キレイの先生

ホーム > 美肌 > 美容法 > 

肌の上でカチコチに…?石膏パックの温熱による美容効果とは

プライベートサロン YOI  中村 翠 先生

肌の上でカチコチに…?石膏パックの温熱による美容効果とは

「キレイの先生」編集部です。

パックは、「シートマスク」だけではありません。

例えば、クレイ(粘土)を使った「クレイパック」もあります*2。

オイルのパック「オイルパック」もあります*3。

そして、今回取り上げるのは、「石膏(せっこう)パック」です。

その名の通り、石膏を顔に塗るパックです。

私は、石膏といえば、石膏像がまず思い浮かべます。

石膏パックは、「お肌の上で固まってしまわないの…?」とちょっと心配になりますよね。

話をお聞きしたのは、プライベートサロン YOI の中村 翠 先生です。

プライベートサロン YOI さんでは、フェイシャルメニューに石膏パックをご提供されていらっしゃいます。

石膏パックとは、どんなパックなのでしょうか?

そして、どんな効果が期待できるのてしょうか?

中村 先生に教えていただきました。

*1 こちらは、中村 先生の後編の記事です。中村 先生の前編の記事では、「肌のくすみ」について取り上げ、「肌のくすみの原因3つ!顔のくすみを取るのにできることは?」からご覧いただけます。

*2 クレイパックについては、「クレイパックの効果は毛穴掃除だけじゃない!作り方と使い方」で取り上げています。

*3 オイルパックについては、「オイルパックの効果とやり方!オイルの肌への浸透を高める!」で取り上げています。

目次

石膏パックとは

石膏パックの使い方

石膏パックの効果

石膏パックはホームケアで行える?

まとめ

本日のキレイの先生

プライベートサロン YOI

中村 翠 先生

「キレイの先生」編集部

石膏パックとは

石膏パックとは

中村 先生、よろしくお願いします。

今回のテーマは、「石膏パック」です。

先生のサロンにも、フェイシャルメニューとしてあります

石膏パックとは、何なのでしょうか?

石膏パックは、「硫酸カルシウム」がメインの材料になっているパックです。

ギプスと同じものです。

「ギプス」とお聞きすると、イメージがわきやすいです。

ギプスと同じように、固まるのですか?

はい、カチコチに固まります。

カチコチに…、まさに「石膏」ですね。

石膏パックは、私たちの母親世代からある美容法です。

発祥は50年以上前にフランスで生まれたといわれています。

硫酸カルシウムは、水に混ぜると化学反応を起こして40~42度の熱を発します。

フランスでは、その熱を「温熱療法」として用いることから始まったそうです。

ちなみに、中華圏やアジアでも石膏パックではありませんが、同じような療法があったといいます。

石膏パックは、水を混ぜると、熱を発するのですか!?

温熱療法として用いられていたということは、身体にも使えるのでしょうか?

はい。

身体や、怪我の治癒にも使用されていたといいます。

石膏パックの使い方

石膏パックの使い方

石膏パックが、具体的にどんなものなのか、教えていただきたいと思います。

先程、石膏パックは「水を混ぜることで、化学反応を起こして熱を発する」というお話がありました。

つまり、元々は粉末になっているのでしょうか?

はい。

それを商材ごとに決められた分量の水で、垂れ落ちないくらいのペースト状にします。

それを、そのまま顔に乗せるのですか?

石膏パックは、固まるのですよね…。

いいえ、直接お肌に塗るわけではありません。

まずは、下地として、美容液やクリームをたっぷりと付けます。

そして、保護用のガーゼをかけ、その上から石膏パックを塗り固めていきます。

鼻以外のすべての場所を石膏パックで覆ってふさぎます。

石膏パックは、お肌の上に直接乗せるわけではないのですね。

目や口もふさいでしまうのは、驚きです。

石膏パックは、お肌に乗せ始めたときから温かさを感じ、2~3分で固くなり始めます。

パックの時間は、20分くらいが目安です。

その頃には、熱も冷めて、カチコチに固まっていると思います。

それを、どうやって取るのでしょうか…?

特別なことをしなくても、間に指を入れたりして簡単に取ることができます。

もし外れにくいときは、軽く顎を動かしながら取ります。

アフターケアは、どうしているのですか?

下地の美容液やクリームが残っていれば、お肌になじませまて、洗い流すことはしません。

その後は、クリームやオイルで仕上げます。

石膏パックを行うのに、何か注意点はありますか?

鼻以外の場所はすべてふさぐので、鼻詰まりや閉所恐怖症の方にはあまりおすすめしません。

また、髪などに石膏パックが付いたときは出来るだけ早くきれいに取るようにしましょう。

石膏パックの効果

石膏パックの効果

石膏パックは、どんな効果が期待できるのでしょうか?

石膏パックは、40~42度の熱が発します。

それによって、皮膚の温度が上昇し、毛細血管も刺激されます。

お肌の血色が良くなることで、くすみが取れるのをすぐにお感じいただけると思います。

そして、密閉効果によって、下地の美容液やクリームをお肌の中にしっかりと入れ込むことができます。

使用する美容液などによって、石膏パックは比較的万能な美容法といえます。

お肌の悩みに合わせて「美白」や「アンチエイジング」といったように、美容液などを使い分けられるということですね。

他にも、石膏パックは固まるときに縮むため、顔の引き締め効果もあります。

たしかに、パックが固まると、顔を物理的に引き締めます。

そして、皮膚温度が上がり発汗することや、リンパの流れも良くなることで、むくみ取りにもなるので、小顔効果もすぐに感じやすいです。

また、石膏パックを行うときは、首まわりも一緒に温めてあげると良いでしょう。

顔の血流を良くするには、首まわりのケアも大切です。

サロンでは、顔と一緒に肩・首をマッサージした後に、石膏パックを行い、その間もホットタオルで首を温めています。

石膏パックはホームケアで行える?

石膏パックは、温熱効果で美容液やクリームの浸透が良くなり、小顔効果もあって、とても魅力的です。

石膏パックをホームケアで行うことはできるのですか?

ホームケア用の石膏パックは、見たことがありません。

サロンで使用されている石膏パックであれば、インターネット通販などで手に入れることはできると思います。

ただ、石膏パックは、鼻以外のすべての場所をふさぐため、基本的には自分で自分の顔に行うことは出来ません。

言われてみれば、そうですね…。

目もふさいでしまいますから、見えません。

どなたかに行っていただくのも良いですが、塗っている間から固まってくるので、手早く塗る必要があります。

そのため、慣れていない方が上手に行えるかは保証できません。

先生の話をお聞きすると、石膏パックは、サロンなどでプロの手で行っていただくのが良さそうですね。

ホームケアでは、「ホットタオル*」を石膏パックの代用にすることはできます。

下地として、美容液やクリームを付け、ラップで鼻以外を覆い、ホットタオルを上から乗せれば、石膏パックと同じような温熱効果は得られます。

石膏パックが固まることによる引き締め効果はありませんが、ホットタオルでも、温熱効果は得られますね。

しかも、手軽に行うことができます。

ただ、石膏パックがセルフでは難しいのは、少し残念です。

石膏パックが「カチコチに固まる」とお聞きすると、そのインパクトばかりに目が行ってしいました。

ただ、美容効果が高いのには、きちんとした理由があったのですね。

面白いお話をありがとうございました。

* ホットタオルについては、「ホットタオルは作り方簡単で効果ばっちり!便利な使い方3つ」などでも取り上げています。

まとめ

石膏パックが、本当に「カチコチに固まる」ということには、驚きました。

ただ、「ギプスと同じ」とお聞きすると、イメージが付きやすいのではないでしょうか。

化学反応によって、40~42度くらいまで温度が上がることで、下地の美容液・クリームの浸透を良くすることができます。

石膏パックの効果は、下地の美容液・クリームとセットで考えると良いかもしれません。

他にも、パックが固まることで、物理的な引き締め効果もあります。

石膏パックにご興味のある方は、エステサロンなどでお試しになってみてはいかがでしょうか?

* 中村 先生の前編の記事は、下からご覧ください。

本日のキレイの先生

7000024_b_02

中村 翠 先生