キレイの先生

ホーム > 小顔 > マッサージ > 

かっさの顔への効果はスゴイ!小顔だけじゃない11の効果!

プライベートサロン Anelan Spa  富田 恵 先生

かっさの顔への効果はスゴイ!小顔だけじゃない11の効果!

「キレイの先生」編集部です。

上の写真、何だか分かりますか?

これは、「かっさ」です。

この独特なフォルムをしたプレートを使って、マッサージを行います。手でマッサージするよりも、老廃物をしっかり流す効果が高そうですよね。

このサイトではこれまで、様々な美容法について、エステサロンの先生方に取材してきましたが、道具を使うという点では、「ホットストーン」や「パワーツリー」と似ているといえるかもしれません。

今回は、プライベートサロン Anelan Spa の富田 恵 先生に、「かっさ」について話をお聞きしました。

この前編ではかっさの効果について取り上げ、後編で使い方をまとめさせていただきます。

プライベートサロン Anelan Spa さんには、かっさのメニューがあります。

かっさとは一体、どんなものなのでしょうか? そして、どんな効果が期待できるのでしょうか?

富田 先生に教えていただきました。

冨田 先生の「かっさの使い方」の記事

目次

「かっさ」とは
・中医学における「かっさ」

かっさの種類
・形状
・素材

かっさを当てる力

かっさの効果

かっさの顔への効果
・小顔
・その他
・身体への効果

まとめ

「かっさ」とは

「かっさ」とは

「かっさ」は、日本ではエステサロンなどで取り入れられているため、美容のイメージが強いのではないでしょうか。

ただ元々は、中国で2,000年以上続いている伝統的な健康療法です、中医学では疾病の予防や健康維持に用いられてきました。

かっさは、中国語では「刮痧」と書き、「グアシャ」と呼びます。

「刮」と「痧」の漢字には、下のような意味があります。

・刮:さする、削る、こする

・痧:淤血(汚血・おけつ)*

* 汚れた血液・滞った血液・老廃物などのことをいいます。身体で循環が悪くなって滞っている場所には、「痧」という、内出血したアザのようにみえる淤血が浮き出てきます。

つまり、かっさとは「(かっさ板・プレートで)皮膚をさすって汚血を流す」ということです。

血流を促すことで、老廃物や淤血の滞留を改善します。

中医学における「かっさ」

中国では、かっさ板・プレートは、経絡(けいらく)に沿って動かし、「気(き)」・「血(けつ)」・「水(すい)」のめぐりを整えて、流れを活性化させることに使われてきました。

中医学では、この「気・血・水」が生命の源と考えられています。

・気:エネルギー(健康、元気、など)

・血:血液

・水:体液(リンパ、細胞間液、汗、など)

かっさは本来「健康法」?

「キレイの先生」編集部です。中医学では、経絡は「気・血・水」の通り道と考えられていて、循環を良くすることで、身体のバランスを整えることができます。富田 先生のおっしゃるように、中国発祥の本来のかっさは、「健康法」といえそうですね。

ちなみに、下の記事でも紹介していますが、中医学の「気・血・水」の考え方は、ツボとも関係しています。

かっさの種類

形状

かっさで、もっとも多く見かけるのが、「天使の羽形」と呼ばれる形状です。

かっさの種類・形状

ひとつで4つの使い分けができ、すべてのかっさマッサージに使うことができます。

「天使の羽形」のかっさ

「キレイの先生」編集部です。「天使の羽形」がそれぞれの場所で、どんな使い方ができるのかを、富田 先生に教えていただきました。それぞれの場所に、A~Dの記号を振っています。

1100125_a04

A)
面が広いため、広い場所をまんべんなくしっかりと圧をかけることができます。

B)
丸みにフィットする頭皮などのマッサージに使われることが多いです。

C)
かっさをクルクル回してマッサージするときに使います。

D)
細かい場所(例えば、目など)をマッサージしたり、ツボを押したりするときに良いです。

かっさは「天使の羽形」以外にも、下のような形状があります。

・棒型
・くし形
・特大円錐型
・魚型
・長方形
など

素材

かっさで、比較的手に入りやすいのが、「天然石」の素材のものです。

ローズクオーツ・クリスタル・翡翠(ひすい)などがあり、パワーストーンの効果を得ることも期待できます。

ローズクオーツの特徴

「キレイの先生」編集部です。上の写真のかっさは、プライベートサロン Anelan Spa さんで実際にお使いになっているもので、ローズクオーツの素材です。ちなみにローズクオーツには、(パワーストーン的には)「愛」や「美」といった意味があるそうです。

また、「水牛角」のかっさも古くからあり、オーソドックスといえます。

他には、陶器やステンレス製のものもあります。

かっさを当てる力

かっさを当てる力

かっさを当てる力は、「イタギモ(痛気持ちいい)」です。

それはかっさが、毛細血管にアプローチすることを意識するためです(リンパにアプローチしたい場合は、さするだけでも効果があります)。

かっさで血行促進?

「キレイの先生」編集部です。皮膚のリンパ*は、浅いところを流れているため、リンパを流すのに力は必要ありません。さするくらいの力でも、流すことができます。

ただ、かっさは、リンパだけではなく、(それよりも少し深いところにある)毛細血管にアプローチしていくため、「痛気持ちいい」くらいの圧で行うようです。

* リンパは、体内の老廃物を回収して排出する役割があります。

かっさを当てるときに、注意していただきたいのは、強くやりすぎてしまうことです。

痛みを感じると、筋肉に力が入ってしまい筋繊維を傷つけて、かっさマッサージの翌日などに腫れたような状態になる場合があります。

かっさの効果

かっさの効果

かっさは基本的に、体内に滞留している汚れた血や老廃物を流して、排泄にもっていくものです。

圧を加えることで、毛細血管を拡張させて、血液の流れをスムーズにします。

例えば、「大きな川に合流する前の小川」を想像してみてください。

その小川には、大きな岩が落ちています。石や砂利もあります。人の投げ捨てたゴミがあります。近くからは、工場から汚染物質が流れています。

すると、どうなるでしょうか?

本来、小川はスーッと流れていくはずですが、石やゴミが邪魔になって、スムーズに流れません。汚染物質で水もドロッとするでしょう。

かっさは、それらをトレーラーのように(流れに沿って)ザーッと押し流し、川をきれいにしていくイメージです。

川をきれいにするイメージ?

「キレイの先生」編集部です。富田 先生には、このお話を分かりやすく図に書いていただきました。

1100125_a07

こうして図にしてみると、イメージが付きやすいですね。かっさは、「血液の中の老廃物などを押し流していく」と考えると良いかもしれません。

かっさの顔への効果

1. 小顔

かっさの顔への効果 小顔

現代人は、やわらかい食べ物ばかりを食べたり、しゃべらずにメールで会話したりして、顔の筋肉をあまり使っていません。

リンパは、筋肉が動かないと流れません。

そのため現代人は、顔のリンパが滞りがちで、それによって脂肪燃焼が弱まり、(脂肪細胞が大きくなることで)顔がふっくらしやすいといえます。

筋肉が使えず顔がふっくら?

「キレイの先生」編集部です。血液は心臓がポンプの役割をしていますが、リンパにはそれに当たるものがなく、筋肉の収縮によって流れています。

下の記事でも紹介していますが、現代人は顔の筋肉をあまり使えていなくて衰えがちです(例えば、スマホやパソコンをみているときは、無表情になっていると思います)。それが、顔がたるみ、ふっくらする原因にもなります。

顔のかっさマッサージを行うと、滞留していた老廃物を流すことができます。

顔に乗っかっていた余分なものがなくなるイメージです。

それによって、むくみやたるみを取ることにつながり、小顔効果が期待できます(実は、顔の大きさで悩んでいる方は、むくみを取れば顔が小さくなる場合がほとんです)。

この小顔効果は、すぐに体感いただきやすいと思います。

その他

かっさの顔への効果 その他

かっさは他にも、下のような効果が期待できます。

2. アンチエイジング
お肌には、血液から栄養が届けられ、老廃物は血液(やリンパ)から排出されます。かっさで血流を良くすることで、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)が整えられ、お肌の透明感がトーンアップします。

ターンオーバーとは

「キレイの先生」編集部です。皮膚は、内側で新しい肌細胞が生まれ、少しずつ表面に上がって、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちていき、日々新しく生まれ変わっています。このサイクルを、「ターンオーバー」といいます。ターンオーバーについては、下の記事でも紹介しています。

3. ほうれい線・シワ

4. 目が大きくなる
目の周りのむくみが取れることで、目の開き具合が変わってきます。視野も広くなります。

5. 目の下のクマ
血流を良くすることで、クマの解消にもつながります。

6. 顔の小鼻から耳までの横幅がシュッとなる
頬骨の上下も、老廃物がたまりやすい場所です。かっさでその老廃物を流すことで、顔の横幅も変化します。

7. 頬骨の高さが上がる
頬骨のあたりにたまった老廃物を流すことで、頬骨が高くなったように見えます。

8. 口角が上がる

9. フェイスラインの引き上がり

10. 毛穴の引き締め

11. 顔の血色が良くなる

このようにかっさは、血液やリンパの循環を良くするため、すべてに良いともいえます。

「本来の顔に戻る」ともいえるでしょう。

身体への効果

かっさは、顔だけではなく、全身に使うことができます。

経絡の流れに沿って動かし血流を良くすることで、背中や肩回りのコリが楽になったり、余分なものが取れてシェイプアップにもつながったりします。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

小顔につながる。

リフトアップする。

お肌に透明感が出る。

お肌が引き締める。

かっさの顔への効果です。本当に優れものですね。

血液(やリンパの流れ)が良くなれば、小顔にも美肌にもつながり、美容の基本ともいえます。

かっさが、「顔のすべてに良い」というのも、大げさではありません。

こんな優れもののかっさを、ホームケアでも使えたら良いですよね。

今回、富田 先生には、かっさを使った顔のマッサージの方法を、かなり詳しく教えていただきました。「かっさの小顔マッサージ」の保存版ともいえる内容です。

それは、別の記事でまとめさせていただきます。

富田 先生の「かっさの使い方」の記事

是非、こちらとセットでご覧ください。

今回取材した富田 恵 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

とにかくバラの良い香りに包まれながら、お肌のケアができることに感動しました。職業柄、様々な高機能化粧品を試す機会が多くありますが、高機能で無添加を謳っているものはほとんど香りがありませんので、水を一滴も加えずにローズウォーターを使用すると、効果・効能を上げながら、こんなにも癒される香りになるのかと実感しました。毎日のケアで、ローズの効能にあやかれるのは、女性にとってとても嬉しいことですね! 保湿感も良く、付けた後、しっとり感が持続しました。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生