キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

クレンジングの使い方!効果を高めるクレンジングの仕方とは

一般社団法人 日本スキンケア協会  小野 陽子 先生

クレンジングの使い方!効果を高めるクレンジングの仕方とは

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「クレンジングの仕方」です。

一般社団法人 日本スキンケア協会 の小野 陽子 先生に取材させていただきました。

小野 先生は、当協会の『しっかり学べる スキンケア教本』というテキストの執筆にも携わっていらっしゃいます。

クレンジングは、スキンケアの中でも、大切な工程です。

エステサロンの先生方にも、「(スキンケアで)クレンジングがもっとも大切」とおっしゃる方が多いです。

クレンジングは、どんなやり方で行えば良いのでしょうか?

小野 先生に、クレンジングの使い方などについて、教えていただきました。

目次

クレンジングの効果

クレンジングの選び方
・顔の汚れを落とすには
・選び方

クレンジングの使い方
・クレンジングの仕方
・使い方
・注意点

まとめ

本日のキレイの先生

一般社団法人 日本スキンケア協会

小野 陽子 先生

「キレイの先生」編集部

クレンジングの効果

小野 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「クレンジング」です。

クレンジングは、スキンケアでは、どんな役割があるのですか?

クレンジングは、主に、メイクの汚れや、皮脂の汚れを落とすものです。

また、石鹸では落ちにくいメイクアップ化粧品に含まれる金属の成分、ウォータープルーフの日焼け止めや、老化角質(皮膚表面の古くなった肌細胞)なども落とします。

皮脂について

皮脂は、(毛穴の中にある)皮脂腺から分泌されている油分です。皮膚の水分が蒸発しないように防いだりする役割がありますが、過剰に分泌されると、お肌のべたつきなどの原因になります。

クレンジングは、メイクを落とすためだけのものではないのですね。

はい。

最近では、馬油100%で出来たクレンジングなども出ていたりして、(メイク汚れなどの)油を油で落としながら、必要な油分を補うこともでき、保湿にもなるものもあります。

エステサロンの先生方には、「スキンケアの中で、クレンジングはもっとも大切」という人も少なくありません。

はい、クレンジングは本当に大切です。

それは、どうしてですか?

しっかりクレンジングを行っていないと、皮脂の汚れを落としきれずに、色素沈着になったり、皮脂が毛穴に詰まって(酸化して)毛穴を広げた状態でとどまって匂いが出たり、ニキビが出やすくなったりします。

また、ターンオーバーが乱れて、お肌がごわついて乾燥を感じたり、メイクのノリが悪くなったりする原因にもなります。

ターンオーバーについて

下の記事でも紹介していますが、皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がってきて、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。

クレンジングで、お肌の(油)汚れを落としきれていないと、ターンオーバーの乱れにもつながります。すると、角質が(剥がれ落ちずに)皮膚の表面にたまって厚くなり、お肌は固くなってごわつき、乾燥を感じやすくなります。

クレンジングは、やり過ぎたり、間違った方法で行ったりしても、お肌をボロボロにしてしまいます。

サロンのお客様でも、肌トラブルを抱えている90%が、クレンジングに問題があるといっても過言ではありません。

クレンジングをしっかり行うことで、お肌はどんな変化が期待できますか?

お肌に透明感が出ます。

ターンオーバーが正常に働くようになることで、ツヤも出ます。

毛穴汚れにも効果的で、黒ずみが改善されたり、ニキビが出来にくくなったりすることにもつながります。

これまでがオーバーケアだった場合は、お肌が乾燥しにくくなり、赤ら顔の改善にもつながります。

そして、クレンジング・洗顔の後に付ける、化粧水・美容液・クリームなどの浸透が良くなります。

クレンジングが、スキンケアのベースになるようなイメージですね。

はい、そうです。

クレンジングの仕方次第で、お肌が変わります。

クレンジングの選び方

顔の汚れを落とすには

小野 先生のおっしゃるように、クレンジングには、メイクや皮脂などの汚れを落とす役割があります。

ただ、顔の汚れを落とす役割があるのは、クレンジングだけではありません。

小野 先生は、スキンケアで顔の汚れを落とす役割のあるアイテムを、下のように、まとめられました。

それを、紹介させていただきます。

■ 角質ケア

・酵素洗顔

・ケミカルピーリング(AHA、サルチル酸など)

・物理的なピーリング(ゴマージュ、スクラブ、など)

角質ケアとは

下の記事でも紹介していますが、角質ケアは、余分な角質を取り除くことをいいます。角質が皮膚の表面にたまって厚くなると、お肌は固くなって、ごわつきやくすみの原因になります。角質ケアで余分な角質を取り除くことで、お肌に透明感が出たり、その後のスキンケア化粧品(化粧水やクリームなど)の浸透が良くなったりする効果が期待できます。

■ クレンジング

・ポイントメイク落とし

・(1)ミルク

・(2)クリーム

・(3)ジェル

・(4)オイル

・(5)シートタイプ

* 上の数字は、刺激の弱い順番を表しています。

■ 洗顔

選び方

クレンジングにも、色々な種類があります。

それぞれ、どんな特徴があるのか、教えていただけますか?

ミルク」タイプは、洗浄力が優しく、お肌への刺激も弱いため、敏感肌や乾燥肌におすすめです。

「クリームタイプ」は、オールマイティなクレンジングです。

イメージとしては、ミルクタイプが、水の中に油が入っている状態とすると、クリームタイプは、油の中に水が入っている状態です。

クリームタイプは、メイクをしっかり落とすことができ、ジェルタイプやオイルタイプよりも、お肌への刺激は少ないです。

クレンジングと油

メイクは、油分の強い成分で出来ているため、水分で落とすことは難しく、油分で落とします。そのため、油分の量が多いほど、洗浄力の強いクレンジング剤といえます。

ジェル」タイプは、それ自体が「界面活性剤」といえ、お肌にはちょっと負担が強いです。

ただ、オイルタイプのようなベットリ感はないため、「しっかり落としたいけど、オイルクレンジングは苦手…」という人には良いと思います。

界面活性剤について

界面活性剤は、本来混ざらない水と油を混ぜ合わす役割があります。小野 先生のおっしゃったように、お肌に負担がかかります。

オイル」タイプは、メイクがさっと落ちるので、よく使われていると思います。

ただ、お肌の弱い人や、ニキビなどが出来ているとき、メイクの薄い人には、お肌への負担が大きいかもしれません。

先生は、どのタイプのクレンジングがおすすめですか?

ミルクタイプか、クリームタイプです。

サロンでは、ミルクタイプを使用しています。

もし、ミルクタイプなどを使って、いちどでメイクが落ちないときは、クレンジングを2回行っても良いです。

しっかりしたメイクでも、お肌に負担の大きいクレンジングを使うのではなく、刺激の少ないタイプで2回クレンジングを行うのが、おすすめということですね。

クレンジングの使い方

クレンジングの使い方

では、クレンジングの使い方を教えていただきたいと思います。

クレンジングの仕方

メイクを落とす順番はありますか?

まずは、ポイントメイクを先に落とします。

そして、Tゾーン、Uゾーンと、皮脂が分泌されやすい個所から、クレンジングを行います。

クレンジングは、知らず知らずの間に、ほっぺばかりをクルクルと洗っていたりすることも多いと思います。

たしかに、そうです。

ただ、ほっぺは、角質が厚い場所ではありません。

刺激に強くない場所を、何度も洗うのは、お肌に良くないです…。

先にクレンジングをスタートさせた個所は、他の部分よりも多くの時間、クレンジング剤が付いていることになります。

ですので、クレンジングは、皮脂の分泌されやすい個所から順番に洗うことを意識すると良いです。

クレンジングの順番

クレンジングの順番をまとめます。汚れている場所から順番に行うことが、ポイントですね。

1. ポイントメイク

2. Tゾーン

3. Uゾーン

4. その他

使い方

クレンジング剤は、どのくらいの量を使うと良いですか?

量は、たっぷりと使っていただきたいと思います。

お肌に指が触れることないくらい使って、摩擦が起きないようにしましょう。

クレンジング剤は、乗せておくだけで、汚れが浮いてきます。

そのため、クレンジングは、お肌をこするのではなく、(クレンジング剤を)お肌に乗せるような感覚で大丈夫です。

例えば、化粧水は、最初に手でなじませて温めると良い、という話を聞きます。

クレンジング剤も、温めて使うと良いのですか?

クレンジング剤も、冷たいまま顔に乗せるよりも、人肌くらいに温めて使ってあげた方が、メイクや皮脂になじみやすいです。

オイルタイプのクレンジングには、手の上で乳化させて顔に付ける方法をとっているメーカーもあります。

ただ、それよりも、メイクをしたままお風呂に入ってから、クレンジングを行うと、風呂の蒸気で汚れが浮いて、メイクをつるんと落とすことができます。

お風呂の中でクレンジング・洗顔を行うときには、洗髪した後が望ましいです。

ヘアトリートメントなどが、素肌に付いてしまうのを防ぐためです。

毛穴を開かせるという意味では、「ホットタオル」なども良さそうです。

そうですね。

ホットタオルを使うときは、摩擦が起きないように注意して、顔に当てるようにして使うと良いと思います。

ホットタオルの作り方

下の記事でも紹介していますが、ホットタオルは、濡らしたタオルをラップに包んで、電子レンジでチンするだけで作ることができます。

注意点

クレンジングを行う上で、何か注意点はありますか?

クレンジングでマッサージを行うのは、NGです。

サロンのお客様にも、クリームタイプのクレンジング剤は伸びが良いので、(クレンジング中に)リフトアップのマッサージを行っていた方もいらっしゃいました。

クレンジング剤は、洗浄成分のため、お肌に負担があります。

クレンジングは、ポイントメイクを落とすのは別にして、1~2分くらいで、手早く終わらせるようにしましょう。

クレンジングを長時間行うと、その後に洗顔もあるため、洗い過ぎになってしまいます。

そして、摩擦が起きないように行うことも大切です。

クレンジングは本当に大切なことで、(クレンジングで)お肌の状態が変わります。

クレンジングのやり方によっては、お肌に負担をかけてしまいますから、お肌に負担をかけないように行うことが大切です。

まとめ

クレンジングは、スキンケアの中でも、とても大切な工程です。

メイクの汚れや、余分な皮脂などを落とす効果があります。

ただ、その一方で、クレンジング剤は洗浄成分なため、お肌に負担がないわけではありません。

肌摩擦にも、気を付けなければなりません。

クレンジングの使い方は、下のことが、ポイントになるといえそうですね。

(クレンジング剤は)たっぷり使う

素早く行う

肌摩擦を起こさない

今回、小野 先生には、アイメイクの落とし方についても、お話しいただきました。

アイメイクは、メイクを落としにくい場所でもあります。

是非、こちらの記事と合わせて、ご覧いただきたい内容です。

今回取材した小野 陽子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

手に取ると、優しい自然なバラの香りが広がり、至福のスキンケアタイムの始まりです。容器も、手を汚さずに簡単に使えるので高ポイントです。伸びが良くべたつかず、それでいて肌をしっとりと包んでくれます。成分にも、とてもこだわりを感じます。たっぷりパックなどに使いたい美容液ですね。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。

本日のキレイの先生