キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

体の筋肉のコリも顔のたるみの原因?緩めるとリフトアップに

美容矯正サロン OCEAN  長田 裕希子 先生

1200028_a01

お顔のたるみが気になったとき、どうされますか? パックをしたり、その部分をマッサージしたりするのも良いでしょう。首やデコルテをケアするのも悪くありません。私としては、プラスで、さらにお顔から離れたお腹や足もマッサージしてほしいと思います。大切なのは、患部(お悩みの場所)だけではなく、身体全体をみることです。

身体の筋肉が縮まるとお顔を下げる

「お顔のたるみなのに、どうしてお腹や足をマッサージするの?」とお思いになられるかもしれません。

その理由はとてもシンプルです。

私たちの身体は一枚の皮でつながっていて、筋肉も全身でつながっているからです。

例えば、人の身体をシーツに当てはめてみます。

上の方がお顔で、そこから下がってお腹、足だとします。

1200028_a02

もし、足首の筋肉が縮こまったら、どうなるでしょうか?

1200028_a03

お顔も引っ張られるように下がってしまいます。

お腹の内臓が下がって(詳細は後述)も、同じようにお顔が引っ張られます。

1200028_a04

若い内は、筋肉も弾力があります。

お顔が下の方に引っ張られても、元に戻ろうとする力が働いています。

1200028_a05

ただ、年をとるにつれて、筋肉は弾力を失っていきます。

すると、お顔が引っ張られて下がった状態で固定されてしまいます。

1200028_a06

その「お顔が下がっている」=「たるみ」です。

「むくみ」と「たるみ」のWパンチ

筋肉が縮こると、血流も悪くなります。

真っ直ぐな血管と、ジグザグな血管をイメージしてみてください。

ジグザグな血管の方が、血流が悪いですよね。

少し大げさですが、それが、筋肉が縮こまっているときの血管のイメージです(同様の理由で、身体が歪んでいても、血流悪化の原因になります)。

■ 血管のイメージ:

・筋肉がほぐれている、姿勢がきれい
真っ直ぐな血管 → 血流は良い

・筋肉が縮んでいる、身体に歪みがある
ジグザグな血管 → 血流が悪くなる

血流が悪くなって「むくみ」に

血流が悪くなると、老廃物をうまく流すことができず、「むくみ」につながります。

つまり、老廃物がたまった状態です。それは、「重り」を抱えているということです。

すると、お顔も下がりやすくなってしまいます。

むくみは「たるみ」の応援もしちゃうのです。

むくみやすい方は、たるみも出やすいといえます。

内臓が下がるとは

お顔を引き下げるのは、筋肉の縮みだけではありません。

内臓が下がっても、お顔を下に引っ張り、たるみの原因になります。

内臓の不調で内臓が下がる

内臓は調子が悪いと、下がるとお考えください。

例えば、分かりやすいところでいうと、便秘は腸に便が詰まっている状態です。その分、重みがありますね。それも、内臓が下がってしまう原因のひとつです。

もし、胃に痛みがあると、私たちの姿勢はどうなるでしょうか?

おそらく、写真のように背を丸めて、お腹をかばうようにして手を当て、肩も内側に入っていくのではないかと思います。

1200028_a07

少なくとも、お腹が痛いとき、背筋をピンと伸ばす方はあまりいらっしゃらないでしょう。

すると、身体が縮こまっていますから、内臓も下がりやすいです。

内臓の不調で悪循環に

そして、厄介なことに、内臓は正しい場所でなければ100%の力を発揮できません。

例えば、他人の家で仕事することになっても、あまり集中できず、普段の力を発揮するのは難しいでしょう。

同じように、内臓も自分の家でなければ、100%の仕事ができないのです。

そして、それがまた内臓の不調につながり、さらに内臓を下げてしまう、といった悪循環に陥ってしまいます。

足首を緩めるとお顔のリフトアップに

筋肉が縮こまっているということは、筋肉が「固くなっている」、「コリになっている」ということです。

肩こりは、肩の筋肉が縮こまって固まり、お顔を下の方向に引っ張ります。

足の疲れも同じです。足の筋肉が固くなっていれば、お顔から距離があっても、お顔を下の方向に引っ張ります。

身体で、コリや、筋肉の固くなっている場所があれば、温めたり、動かしたりしてあげてください。

筋肉が緩めてば、お顔を下の方向に引っ張る力もなくなります。

末端の足首を緩めてあげるだけでも、お顔のリフトアップにもつながるのです。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】リフトアップのポイントを知ろう!

小顔の敵!どの顔の筋肉がたるみに?エラに?ほうれい線に?

首をかしげて話す人は要注意?それ顔の歪みの原因になるかも

スマホは美容的に要注意?「正しい姿勢」が美肌に大切な理由

本日のキレイの先生