キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

顔の角質ケア!ピーリングの方法とは?大切なのはタイミング

温香セラピー Bloom garden  諸星 ちえこ 先生

顔の角質ケア!ピーリングの方法とは?大切なのはタイミング

「キレイの先生」編集部です。

「ピーリング」

顔の余分な角質を除去することをいいます。

皆さまは、ピーリングにどんなイメージをお持ちですか?

私は、「自分で行うのは、ちょっと不安だな…」という先入観がありました。

方法もよく分かっていません。

そういう方は、少なくないのではないかと思います。

今回、温香セラピー Bloom garden の 諸星 ちえこ 先生に、「角質ケア」をテーマに取材させていただき、ピーリングについて教えていただきました。

ピーリングは、どんな効果が期待できるのか?

どんな方法で行うと良いのか?

タイミングはいつが良いのか?

そんな疑問にお答えいただきました。

「ちょっとハードルが高いかな…」というピーリングへの印象が、変わる内容だと思います。

* こちらは、諸星 先生の「角質ケア」に関する後編の記事です。前編では、「お肌のごわつき」について取り上げています。前編の記事は、「肌がごわごわする…肌のごわつきの原因は?角質がたまるワケ」からご覧いただけます。

目次

角質について
・角質とは
・角質がたまると…

顔の角質ケア
・ピーリングの効果

ピーリングの方法
・ピーリングかスクラブか?
・方法
・頻度

まとめ

本日のキレイの先生

温香セラピー Bloom garden

諸星 ちえこ 先生

「キレイの先生」編集部

角質について

諸星 先生のインタビューの内容に入る前に、「角質とは何か?」ということを、簡単に説明させていただきます。

こちらは、諸星 先生の前編の記事から、要所を抜粋した内容となります*1。

角質とは

皮膚は、「表皮(ひょうひ)」・「真皮(しんぴ)」・「皮下組織(ひかそしき)」の3層構造になっています。

皮膚の構造

そのもっとも上の表皮の、さらにもっとも上(表面)にあるのが、「角質」です。

角質がたまると…

角質は、「死んだ肌細胞」です。

細胞が役割を終えると、色は黒みがかり、水分もなくなってきます。

角質は通常、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)*2によって、自然と剥がれ落ちていきます。

ただ、生活習慣などの影響で、ターンオーバーが乱れると、角質が剥がれ落ちずにたまっていってしまいます。

それによって、お肌のくすみやごわつきにつながります。

角質ケアは、その余分な角質を取り除くことをいいます。

では、角質ケアにどんな効果があって、どのような方法があるのか、諸星 先生に教えていただきましょう。

*1 諸星 先生の前編の記事は、「肌がごわごわする…肌のごわつきの原因は?角質がたまるワケ」からご覧いただけます。

*2 皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれて、それが少しずつ表面に上がって、最後に古くなった角質が剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。ターンオーバーについては、「肌再生「ターンオーバー」とは?美肌を作る上での大切な基本」などでも取り上げています。

顔の角質ケア

顔の角質ケア

諸星 先生、よろしくお願いします。

ここまで、角質がたまると、お肌がごわつきやすくなることをお話しいただきました。

ここからは、角質ケアの方法について教えていただきたいと思います。

私自身、「角質ケア」というと、少し難しそうなイメージがあります。

サロンのお客様とお話ししていても、日頃から角質ケアを行っている方は、10人にひとりくらいでしょうか。

友人に聞いても、肘や膝の角質ケアは時々行っても、顔の角質ケアを行っている人はほとんどいません。

角質ケアには、「よく分からない」、「トラブルが出そうで怖い」、といったイメージがあるようです。

それは、私もよく分かります。

私も正直、角質ケアに「分からない」・「怖い」といった先入観があります。

角質ケアとは、どんなことをいうのでしょうか?

ピーリング」です。

英語で「皮を剥く」という意味があり、「皮剥き」のことです。

ピーリングは、大きく2つの方法に分けることができます。

ピーリング」と「スクラブ」です。

ピーリングは、「AHA」つまり「フルーツ酸」などの酸で、角質をやわらかくして剥がし落とすことをいます。

ジェルやクリームを使います。

それに対して、スクラブは、「粒々」でいらない角質を絡めてこすり取ることをいいます。

とても乱暴な例えですが、紙やすりのようなイメージです。

ちなみに、スクラブには「ゴマージュ」というものもあります。

これは、天然の顆粒が入っているもののことをいい、ハーブやこんにゃくなどが、これに当たります。

編集部のコメント

諸星 先生のお話しをまとめると、ピーリングの種類は、下のようになります。

■ ピーリングの種類

A) ピーリング
角質をやわらかくして剥がし落とす。

B) スクラブ

(B-a)スクラブ
粒々で角質をこすり取る。

(B-b)
ゴマージュ:スクラブの中でも、天然の顆粒のもの。

ピーリングの効果

顔の角質を取ること全般を、「ピーリング」と呼ぶことは、初めて知りました。

ピーリングは、どんな効果が期待できるのでしょうか?

目に見えてもっとも分かりやすいのは、お肌に透明感が出ることです。

色のムラが取れて、顔色がワントーン明るくなります。

お肌の表面に良い角質が均等に出て、お肌がなめらかになるため、化粧ノリも良くなります。

また、スキンケアの浸透も良くなります。

お肌の表面に古い角質が残っていると、せっかく良いスキンケア化粧品を使っていても、浸透が悪くもったいないです。

ピーリングで角質ケアを行うことで、化粧水や美容液も、十分に力を発揮することができます。

ピーリングの方法

ピーリングの方法

ピーリングかスクラブか?

ピーリングには、「ピーリング」と「スクラブ」があるとのことでした。

ホームケアで行うのには、どちらがおすすめですか?

私は、ジェルやクリームを塗る「ピーリング」をおすすめしています。

ホームケア用のピーリング化粧品は、弱い酸で作られていますので、それほど怖がる必要はありません。

ただ、酸の濃度などは化粧品によって違ってきますので、きちんと使用方法を守ることが大切です。

「スクラブ」は、その方の力加減によるところが大きいです。

私はお客様に、スクラブを行うときは、「一ヶ所を優しく3回くらい」とお伝えしています。

ただ、実際に行うと、3回では物足りなく感じる方もいらっしゃるようです。

それで、何回も同じ箇所を行うと、今度は必要な角質までも取り過ぎてしまいます。

スクラブは、やり過ぎる傾向が強いように感じます。

編集部のコメント

角質がたまると、お肌はくすみが出たり、ごわつきにつながったりしやすいです。

ただその一方で、角質には、お肌を外の刺激から守ったり、中の水分を調整したりして、お肌を保護する役割もあります。

角質が、「お肌のバリア機能」とも呼ばれる理由です。

そのため、お肌に必要な角質まで取り過ぎてしまうと、バリア機能が低下して、敏感肌などに傾きやすくなります。

諸星 先生は、スクラブを「(大げさにいうと)紙やすり」と例えられました。

スクラブを過度に行うことは、紙やすりでこすり過ぎるようなものですから、角質も取り過ぎてしまいます。

スクラブは、力加減や塩梅が少し難しそうです。

先程、ピーリングは、「酸で角質をやわらかくする」というお話がありました。

どんな酸が使われているのでしょうか?

家庭用のピーリング化粧品では、「AHA(フルーツ酸)」が一般的です。AHAには、リンゴ酸などがあります。

他には、パパイン酵素なども、家庭用のピーリング化粧品に使用されています。

これらは、弱い酸です。

さらに強いものとなると、クリニックなどでなければ使用できません。

方法

方法

ピーリングは、スキンケアでは、どのタイミングに行うと良いのでしょうか?

まずは、クレンジング・洗顔で顔の汚れを落として、お肌がゆるんでから行います。

ピーリング化粧品を乗せておく時間は、その商品の使用方法に従っていただければ良いですが、2~3分くらいのものが多いと思います。

ピーリング化粧品を落とした後は、保湿が大切です。

ピーリングの直後は、お肌が少し弱っていますから、バリア機能が戻るまで、いつもよりしっかり保湿してあげるようにしましょう。

編集部のコメント

スキンケアの手順をまとめると、下のようになります。

1. 洗顔・クレンジング

2. 【ピーリング】

3. 化粧水

4. 乳液・クリーム

ピーリングは、朝は、その後にメイクをしたり紫外線を浴びたりするので、行わない方が良いです。

夜、お肌が回復する*タイミングに合わせて行うのが良いと思います。

* 皮膚は、睡眠中に回復します。

頻度

頻度

ピーリングは、どのくらいの頻度で行うのが良いのでしょうか?

やはり毎日行った方が良いですか?

いいえ。

お客様には、「多くても週に2」とお伝えしています。

ピーリングを初めて行う方には、まずは月1回行ってみて様子をみるのが良いでしょう。

以前、ブライダルのお客様で、お顔やボディがボコボコした肌質の方がいらっしゃいました。

話をお聞きすると、「色黒だから美白をしたい…」と、AHA配合の洗顔料やボディソープを、毎日お使いになっているといいます。

AHAは弱い酸とはいえ、ピーリングは毎日行うものではありません。

そのお客様には、まずはそれらを使うのを止めてもらいました。

それからしばらくすると、お肌がなめらかになって、赤みも引きました。

また、「洗った後のピリピリ感もなくなった」とおっしゃっていました。

毎日ピーリングを行うと、必要な角質まで取り過ぎてしまう、ということですね。

目安としては、週1回くらいでしょうか?

ピーリングの頻度を、あまり型にはめる必要はないと思います。

中には、ピーリングの必要ない方もいらっしゃいます。

強めのクレンジングで毎日洗顔している方や、定期的に顔剃りされている方は、ピーリングを行うと、角質を取り過ぎてしまう可能性が高いです。

ピーリングでもっとも重要なのは、タイミングです。

「化粧乗りが良くないな…」、「くすみが出ているな…」、「お肌にごわつきを感じるな…」といったように、肌トラブルではないがお肌の調子が思わしくないときに、ピーリングを行うことをおすすめします。

たしかに、頻度を決めるのではなく、お肌の調子をみながら行うのが良さそうです。

お肌の調子が良いときにピーリングを行うと、必要な角質まで取り過ぎてしまい、かえって肌トラブルの原因になる可能性があります。

他にも、ピーリングを避けた方が良い時期はあるのでしょうか?

例えば、ニキビなどの肌トラブルが出ているときは、お肌が弱っているので、行わない方が良いでしょう。

また、生理中もお肌が敏感になっているので、行わない方が良いと思います。

先生の話をお聞きして、「難しそう…」といった角質ケアへの先入観がなくなりました。

特に、ピーリングは簡単に行えそうです。

ピーリングは、「よく分からない」といった印象があるようですが、「たまに行うスペシャルケア」として、本当におすすめです。

そのことが、これをご覧になった方に少しでも伝われば、私も嬉しいです。

先生、ありがとうございました。

まとめ

私はこれまで、「(顔の)角質ケア」に対して、ちょっとハードルの高いイメージを持っていました。

ただ、諸星 先生の話をお聞きして、取っつきにくさがなくなった感じがします。

ホームケアでは、トラブルにつながりにくい「ピーリング」が行いやすそうです。

取材で印象的だったのは、ピーリングを行うタイミングのお話です。

例えば、スキンケアは毎日行うものです。

ピーリングも、毎週なのか、おすすめのサイクルがあるものと思っていました。

それよりも、タイミング(お肌にごわつきを感じたり、化粧ノリが悪かったりするときなど)が重要とお聞きして、「言われてみれば、たしかに」と、すんなりと納得できました。

角質ケアは、まさに「お肌の調子がいまいちのときのスペシャルケア」です。

ピーリングは、決してハードルが高いものではありません。

お肌の調子が思わしくないときは、お試しになってみてはいかがでしょうか?

* 諸星 先生の前編の記事は、下からご覧ください。

本日のキレイの先生

7000159_b

諸星 ちえこ 先生