キレイの先生

ホーム > 肌荒れに答える > 

プライベートエステサロン Belle Reste  小俣 美穂 先生

ちりめんじわ対策!乾燥の小じわにはしつこいくらいの保湿も

ちりめんじわ対策!乾燥の小じわにはしつこいくらいの保湿も

「キレイの先生」編集部です。

「しわの改善にはコレ!」

そう単純に言い切れるといいのですが…。

しわは出来る深さによって、対処方法が変わるといいます。

例えば、皮膚の表面に出来る小じわ(ちりめんじわ)は、乾燥から来ている場合が多く、保湿が大切になるそうです。

今回は、プライベートエステサロン Belle Reste の小俣 美穂 先生に、しわについて話をお聞きしました。

小俣 先生のお話は前後編で分け、この前編では「乾燥の小じわ(ちりめんじわ)」についてまとめさせていただきます(後編では、真皮のしわについてまとめます)。

小俣 先生には、しっかりと保湿するための化粧水の付け方も教えていただきました。今夜のスキンケアから行える簡単な内容です。

目次

しわについて

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)
・乾燥の原因 生活環境
・乾燥の原因 インナードライ
・乾燥の原因 保湿不足

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)の対策
・化粧水の重ね付け

まとめ

しわについて

しわについて

しわは、下のように、大きく3段階に分けることができます。

第1段階 表層(表皮)のしわ
お肌の表層(表皮)に出来る小じわで、乾燥が主な原因になります。

第2段階 真皮のしわ
真皮のコラーゲンの萎縮や変性によるたるみが原因になります。

第3段階 筋肉層のしわ
表情筋の老化(衰え)が原因になります。

そして、しわは段階が進むと、消すのも難しくなっていきます。

編集部のコメント

「キレイの先生」編集部です。

「表皮(ひょうひ)」や「真皮(しんぴ)」など、もしかすると、あまり聞きなれない言葉が出てきたかもしれません。

3段階のしわがどの場所(深さ)に出来るのかをご理解いただくために、皮膚の構造について、簡単に補足させていただきます。

皮膚の構造について、簡単に補足させていただきます。

皮膚はは、下の図のように、「表皮(ひょうひ)」・「真皮(しんぴ)」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。

皮膚の構造

つまり、第1段階の表層のしわはもっとも浅く、段階が進むごとに、深くなっていくといえますね。

その分、消すのが難しくなるのも、お分かりいただけるのではないでしょうか。

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)

表層の小じわは、線が細かくて薄く、溝も浅いのが特徴です。

おでこなどに出来やすく、「ちりめんじわ」と呼ばれるものです。

これは、お肌の乾燥が、主な原因です。

乾燥の原因 生活環境

お肌の状態は、生活環境にも左右されます。

例えばオフィスワークでは、空調で空気が乾燥しがちで、お肌も水分不足になりやすいです。また、屋外の仕事では、紫外線によって角質層*の水分が失われる原因になります。

* 編集部:表皮は約0.2mmの厚さしかありませんが、「角質層(かくしつそう)」・「顆粒層(かりゅうそう)」・「有棘層(ゆうかんそう)」・「基底層(きていそう)」と、さらに細かな層で分かれています。角質層は、そのもっとも表面にあり、皮膚の水分を保持したりする役割があります。

乾燥の原因 インナードライ

皮脂分泌のバランスの乱れなどによって、角質層の水分保持力が低下している「インナードライ」の方も少なくありません。

それは、クレンジングや洗顔、ピーリングのやり過ぎなども原因になります。

編集部のコメント

「キレイの先生」編集部です。

エステサロンの先生方に取材していると、「人間の身体はよくできているな…」と感嘆することがあります。

インナードライも、そのひとつです。

皮膚の毛穴からは、「皮脂(ひし)」という油分が分泌されています。皮脂は汗などの水分と混ざり合って、天然の保護膜(皮脂膜)を作り、皮膚の水分が蒸発しないように防いだりする役割があります(他には、外部の刺激から皮膚を守ったりしています)。

そのため、皮脂の分泌が不足したり、過度なクレンジング・洗顔で必要な皮脂まで取り過ぎたりすると、皮膚の水分が蒸発しやすくなるため、乾燥の原因になります。

そして、人の身体がすごいのは、ここからです。お肌が乾燥していると、水分をそれ以上蒸発させないように、皮脂の分泌量が増えます。

それによって、「お肌の中は乾燥しているが、表面はオイリー」という状態になります。

それが、「インナードライ」です。

つまりオイリー肌が、乾燥から来ているケースもあるのです。

人体の奥深さが感じられませんか?

このことは、「顔のテカリの原因は肌の乾燥でも?乾燥性脂性肌のスキンケア」でもご紹介しています。合わせてご覧になってみてください。

乾燥の原因 保湿不足

乾燥肌の方は、ペタッとした質感の化粧水を好んでお使いになっていないでしょうか? それを1~2回付けて、しっとりと潤った感じがするかもしれません。

ただ、それは表層が潤っただけで、深部にまでは水分を届けられていない(補えていない)状態といえます。

スキンケアで保湿が不足することも、乾燥の原因になります。

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)の対策

乾燥の小じわ(ちりめんじわ)の対策

表層の小じわ(ちりめんじわ)が深くなって、真皮・筋肉層のしわへと進むと、消すのも難しくなります。

そのため、小じわの段階から保湿をして、しわの深くならないようにすることも大切です。

化粧水の重ね付け

サロンのお客様にも、スキンケアでは化粧水の時間を長く取って、しっかりと保湿することをおすすめしています。化粧水を何回も付けるようにしましょう。大げさに言うと、しつこいくらいでも良いです。

化粧水はコットンよりも、手で付けるのが良いです。コットンはこすりやすいため、刺激になって、角質層まで取ってしまう場合があります。

付け方は、手で優しくパッティングして、押さえるようにしながら付けていきます。

そして、お肌が化粧水をすべて吸ったような感じがあれば、もういちど化粧水を加えて重ね付けします。

それを、パッティングしたとき、手にお肌が引っ付くようになるまで繰り返します。

その後に、ゲルやクリームでふたをしましょう(もしくは、さらに粘性のある化粧水を上から付けるのも良いです)。

こうして、化粧水を重ね付けすることで、必要な水分を角質層までためこむことができます。

もちろん、このときの化粧水は、どんなものでも良いというわけではありません。

保湿には、セラミドなどの成分がおすすめです。化粧水を選ぶときに、例えば、裏側の表記(全成分表示)をみて、セラミドが何番目に来ているかなどをみて、判断されるのも良いと思います。

編集部のコメント

「キレイの先生」編集部です。

化粧品の全成分表示は基本的に、配合量の多い順番に掲載されています。そのため、前半に来ている成分ほど、配合量が多いと考えられます。

ではどうして、保湿にはセラミドが良いのでしょうか?

それは、セラミドが皮膚の水分保持に大きく関係しているからです。

角質層は、レンガを積み上げた壁によく例えられます。レンガが「角質細胞(肌細胞)」で、それをくっつけているセメントが「細胞間脂質」です。

角質層の構造

この組み合わせが、皮膚の水分の蒸発を防いでいるのです。

そして、セメントに当たる細胞間脂質の主成分が「セラミド」です。

つまり、セラミドを補うことで、皮膚の水分保持力を高めることが期待できます。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

表層の小しわ(ちりめんじわ)は、皮膚のもっとも表層(表皮)の浅いしわといえます。

しわが深くなるにつれて消すのも難しくなるので、この段階でしっかりケアしたいものですね。

ちりめんじわは乾燥が主な原因ですから、保湿が大切です。

それには、特別な方法は必要なく、化粧水を重ね付けするだけでも良いのですね。

小俣 先生の後編の記事では、真皮のしわについて、まとめます。こちらは、乾燥の小じわと比べると、少し厄介といえそうです。

是非、この記事と合わせてご覧ください。

* 小俣 先生の後編の記事は、下からご覧ください。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから