キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

マカダミアナッツオイルの効果効能!「ナッツの王様」の栄養

アロマセラピースクール&サロン Like a ROSE  高橋 美穂子 先生

マカダミアナッツオイルの効果効能!「ナッツの王様」の栄養

「キレイの先生」編集部です。

今回は、「やっと、このキャリアオイル(植物油)を取り上げられる!」と、個人的にも嬉しい取材でした。

テーマは、「マカダミアナッツオイル」です。

アロマセラピースクール&サロン Like a ROSE の高橋 美穂子 先生に取材させていただきました。

高橋 先生のサロンでは、たくさんのキャリアオイルをお使いになっているそうで、そのひとつがマカダミアナッツオイルです。

マカダミアナッツオイルは、私も大好きなオイルです。

テクスチャーも使いやすく、価格的にもリーズナブルです。

マカダミアナッツオイルは、どんな効果・効能が期待できるのでしょうか?

そして、どのような使い方ができるのでしょうか?

高橋 先生に教えていただきました。

目次

マカダミアナッツオイルとは

マカダミアナッツオイルの効果・効能
・栄養
・効果・効能

マカダミアナッツオイルの使い方
・スキンケアでの使い方
・その他の使い方

まとめ

本日のキレイの先生

アロマセラピースクール&サロン Like a ROSE

高橋 美穂子 先生

「キレイの先生」編集部

マカダミアナッツオイルとは

高橋 先生、よろしくお願いします。

先生のサロンでは、たくさんの植物オイルをお使いになっているとのことです。

どのようなオイルをお使いになっているのですか?

低温圧搾(ていおんあっさく)によって、丁寧に作られた、栄養豊富なオーガニックの植物オイルを使っています。

「低温圧搾」とは、どういうことですか?

植物オイルを抽出するには、「高温圧搾」と「低温圧搾」の方法があります。

高温圧搾は、高圧をかけて熱を加えながら圧搾する方法で、短時間で大量のオイルを抽出することができます。

ただ、熱を加えることで、損なわれてしまう美容成分もあります。

それに対して、低温圧搾は、熱を加えず低温状態のままじっくり圧搾して、オイルを抽出する方法です。

つまり、低温圧搾で抽出したオイルの方が、栄養が豊富に含まれているということでしょうか?

はい、そうですね。

中には、じっくり時間をかけることで、抽出できる栄養もあります。

低温圧搾のオイルは、品質が高いといえそうです。

ただ、品質の良いものほど酸化するが早いので、サロンでは、30~100mLの少量のボトルをストックしています。

先生のサロンでは、具体的には、どのような植物オイルを取り揃えられているのですか?

スイートアーモンド、マカダミアナッツ、ホホバ、アプリコットカーネル(杏子)、アボカド、アロエベラ、カレンデュラ、セサミ、アルニカ、ヘーゼルナッツ、小麦胚芽、ローズヒップなどがあります。

すごい…(笑)。

本当にたくさんのオイルをお使いになっているのですね

植物オイルの記事

アロマサロンさんの中でも、高橋 先生のサロンほど、植物オイルの種類を取り揃えているところは、あまりないと思います。ちなみに、このサイトでもこれまで、下のような植物オイルを取り上げてきました。

さて、今回のテーマは、「マカダミアナッツオイル」です。

先生のサロンでも取り扱われていますが、どんなメニューでお使いになっているのですか?

主に、フェイシャルのメニューですね。

先生は、マカダミアナッツオイルのどんなところがお好きですか?

マカダミアナッツは、「ナッツの王様」と呼ばれるほど、栄養が豊富です。

ナッツの王様! 魅力的な響きです。

また、マカダミアナッツオイルのナッツ特有の香ばしい香りも好きです。

テクスチャーも、軽すぎず重すぎず、使いやすいです。

そして何より、結果が出やすいです。

それは、どんな結果ですか?

例えば、サロンのお客様の個人的な感想になるのですが、「お肌がやわらかくなって、朝の化粧ノリも良くなったから、自宅に持って帰って使いたい」とお話をいただいたりします。

また、「マカダミアナッツがなくなって、顔がたるんだ気がする…」というお話をいただいたこともあります。

この後、マカダミアナッツオイルの効果・効能をお話しいただきますが、楽しみになります。

マカダミアナッツオイルは、マカダミアナッツから抽出されると思います。

マカダミアナッツは、どんな植物なのでしょうか?

ヤマモガシ科の植物です。

産地は、オーストラリアやアメリカが多いです。

マカダミアナッツオイルは、その果実を圧搾して抽出されます。

実から、70%くらいのオイルを抽出できるといわれています。

マカダミアナッツからは多くのオイルを抽出することができるのですね。

では、価格的にもそれほど高くはないのですか?

ホホバオイルやアルガンオイルに比べると、手に取りやすいと思います。

ただ、価格帯は、メーカーや品質によって違います。

例えば、私が使用しているものは、以前は50mLで1,500円くらいだったのですが、最近は100mLで5,000円くらいになり、価格が高騰しました。

自然のものですから、価格が変動することもあります。

マカダミアナッツオイルの効果・効能

マカダミアナッツオイルの効果・効能

栄養

マカダミアナッツオイルには、どのような栄養が含まれているのでしょうか?

お肌を保護する「オレイン酸」が5060%、皮脂(ひし・毛穴から分泌されている油分)に10%以上含まれる「パルミトレイン酸」が2025%、他にも「ビタミンA」や「ビタミンE」などが含まれています。

マカダミアナッツオイルの栄養

マカダミアナッツオイルに含まれる主な栄養をまとめます。

オレイン酸 50~60%
皮膚を保護する働きがある

パルミトレイン酸 20~25%
皮脂に10%以上含まれている成分

ビタミンA

ビタミンE

マカダミアナッツオイルは、人の皮膚にある成分を多く含んでいるといえそうです。

効果・効能

マカダミアナッツオイルは、お肌にある成分を多く含んでいるのですね。

肌なじみが良さそうです。

はい、マカダミアナッツオイルは浸透力が高いです。

お肌の表面にベタッと残るわけではなく、適度に浸透して、お肌をやわらかくします。

そして、お肌に優しいです。

他には、どんな効果・効能が期待できますか?

ビタミンAは「修復のビタミン」と呼ばれ、ビタミンEは抗酸化作用があります。

抗酸化とは

下の記事でも紹介していますが、「老化」と呼ばれる現象は、細胞の酸化(錆びついて機能が低下するイメージです)が原因のひとつです。それを抑える作用を、「抗酸化」といいます。

そのため、マカダミアナッツオイルは、お肌の再生力を上げる効果も期待できます。

それは、ターンオーバーを促すということですか?

はい、そうです。

ターンオーバーとは

皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がって、最後は古くなったもの(角質)が垢になって剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。そのサイクルを、「ターンオーバー」といいます。ターンオーバーについては、下の記事でも紹介しています。

また、パルミトレイン酸は、赤ちゃんのときは、お肌にたくさんありますが、年齢とともに減少していきます。

マカダミアナッツオイルは、それを補うことができ、アンチエイジングになり、リフトアップ効果も期待できます。

マカダミアナッツオイルの効果

マカダミアナッツオイルで期待できる主な効果をまとめます。

1. お肌への浸透力が高い

2. お肌をやわらかくする

3. お肌に優しい

4. お肌の再生力を上げる

5. リフトアップ

マカダミアナッツオイルの美容効果の高さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

マカダミアナッツオイルの使い方

では、マカダミアナッツオイルの使い方を教えていただきたいと思います。

先生のサロンでは、フェイシャルのメニューで、お使いになっているとのことでした。

それは、どのように使っているのですか?

サロンでは、他の植物オイルとブレンドして使っています。

お客様のホームケアでも、それをおすすめすることが多いです。

それは、どうしてですか?

マカダミアナッツオイル単体でも、十分に美容効果が高いと思いますが…。

もちろん、マカダミアナッツオイルをシングル(単体)で使っても大丈夫ですよ。

ただ、精油とブレンドすると、マカダミアナッツオイルのナッツ特有の香りで、精油の香りが薄まってしまいます。

精油を植物オイルにブレンド?

精油は刺激があるため、基本的に、皮膚に直接塗布することはできません。そのため、アロマサロンさんでは、植物オイルに精油を希釈する(濃度を薄める)ことで、マッサージオイルを作ったりされます。マッサージオイルの作り方は、下の記事でも紹介しています。

マカダミアナッツオイルとブレンドする植物オイルは、どんなものがおすすめですか?

例えば、「ホホバオイル」や「スイートアーモンドオイル」などは良いと思います。

ホホバオイルは浸透力が高いので、乾燥肌におすすめです。

スイートアーモンドオイルは、成分的に皮脂の構成と近いため、デリケート肌の人にも良いですね。また、シミの原因となるメラノサイトが活性化するのを抑制する作用があるため、美白効果を望む人にも良いです。

メラノサイトとは

下の記事でも紹介していますが、メラノサイトは、シミの原因となる「メラニン色素」を生成する細胞です。

マカダミアナッツオイルと、他の植物オイルをブレンドするときは、どのくらいの分量を目安にすれば良いですか?

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルに対して、マカダミアナッツオイルが10%くらいで良いと思います。

スキンケアでの使い方

マカダミアナッツオイルをスキンケアに使うときは、どんな使い方ができますか?

マカダミアナッツオイルは油分ですので、基本的には、スキンケアのいちばん最後の乳液やクリームの代わりに使うことができます。

また、お肌が乾燥しているときは、洗顔後すぐに使うのもおすすめです。

その後の化粧水の浸透を促し、マカダミアナッツオイルが美容成分を引き込んでくれます。

マカダミアナッツオイルを洗顔後に

マカダミアナッツオイルを洗顔後(つまり化粧水の前)に使うのは、「ブースターオイル」として使うということですね。下の記事でも紹介していますが、ブースターオイルは、お肌をやわらかくして、その後のスキンケア化粧品の浸透を良くします。

後は、マカダミアナッツオイルを美容液の代わりに使うこともできます。

その他の使い方

マカダミアナッツオイルは、ヘアケアなどに使うことができるのですよね?

そうですね。

髪をコーディングして、枝毛などに良いです。

ただ、お客様にヘアケアでおすすめするのは、アルガンオイルやホホバオイルの方が多いでしょうか。

マカダミアナッツオイルを、ヘアケアで積極的におすすめすることは少ないです。

例えば、マカダミアナッツオイルをスキンケアで使って、その余った分を毛先に付けたりするのでも良いと思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

高橋 先生の話をお聞きして、マカダミアナッツオイルのことがますます好きになりました。

皮膚と同じ成分が多く含まれているので、肌なじみが良く、使いやすいです。

美容効果も高く、お手頃なのもポイントが高いです。

ナッツ特有の香りが気になる人は、高橋 先生のおっしゃるように、他の植物オイルとブレンドしても良いですよね。

マカダミアナッツオイルは、皆さまにも是非、いちどお試しいただきたい植物オイルです。

今回取材した高橋 美穂子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

滑らかなテクスチャーで、肌なじみが良いのが印象的でした。お肌にしっかり浸透するゲルは、一般的に保湿力が物足りず、さらに重ね付けをしたくなりがちですが、これはそのようなことがなく、肌表面にもしっかりとうるおいが残ってくれます。スキンケアの時間をゆっくり取ることが出来ない小さなお子様のいらっしゃるお母様や、いち早くスキンケアを済ませて就寝したいという忙しい女性にぴったりだと思います。1本にバラの花びらが1,500枚以上使われているのも非常に魅力を感じました。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生