キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

まぶたのむくみを解消する!目を大きくするリンパマッサージ

リンパと脱毛のサロン ピアレ  秋葉 啓子 先生

まぶたのむくみを解消する!目を大きくするリンパマッサージ

「キレイの先生」編集部です。

まぶたがむくんでいると、目が腫れぼったくみえてしまいます。

出来れば、すっきりとした目でいたいものです。

そして、まぶたのむくみが取れると、目が大きくなったように見えるといいます。

それは、嬉しいです。

今回のテーマは、「まぶたのむくみ」です。

リンパと脱毛のサロン ピアレ の秋葉 啓子 先生にお聞きしました。

まぶたのむくみは、何が原因なのでしょうか?

そして、むくみを取って目を大きくするには、どんなことが出来るのでしょうか?

むくみと関係の深い「リンパ」の視点から、秋葉 先生にお話しいただきました。

* こちらの記事は、秋葉 先生の前編の記事です。後編の記事では、「朝の顔のむくみ」について取り上げます。

目次

まぶたのむくみについて

まぶたのむくみの原因

目を大きくするには
・リンパマッサージ
・温冷刺激

まとめ

本日のキレイの先生

リンパと脱毛のサロン ピアレ

秋葉 啓子 先生

「キレイの先生」編集部

まぶたのむくみについて

まぶたのむくみについて

秋葉 先生、よろしくお願いします。

先生のサロンは、「リンパケアサロン」です。

リンパは、どんな役割のある器官なのでしょうか?

リンパは、全身にめぐっていて、体内に栄養分を運んで、体内で作られた不要なものを回収する役割があります。

リンパの流れが滞ると、どうなりますか?

リンパが滞ると、身体に必要な栄養分が、うまく運ばれません。

そして、老廃物や不要な水分がたまって、むくみにつながっていきます。

むくみは、リンパの流れが滞り、老廃物や不要な水分がたまっている状態ということですね。

顔は、どんな場所がむくみやすいですか?

顔全体、フェイスラインはむくみやすいです。

そして、目の上も、むくみが出やすい場所です。

目の上、つまり、まぶたですね。

まぶたは、どうしてむくみやすいのでしょうか?

顔は皮膚が薄いですが、その中でも、特に目の上は皮膚が薄い場所です。

そのため、むくみの症状が表れやすいです。

たしかに、目の周りの皮膚が薄いというお話は、他のエステサロンの先生方からもよく聞きます。

サロンのお客様にも、まぶたのむくみでお悩みの方は多いですか?

はい、いらっしゃいますし、私自身もそうです。

先生は、まぶたがむくんでいるようには、まったくみえませんが…。

まぶたがむくんでいると、顔はどのように見えますか?

野暮ったい、眠そう、やる気がなさそう、目つきが悪い、など、あまり良い印象を与えないことが多いと思います。

まぶたのむくみの原因

まぶたのむくみの原因

むくみは、リンパの流れの滞りから来るとのことでした。

リンパが滞るというのは、どういうことなのでしょうか?

体内の不要な水分を回収して排出するという、水分調節がうまく行えていない状態です。

それは、どんなことが原因として考えられるのですか?

まずは、水分の摂り過ぎです。

例えば、寝る前に水分を摂り過ぎると、睡眠中にうまく水分代謝が行われずに、むくみにつながりやすくなります。

そして、飲酒も、むくみの原因になります。

アルコールを摂取すると、利尿作用で水分を体外に出します。

ただ、その一方で、体内のアルコールを分解するために、身体が水分をとどめようとする作用が働きます。

それによって、むくみにつながりやすくなります。

お酒を飲むと、のどが渇きますが、それもその作用を関係していそうですね。

はい、アルコールの摂取で、身体が水分を欲している、ということですね。

お酒を飲んだ翌日、顔がパンパンにむくむのは、私も身に覚えがあります。

それは、身体が水分をとどめようとして、不要なものを排出できていないためなのですね。

同じような理由で、塩分や糖分の摂り過ぎも、むくみの原因になります。

塩分・糖分を摂り過ぎると、体内のそれらの濃度を保とうとして、やはり身体が水分を保持します。

たしかに、しょっぱいものや甘いものを食べたりするときも、のどが渇きます。

特に、糖分は口当たりが良いですから、食べ過ぎに気付きにくいと思います。

耳の痛い話です。

私も、甘いものはついつい食べ過ぎてしまいます。

それも、むくみにつながるのですね。

食べ物以外では、どんなことがむくみの原因になりますか?

枕が低いことも、むくみの原因になります。

枕の高さが、むくみに関係するのですか?

あまりイメージが付きません。

日中は立っているため、水分は下に行きやすいです。

ただ、寝ているときに枕が低いと、顔に水分が行きやすくなって、むくみにもつながります。

そのため、枕の高さをちょっと上げてあげるだけでも、むくみの予防になります。

たしかに、立っていれば水分は下に落ちていきますが、横になっているときは顔にも流れていきやすいイメージはあります。

寝ているときでいうと、うつ伏せ寝も、顔を圧迫してしまい、顔にたまった水分を排出しづらくなり、むくみにつながります。

また、運動不足も、むくみの原因になります。

運動不足ですか…。

顔とは関係が薄そうですが、どういうことなのでしょうか?

血液は心臓がポンプになって流れていますが、リンパは自力では流れず、筋肉運動がポンプの役割の一部となって流れています。

そのため、ずっと同じ姿勢でいたりすると、顔もむくみやすくなります。

歩いたり運動したりして、ふくらはぎの筋肉を動かすだけでも、全身のリンパの流れを良くすることができます。

そして、眼精疲労も、むくみにつながりやすいです。

例えば、スマホをみるときは、首を前に出したような姿勢になりがちです。

その姿勢が続くと、首のリンパが詰まってしまい、顔のリンパの流れも滞る原因になります。

電車の中をみていても、スマホをみている人がほとんどです。

そして、先生のおっしゃるように、首が前に出て下を向いている姿勢が多いです。

それも、むくみにつながってしまうのですね。

他には、睡眠不足も、新陳代謝が悪化して、水分や老廃物がうまく排出されなくなるため、むくみにつながります。

また、血行不良も良くありません。

後は、メイクを落とさずに寝てしまったり、メイク落としが不十分だったり、汚い手でまぶたをこすったりすると、炎症を起こして腫れてしまう場合もあります。

編集部のコメント

まぶたのむくみの原因になることを、まとめさせていただきます。

1. 水分の摂り過ぎ

2. 飲酒

3. 塩分の摂り過ぎ

4. 糖分の摂り過ぎ

5. 枕が低い

6. うつ伏せ寝

7. 運動不足

8. 眼精疲労

9. 睡眠不足

10. 血行不良

11. メイクを落とさずに寝る

12. メイク落としが不十分

13. 汚い手でまぶたをこする

最後の「11.~13.」は、リンパの流れが滞るというよりも、炎症を起こしてまぶたの腫れにつながってしまう、というものですね。

目を大きくするには

まぶたのむくみを取ると、どんな効果が期待できますか?

目が大きく見えたり、視界が開けてクリアになったりします。

また、明るく元気な印象にもなります。

リンパマッサージ

まぶたのむくみを取るのに、ホームケアではどんなことができるでしょうか?

ひとつは、「リンパマッサージ」です。

顔のリンパの最終的な出口は、鎖骨の「リンパ節」です*。

リンパ節は、ゴミをフィルターする役割があります。

顔のリンパマッサージでは、まず、その最終出口でゴミのフィルターである「鎖骨のリンパ節」を掃除して、よりリンパを流れやすくすることから始めます。

編集部のコメント

リンパを「高速道路」で例えると、リンパ節は「料金所(出口)」です。

料金所が混んでいると、高速道路も渋滞してしまうと思います。

リンパでも同じことがいえ、リンパ節が詰まっていると、リンパの流れも滞ってしまいます。

そのため、リンパマッサージでは、まずはリンパ節を流すことから始めます。

この後の秋葉 先生のお話にも出てきますが、顔のリンパは、下のように流れています。

1. 顔

2. 耳のリンパ節 * 耳介前(じかいぜん)・耳介後(じかいご)リンパ節

3. 首のリンパ節 * 頸部(けいぶ)リンパ節

4. 鎖骨のリンパ節

顔のリンパマッサージでは、最終的な出口である「鎖骨のリンパ節」から逆の順番で、流していきます。

鎖骨のリンパ節は、外側から内側に流します。

もしくは、鎖骨をポンピングで押してあげるだけでも大丈夫です。

目を大きくするリンパマッサージ1

次は、首にある「頸部リンパ節」を流します。

首の真横よりも少し後ろくらいを、クルクルと回すか、ポンピングで押してあげます。

目を大きくするリンパマッサージ2

鎖骨と首のリンパを流してから、人差し指か薬指の指腹を使って、目頭から目尻に、まぶたの上をそっと優しく流していきます。

目尻のところで、軽く押し上げるようにするのも効果的です。

目を大きくするリンパマッサージ3

そして、その後は、眉尻から耳前、首の頸部リンパ節を通って、最後は鎖骨のリンパ節に流していきます。

目を大きくするリンパマッサージ4

リンパマッサージをするときは、何か塗った方が良いのでしょうか?

リンパは、皮膚の浅い場所に流れていて、触っているかいないかくらいの力でも流すことができ、何も付けずにマッサージを行うと、摩擦で刺激になってしまいます。

そのため、マッサージクリームなどを付けて行うことをおすすめします。

もしくは、スキンケアで乳液などを付けるときに、一緒に行うのが良いと思います。

編集部のコメント

まぶたのむくみを取るリンパマッサージの手順をまとめます。

秋葉 先生のおっしゃるように、リンパを流すのに、力は必要ありません。

優しくマッサージすることが、ポイントです。

1. 鎖骨のリンパ節を、外側から内側に流す(もしくは、鎖骨をポンピングする)

2. 首の真横より少し後ろ(頸部リンパ節)を、クルクル回す(もしくは、ポンピングする)

3. 眉頭から眉尻に向かって、まぶたの上を流す

4. 眉尻を軽く押し上げる

5. 眉尻から、耳前(耳介前・耳介後リンパ節)まで流す

6. 首の真横より少し後ろを通って、鎖骨まで流す

* 鎖骨のリンパについては、「鎖骨のリンパの流し方!毎日5分マッサージでキレイになろう」などでも取り上げています。

温冷刺激

まぶたのむくみには、温冷刺激も効果があります。

まずは、ホットタオル*を目の上に乗せて温め、むくみの原因である血行の悪さなどを改善させます。

そして、タオルが冷たくなってきたらタオルを外し、水や化粧水に浸したコットンなどで目元を数分冷やして、血管と皮膚を引き締めます。

血管やリンパを、「温めて」開き、「冷やして」引き締めることで、ポンプのようにして流れを良くする、ということですね。

はい、そうです。

温冷刺激も、効果的が高そうです。

まぶたのむくみを解消するには、スキンケアで乳液を付けるときに、リンパマッサージを行うのが、手間がかかりそうにありません。

普段のスキンケアで出来る、ちょっとした工夫ですね。

先生には引き続き、「朝の顔のむくみ」について、アドバイスをいただきたいと思います。

まずはここまで、ありがとうございました。

* ホットタオルについては、「ホットタオルは作り方簡単で効果ばっちり!便利な使い方3つ」などでも取り上げています。作り方もまとめていますので、合わせてご覧になってみてください。

まとめ

顔がむくんでいるときは、大抵まぶたも一緒にむくんでいます。

深酒が、むくみにつながるのは、実体験からも分かっていました。

それは、アルコールを分解するために、体内の水分をとどめようとする作用があるためなのですね。

結局は、生活習慣の乱れが、むくみの原因になるといえそうですね。

今回、秋葉 先生には、まぶたのむくみを解消するリンパマッサージを教えていただきました。

まぶたのむくみが取れれば、目も大きく見えるようになります。

「まぶがむくんでいる…?」と気になるときは、お試しになっていただきたいと思います。

* 秋葉 先生の後編の記事は、下からご覧ください。

本日のキレイの先生