キレイの先生

ホーム > 美肌 > 肌トラブル > 

【ミニコラム】常識だがニキビができたときコレをしたらNG

Primrose  高野 三起 先生

1200021_a01

ニキビは、他の肌トラブルと比べても、ケアが難しいものです。

病院に通っても治らないこともあります。

「プリムローズ」で行っているニキビのケアは、前回の記事でご紹介させていただきました(詳細は「私のサロンで実際に行っているニキビケアについて紹介します」をご覧ください)。

ただ、ケアと同時に気をつけなければならないのは、ニキビが跡に残らないようにすることです。

「ニキビ跡」は、「ニキビ」とはまた違った種類の肌トラブルです。

特に、クレーターのように跡が残ってしまうと、治りづらくなってしまいます。そうなってしまうと、エステではなく、美容外科の範ちゅうです。

ニキビが跡に残らないように、当たり前のことですが、ニキビをご自分でつぶしたり、はがしたりしないでください。

お肌が傷ついてしまいます。

すると、傷跡が残って、「ニキビ跡」になってしまいます。

また、例えば、その場所にファンデーションなどを乗せると、傷口にばい菌が入る原因になってしまいます。その結果、またお肌が炎症を起こして、ニキビを繰り返してしまうかもしれません。

ニキビができた場所を清潔に保つのも、大切なことです。

ニキビができたからといって、正しくない知識のまま下手にいじると、かえって悪化することもあるので、気をつけてください。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】他にもこんなお肌の悩みも

そのしわの原因は? しわは深さで種類が違うの知っている?

毛穴の汚れ・詰まり・開きは8種の毛穴トラブルに分類できる

だれでもすぐできる脱老け顔! ほうれい線の簡単ケア5選

本日のキレイの先生

7000040_b

高野 三起 先生