリセリンを10mL入れていただいても大丈夫です。

3. 精油 4~5滴

そして、最後の材料は、精油です。

フローラルウォーターと同じように、ご自分のお好きなものをお選びいただいて大丈夫です。

今回は、「ローズ」を使いました。

ベースにローズウォーターを使用していますので、そこにローズの精油を加えることで、分離した水分と油分がひとつになるイメージです。

他には、「フランキンセンス」もおすすめです。

皮膚の再生作用があるとされ、「若返りの精油」ともいわれています。

化粧品でも使われることの多い精油です。

美肌の精油「フランキンセンス」

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、フランキンセンスは、「美肌の精油」として知られ、とても美容効果の高い精油で、手作り化粧品にはおすすめです。

後は、「ゼラニウム」も、他の精油と香りを合わせやすいです。

ゼラニウムは、皮脂や気持ちのバランスを取る作用があるとされています。

手作り保湿化粧水の作り方

では、化粧水の作り方をみていきたいと思います。

手順1. グリセリンと精油を混ぜ合わせる

まずは、ビーカーなどにグリセリンを10mL入れ、そこに精油を4~5滴加えて、混ぜ合わせます。

手作り化粧水の簡単レシピ1

フローラルウォーターが「水分」で、精油が「油分」ですから、その2つをいきなり合わせても、混ざり合いません。

そのため、まずはグリセリンに精油を溶かしてから、フローラルウォーターに加えます。

グリセリンが乳化剤のような役割をするとお考えください。

乳化剤とは

「キレイの先生」編集部です。乳化剤は、本来混ざらない水分と油分を混ざり合わす役割りを持つものです。

手順2. フローラルウォーターを半分加える

グリセリンと精油が混ざり合ったら、フローラルウォーターをまずは20mlくらい加えて、混ぜます。

手作り化粧水の簡単レシピ2

手順3. 残りのフローラルウォーターを加える

きれいに混ざったら、残りのフローラルウォーターを入れて、また混ぜます。

きれいに混ざり合ったら、ボトルに移して、手作り保湿化粧水の出来上がりです。

手作り化粧水の簡単レシピ3

フローラルウォーターは、今回のように2回に分けず、1回でまとめて入れてしまっても大丈夫です。

ただ、分けて少しずつ混ぜ合わせる方が、きれいに混ざります。

フローラルウォーターとグリセリンの手作り化粧水の使い方

ローズウォーターの手作り化粧水は、ぜいたくなローズの香りがして、お肌のお手入れをしていて、幸せな気持ちになれます。

オールマイティなローズウォーターに、グリセリンを加えることで、保湿力もアップします。

乾燥肌の方には、特におすすめのレシピです。

使用時は、ボトルを振ってから、お肌にたっぷりとなじませてください。

【編集部チョイス】おすすめの「手作り化粧水の材料」

「キレイの先生」編集部です。

フローラルウォーターなどの手作り化粧水の材料を、ご紹介します。

ダマスク ローズウォーター 200ml ブルガリアローズジャパン

「ローズウォーター」は、人気が高く、もっともよく知られたフローラルウォーターなのではないでしょうか。私自身も、自然なバラの優しい香りと、美容効果の高さから、ローズウォーターは大好きです。こちらのローズウォーターは、ブルガリア産のダマスクバラから抽出されています。

(通常価格 税別2,000円 * 2017年8月18日時点)

グリセリン 100ml 生活の木

「グリセリン」は保湿力にとても優れた成分で、市販されている多くの化粧品にも配合されています。アロマとハーブの専門店の「生活の木」では、手作り化粧品の多くの材料を取り扱っていて、こちらのグリセリンは100%植物性のものです。

(通常価格 税別1,200円 * 2017年8月18日時点)

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

保湿化粧水は、材料のフローラルウォーター・グリセリン・精油を混ぜ合わすだけで作ることができます。

フローラルウォーターは植物の自然な香りが優しく、ハーブの水溶成分も含まれています。

それに、グリセリンを合わせることで、保湿力を高めることができます。

美容効果の高い手作り化粧水ですね。

少量ずつ作って、香りを変えていくのも、楽しそうです。

手作り保湿化粧水は、作り方も簡単で、私も大好きです。

もし、アロマがお好きでしたら、是非いちどお試しになってみてはいかがでしょうか?

今回取材した高橋 志保 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

時間が経ってからの保湿感もあるので、お風呂上がりにすぐに落ち着いてケアが出来ないときや、朝の忙しい時間の洗顔の直後など、サッとお手入れをして手軽にケアを行うのにとても便利です。バラの香りもとても良いジェルです。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:La Estrella 高橋 志保 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年1月26日に公開した『手作り保湿化粧水の簡単な作り方|乾燥肌向けグリセリン入り』を再編集しました。

本日のキレイの先生

7000062_b

高橋 志保 先生