キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

妊娠して肌が乾燥?肌荒れ?むくみ?トラブルの出るワケ5つ

自然療法サロン Salon de eau  須田 玲子 先生

妊娠して肌が乾燥?肌荒れ?むくみ?トラブルの出るワケ5つ

「キレイの先生」編集部です。

「妊娠して肌荒れが…」

そんな話を聞いたことが、今回の取材のきっかけになりました。

少し調べてみると、「妊娠してむくみが出た」という人もいらっしゃいます。

今回は、自然療法サロン Salon de eau の須田 玲子 先生に、「妊娠中はお肌の調子がどう変わるのか」ということを取材させていただきました。

須田 先生は、マタニティケアのお仕事をされていらっしゃいます。

妊娠してお肌が乾燥したり、肌荒れやむくみなどが出たりするのは、何が原因なのでしょうか?

須田 先生に教えていただきました。

目次

妊娠中の肌トラブル

妊娠中の乾燥・肌荒れ・むくみの原因
・1. 身体が水分をためこみ乾燥・むくみに
・2. 免疫力の低下で肌荒れに
・3. ホルモンバランスの変化で肌荒れ・シミに
・4. 胃腸の荒れで肌荒れに
・5. リンパの滞りでむくみに

まとめ

本日のキレイの先生

自然療法サロン Salon de eau

須田 玲子 先生

「キレイの先生」編集部

妊娠中の肌トラブル

須田 先生、よろしくお願いします。

先生は、マタニティケアのお仕事をされていて、たくさんの妊婦さんにお会いになられていると思います。

妊娠して、肌荒れが出たりする人は多いですか?

はい、そうですね。

90%くらいの人は、何かしらの肌トラブルが出るような印象があります。

そんなにですか。

どんな肌トラブルが出ることが多いのでしょうか?

まずは、お肌の乾燥です。

そこから、肌荒れや、じんましん、かゆみが出たりすることもあります。

お肌に限ったことではありませんが、むくみやすくなります。

また、色素沈着してシミも増えやすいです。

色素沈着とは?

下の記事でも紹介していますが、シミは、「メラニン」という色素が沈着した(付着しているようなイメージです)状態のことをいいます。

妊娠すると、お肌には色々なトラブルが出やすいのですね。

ちなみに、妊娠していつごろから、お肌の変化が現われますか?

個人差があるので一概にはいえませんが、妊娠16~20週くらいから、色々なお肌のトラブルが出始めることが多いように感じます。

妊娠中の乾燥・肌荒れ・むくみの原因

妊娠中の乾燥・肌荒れ・むくみの原因

妊娠すると、どうして肌トラブルが出やすくなるのでしょうか?

それには、いくつかの理由があります。

1. 身体が水分をためこみ乾燥・むくみに

妊娠すると、身体は、羊水(ようすい)を作るために水分を集めます。

まずは、血液中の血漿(けっしょう・血液中の血球以外の成分のこと)の量が増えて、水分を蓄え、身体のあらゆるところから水分を持ってこようとします。

そのとき、皮膚の水分も持っていかれて、乾燥につながります。

そして、体内に水分をためこむため、むくみやすくなります。

2. 免疫力の低下で肌荒れに

妊娠は、個の身体に、別の生命が宿るということです。

赤ちゃんは体内で育ちますが、身体はそれを「異物」とみなす部分があります。

え!? 赤ちゃんを異物とみなすのですか?

それは、驚きです。

たしかに、お母さんを個体と考えれば、分からなくはありませんが…。

すると、身体が胎児を攻撃する可能性があり、それから赤ちゃんを守るために、自分の免疫力を下げるのです。

つまり、身体には、「赤ちゃんを異物とみなして攻撃しようとする部分」と「それから赤ちゃんを守ろうとする部分」が、働き合っているということですか?

はい、そうです。

人の身体はすごい…。

本当にそうですね。

余談になりますが、妊娠20週目くらいまでは、胎児は不安定といわれています。

そして、お母さんが何をしたというわけではなくても、自然と流産する場合があるのですね。

それは、妊娠初期の段階では、自然なひとつの形態としてありえることです。

話を戻します。

体内の赤ちゃんを守るために自己免疫を下げて、お肌のバリア機能が弱くなっていると、肌荒れやじんましんが出たりします。

また、かゆみが出る場合もあります。かゆみは、顔だけではなく、背中や腕など、出る場所は人によってバラバラです。

3. ホルモンバランスの変化で肌荒れ・シミに

妊娠中の肌トラブルは、ホルモンバランスも大きく関係しています。

妊娠すると、赤ちゃんを育てるための胎盤を作ります。

ホルモンは、卵巣や、脳の下垂体(かすいたい)から分泌されているイメージがあると思います。

ただ、妊娠すると、胎盤自体や甲状腺などからもホルモンが分泌され、一気に増え出します。

「エストロゲン」や「プロゲステロン」の量も増えます。

ホルモンバランスが変わるのですね。

女性ホルモンについて

「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、女性ホルモンです。下の記事でも紹介していますが、心身やお肌の状態は、ホルモンバランスに大きな影響を受けます。

ホルモンは、耳かき1杯分の量でも、身体は大きな影響を受けます。

例えば、生理前に肌荒れが出やすかったり、情緒不安定になりやすかったりするのも、ホルモンバランスによるところが大きいです。

妊娠して、ホルモンバランスが変わると、その影響はとても大きそうですね。

はい。

それによって、肌荒れが出たり、紫外線を受けてシミが出来やすくなったりもします。

ちなみに、産後も、ホルモンバランスが変わります。

産後に肌荒れが出たり、髪の毛が抜けたりするのは、その影響も考えられます。

生理前の肌荒れについて

須田 先生もおっしゃっていたように、生理前は、ホルモンバランスによって肌荒れが出やすいです。このサイトでも、下の記事などで取り上げています。

4. 胃腸の荒れで肌荒れに

妊娠してお腹が大きくなってくると、胃腸が圧迫されて荒れたり、量を食べられなくなったりします。

胃腸は、お肌の調子とも関係しているため、それが肌荒れにつながる場合もあります。

胃腸の不調で肌荒れに?

胃腸とお肌がどのように関係しているのか、簡単に捕捉させていただきます。

私たちが食べたものは、腸で栄養や水分が吸収され、不要なものは便で排出されます。皮膚に必要な栄養も、腸から血液を通じて運ばれています。

そのため、腸の働きが低下すると、皮膚に十分な栄養を届けられなくなります。また、便秘などで老廃物が腸にたまると、腐って有毒ガスが発生し(生ゴミが放置されて異臭を放っているところをご想像ください)、それが血液を通じて毛穴から排出されると、ニキビなどの原因になります。

このように、お肌にとっても、腸はとても大切な働きをしています。そのことは、下の記事などでも紹介しています。

5. リンパの滞りでむくみに

妊娠中期になると、お腹が大きくなって前に出てきます。

それによって、鼠径(そけい)部や膝裏などの主要なリンパ節が圧迫されて固くなり、リンパの流れが悪くなります。

また、鎖骨はリンパが最終的に流れる場所なのですが、妊娠して胸が大きくなってくると、デコルテが固くなって、全身のリンパの流れも悪くなります。

それが、むくみの原因になります。

妊娠中は、顔だけではなく、全身がむくみやすいです。

妊婦さんの中には、足がパンパンにむくんで、象の足のようになった人もいらっしゃいました。

リンパについて

リンパは、体内の老廃物を回収して排出する働きがあります。リンパが滞ると、老廃物がたまって、むくみの原因になります。

リンパには、「リンパ節」という器官があり、老廃物をろ過するフィルターの役割をしています。リンパを高速道路に例えると、リンパ節は「料金所」です。料金所が混雑していると、高速道路の本線も渋滞すると思います。リンパも同じように、リンパ節の流れが滞ると、リンパの流れも悪くなります。

そして、下の記事でも紹介していますが、全身のリンパは最終的に鎖骨へと流れていきます。そのため、鎖骨のリンパが詰まってしまうと、全身のリンパの流れが悪くなります。

まとめ

妊娠中は、ほとんどの人が、乾燥・肌荒れ・むくみなどが出て、お肌の調子が変わるといいます。

最後に、その理由をまとめてみたいと思います。

1. 水分をたくわえる
羊水を作るために、体内のあらゆるところの水分を持ってこようとして、お肌が乾燥しやすくなる。また、体内に水分をためこむため、むくみやすい。

2. 免疫力の低下
身体が、胎児を「異物」とみなし攻撃しようとするのを、自分の免疫力を下げて守ろうとする。それによって、お肌のバリア機能が低下して、肌荒れの原因になる。

3. ホルモンバランスの変化
妊娠すると、ホルモンの量が一気に増えて、ホルモンバランスが変化する。それによって、肌荒れが出たり、紫外線を受けてシミが出来やすくなったりする。

4. 胃腸の荒れ
妊娠してお腹が大きくなってくると、胃腸が圧迫される。胃腸の働きが低下すると、肌荒れにつながりやすい。

5. リンパの滞り
お腹が大きくなってくると、リンパを圧迫して流れが悪くなり、むくみの原因になる。

こうして、改めてまとめてみると、人間の身体は本当にすごいですよね。

妊娠中、お肌が乾燥したり肌荒れが出たりするのは、赤ちゃんを体内で育てて元気に生むための影響で、すべてがつながっているのです。

人間の身体の神秘を、改めて感じた取材でした。

須田 先生の後編の記事では、妊娠中のスキンケアについてまとめます。

須田 先生の「妊娠中のスキンケア」の記事

是非、こちらと合わせてご覧いただきたい内容です。

今回取材した須田 玲子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

塗布するとふわっとローズのいい香りがしてとても和み、それだけでも使うのが楽しみになりました。塗った瞬間に、薄いパックを付けたかのような保湿感には感激しました。オールインワンなので、色々手間をかけるのが苦手な私には、ぴったりです。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込んだ年齢肌オールインワン。バラのチカラで見た目20代の肌へ。初回50%OFFキャンペーン中。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生

7000057_b

須田 玲子 先生