キレイの先生

ホーム > 美肌 > オイル美容 > 

ブースターオイルの効果は?化粧水の前にオイルを付けると?

小顔エステサロン りーふとーん  神グウ セツコ 先生

化粧水の前にオイルを付ける? ブースターオイルの効果とは

「キレイの先生」編集部です。

化粧水を付けて、美容液を使い、最後に乳液・クリームでふたをする。

スキンケアの基本的な順番ですね。

では、オイルは、スキンケアでどのタイミングで使うのがいいのでしょうか?

私は、化粧水の「後」に使うものだと思っていました。

ただ、オイルは、化粧水の「前」にオイルを使うこともできるといいます。

それを、「ブースターオイル」といいます。

今回は、小顔エステサロン りーふとーん の神グウ セツコ 先生に、「ブースターオイル」について取材させていただきました。

化粧水の前にオイルを付けることで、どんな効果を期待できるのでしょうか?

ブースターオイルには、どんなオイルを使うことができるのでしょうか?

神グウ 先生に教えていただきました。

目次

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

ブースターオイルの効果

ブースターオイルとして使えるのは?
・アルガンオイル
・アロマブレンドオイル

まとめ

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

乾燥肌は化粧品が浸透しづらい?

「潤いのあるお肌」とは、水分と油分のバランスが取れているお肌のことをいいます。

肌には油分も必要?

「キレイの先生」編集部です。お肌の潤いには「水分」が欠かせませんが、どうして「油分」も必要なのでしょうか?

皮膚は、毛穴から「皮脂(ひし)」という油分が分泌されています。皮脂は、汗などの水分と混ざり合って、天然の保護膜(皮脂膜・ひしまく)を作ります。この皮脂膜には、お肌の水分が蒸発しないように防ぐ水分保持の役割があります(他にも、外部の刺激からお肌を守る役割などもあります)。

そのため、皮膚に油分が不足していると、中の水分が蒸発して乾燥につながりやすくなります。

最近の化粧品はべたつくのを嫌い、さっぱりしたテクスチャーのものも多く、クリームをお使いになっていない方もいらっしゃると思います。

サロンのお客様のお肌をみていても、油分が足りずに乾燥されているケースが多く見受けられます。

そして、お肌の乾燥が激しすぎると、化粧品の浸透も悪くなります。

乾燥肌では化粧品の浸透が悪いワケ

「キレイの先生」編集部です。あるエステサロンの先生は、スキンケアについて、お肌を「畑」に例えられました。畑の土が乾燥していて干からびているところに水をやると、どうなるでしょうか? 水は浸透しづらいはずです。水をしっかり吸収させるには、ふっくらとやわらかい土に耕すことが大切です。

スキンケアにも、同じことが当てはまります。お肌の乾燥が激しくて固くなっていると、スキンケア化粧品も浸透していきづらいです。それでは高価な化粧品を使っても、本来の効果は期待できませんね。化粧品をしっかり浸透させるためにも、お肌の状態を整えることは、とても大切なことです。

ブースターオイルの効果

ブースターオイルの効果

サロンでは、(小顔矯正のお客様で)お肌に油分が足りずに乾燥気味の方には、ホームケア用のワンアイテムとして「ブースターオイル」を差し上げています。

ブースターとは、「後押しする」という意味です。

ブースターオイルは、(洗顔後の)化粧水を付ける前にお肌に塗りこんでいただくオイルのことをいいます。

お肌を柔らかくして潤いの土台を作り、その後に使用する化粧品の浸透を助け、いつものスキンケアを底上げする効果が期待できます。

その上で、不足している良質な油分をお肌に補うこともできます。

ブースターオイルの使用をおすすめしたお客様は、小顔矯正のメンテナンスにご来店いただくたびに、お肌がふっくらつやつやになっていきます。

ブースターオイルは、洗顔後に3~5滴をお肌に塗り込みます。

そして、お肌にオイルがなじんだら、化粧水を付けます。

ブースターオイルの使い方

「キレイの先生」編集部です。私は最初、オイルは化粧水の「後」に付けるものだと思っていました。それは、油分がスキンケアの「ふた」になるからです。ただ、オイルにはお肌をやわらかくする効果も期待できます。だからこそ、オイルを(洗顔後の)化粧水の前に付けることで、お肌をやわらかくしてスキンケアの土台作りになります。

ブースターオイルを取り入れたスキンケアの手順は、下のようになります。

1. クレンジング・洗顔

2. 【ブースターオイル】

3. 化粧水

4. 美容液

5. 乳液・クリーム

サロンのお客様には、朝は顔の「むくみ流し」、夜はこのブースターオイルでのケアをおすすめしています。

ブースターオイルとして使えるのは?

ブースターオイルとして使えるのは?

ブースターオイルに使えるのは、キャリアオイル(植物油)です。

キャリアオイルには、「ローズヒップオイル」や「マカダミアナッツオイル」、「ホホバオイル」など、色々な種類があります。

アルガンオイル

キャリアオイルの中でも、サロンでおすすめしているのは、100%ピュアなアルガンオイルです。

アルガンオイルは粒子が細かいので浸透が良く、べとつきが少ないという特徴があります。

また、アルガンオイルに含まれるビタミンEとカロテンが、肌荒れの改善に良く、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにもぴったりです。

アロマブレンドオイル

サロンでは、お客様のお肌の状態に合わせ、キャリアオイルに数種類のアロマオイルをブレンドすることもあります。

ご自分で手作りされる場合は、ひとつのアロマをブレンドするシンプルなレシピでも、十分な効果が得られると思います。

作り方は、キャリアオイル20mLに、アロマオイル1滴です。

もし、アルガンオイルにプラスするなら、美魔女のアロマオイルといわれる「フランキンセンス」などが使いやすいでしょう。

フランキンセンスは、皮脂のバランスを整え、シワやタルミを防ぐ収れん効果などに優れています。また、鎮静作用・保湿作用・血行促進効果、・酸化作用があり、アンチエイジングにつながるアロマオイルです。

アロマオイルをブレンドすることで、アロマオイルの持つ効果を加えることができます。

ただ、ブースターとしての効果は、キャリアオイルだけでも十分だと思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

お肌が乾燥しすぎていると、化粧品を付けても浸透が良くありません。

化粧品を浸透させて最大限の効果を得るためには、お肌の状態を整えることも大切です。

キャリアオイルには、お肌をやわらかくする作用があります。

だからこそ、ブースターオイルとして(洗顔後の)化粧水の前に付けて、潤いの土台を作ることができるのですね。

皆さまも夜のスキンケアで、ブースターオイルをお試しになってみてはいかがでしょうか?

その後の化粧品の浸透が良くなることを、お感じいただけると思いますよ。

今回取材した神グウ セツコ 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

バラの香りが良く癒されました。ゲル状でも、オイルが配合されているため、うるおい感があり浸透も良かったです。これだけで手入れが終わるので、忙しい女性におすすめできます。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:小顔エステサロン りーふとーん 神グウ セツコ 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年11月18日に公開した『化粧水の前にオイルを付ける? ブースターオイルの効果とは』を再編集しました。

本日のキレイの先生