キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

小顔エステサロン りーふとーん [神奈川県]  神グウ セツコ 先生

化粧水の前にオイルを付ける? ブースターオイルの効果とは

化粧水の前にオイルを付ける? ブースターオイルの効果とは

「キレイの先生」編集部です。

化粧水を付けて、美容液を使い、最後に乳液・クリームでふたをする。

スキンケアの基本的な順番ですね。

では、オイルはどのタイミングで使うのがいいのでしょうか?

私は、化粧水の「後」に使うものだと思っていました。ただ、化粧水の「前」にオイルを使うと、その後の化粧品のブースター効果になるといいます。

今回、小顔エステサロン りーふとーん の神グウ セツコ 先生に、毎日のスキンケアをレベルアップさせる工夫をお聞きしました。その後編です。

前編では、乳液やクリームの付け方を工夫して、顔のむくみをとる方法をまとめました*。こちらは、朝のスキンケアにおすすめです。

そして、この後編でご紹介するブースターオイルは、夜のスキンケアにおすすめだそうです。

是非、セットでご覧ください。

* 神グウ 先生の前編の記事は、「顔のむくみをとる!乳液等の付け方を変えるだけの簡単な方法」からご覧いただけます。

目次

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

ブースターオイルの効果

ブースターオイルとして使えるのは?
・アロマブレンドオイル

まとめ

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

「潤いのあるお肌」とは、水分と油分のバランスが取れているお肌のことをいいます。

編集部のコメント

お肌の潤いには当然、「水分」が欠かせません。ただ、どうして「油分」も必要なのでしょうか?

皮膚は、毛穴から「皮脂(ひし)」という油分が分泌されています。皮脂は、汗などの水分と混ざり合って、天然の保護膜(皮脂膜・ひしまく)を作ります。

この皮脂膜には、お肌の水分が蒸発しないように防ぐ水分保持の役割があるのです(他にも、外部の刺激からお肌を守る役割などもあります)。

そのため、お肌に油分が不足していると、中の水分が蒸発して乾燥につながりやすくなります。

お肌の潤いには、「水分」だけではなく、それが蒸発しないように防ぐ「油分」も大切になります。

最近の化粧品はべたつくのを嫌い、さっぱりしたテクスチャーのものが多いです。クリームをお使いになっていない方もいらっしゃると思います。

お客様のお肌をみていても、油分が足りずに乾燥されているケースが多く見受けられます。

そして、お肌の乾燥が激しすぎると、化粧品の浸透も悪くなります。

編集部のコメント

あるエステサロンの先生にお聞きして分かりやすかった、スキンケアの例え話があります。

お肌を「畑」をお考えください。

土が乾燥していて干からびているところに水をやると、どうなるでしょうか?

水の浸透は悪いでしょう。

水をしっかり吸収させるには、ふっくらとやわらかい土に耕すことが大切です。

スキンケアにも、同じことが当てはまります。

乾燥が激しすぎて、お肌が固くなっていると、化粧品の浸透は良くありません。それでは高価な化粧品を使っても、本来の効果は期待できませんね。

化粧品をしっかり浸透させるためにも、お肌の状態を整えることが大切なのです。

ブースターオイルの効果

ブースターオイルの効果

サロンでは、小顔矯正にお通いのお客様で、お肌に油分が足りずに乾燥気味の方に、ホームケア用のワンアイテムとして「ブースターオイル」を差し上げています。

ブースターとは、「後押しする」という意味です。ブースターオイルは、(洗顔後の)化粧水を付ける前にお肌に塗りこんでいただくオイルのことをいいます。

お肌を柔らかくして潤いの土台を作り、その後に使用する化粧品の浸透を助け、いつものスキンケアを底上げする効果が期待できます。

その上で、不足している良質な油分をお肌に補うこともできます。

ブースターオイルの使用をおすすめしたお客様は、小顔矯正のメンテナンスにご来店いただくたびに、お肌がふっくらつやつやになっていきます。

編集部のコメント

私は当初、オイルは化粧水の「後」に付けるものだと思っていました。それは、油分がスキンケアの「ふた」になるからです。

ただ、オイルにはお肌をやわらかくする効果もあります*。

だからこそ、(洗顔後の)化粧水の前に付けることで、お肌をやわらかくして潤いの土台作りになるのですね。スキンケアの下準備ともいえそうです。

ブースターオイルを取り入れると、スキンケアの手順は下のようになります。

1. クレンジング・洗顔

2. 【ブースターオイル】

3. 化粧水

4. 美容液

5. 乳液・クリーム

* すべてのオイルに、そのような効果があるわけではありません。ブースターオイルに、どのようなオイルが使えるかは、神グウ 先生のこの後のお話をご覧ください。

ブースターオイルは洗顔後、3~5滴をお肌に塗り込みます。そして、オイルがなじんだら、化粧水を付けましょう。

サロンのお客様には、朝は顔のむくみ流し*、夜はこのブースターオイルでのケアをおすすめしています。

* 編集部:「むくみ流し」は顔の余分な水分を出すことをいい、乳液やクリームの付け方を工夫するだけで行うことができます。詳細は、神グウ 先生の前編の記事「顔のむくみをとる!乳液等の付け方を変えるだけの簡単な方法」をご覧ください。

ブースターオイルとして使えるのは?

ブースターオイルとして使えるのは?

ブースターオイルに使えるのは、キャリアオイル(植物油)です。

キャリアオイルには、ローズヒップオイルやマカデミアナッツオイル、ホホバオイルなど色々とありますが、りーふとーんでおすすめしているのは、100%ピュアなアルガンオイルです。

アルガンオイルは粒子が細かいので浸透が良く、べとつきが少ないという特徴があります。また、アルガンオイルに含まれるビタミンEとカロテンが、肌荒れの改善に良く、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにもぴったりです。

編集部のコメント

アルガンオイルは、美容効果の高いオイルとして知られています。

このサイトでも、「アルガンオイルの効果!「砂漠の黄金」の名に合った凄い効能」で取り上げました。

そのときの取材で、100%ピュアのアルガンオイルを試させていただいたのですが、(サラッとしている)ホホバオイルと比べてトロッとしていて保湿感がとてもあるのですが、肌なじみが良く、べとつきは感じませんでした。

キャリアオイルの中では高価ですが、それに見合うオイルだと思います。

キャリアオイルは、アルガンオイルの他にも、たくさんの種類があります。

このサイトでも、いくつか取り上げてきたので、合わせてご覧になってみてください。

▽ ホホバオイル
オイル美容を始めるならホホバオイル!凄い効果効能と使い方

▽ ローズヒップオイル
美肌!美白!ローズヒップオイルの効果は抜群!使い方の注意

▽ ライスオイル
米油のすごい効能!美容効果ばっちりのライスオイルの使い方

▽ セサミオイル
太白ごま油のデトックス効能!うがいやスキンケア等の使い方

アロマブレンドオイル

サロンでは、お客様のお肌の状態に合わせ、キャリアオイルに数種類のアロマオイルをブレンドすることもあります。

ご自分で手作りされる場合は、ひとつのアロマをブレンドするシンプルなレシピでも、十分な効果が得られると思います。

作り方は、キャリアオイル20mLに、アロマオイル1滴です。

もし、アルガンオイルにプラスするなら、美魔女のアロマオイルといわれる「フランキンセンス」などが使いやすいでしょう。

フランキンセンスは、皮脂のバランスを整え、シワやタルミを防ぐ収れん効果などに優れています。また、鎮静作用・保湿作用・血行促進効果、・酸化作用があり、アンチエイジングにつながるアロマオイルです。

編集部のコメント

フランキンセンスは、「美肌のアロマオイル」として必ず名前が挙がります。化粧品などに使われていたりします。

他にも、定番のアロマオイル「ラベンダー」なども、お肌に良いです。

キャリアオイルとアロマオイルをブレンドすると、マッサージなどにもお使いいただけます。

顔にも使える!簡単手作りマッサージオイルの作り方・使い方」では、組み合わせの例などもご紹介しているので、合わせてご覧になってみてください。

アロマオイルをブレンドすることで、アロマオイルの持つ効果を加えることができます。ただ、ブースターとしての効果は、キャリアオイルだけでも十分だと思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

お肌が乾燥しすぎていると、化粧品を付けても浸透が良くありません。

化粧品を浸透させて最大限の効果を得るためには、お肌の状態を整えることも大切です。

キャリアオイルには、お肌をやわらかくする作用があります。

だからこそ、ブースターオイルとして(洗顔後の)化粧水の前に付けて、潤いの土台を作ることができるのですね。

皆さまも夜のスキンケアで、ブースターオイルをお試しになってみてはいかがでしょうか?

その後の化粧品の浸透が良くなることを感じていただけると思いますよ。

* 神グウ 先生の前編の記事は、下からご覧ください。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:小顔エステサロン りーふとーん 神グウ セツコ 先生、「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから