キレイの先生

ホーム > 小顔 > たるみ・むくみ > 

だれでもすぐできる脱老け顔! ほうれい線の簡単ケア5選

Holistic Health & Beauty Spa Y’s Room  櫻井 佑佳 先生

1200007_a01

ほうれい線が出てしまうと、どうしても老けた印象が強くなってしまいます。若々しいお肌とお顔でいるために、ほうれい線が出てしまったときは、しっかりケアしてあげるようにしましょう。ご紹介するのは、すぐにできる簡単なものですから、お試しになってみてください。

1. たるみ改善! フェイシャルマッサージ

ほうれい線は、口周りの皮膚がたるんでしまった状態です。その皮膚を元に戻してあげるようにマッサージしてあげると、ほうれい線が消えやすくなります。

■ マッサージの方法

1. オイルもしくはクリームを手に取ります。

1200007_a02

2. 小鼻の横に手を置きます。

1200007_a03

3. 外側に円を描きながら、ほうれい線に沿ってフェイスラインまで降りてきます。

1200007_a04

■ 「たるみセルフケア」のポイント!
・皮膚を引っ張り過ぎないよう、皮膚が動く程度の圧で行ってください。
・口周りの皮膚を優しく引き上げることを意識するとよりほうれい線のアプローチに繋がります。

2. 表情筋ほぐし! 歯ブラシマッサージ

1200007_a05

表情筋が硬くなると、深いほうれい線となってしまいます。普段行っている歯ブラシタイムにちょっとプラスするだけで、ほうれい線予防ができてしまいます。このセルフケアは、素敵な笑顔を作るスマイルマッサージにもなります。

■ マッサージの方法
歯ブラシの背を頬の内側にあてて、頬の内側を伸ばすように上下に動かします。逆側の頬も行ってください。

■ 「表情筋セルフケア」のポイント!
普段、ほぐし慣れていない場所なので、凝り固まって痛みを感じる方もいらっしゃいます。痛すぎない程度の圧で注意して行ってください。

3. 砂漠肌を救う! スペシャル保湿スキンケア

1200007_a06

お肌の水分量が減ってくると、ハリを失って、皮膚がたれてきてしまいます。

スキンケアをするとき、ほうれい線に保湿ケアを行うとハリ感が回復してきます。

■ スキンケアの方法
洗顔・化粧水の後、ほうれい線に沿って、美容液をたっぷり、皮膚を軽くたたくように、お肌に浸透させてください。最後にお顔全体にクリームをつけた後、ほうれい線に沿って、クリームを重ねづけしてください。簡単ほうれい線パックの出来上がりです。

■ 「保湿スキンケア」のポイント!
美容液やクリームは、できれば乾燥肌用の物や保湿成分がたっぷり入ったものがいいでしょう。

4. 悲しみと決別! 猫背矯正エクササイズ

中国発祥の経絡や、スペイン発祥のコスモリフトでは、ほうれい線は悲しみの感情、肺の不調によっても表れる、と考えられています。

その両方をケアできるのが、「猫背矯正エクササイズ」です。悲しみを抱えている方は、猫背になりやすいです。猫背になると、呼吸が浅くなり、肺の不調につながりやすいです。

マッサージやスキンケアでほうれい線を表面的に消したとしても、本当の原因が悲しみの感情や肺の不調だった場合、またほうれい線が出てしまう可能性があります。そんなときは、根本の原因を解決してあげる必要があります。

■ エクササイズの方法

1. 首元の鎖骨から手を下げていくと、肋骨があります。まずは、ひとつ目の右側「肋骨と肋骨の間」を左手の指で押さえます。

1200007_a07

2. その状態で右手を大きく後ろにゆっくり回します。

1200007_a08

3. 左手を少し下げ、ふたつ目の「肋骨と肋骨の間」を押さえます。そして、同じように右手を大きく後ろに回します。肋骨はいくつも連なっているので、胸元の「肋骨と肋骨の間」まで押さえて、エクササイズすると効果的です。

4. 左右を逆にして同じことを行います。

■ 「猫背矯正エクササイズ」のポイント!
このエクササイズは、内側に入ってしまった肩を開いていく働きがあります。猫背の矯正にも効果的ですが、肩こりにも良いエクササイズです。

5. デトックス効果大! シャワー腸ケア

南米発祥の南アメリカインディアン・ゾーンでは、ほうれい線の原因は、大腸にあると考えられます。

よく便秘になってしまう方、下痢・便秘を繰り返してしまう方は、もしかしたら、大腸の不調が原因となって、ほうれい線が生まれてしまっているかもしれません。

■ シャワーケアの方法

図のように、大腸に沿ってシャワーを当てて流します。

①②③④と書かれたところは、3秒位止まって、次の番号に進んでください。

1200007_a09

まとめ

今回ご紹介セルフケア法は、ほうれい線の予防にもなります。

日頃からほうれい線ケアを行って、老化知らずのエイジレスフェイスを目指してみてください。

本日のキレイの先生