キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

美肌効果ばっちりの洗顔方法!すすぎの回数は30回がベスト

Hello-g project !!  千葉 敬子 先生

美肌効果ばっちりの洗顔方法!すすぎの回数は30回がベスト

「キレイの先生」編集部です。

「洗顔は泡で洗う」

はい、大切なことです。

「すすぎの回数は30回以上がおすすめ」

…!?

以前、Hello-g project !! の千葉 敬子 先生に話をお聞きし、驚いたことです。

すすぎは、ただ洗顔料を洗い落とすための「作業」だと思っていました。それ以上でも、それ以下でもないと…。

ただ、洗顔のときのすすぎによって、お肌は変わるといいます。

千葉 先生の前回の記事でも、洗顔方法についてはお話しいただきました*。

それをもう少し詳しく教えていただきたくて今回、千葉 先生に改めて話をお聞きしました。

洗顔は、どんな方法で行うのがおすすめなんでしょうか? そして、すすぎの回数を30回以上すると美肌にも効果があるのは、どうしてなんでしょうか?

前回の記事と一部、重複する内容があるかもしれませんが、今日の洗顔方法から変えられることですので、ご参考にしてみてください。

* 千葉 先生の前回の記事は、「生理前の肌荒れはどうして?対策は月経の捉え方を変えること」をご覧ください。

目次

洗顔が大切な理由

洗顔の効果
・美肌
・脳のリセット
・老化予防

クレンジングの必要性
・ポイントメイク落としについて

洗顔の方法
・洗顔料の種類
・1. 泡立てる
・2. 顔を洗う
・3. すすぎ
・4. タオルで拭く

朝の洗顔

まとめ

洗顔が大切な理由

洗顔が大切な理由

洗顔は、顔の汚れを取ることが目的です。

私はスキンケアで、洗顔がもっとも大切だと思っています。洗顔をしっかり行うことで、その後の化粧水・美容液・クリームは、さらに威力を発揮します。

それは、洗顔には「ホメオスタシス」を機能させる役割があるためです。

人の身体には、「ホメオスタシス」という性質があります。これは「恒常性」という意味で、元の状態に戻そうとする作用のことをいいます。

お肌にも、この性質があります。

例えば、お肌は乾燥してくると汗や皮脂を出して、皮脂膜を張ろうとします*。それによって、皮膚の水分が蒸発しないように防ぐのです。

さらに皮脂膜は、細菌・汚れ・紫外線などから、皮膚を保護してくれます。

しかし、お肌が汚れていると、ホメオスタシスは機能しません。

洗顔は、顔の汚れを取ることで、お肌をリセットします。それによって、ホメオスタシスも機能するようになるのです。

だから洗顔は大切なのです。

* 編集部:皮膚は、毛穴から皮脂(油分)が分泌されていて、汗(水分)と混ざり合って、「皮脂膜」という保護膜を作ります。乾燥肌で皮脂の分泌増加につながることは、「顔のテカリの原因は肌の乾燥でも?乾燥性脂性肌のスキンケア」でもご紹介しています。合わせてご覧になってみてください。

洗顔の効果

洗顔の効果

美肌

洗顔の効果を考えるには、畑を想像していただくと分かりやすいと思います。

干からびた畑には、水をあげてもなかなか入りません。

お肌もそれと同じで、皮膚が耕されていてやわらかくなっていないと、化粧水・美容液・クリームがしっかりと入っていきません。効果もあまり感じられないかもしれません。

そこで、皮膚を耕す役割があるのが、洗顔です。

洗顔は、顔の汚れを落として、皮膚をやわらかくします。それによって、その後の化粧水などの入りも良くなるのです。

そして、古い角質*を落とすことで、下のような効果も期待できます。

・お肌がワントーン明るくなる
・透明感のあるお肌になる
・お肌につややかさが出る
・お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する
など

しっかり洗顔をしてからタオルで拭いた後に鏡をみると、顔色が変わっているのがお分かりになると思います。

そのときのお肌の状態をみると、「これは続けた方がいい」とお感じいただけるはずです。

* 編集部:皮膚の表面にある古い肌細胞のこと。

脳のリセット

「皮脳同根(ひのうどうこん)」という言葉があります。

これは、生命体が生まれるときに、皮膚と脳の細胞が同じルーツにあることをいいます。

お肌と脳は、つながっているといえるのです。

例えば、スキンタッチで「心地良いな」や「ちょっと嫌だな」と感じたり、マッサージでリラックスできたりするのは、それも関係しているのでしょう。

そのため洗顔は、お肌をリセットするのと同時に、脳のリセットにもなります。

眠気があるときに顔を洗ってシャキッとするのは、まさにそういうことです。

老化予防

顔の老化は、耳裏や首から表れます。

そのため、洗顔するときは、耳裏まで洗うことをおすすめします。

また中医学では、耳は生殖部とつながっているとされています。

生殖部はホルモンとの関係も深いため、耳を洗うことで老化防止(アンチエイジング)の期待もできます。

クレンジングの必要性

クレンジングの必要性

現在のクレンジングには、いちどで落とし切れるタイプや、シート状のタイプなど、便利なものが市販されています。

「これを使えば、洗顔はしなくていいのかな」とお思いになられる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、クレンジングと洗顔では、落とす汚れの種類が違います。

■ 落とす汚れの種類
・クレンジング:油の汚れ
・洗顔:水で落とす汚れ

そのため、例えば「いちどで落とし切れるクレンジング」をお使いになっていても、洗顔は別で行うことをおすすめします。

では逆に、普段メイクをされない方はいかがでしょうか? メイクを落とす必要がないため、クレンジングの必要はないでしょうか?

クレンジング・洗顔で落とす顔の汚れには、大きく分けて、「お肌から出てくる汚れ」と「外からくっつく汚れ」の2種類があります。

a) お肌から出てくる汚れ
垢、汗、皮脂、など

b) 外からくっつく汚れ
メイク、汚れ、など

もしメイクをしていなくても、大切な天然のクリームである皮脂膜は、残念なことに時間が経つと酸化して汚れになってしまいます。そしてその汚れは、油分なので、水で落とすことはできません。

それを洗顔で落とそうとすると、洗浄力の強い洗顔料をお使いになることでしょう。

洗浄力が強ければその分、お肌にも負担がかかります(逆に、お肌に優しいものは、洗浄力もマイルドなものといえます)。

そのため、メイクをしていなくても、クレンジングから始めて洗顔を行うことを習慣化しておくと良いでしょう。

また、メイクはされていなくても、日焼け止めを塗ることはあると思います。特に夏場に市販されている日焼け止めは、汗水に強いウォータープルーフのタイプが多いです。

それを落とすのも、やはりクレンジングです。

ポイントメイク落としについて

(洗顔前に行う)クレンジングの話になったので、もう少しだけ続けます。

ファンデーションなどの「面」と、アイメイクなどの「ポイント」では、メイクの内容が違います。

ポイントメイクは、細かいところまで時間をかけてメイクすると思います。

クレンジングも、メイクをするときと同じ意識を持って、ポイントメイクはポイントで丁寧にメイクを落としてほしいと思います。

特にアイメイクは、目の際までメイクすることでしょう。それを、コットンや綿棒で丁寧に落としていきます。

全体のクレンジングだけでは、ポイントメイクはなかなか落とし切れません。残ったメイクの汚れは色素沈着し、シミやクマなどにつながる場合もあります。

また、目の周りをゴシゴシと洗うと小じわにつながるので、気を付けましょう。

洗顔の方法

洗顔の方法

洗顔料の種類

洗顔料は、肌質や普段のスキンケアの状態に合わせてお選びいただければ大丈夫です。

これからご紹介する方法を行っていただければ、それほど高価なものをお選びいただかなくても良いと思います。

一般的には、固形石鹸は洗浄力が高いものが多いです。お肌の汚れがひどいときや、脂性肌の方に、合いやすいでしょう。

チューブ状のフォームタイプの洗顔料は、使いやすいです。また、製造過程で有効成分を入れやすいため、美容成分のしっかり入ったものが多いのも特徴です。

1. 泡立てる

お肌は、摩擦がダメージになります。

洗顔も、手では洗いません。泡を転がすようにして、「泡」で顔を洗います。

そのため洗顔では、「泡」が大切になります。

力を入れなくてもお肌の上ですべり、簡単には流されない、しっかりした泡が良いでしょう。

ひとつの目安が、泡を乗せた手を垂直に立てても、泡が垂れてこないくらいの固さです。

泡が垂れるのは、水分が残っていて、洗顔料と水が乳化しきっていないということです。そしてその状態では、まだ泡の粒が大きいです。

泡の粒は、大きさが毛穴よりも小さくなければ、毛穴の中まで入ってきれいにすることができません

垂直にしても垂れないくらいの固さの泡が、小さい粒でそろっているといえます。

泡を立てるには、「泡立てネット」が便利です。

もしお持ちでなければ、洗面ボウルなどに洗顔料と水を入れて、手をブラシのようにして混ぜて、泡立てることもできます。他にも、身体を洗うときのナイロンタオルなども、泡立てにお使いいただけます。

ただ、水の量の加減が難しいため、やはり泡立てネットをお使いいただくのが、いちばん簡単だと思います。

2. 顔を洗う

洗顔料を泡立てたら、泡を転がすようにして顔全体を洗います。

このとき、顔を「下から上、中心から外側」に洗うようにすると、フェイスマッサージにもなります。

洗顔の方法 顔の洗い方

また、下の場所は洗い忘れやすいので、そこもきちんと洗うようにしましょう。

・耳裏
・眉の中
・小鼻
・鼻の下
・口周り
・髪の生え際
など

3. すすぎ

洗顔の方法 すすぎ

洗顔でもっとも大切なのが、「すすぎ」です。

すすぎは、「単に洗顔料を落とすため(のこと)」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、すすぎを変えるだけで、お肌は変わると思います。

すすぎの回数の目安は、30回です。それは、下のようなイメージを、お持ちになってみてください。

・最初の10回:泡を洗い落とす

・次の10回:毛穴の奥の汚れを洗い落とす

・最後の10回:スキンケアでお肌に水分を与える

すすぐときの水は、人肌くらいの温度のお湯が良いでしょう。

例えば夏に毛穴を引き締めたいときは、最後の何回かを冷たい水で行っていただいても大丈夫です。

また、お肌は摩擦でダメージを受けてしまいますから、手でゴシゴシするのではなく、水に顔をひたすイメージですすぎましょう。

4. タオルで拭く

洗顔を終えて、顔をタオルで拭くときは、顔にタオルを優しく当てるだけで、動かさないようにしましょう。

タオルの繊維は、お肌よりも固いです。

そのため、それでこすってしまうと、お肌には刺激が大きくダメージを受けてしまいます。

朝の洗顔

朝の洗顔

ここまでは基本的に、夜の洗顔方法についてお話しました。

朝は、夜と同じ洗顔をする必要はありません。それは、目的が違うためです。

夜の洗顔は、顔の汚れを落として、お肌をリセットします。それに対して朝は、夜から朝にかけての皮脂やほこりの汚れを軽く落とすのが目的です(また、目覚まし効果もあります)。

そのため朝の洗顔では、必ずしも洗顔料を使わなくても良いでしょう。あまりきれいに洗いすぎてしまうと、夜の間に作られた天然クリーム*までも落としてしまいます(ただ、寝ている間に皮脂が多く出ていたら、ファンデーションがよれる原因にもなってしまいますので、洗顔料を使うなど、そのときのお肌の状態に合わせて顔を洗うことが大切です)。

洗顔料を使用しない場合は、すすぎの回数も、10~15回で十分でしょう。

人肌くらいのお湯を使うのがいちばんですが、普通の水でも大丈夫です。目覚ましにシャキッとしたいときは、冷たい水をお使いになるのも良いですね。

顔がむくんでいたり、目が腫れぼったかったりするときは、氷タオルを乗せる方法もあります。

* 編集部:皮脂膜のことです。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

洗顔は、泡で洗う。手でゴシゴシ洗うと、摩擦で刺激になって、お肌が傷ついてしまう。そのことは、私も知っていました。

ただ、その後のすすぎは、泡を洗い流すための「作業」くらいにしか考えたことがありませんでした。

でもすすぎは、泡を落として、毛穴の中もきれいにして、さらにお肌に水分を与える、といった大切な役割があったんですね。

千葉 先生から教えていただいた洗顔方法は、今夜からでも始められる内容です。

皆さまもお試しになって、鏡の前で顔の変化を比べてみてはいかがでしょうか?

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Hello-g project !! 千葉 敬子 先生、「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】毎日のスキンケアにちょっとしたヒントを

2回に分けるメイクの落とし方!よく落ちるクレンジング方法

努力の必要ゼロ!顔のリンパ流しにもなるスキンケアの方法!

オイル美容法とは?スキンケアでの美容オイルの使い方と順番

本日のキレイの先生

7300005_b

千葉 敬子 先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから