キレイの先生

ホーム > 肌荒れに答える > 

危険! 乾燥肌はお肌の悩みだけではなく病気の危険性も?

ミレニアムサロン  和田 典子 先生

1200008_a01

乾燥肌とは

乾燥肌とは、その名の通り、潤いが足りていないお肌のことをいいます。少し専門的にいうと、お肌に「皮脂膜」がほとんどない状態のことを表します。

ちなみに、敏感肌という肌質も、過度の乾燥肌と近い状態で、お肌に皮脂膜がほとんどありません。二つの肌質が、まったく同じということはありませんが、乾燥肌は敏感肌の一種というように、皮膚が過敏な状態とイメージしても良いかもしれません。

皮脂膜とは

乾燥肌について知るには、まずは皮脂膜について知る必要があります。皮脂膜とは、お肌の表面にのっている「皮脂の膜」です。皮脂(脂分)と汗(水分)が混ざり合って、できています。

この膜が、下記のように、お肌を守るバリアーとして機能しています。

・お肌の水分が蒸発しないように「ふた」になっている。

・雑菌やアレルゲン微生物などの有害物質が、お肌の中に侵入しないように防いでいる。

皮脂膜が減少してお肌が乾燥

そのため、皮脂膜が減少すると、お肌を覆っていた「ふた」がなくなるわけですから、お肌の水分は蒸発しやすくなってしまいます。

つまり、乾燥肌とは、皮脂膜がほとんどなくなって、お肌の水分が蒸発してしまい、お肌に潤いが足りていない状態のことをいいます。

それだけではなく、皮脂膜の真下にある角質層のバリアー機能も弱くなるので、外部の有害物質をお肌に侵入させないという働きも非常に弱くなっているといえます。

アトピーの前段階

そして、乾燥肌を、ただ「お肌に潤いが足りていない」という悩みで済ませてはいけません。乾燥肌が悪化すると、お肌は次のように変化していくとイメージしてください。

  1. 乾燥肌
  2. スーパー乾燥肌(なにをしてもお肌が乾燥気味になる)
  3. アトピー(皮膚が炎症してしまう病気)

つまり、乾燥肌は最終的に、アトピーになってしまう危険があるのです。「お肌の病気」の予備軍ともいえるでしょう。

アトピー以上のリスク

乾燥肌で心配なのは、アトピーだけではありません。現代社会では、乾燥肌は、非常にリスクのあるお肌の状態といえます。

昔にも、乾燥肌の方はいらっしゃいました。ただ、昔と比べると現在は、環境が大きく変化しました。昔は、乾燥肌は「お肌に潤いが足りていない」ことだけを気にすれば良かったかもしれません。

しかし、現在では、それ以上の危険性が潜んでいることをご理解いただきたいと思います。

紫外線で肌トラブル、皮膚がんのリスクも

昔と比べると、オゾン層が破壊され、紫外線の降り注ぐ量が増加しました。

紫外線は、あらゆる肌トラブルの原因になります。例えば、お肌に紫外線を浴びると活性酸素が発生し、シミにつながります。肌トラブルの原因の80%は、紫外線といわれているほどです。

乾燥肌は、皮脂膜がほとんどなくなって、角質層が弱くなっている状態とご説明しました。

つまり、お肌をガードするものがなく、紫外線による表面のダメージがさらに深刻になり、角質層のバリアー機能がさらに低下することで、アレルゲンや微生物がお肌の中に侵入しやすくなってしまいます。

すると、あらゆる肌トラブルの原因になります。それどころか、紫外線を浴びすぎると、皮膚がんを引き起こす可能性すらあるのです。

アレルギーの悪化、病気にも

また、昨今話題になっている「PM2.5」をはじめとして、環境汚染も進んでいます。

皮脂膜は、微生物やウイルス、ハウスダストなどをはね返し、体内への侵入を防いでいます。しかし、乾燥肌は皮脂膜がなく、バリアー機能が働いていない状態です。

有害物質の侵入を防ぐ力が弱く、その影響を強く受けてしまいます。例えば、アレルギーが悪化したり、場合によっては病気になったりすることも、あるかもしれません。

周りの環境からお肌を守る

乾燥肌について考えるとき、「環境の変化」は無視できません。

昔は、単なるお肌の悩みのひとつで良かったのかもしれません。しかし、現在は、それだけでは足りません。それ以上の危険性が潜んでいると考えてください。

みなさんにも、「お肌が乾燥したから保水・保湿する」だけではなく、「周りの環境からお肌を守る」という意識で対処してほしいと思っています。

本日のキレイの先生