キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

【ミニコラム】夏終わりの固いお肌は角質を取ってケアしよう

ハーブのエステshin  林 眞子 先生

1300023_a01

春夏秋冬、それぞれの季節で、お肌の悩みは変わります。夏が過ぎた時期に多いのが、「お肌が固い」というお悩みです。お肌が固くなって「ハーブのエステshin」にお越しになられるお客様は、一年の間で夏の終わりの時期がもっとも多いです。

夏の紫外線と太陽熱でお肌が乾燥する

お肌が固くなっているということは、お肌が「乾燥」しているということです。

夏が終わった時期に、このお悩みが増えるのは、夏に受ける強い日差しが原因として考えられます。

紫外線でお肌にダメージ

1300023_a02

春夏は、日差しがとても強い季節です。それは、降り注いでいる紫外線の量も多いということです。

ご存知だとは思いますが、紫外線はお肌の天敵です。紫外線によるシミなどはよく知られていますが、紫外線はお肌の中にダメージを与えるため、あらゆる肌トラブルの原因となってしまいます。その中には、乾燥も含まれます。

太陽熱によって乾燥する

また、日差しが強いことで、お肌の表面の温度も高くなります。その熱によって、お肌の水分も蒸発しやすくなりますから、それも乾燥につながってしまいます。

お肌が固くなるのは「光老化」

太陽光によってお肌がダメージを受けることを「光老化」といいます。

夏の強い日差しによって、お肌が固くなるのも、光老化によって表れる肌トラブルのひとつとお考えください。

お肌が固くなっていると、化粧水も入りづらく、メイクのノリも悪くなります。また、お肌がくすんでいるように見えるので、改善が必要です。

新陳代謝を働かせて角質ケア

固くなったお肌を改善するには、新陳代謝を働かせ、固くなっているお肌の表面(角質)を取ってあげることです。その上で、水分を補給してあげれば、くすみも薄くなります。

例えば、「ハーブのエステshin」では、固くなったお肌でお悩みのお客様には、まず超音波マッサージを行って新陳代謝を上げてから、角質ケアで余分な角質を落とし、その後に保湿するようにしています。

クレイパックで角質ケア

1300023_a03

ご自宅でもできるケアとしては、「クレイパック」があります。クレイとは、粘土や泥のことで、吸着力や粘着力がとても強いため、余分な角質を取ってあげるのに、お勧めのパックです。

■ クレイパックを使用したスキンケアの順番
1. クレンジング・洗顔
2. クレイパック
3. 化粧水

上記のように、クレンジング・洗顔の後に、クレイパックを行い余分な角質を取ってから、化粧水で保湿してあげてください。

また、洗顔のときに、お顔のマッサージを行って、新陳代謝を上げてから、クレイパックを行うのも良いでしょう。

まとめ

身体が冷えると新陳代謝が下がってしまいますから、夏の強い日差しによって固くなったお肌は、寒くなる前にケアしてあげることが大切です。

いちばんは、固くなってしまった余分な角質を取り除いてあげることですから、まずは角質のケアを意識してみてください。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生