キレイの先生

ホーム > 肌荒れに答える > 

ほうれい線の外側にしわ?頬のしわの原因とは?薄くする方法

純粋美サロン Miju Copine  江利川 美奈 先生

1200072_a01

「キレイの先生」編集部です。

ひと言で「しわ」といっても、色々なタイプがあります。

例えば、このサイトでもこれまで、乾燥からくる小じわ*2、目元のしわ*3、目尻のしわ*4などについて、取り上げてきました。

今回のテーマは、「頬のしわ」です。

純粋美サロン Miju Copine の江利川 美奈 先生に、話をお聞きしました。

頬のしわは、ほうれい線の外側に出来やすいといいます。

ほうれい線と合わせて、老けた印象が強くなってしまいますね。

頬のしわは、何が原因なのでしょうか?

どう対策すれば良いのでしょうか?

*1 こちらは、江利川 先生の後編の記事です。前編では、「クレーター肌」について取り上げ、「ニキビ跡が…クレーター肌の原因とは?自分で改善は難しい?」からご覧いただけます。

*2 乾燥からくる小じわについては、「ちりめんじわ対策!乾燥の小じわにはしつこいくらいの保湿も」などで取り上げています。

*3 目元のしわについては、「目元のしわの原因7つ!蒸しタオル等すぐ出来る改善方法4つ」などで取り上げています。

*4 目尻のしわについては、「笑うと目尻のシワが…だけど大丈夫!改善するための対策方法」などで取り上げています。

目次

頬のしわ

しわの原因

しわを薄くするには

まとめ

本日のキレイの先生

純粋美サロン Miju Copine

江利川 美奈 先生

「キレイの先生」編集部

頬のしわ

1100076_t320

江利川 先生、よろしくお願いします。

おでこや目元のしわは、よく聞きます。

ただ正直、「頬のしわ」というのは、あまり聞いたことがありませんでした。

頬のどのあたりに出るものなのでしょうか?

頬には、ほうれい線の外側に細かなしわが出やすいです。

ほうれい線の外側に、しわが出るのですか。

顔の印象も変わりそうです。

年齢が高く見られがちになって、老けた印象になりますね。

ほうれい線の外側にしわが出来るのは、どうしてなのでしょうか?

ほうれい線は基本的に、筋肉のたるみから来ます。

それに対して、その外側に出来るしわは、お肌自体のしわです。

表情筋がよく動く方に出やすいです。

また、太っている方よりも、痩せている方、皮膚が薄い方のほうが、しわになりやすいです。

以前、別の先生に、「しわは出来る深さが違う」という話をお聞きしたことがあります*1。

「お肌自体のしわ」というのは、「表皮*2に出来るしわ」ということだと思います。

筋肉の動きで刻まれたしわが、皮膚に残るイメージでしょうか?

はい。

お肌が乾燥していてハリがなくなっていると、しわが残りやすくなります。

ただ、きちんとケアをすれば、改善されやすいです。

編集部のコメント

「ほうれい線は筋肉のたるみから来る」というお話がありました。

ほうれい線については、「ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ」でも取り上げていますが、その内容も踏まえて、簡単に補足させていただきます。

顔には、表情を作る「表情筋」が30種類以上あり、その7割が口周りに集まっています。

それだけ、口の動きで細かな表情を表せるということです。

そして、表情筋は使っていないと、衰えていきます。

これは、身体の筋肉と同じです(例えば、運動をしていないと、筋肉は衰えると思います)。

特に現代社会は、パソコンやスマホなどをみているとき、無表情でいることが多いです。

それによって、表情筋が衰えると、たるんでほうれい線などの原因になります。

先程の記事では、口周りの筋肉を鍛える方法も教えていただきました。

ご自分が普段、表情筋を使えているかも、お分かりいただけると思います。

ほうれい線に直結する筋肉とは?口周りの表情筋エクササイズ
エステティックサロン ロズまり 向井 麻理子 先生

1300087_t320

*1 しわの深さについは、「ちりめんじわ対策!乾燥の小じわにはしつこいくらいの保湿も」でも取り上げています。

*2 皮膚は、「表皮(ひょうひ)」・「真皮(しんぴ)」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。表皮は、そのもっとも表面の層です。

しわの原因

1300084_a06

先生はサロンで、たくさんのお客様のお肌をみていらっしゃると思います。

何歳くらいから、しわが出やすいと感じられますか?

しわは、個人差があります。

35歳でしわの目立つ方もいらっしゃれば、50歳でもお肌の水分が保たれていてハリがある方もいらっしゃいます。

そのため、「何歳でしわが出やすいか」ということに線引きはできません。

ただ、例えば40歳で、30代からきれいでいるためのケアを心がけてきた人と、40歳になってからケアを始められる人とでは、差が出てくるように感じます。

もちろん、40歳からケアを始めるのが、遅いわけではありません。

「5年後、10年後はこうありたい」と考えることが大切なのではないでしょうか。

「スキンケアが未来のお肌を作る」というお話は、他の先生からもお聞きしたことがあります。

また、45歳を過ぎると、体内でセラミド*1やヒアルロン酸*2が生成されなくなるといわれています。

そこまでに出来たものをいかに減らさないか、キープできるか、ということで、年齢肌は変わってくると思います。

セラミドやヒアルロン酸が減少すれば、お肌の乾燥やハリの具合も変わってきますね。

生活の中で、「こんなことは、お肌に良くない」といったことはありますか?

パッと挙げられるのは、不規則な生活や、寝不足、コーヒー・タバコなどの刺激物です。

本当に基本的な生活習慣といえることですね。

生活習慣を正すことは、どの先生もおっしゃることです。

これは、スキンケア以前の基本といえそうです。

*1 セラミドは、お肌の水分を保持するのに欠かせない成分です。

*2 ヒアルロン酸は、1gで6Lもの水分を保持するといわれています。

しわを薄くするには

1200054_a04

しわを改善するには、どうしたら良いでしょうか?

やはり、いちばんは保湿で、水分を多めに入れてあげることです。

シートマスクをこまめに行ったり、化粧水を惜しまずにコットンパックにして、気になる場所に15分くらい置いておいたりすることも、おすすめです。

また、「今日は乾燥しているな…」というときは、美容液を足すのも良いです。

そして、水分が蒸発しないように、油分を入れて「ふた」をすることも大切です。

化粧品の成分で、おすすめはありますか?

サロンでは、ビタミンEが豊富に配合された化粧品をおすすめしています。

お肌の再生*1に良いです。

私の体感ですが、しわが薄くなったことは感じました。

サロンで提供されている「ハーブピーリング」*2も、しわにおすすめなのですよね?

はい。

しわが薄くなることは、お感じいただきやすいかと思います。

しわを薄くするのに、ホームケアでもっとも簡単に出来るのは、まずはしっかり保湿することですね。

目元や口元に比べると、頬のしわを意識されている方は、それほど多くないかもしれません。

ただ、しわを予防するためにも、頬もしっかり保湿することが大切ですね。

江利川 先生、今回はありがとうございました。

*1 皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がって、最後は垢になって剥がれ落ちることで、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます(「肌再生」と呼んだりもします)。ターンオーバーは、美肌を作る根本といえます。ターンオーバーについては、「肌再生「ターンオーバー」とは?美肌を作る上での大切な基本」などで取り上げています。

*2 ハーブピーリングは、ハーブを毛穴に入れ込んでいくことで、ターンオーバーの周期を整える方法をいえます。詳細は、江利川 先生の前編の記事「ニキビ跡が…クレーター肌の原因とは?自分で改善は難しい?」をご覧ください。

まとめ

ほうれい線は、筋肉のたるみが、主な原因です。

それに対して、その外側にできる頬の細かいしわは、お肌のハリの低下や乾燥が原因になります。

こちらは、たっぷりと保湿するなど、しっかりケアすることで薄くすることができます。

ほうれい線と同じように、頬にしわがあると、顔は老けた印象になります。

江利川 先生もおっしゃっていたことですが、いまのスキンケアが、未来のお肌を作ります。

それを意識したスキンケアが、しわの予防や、しわを薄くするのにも、大切といえそうです。

* 江利川 先生の前編の記事は、下からご覧ください。

本日のキレイの先生

7000161_b

江利川 美奈 先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから