キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

La Estrella [東京都]  高橋 志保 先生

手作り保湿化粧水の簡単な作り方!乾燥肌向けグリセリン入り

手作り保湿化粧水の簡単な作り方!乾燥肌向けグリセリン入り

私は、化粧水やオイル、クリームなどは、サロンで使用する前に品質をチェックするという意味でも、精油を使って手作りしたものを日常的に使っています。今回はその中で、手作り化粧水の作り方をご紹介します。オールマイティなフローラルウォーターに、グリセリンを入れることで、保湿力のある化粧水が簡単に出来上がります。お肌の乾燥でお悩みの方にお勧めです。

アロマなどの材料(50mLの場合)

まずは、材料をご紹介します。

手作り化粧水は、天然由来の材料で作ります。

そのため、2週間程で使い切るくらいの量で作って、なくなったらまた作るようにしましょう(長くても、1ヶ月では使い切るようにしてください)。

私は普段、50mLでこまめに作るようにしています。今回の材料も、50mLで作るときの分量でご紹介します。

フローラルウォーター 40mL

精油を作るとき、植物を蒸留して油分と水分に分離させるのですが、その水分がフローラルウォーター、油分が精油になります。

そのため、フローラルウォーターには、植物の水溶性のエキスが詰まっています。

今回のレシピでは、ローズウォーターを使用しました。どんな肌質の方にもオールマイティにお使いいただけます。

ローズの花びらは水分が多く、採取できる精油の量は少ないです(そのためローズの精油は高価です)。

その分、ローズウォーターはたくさん採取でき、ローズの精油の代用にすることもできます(例えば、ローズの精油には「幸せホルモン」を促す作用がありますが、ローズウォーターにもその作用があります)。

フローラルウォーターには、ローズ以外にも、ラベンダーやカモミールなどもあります。

手作り化粧水には、ご自分のお好きな香りでお選びいただいて大丈夫です。

グリセリン 10mL

そして、保湿力を高めるのが、グリセリンです。私は、植物性のコスメグレードのグリセリンを使用しています。

このグリセリンの量で、化粧水をさっぱりさせるのか、しっとりさせるのか、質感を調整します(グリセリンの量が多いほど、しっとりとした化粧水になります)。

スプレータイプのボトルでは、グリセリンを10mL入れると、しっとりとして、出が悪くなってしまうかもしれません。

そのときは、まずは5mLくらいで調整するのも良いと思います。

ワンタッチタイプのボトルでしたら、グリセリンを10mL入れていただいても大丈夫です。

お好きな精油 4~5滴

そして、最後の材料は、精油です。今回は、「ローズ」の精油を使いました。

ベースが、ローズウォーターですので、そこにローズの精油を加えることで、分離した水分と油分がひとつになるイメージです。

ローズの精油

また、「フランキンセンス」の精油などもお勧めです。皮膚の再生作用があるとされ、若返りの精油ともいわれています。

お化粧品でもよく使われる精油です。

フランキンセンスの精油
Rod Waddington

他にも、「ゼラニウム」の精油も、香り付けに合わせやすいです。

ゼラニウムは、皮脂や気持ちのバランスを取る作用があるとされています。

ゼラニウムの精油

いくつか精油をご紹介しましたが、基本的には、フローラルウォーターと同じように、ご自分のお好きなものをお選びください。

手作り化粧水の簡単レシピ

では、化粧水の作り方をみていきましょう。

1)
まずは、ビーカーなどにグリセリンを10mL入れ、そこに精油を4~5滴加えて、混ぜ合わせます。

手作り化粧水の簡単レシピ1

フローラルウォーターが「水分」で、精油が「油分」ですから、その2つをいきなり合わせても、混ざり合いません。
そのため、まずはグリセリンに精油を溶かしてから、フローラルウォーターに加えます。グリセリンが乳化剤のような役割をするとお考えください。

2)
グリセリンと精油が混ざり合ったら、フローラルウォーターをまずは20mlくらい加えて、混ぜます。

手作り化粧水の簡単レシピ2

3)
きれいに混ざったら、残りのフローラルウォーターを入れて、また混ぜます。
きれいに混ざり合ったら、ボトルに移して、手作り保湿化粧水の出来上がりです。

手作り化粧水の簡単レシピ3

フローラルウォーターは、今回のように2回に分けず、1回でまとめて入れてしまっても大丈夫です。

ただ、分けて少しずつ混ぜ合わせる方が、きれいに混ざるので、私はそうしています。

まとめ

ローズウォーターの手作り化粧水は、ぜいたくなローズの香りがして、お肌のお手入れをしていて、幸せな気持ちになれます。

オールマイティなローズウォーターに、グリセリンを加えることで、保湿力もアップします。乾燥肌の方には、お勧めのレシピです。

材料も、薬局やインターネット通販などで簡単にそろえられ、容器も100円ショップで手に入ります。

作り方も簡単な、天然成分で安心の化粧水です。

ご使用時にはボトルに振ってから、お肌にたっぷりとなじませてください。

通販で手に入る「手作り保湿化粧水の材料」を編集部が集めました

「キレイの先生」編集部です。

手作り保湿化粧水の材料は、通販などでも簡単に手に入れることができます。参考までに、いくつか集めてみました。

ダマスク ローズウォーター 200ml ブルガリアローズジャパン

a1300048_01

ローズウォーターは、単体でも化粧水とお使いいただくことができます。天然のバラの香りがして、それだけで少し豊かな気持ちになれて、私も大好きなアイテムです。

このローズウォーターは、ブルガリア産のダマスクバラから抽出され、ブルガリア国立バラ研究所の品質保証を取得しています。

グリセリン 100ml 生活の木

a1300048_02

ハーブやアロマテラピーの専門店といえば、「生活の木」がよく知られていると思います。アロマで化粧品を手作りしようとしたとき、材料は基本的に「生活の木」で取りそろえられると思います。

グリセリンは、多くの化粧品に使われていて、保湿力の高い成分です。このグリセリンは、100%植物性なのも嬉しいです。

精油(エッセンシャルオイル) 生活の木

a1300048_03

「生活の木」は、精油もたくさんの種類のお取り扱いがあります。今回、高橋 先生がお使いになった「フランキンセンス」や「ゼラニウム」などもあります。

ご自分の好きな香りの精油をお選びください。

精油(エッセンシャルオイル) プラナロム

a1300048_04

「プラナロム」は、精油の海外メーカーです。

生活の木と比べると、多少値が張るイメージです。ただ、種類は豊富で、「ローズ」などのお取扱いもあります。

精油(エッセンシャルオイル) 無印良品

a1300048_05

「無印良品」でも、精油のお取扱いはあります。

種類は、生活の木やプラナロムと比べると多くはありません。ただ、定番の種類(例えばラベンダーやゼラニウム、ローズマリーなど)はそろっているので、「精油を買うのは初めて」という方には使いやすいと思います。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:La Estrella 高橋 志保 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】作って使って楽しい手作り化粧品!

手作り化粧水!「ハンガリーウォーター」の作り方【まとめ】

混ぜてもむだけ! 5分で簡単「手作り石けん」の作り方の基本

肌の老化にオイルを選んで「アンチエイジング」手作り石けん

本日のキレイの先生

7000062_b

高橋 志保 先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから