キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

ローズウォーターの使い方は?いちばんのおすすめは化粧水!

アロマテラピースクール&サロン irodori  山野 笑子 先生

1100156_a01

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「ローズウォーター」です。

アロマテラピースクール&サロン irodori の山野 笑子 先生に取材させていただき、前後編に分けてお届けしています。

こちらは、その後編です。

前編では、ローズウォーターの効果を中心にまとめました。

この後編では、ローズウォーターの使い方について取り上げます。

ローズウォーターは、自然な優しいバラの香りがして、私も大好きです。

しかも、美容効果も高いです。

山野 先生の話をお聞きすると、ローズウォーターはスキンケアの化粧水や、リネンウォーターにも使えるといいます。

「ローズウォーターを持っておくと便利そう…」

そう感じていただけるような内容だと思いますよ。

目次

ローズウォーターの効果
・ローズウォーターとは
・効果

ローズウォーターを化粧水として使う
・ローズウォーターをそのまま化粧水として
・化粧水として保湿力を高める方法

ローズウォーターの化粧水以外の使い方
・ヘアケアや香水として使う
・その他の使い方

まとめ

本日のキレイの先生

アロマテラピースクール&サロン irodori

山野 笑子 先生

「キレイの先生」編集部

ローズウォーターの効果

ローズウォーターの使い方について、山野 先生のインタビューに入る前にまずは、ローズウォーターがどのような効果・効能が期待できるかをご紹介します。

こちらは、山野 先生の前編の記事を簡単にまとめた内容です。

ローズウォーターとは

ローズウォーターは、「水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)」によって、バラの芳香成分が溶け込んだ水です。

水蒸気蒸留法とは、下のような方法をいいます。

1. バラの花びらに蒸気にあてる

2. バラの芳香成分が蒸気に含まれる

3. それを冷やして液体に戻す

4. 水分と油分に分かれ、水分がローズウォーターに、油分が精油になる

つまり、ローズウォーターには、バラの「水溶性(水に溶ける)の芳香成分」が溶け込んでいます。

ちなみに、ローズウォーターに使われるのは、花屋さんにある観賞用の赤いバラではなく、香料用のバラ(ダマスクローズ)です。

効果

ローズウォーターは、化粧水として優れていて、どんな肌タイプの人でも使うことができます。

年齢を重ねた人や、乾燥肌の人に良く、引き締めの効果も期待できます。

また、抗炎症作用があるため、日焼け後のケアに使うことができます。

フェニルエチルアルコール」という芳香成分が含まれていて、これは、ローズそのものの香りの成分です(フェニルエチルアルコールは、ローズの精油には溶け込まない水溶性の成分です)。

ローズの香りは、気持ちのバランスを整えたり、不安を抑えたりする作用があるとされています。

お肌の状態は、心の状態ともリンクしています。

そのため、リラックスすることは、美容にも大切なことです。

ローズウォーターを化粧水として使う

では、ローズウォーターの使い方について、山野 先生のインタビューをご覧ください。

1100156_a03

先生にはここまで、ローズウォーターの効果・効能について、お話しいただきました。

ここからは、ローズウォーターの使い方を教えていただきたいと思います。

ローズに限ったことではないのですが、精油は基本的に、原液のままお肌に付けることはできません。

植物油(キャリアオイル)に希釈(きしゃく・濃度を薄めること)して使う必要があります

それに対して、ローズウォーターは、希釈せずにそのまま手軽に使うことができます。

精油は直接使えない?

山野 先生のおっしゃったように、精油は刺激があるため、基本的に、お肌に直接付けることはできません。下の記事でも紹介していますが、精油の成分をお肌に与えるには、キャリアオイルに希釈して使います。

ローズウォーターをそのまま化粧水として

私は、ローズウォーターを、そのまま顔に付けています。

それは、「化粧水」としてお使いになっているということですか?

はい、そうです。

ローズウォーターの効果・効能で、「化粧水として優れている」というお話もありました。

ローズウォーターをコットンに浸して、パックにするのも良いです。

「ローションパック」ですね。

はい。

アロマサロンのフェイシャル(のメニュー)で、ローズウォーターをパックに使っているセラピストさんもいらっしゃいます。

たしかに、これまで取材した中でも、ローズウォーターでローションパックを行っているサロンさんがありました。

ローションパックの方法

少し話がそれてしまいますが、ローションパックは、ある先生に教えていただいた、おすすめの方法があります。コットンを5枚に裂いて、目元の部分が三重になるように付ける方法です。ご興味のある人は、下の記事をご覧ください。

ローズウォーターは、どんな肌タイプの人にも使えるとのことでした。

年齢肌や乾燥肌に良く、引き締め効果もあるので、エイジングケアに良さそうです。

後は、敏感肌の人にも良いです。

ローズウォーターは刺激が少ないため、お肌にあまり負担がありません。

市販されている化粧品は、色々なものが入っていて、お肌が弱い人は負担になってしまう場合があります。

スクールの生徒さんでも、敏感肌の人に、ローズウォーターを案内すると、「(ローズウォーターを使うようになって)お肌が落ち着いた」とおっしゃっていました。

そして、ローズウォーターは香りが良いので、心のバランスを整えることができます。

香りもそこまで強くないので、強い香りが苦手な人にも、ちょうど良いくらいだと思います。

香りも、ローズウォーターの大きな魅力のひとつですよね。

市販の化粧品をお使いになっていると、最初は、「(ローズウォーターの保湿感が)物足りないな…」と感じることもあるかもしれません。

ただ、ローズウォーターをたっぷり使うようにすると、ローズウォーターだけでも化粧水として十分に使うことができます。

化粧水として保湿力を高める方法

もし、ローズウォーターをそのまま化粧水として使って、「水分が欲しいな…」と感じたときは、水性ジェルに混ぜて、ジェル化粧品を手作りすることもできます。

それは、美容液として使うのですか?

いいえ、化粧水としてですね。ジェル化粧水です。

市販されているジェルに、ローズウォーターを加えるのですか?

水性ジェルの器材が売られていますので、それを使用します。

水性ジェルの器材について

手作り化粧品などの材料として、有効成分などが含まれていないジェルの器材があります。ローズウォーターでジェル化粧水を手作りするときは、それを使うと良いそうです。

例えば、ローズウォーターが20mLに対して、ジェルが10gを混ぜて、ジェル化粧水を作ります。

分量は、お好みの固さに合わせて、臨機応変に変えて大丈夫です。

ジェル化粧水にすることで、保湿力が高まるので、乾燥しやすい目元などに良いですね。

目元の乾燥について

下の記事でも紹介していますが、目元は皮膚が薄く乾燥しやすいため、特にしっかりと保湿したい場所です。

また、ローズウォーターに「グリセリン」や「ヒアルロン酸」を入れて、保湿感を高めることもできます。

ただ、グリセリンを入れすぎると、お肌の水分を取ってしまうこともあるので、入れすぎには注意してほしいと思います。

ローズウォーターで手作り化粧水

ローズウォーターは、手作り化粧品の材料としても人気があります(私も、手作り化粧品は大好きです)。例えば、下の記事でも、ローズウォーターを使った美肌化粧水の作り方を紹介しています。

ローズウォーターの化粧水以外の使い方

ヘアケアや香水として使う

ローズウォーターは、化粧水以外で、どのような使い方ができますか?

シャンプーの後のヘアケアに使うことができます。

髪の毛を保湿して、なめらかに整えます。

私は、外出前の髪に、ローズウォーターをシュッシュッとかけて使ったりしています。

朝の寝ぐせ直しにも良いですね。

そして、香水代わりにもなります。

ローズウォーターを香水のように振りかけて使うのですか?

はい、そうです。

また、ローズウォーターには、防腐剤が入っていません。

そのため、開封したら、3ヶ月くらいで使い切るようにしたいです。

もし、使い切れそうにないときは、お風呂に入れるのも良いですね。

それは、美肌にも良さそうです。

はい、香りも良いですよ。

その他の使い方

ローズウォーターは、リネンウォーターとして使うこともできます。

例えば、男性のワイシャツにアイロンをかけるとき、襟(えり)のところにローズウォーターをシュッシュッとかけます。

ローズウォーターは、無色透明のため、色が着くこともありません。

乾燥した後も、ローズの香りは残るのですか?

香りは、市販のもののように強くはありませんし、持続性も高くないので、ほのかにかすかに香る程度です。

ちょっとしたエチケットになりますね。

他に、ローズウォーターは、ルームスプレーとして使うこともできます。

例えば、ホテルで部屋が乾燥しているとき、ローズウォーターをシュッシュッとすると、気分が変わると思います。

ローズウォーターで加湿できて、リラックスもできそうです。

後は、例えば、入院中のお風呂に入れない人に、ローズウォーターでお肌をふいてあげるような使い方もできると思います。

ローズウォーターは、化粧水以外にも、様々な使い方ができるのですね。

ただ、いちばんは、やはり化粧水ですね。

先生の話をお聞きして、ますますローズウォーターが好きになりました。

今回は、面白いお話をありがとうございました。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

山野 先生も、ローズウォーターを化粧水代わりにお使いになっているとのことでした。

ローズウォーターを使い方としては、やはり化粧水がおすすめです。

保湿はもちろん、引き締めにも良いですし、自然なバラの香りが心地良く、スキンケアしながらリラックスすることもできます。

もし、ローズウォーターをそのまま化粧水として使って、「(保湿感が)物足りないな…」というときは、水性ジェルに混ぜたり、グリセリンやヒアルロン酸を加えたりすることもできるといいます。

ちょっとした応用編ですね。

皆さまも、ローズウォーターを化粧水の代わりにお使いになってみてはいかがでしょうか?

今回取材した山野 笑子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

肌なじみがとっても良く、肌がつっぱることもなく、十分うるおいを感じられました。お肌のお手入れをきちんとしたいけれど、ゆっくりとケアに向き合う時間がない忙しい女性には、これ一本でケアが済んで、お肌も元気になれるのはとっても嬉しいですね。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


本日のキレイの先生