キレイの先生

ホーム > 先生の美肌・美白術 > 

化粧水は手よりもローションパック!5段階レベルアップ術

IL SALONE  伊東 晃 先生

1300027_a012

このローションパックのつけ方は、実際にお客様に宿題としてお出ししているものです。きちんと行った方は、次ご来店いただいたときには、見違えるほど、しっとりとした潤いのあるお肌になっています。ローションパックにひと工夫するだけで、難しいことはなにも必要ありません。

Level 1 手ではなくシートマスクで化粧水をつける

化粧水をつけたときの保湿力は、
手 < ローションパック
で、ローションパックが断然お勧めです。

化粧水もいつもお使いのもので大丈夫で、クレンジング・洗顔の後の化粧水を、ローションパックに替えます。

理想は、朝と夜、一日2回です。

まずはシートマスクを水で濡らしてから化粧水に

ローションパックは簡単に準備できます。

1)
用意するのは、シートマスクと化粧水です。

1300027_a02

2)
このとき、シートマスクに直接、化粧水をつけません。
まずは、シートマスクを水で濡らします。
そして、水が垂れないくらいに、絞ります。雑巾のような絞り方ではなく、手でつまんで握ってあげるようにしましょう。

1300027_a03

シートマスクに化粧水を直接つけてしまうと、とても多くの量を吸収してしまいます。

ただ、あらかじめシートマスクを水に濡らしておけば、化粧水も節約でき、経済的です。

化粧水は、シートマスクに直接つけず、お水に濡らしたところにつけても、保湿には十分の量です。

3)
シートマスクを水に濡らしたら、化粧水をつけていきます。
500円玉ほどの化粧水を、シートマスクにたっぷりと含ませてあげます。
スプレー型の化粧水であれば、シートマスクの表と裏、全体的に化粧水をかけてください。

1300027_a04

これでローションパックの完成です。

1300027_a05

ローションパックは約3分、乾燥する前に外す

お顔にローションパックを乗せたら、ローションパックは「3分以内」に外すようにしてください。

そのまま放っておくと、シートマスクがパリパリに乾燥してしまい、パックの意味がまったくなくなってしまいます。

シートマスクがまだ潤いがある内に外して、お肌がしっとりしている間に、乳液などに移るようにしましょう。

その目安が、約3分です。

Level 2 ラップで潤いを逃さないよう「ふた」をする

ただローションパックをしただけでは、マスクシートも乾燥しやすいです。

次の応用編は、潤いの時間を持続させるテクニックです。

これも、特別なものを用意する必要はありません。

キッチン用品の「ラップ」をご用意ください。ミニサイズが使いやすいでしょう。

ローションパックをしたら、すぐにその上からラップをかけます。

ラップをかけるのは、写真を参考にしていただければと思いますが、
・鼻から上
・鼻から下
の上下2枚です。

鼻と口の部分は、息ができるように、スペースを空けておきましょう。

1300027_a06

ローションパックが10分間は持続

ラップでふたをすることで、シートマスクの化粧水は蒸発しづらくなり、お肌にだけ潤いを与えることができます。

これを行うことで、「10分間」は、ローションパックを行えます。

Level 3 シリコンマスクで「ながら」保湿を

ラップを使ったローションパックは、お肌にしっかりと潤いを与えられるのですが、はがれ落ちやすいので動き回れないのが難点です。

それを解決するのが、シリコン製のフェイシャルマスクです。

これは別でご用意いただく必要がありますが、100円ショップでもご購入いただけます。

1300027_a07

このシリコンマスクは、耳をかけられるようになっています。

ローションパックをしたら、すぐにこのシリコンマスクをかけてください。

これで、料理をしながら、掃除をしながら、保湿が可能です。

もちろん、ラップと同じように、ローションパックの「ふた」になります。

Level 4 シリコンマスクをひねってリフトアップ

もし、シリコンマスクを用意されたなら、せっかくなので、もうひとつプラスαしちゃいましょう。

写真のように、シリコンマスクの耳にかける部分をくるっとひと回しして、耳にかけると、あごの部分が引き上げられるようになります。

1300027_a08

これで、リフトアップも期待できます。

「保湿 + リフトアップ」で、一石二鳥ですね。

Level 5 週にいちどは美容液でローションパック

ローションパックに、化粧水ではなく、贅沢に美容液を使えばスペシャルケアになります。

ただ、美容液のローションパックを毎日行うのは、経済的な負担も大きくなってしまうので、週に1回や、「今日はお肌が疲れているな」というときにピンポイントで良いと思います。

まとめ

ローションパックに「ふた」をしてあげると、お肌が水をたくさん飲んだような感じになります。

シートマスクを外した後のお肌は、しっとりとした潤いに、透明感もお感じいただけると思います。

毎日繰り返せば、シミのケアにもなります。

ご自分ができるレベルで、是非チャレンジしてみてください。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:IL SALONE 伊東 晃 先生、「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

7000043_b

伊東 晃 先生