キレイの先生

ホーム > 美肌 > 美容にいい食べ物 > 

キレイな腸が美肌をつくる! 腸内環境を整える食事をしよう

体質改善サロン nico  荒井 美南子 先生

1300037_a01

体内に毒素があると、それが肌荒れの原因にもなります。毒素を排出するには、腸に働いてもらうことです。そのためには、腸内環境を整える必要があります。

お通じはきれいなお肌を作る基本

毒素は便で排出される

人は、毒素をどうやって排出しているでしょうか?

「汗」もそうですね。

デトックスには、運動も大切です。

ただ、毒素の75%は、「便」から排出されます。

1300037_a02

つまり、お通じがなければ、いくら運動で汗をかいても、効果的なデトックスとはいえなくなってしまいます。

腸が働いて、お通じがあれば、毒素も排出され、細胞の免疫力も上がります。

お肌も元気になります。美肌にも導きます。

腸が働けば太りにくい体質になる

また、循環の良い身体になりますから、代謝も上がります。

すると、しっかりとカロリーも消費されるようになり、太りにくい体質になります。

他にも、腸内環境が良いと、「セロトニン」というホルモンが出ます。

これは、「ハッピーホルモン」と呼ばれているもので、幸せな気分になります。

精神面でも、お通じは、大切ということですね。

善玉菌を増やして腸内環境を整える

腸を働くようにするには、腸内環境を整えることです。

腸の中には、「善玉菌」と「悪玉菌」がいます。

これらは、お聞きになったことはあると思います。

そして、もうひとつ、キーマンになるのが「日和見菌」です。

「日和見菌」を善玉菌の味方につける

日和見菌とは、その名の通り、有利な方につこうとする、ちょっとずるがしこい菌です。

例えば、悪玉菌が多いと、日和見菌は悪玉菌の味方になります。

1300037_a03

そして、善玉菌が多いと、善玉菌の味方になります。

1300037_a04

そのため、腸内環境を整えるには、日和見菌を善玉菌の味方につけることです。

それには、善玉菌を増やしてあげる必要があります。

善玉菌の「エサ」になる食べ物を摂る

1300037_a05

善玉菌を増やすには、善玉菌の「エサ」になる食べものを摂ることです。

例えば、下記のようなものがあげられます。

・乳酸菌を含む発酵食品
(味噌、納豆、ヨーグルト、チーズなど)

・オリゴ糖を含む食品
(玉ねぎ・ごぼう・アスパラ・バナナ・キャベツ)

・悪玉菌を排出する働きもある食物繊維
(大豆・きのこ・さつまいも・海藻・こんにゃく)

ジャンクフードや添加物のたくさん入った食べ物には注意する

ジャンクフードや、添加物のたくさん入った食べ物は、悪玉菌を増やし、ガスを溜めたり、便秘の原因になったりします。

コンビニの食事なども、なるべく避けましょう。

まとめ

腸内環境は、今日の食事を変えたからといって、すぐに整えられるものではありません。

一日一日の積み重ねです。

毎日の食事に、善玉菌を増やす食べ物を摂るようにしましょう。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:体質改善サロン nico 荒井 美南子 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】腸がキレイだとお肌もキレイに!

腸が弱まっていると肌荒れの原因になると知っていますか?

美肌・美容にも効く! すぐにできる腸マッサージの方法

お肌のことから食事を考えると最終的には日本食

本日のキレイの先生