キレイの先生

ホーム > 美肌 > 美容にいい食べ物 > 

クコの実の効果・効能とは?別称「ゴジベリー」の食べ方5つ

白金美容薬膳  吉原 典子 先生

クコの実の効果・効能とは?別称「ゴジベリー」の食べ方5つ

「キレイの先生」編集部です。

今回のテーマは、「クコの実」です。「ゴジベリー」ともいいます。

美容薬膳の講師をされていらっしゃる吉原 典子 先生に、話をお聞きしました。

クコの実は、漢方の素材としてよく用いられるのですが、海外の人気モデルのミランダ・カーも、クコの実を愛用しているといいます。

それを聞いて、俄然興味を持った私は単純ですね…。

クコの実は、どんな効果・効能が期待できるのでしょうか?

そして、どのような食べ方ができるのでしょうか?

吉原 先生に教えていただきました。

吉原 先生の記事

こちらは、吉原 先生の後編の記事です。前編では、漢方の観点から考えたニキビに良い食べ物について、まとめています。

目次

クコの実(ゴジベリー)とは

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能
・健康の効果・効能
・美容の効果・効能

クコの実(ゴジベリー)の食べ方

まとめ

本日のキレイの先生

白金美容薬膳

吉原 典子 先生

「キレイの先生」編集部

クコの実(ゴジベリー)とは

吉原 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「クコの実」です。

クコの実は、杏仁豆腐に乗っている、赤い実のことですよね。

はい、そうです。

私は杏仁豆腐を食べるとき、クコの実を避けたりしていました…。

あれは、健康に良かったのですね。

私も実は、クコの実の効果・効能を知るまでは、そうでした。

先生もそうだったのですか(笑)。

クコの実は、どんな植物の実なのですか?

ナス科の「クコ」・「ナガバクコ」の果実です。

中国や台湾、朝鮮半島などに多い植物です。

漢方では、よく用いられるとおっしゃっていました。

そうですね。

中国では、炒め物やスープなどに普通に入っていたりして、料理でも使われています。

日本の薬膳理論のある中華料理屋さんでも、炒め物などで使われているのを、みたことがあります。

また、薬膳茶の素材としても、よく使われます。

海外モデルのミランダ・カーも愛用しているそうですね。

はい。

おやつとして、「ゴジベリー」、つまり、クコの実を食べているそうです。

また、歌手のマドンナも、ゴジベリーを食べているという話もあります。

その他にも、楊貴妃(ようきひ)が食べていた、徳川家康が健康のために食べていた、といったようなエピソードも残っています。

そうそうたる名前が出てきましたね。

「その人たちが食べている」と聞くと、それだけでも、クコの実が、健康や美容の効果が高いことが感じられます。

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能

クコの実(ゴジベリー)の効果・効能

クコの実は、どうして健康や美容に良いのでしょうか?

最近では、クコの実は、スーパーフードとして注目を集めています。

用語解説

スーパーフードは、特定の栄養が突出して含まれる食べ物のことをいいます。

オレンジの500倍のビタミンが含まれていて、ポリフェノールも豊富で、栄養価が高いです。

そして中医学的には、クコの実は、「血(けつ)」の不足や、「水(すい)」の不足、「気(き)」の滞りなどに良いとされています。

編集部のコメント

中医学の「気」・「血」・「水」の考え方について、補足させていただきます。

こちらは、吉原 先生の前編の記事の内容をまとめたものです*。

中医学では、人の身体には、気・血・水が流れていて、それらが充実してめぐっていると、健康と考えられています。

中医学における「気」・「血」・「水」は、下のようなものとされています。

■ 「気」
「元気」や「やる気」といったような、目に見えないエネルギー的なもの。

■ 「血」
栄養を運んでいるもの。
西洋医学の「血(ち)」と近いが、精神活動にも影響されるといわれ、まったく同じではない。

■ 「水」
血液以外の身体の水分で、涙が汗、唾液、髄液(ずいえき)などの体液。

* 吉原 先生の前編の記事は、「ニキビにおすすめの食べ物とは?漢方的に3タイプ別に考える」からご覧いただけます。

クコの実は、具体的には、どのような効果・効能が期待できるのでしょうか?

これまでのお話からすると、健康と美容の両面に良さそうです。

健康の効果・効能

クコの実は、中医学では、「食べる目薬」ともいわれていて、老眼・目の疲れ・かすれ目などにおすすめです。

めまいや、ふらつきなどにも良いです。

目に良い食べ物というと、「ブルーベリー」が思い浮かびます。

それと似たようなイメージなのでしょうか?

そうですね。

クコの実には、ベータカルテン・リコピン・ルチンなどの栄養も含まれています。

ブルーベリーにも、近いのかもしれませんね。

美容の効果・効能

美容面では、美肌効果が期待できます。

クコの実は、中医学的に、肺をうるおす効果があるとされています。

肺がうるおうと、お肌のうるおいにもつながります。

そして、「血」が補うことで、栄養が行き届くようになり、老化の防止になって美肌効果も期待できます。

私が吉原 先生の話をお聞きして感じたのは、クコの実が、ビタミンCやポリフェノールなど、「抗酸化作用の高い成分が豊富だな」ということです。

栄養的にも、アンチエイジング効果が高そうです。

編集部のコメント

老化は、「酸化」がひとつの原因です。

酸化は、細胞が金属のように錆びてしまうことをイメージしてください。

それによって細胞の機能は低下します。

それを防ぐのが、「抗酸化」です。

クコの実(ゴジベリー)に含まれているビタミンCやポリフェノールは、抗酸化作用の高い成分です。

そのため、アンチエイジングになり、美肌効果が期待できます。

抗酸化については、「活性酸素の除去に抗酸化力のある食べ物!14の栄養から選ぶ」などでも取り上げています。

クコの実(ゴジベリー)の食べ方

クコの実(ゴジベリー)の食べ方

日本では、クコの実は、どのように市販されているのでしょうか?

生ですか?

日本では、基本的にドライで売られています。

レーズンのような感じです。

ミランダ・カーは、クコの実をドライのままナッツのように、おやつ代わりに食べているそうです。

先生は普段、クコの実をどのように食べていますか?

私自身は、お茶や紅茶に、クコの実を入れて使うことが多いです。

ワークショップの生徒さんたちにも、それを出したりしています。

それが、クコの実のいちばん手軽な摂り方かもしれません。

クコの実を、どうやってお茶や紅茶に入れるのですか?

例えば、急須でお茶を淹れるときに、乾燥したままのクコの実を、茶葉と一緒に入れるだけです。

そこにお湯を入れて5分くらい置いておくと、エキスが出て、ほんのりと甘い味がするようになります。

急須でお茶を淹れるときの分量を教えてください。

クコの実は、一日に5~10gを摂るのが良いといわれています。

それ以上摂ると、消化器の弱い人は、反応が出る可能性もあります。

お茶にクコの実を入れるときは、ティースプーン2杯の茶葉に対して、クコの実は1杯くらいが目安でしょうか。

そのくらいの分量で、お茶にほのかな甘みが出ます。

他に、クコの実の食べ方はありますか?

ご飯を炊くときに、クコの実を入れることができます。

これは、お店で雑穀米の中にクコの実が入っているのをみて、試すようになりました。

ただ、お米に色が付くため、好みはあるかもしれません。

お米1合に対して、クコの実がティースプーン1杯くらいを入れています。

他には、ドライのままスープに入れたり、ヨーグルトに入れたりして、食べることもできます。

もちろん、乾燥したものをそのまま食べても大丈夫です。

最近では、コンビニでも、ナッツやドライフルーツと一緒に入ったものが出ていたりもします。

編集部のコメント

吉原 先生に教えていただいた、クコの実の食べ方をまとめます。

1. お茶(や紅茶)に入れる

[分量]
・茶葉:ティースプーン2杯
・クコの実:ティースプーン1杯

2. お米と一緒に炊く

[分量]
・お米:1合
・クコの実:ティースプーン1杯

3. スープに入れる

4. ヨーグルトに入れる

5. 乾燥したものをそのまま食べる

まとめ

私はこれまで、杏仁豆腐を食べるときも、クコの実を避けていました。

実の名前も知らなかったのが、正直なところです。

土生 先生の話をお聞きして、「もったいないことをしていたな…」と後悔しています。

クコの実(ゴジベリー)は栄養豊富で、健康・美容の効果が高く、漢方の素材として使用されることが多いです。

食べ方としては、土生 先生のおっしゃるように、お茶に入れるのが手軽そうです。

身近なところではまず、杏仁豆腐を食べるときは、クコの実を残さずありがたくいただこうと思います。

吉原 先生の記事

こちらは、吉原 先生の後編の記事です。前編では、漢方の観点から考えたニキビに良い食べ物について、まとめています。

本日のキレイの先生

7300012_b

吉原 典子 先生