キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

【ミニコラム】ホットタオルで時短スキンケア

エステサロンFD  久保 信乃 先生

1300006_a01

時短ケアといっても、最低限のお手入れは大切です。時短ケアをしたものの美肌が損なわれては意味がありません。いつものお手入れに簡単なひと手間を加えることでエステに行ったかのようになる、そのようなお手入れのひとつ「ホットタオルで時短ケア」をご紹介します。ご自宅で簡単にできますので、お忙しい方こそお試しになってみてください。

ホットタオル = スチーマー

エステティックサロンでは、スチーマーをお顔に当てますが、ご自宅でスチーマーをお持ちの方は、少ないと思います。

しかし、ホットタオルを使えば、ご自宅でも手軽にスチーマーと同じような感覚が楽しめます。

濡らして絞ったタオルをレンジで40秒ほど温めれば、ホットタオルの出来上がりです。熱すぎないように注意してください。二の腕の内側に当てて大丈夫なら、お顔に当てても平気です。

ただ、お顔にぎゅうぎゅう押し付けないようにお気をつけください。蒸気で「ふわあっ」と蒸すイメージです。

血行促進でクマやくすみ対策

ホットタオルでお顔が温まると、血流が良くなります。血行不良が原因のクマや、くすみには、最適なケアの方法です。

何よりもお顔が温まると、顔の筋肉がほぐれてリラックスできます。ストレスやむくみ対策、ついつい難しい顔をしてしまって、眉間にしわがよりがちな方にも、お勧めです。

朝の疲れ顔対策に、首の後ろにホットタオルを置いてお手入れをすると、むくみ・くすみ対策になって、素早く元気な顔になります。

お顔も、気持ちも、疲れはホットタオルで癒しましょう。

毛穴が広がりスキンケアが効果的に

ホットタオルでお肌を温めると毛穴が開きます。短い時間で毛穴の汚れが取れやすくなりますし、美容液の浸透率も上がります。

順番は、クレンジング → ホットタオル → 洗顔、で行ってください。洗顔後に毛穴が開きっぱなしなのは逆効果なので、素早くお手入れをしましょう。化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくと、引き締め効果があがります。

また、時間がないけれど、どうしてもパックをしたいとき、パックの上にホットタオルをのせると、いつもより短い時間で浸透率が上がります。

ホットタオルでのケアは、肌を乾燥しやすくしてしまうので、週に2回程度がお勧めです。

本日のキレイの先生