キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

ニキビ・ニキビ跡で終わらない?シミ・クレーターの原因にも

Liebre Beauty Studio  大川 かおる 先生

1200026_a01

ニキビ・ニキビ跡は少し厄介な肌トラブルです。きちんと正しくケアしてあげなければ、他のトラブルを引き起こしてしまいます。ニキビ・ニキビ跡がどんなトラブルの危険性を秘めているのか、ご紹介させていただきます。

ニキビから「シミ」に

「シミ」は、ニキビ・ニキビ跡の後に表れやすい肌トラブルです。

ニキビが下記のように変化していくイメージです。

ニキビ
 ↓
ニキビは治るが、その場所が赤味がかる(ニキビ跡)
 ↓
紫色に変色
 ↓
茶色くなる(シミ)

このように、ニキビ・ニキビ跡が治っても、「シミ」になって残ってしまうことがあります。

1200026_a02

シミはメラニン色素の色素沈着

シミの正体は、メラニン色素といわれるものです。

そのメラニン色素がお肌の中で沈着してしまうと、シミになります。

皆さまも、シミの原因となるメラニン色素には、マイナスの印象が強いと思います。

ただ実は、メラニン色素は私たちの身体を「保護」するために生成されています。

例えば、紫外線を受けると、メラニン色素が生成されことは、お聞きになったことがあるのではないかと思います。

それも、紫外線から身体を保護するために、メラニン色素が生成されているのです。

(編集部:シミについては、「シミの原因を知る! 紫外線から日常のスキンケアも」も合わせてご覧ください)

ニキビの炎症が原因でメラニン色素

ニキビ・ニキビ跡は毛穴が炎症を起こしている状態です。

その部分の組織は壊れています。

お肌には、外部からのバリア機能の役割もあります。

そのバリア機能がダメージを受けている部分に、直接紫外線を浴びたらどうなるでしょうか?

身体を保護するために、メラニン色素がせっせと生成されるのは、想像に難しくありません。

そして、そのメラニン色素がシミになってしまうのです。

ニキビ・ニキビ跡の場所はしっかり紫外線ケア

1100001_t320

そのため、ニキビ・ニキビ跡の場所には、紫外線をできるだけ当てないように気をつけましょう。

ニキビからシミにトラブルを広げないよう、注意することが必要です。

毛穴が「クレーター」に

1200026_a03

ニキビ・ニキビ跡は、炎症によって毛穴の組織を壊します。

本来は、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)によって修復されますが、組織の壊れた状態が固定化されてしまうと、クレーターのようになってしまいます。

特に、お肌が乾燥していたり、固かったりすると、組織の壊れた状態が固定化されやすいです。

ただ、こちらに関しては、あまり心配しすぎる必要はありません。

ニキビ・ニキビ跡が、そこまでなってしまうことは少ないです。皆さまの周りにも、ニキビ跡がクレーターのように目立つ方は、あまりいらっしゃらないでしょう。

これは、どなたでも当てはまるというよりも、体質によるところが大きいように感じます。

しかし、その分、クレーターのようになってしまうと、これは本当に厄介なトラブルです。

エステティックサロンでは、ケアが難く、美容外科のレベルになります。

美容外科では、クレーターの表面を削ってケアするのですが、そのくらいしか改善する方法はないとお考えください。

そのため、ニキビは跡が残って(ニキビ跡になって)も、クレーターのように固定化されてしまわないように、ニキビ・ニキビ跡の時点でしっかりとケアをすることが、とても大切になってきます。

まとめ

ニキビ・ニキビ跡は、厄介な肌トラブルです。

治っても、他のトラブルにつながってしまう危険性があります。

特に、クレーターのようになってしまうと、治すのがとても難しいです。

そのため、ニキビ・ニキビ跡は、「正しく」ケアすることが、とても大切です。

次回は、そのケアのポイントについて、ご紹介させていただきます。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】肌トラブルについてもっと知ろう!

そのしわの原因は? しわは深さで種類が違うの知っている?

世界各国の美容法から探ってみる「ほうれい線」の原因

シミの原因を知る! 紫外線から日常のスキンケアも

本日のキレイの先生

7000044_b

大川 かおる 先生