キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

お肌の曲がり角は何歳?年齢ごとに出やすい症状と対策方法!

クレセント Aroma & Natural Style  村上 由紀子 先生

お肌の曲がり角は何歳?どんな症状が出て対策法のおすすめは?

「キレイの先生」編集部です。

「お肌の曲がり角」という言葉、普段何気なく使っていませんか?

でも、「お肌の曲がり角」とは何なのでしょうか?

「メイクのノリが悪くなる?」、「シミやしわが増える?」、なんとなくそんなイメージはあります。

そこで今回は、クレセント Aroma & Natural Style の村上 由紀子 先生に、「お肌の曲がり角」について、取材をさせていただきました。

村上 先生はプライベートサロンのセラピストをされながら、アロマセラピーの講師をされていらっしゃいます。

お肌の曲がり角は、年齢的には、何歳くらいのときに迎えるのでしょうか?

どのような症状が出て、どんな対策をすると良いのでしょうか?

村上 先生に教えていただきました。

目次

お肌の曲がり角 [0期]20歳
・原因
・症状
・対処法

お肌の曲がり角 [1期]28歳
・原因
・症状
・対処法

お肌の曲がり角 [2期]35歳
・原因
・症状
・対処法

お肌の曲がり角 [3期]49歳
・原因
・症状
・対処法

エイジングケアにおすすめのアロマ

お肌の曲がり角について

まとめ

お肌の曲がり角 [0期]20歳

お肌の曲がり角 [0期]20歳

お肌の曲がり角は、(個人差はありますが)3回あるといえると思います。

ただその前にまずは、「0期」ともいえる20歳頃のことからお話しさせていただきます。

「20歳から、もうお肌の曲がり角なの?」と驚かれるかもしれません。体感はないかもしれませんが、実は体内では変化が始まっています。

原因

私たちの身体は、「体内酵素」を持っています。これは、食べ物から摂れる「食物酵素」とは違い、体内で生成されているものです。

酵素は、「消化酵素(食べ物を消化する酵素)」と「代謝酵素(代謝を働かせる酵素)」に分けられます。ここでポイントになってくるのが、代謝酵素の方です。

人は生きている限り、空気を吸っているだけでも、身体は酸化していきます。代謝酵素は、その酸化をやっつける(除去する)働きがあります。細胞の錆びを取るようなイメージです。

ただ、この体内酵素は、20歳をピークにして劇的に減少していきます(10代の頃は、病気やケガの治りが早いのは、体内酵素の量が多いことも理由にあります)。

体内酵素が減ると、細胞の酸化の除去力も弱まりますから、細胞も正常に動かなくなってきます。それが、「老化」です。

つまり、人は20歳を過ぎると、もう身体の老化が始まっているといえます。

酵素がないと生きられない?

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、私たちは酵素がなければ、一秒たりとも生きることはできないといいます。そのくらい、人にとって、酵素は大切なものです。

症状

ただ20代ではまだ、お肌の変化を感じる方は少ないと思います。

それは20代の頃は、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)の周期が正常だからです。

ターンオーバーとは、お肌の細胞が生まれ変わる周期のことをいいます。肌細胞は基底層で生まれて、少しずつ表面に上がっていって、古くなったものが剥がれ落ちていきます。その正常な周期は、28日といわれています。

ターンオーバーについて

「キレイの先生」編集部です。皮膚は、新しい肌細胞が「基底層(きていそう)」で生まれて、それが少しずつ表面に上がって、最後は古くなったもの(角質)が剥がれ落ちて、日々新しく生まれ変わっています。

1100151_a04

下の記事でも紹介していますが、ターンオーバーが正常に働くことで、お肌はうるおいのある健康的な状態を保つことができます。

ターンオーバーが正しく働いていれば、例えば紫外線を浴びてシミのもとが出来ても、それはターンオーバーで排出されて、シミにつながることはありません。20代の頃、日焼けしても跡に残りにくいのは、そのためです。

また、ターンオーバーが正常に働くことで、角質*2も美しく新しい状態を保つことができます。角質にはお肌のバリア機能があって、紫外線など外部の刺激からお肌を守っています。それも、健康的なお肌を保つには大切なことです。

20代のターンオーバーの周期は、28日といわれています。つまり、正常な周期ですね。

そのため、20歳を境にして体内酵素が減少して身体の中は変わり始めますが、ターンオーバーの周期は正常のため、お肌の衰えあまり感じずにいられるかもしれません。

対処法

ただ、20代でお肌の変化をあまり感じなくても、早い内から下記を心がけることをおすすめします。

■ 紫外線対策
紫外線を浴びると、活性酸素が発生する原因にもなります。活性酸素は身体を酸化させて老化を早めるため、紫外線対策は必須です。

■ 生活習慣
適度な運動をする、ストレスをためない、バランスの良い食事、睡眠時間をしっかり取る、といった基本的なことも大切です。

■ お肌の保湿

これら基本の3つは、それ以降も常に大切なことです。エイジングケアの基本とお考えください。

お肌の曲がり角 [1期]28歳

お肌の曲がり角 [1期]28歳

最初にお肌の変化を感じるのが、20代後半から30歳くらいだと思います。

私自身は、30歳を迎える頃にお肌の変化を実感しました。また漢方では、女性の身体は7の倍数で変わるといわれていますので、ここでは1回目のお肌の曲がり角を「28歳」としたいと思います。

原因

先程、ターンオーバーの正常な周期は28日とお話しました。

ただ、その周期は年をとるにつれて長くなり、30歳では40日になるといわれています。その分、古い角質もはがれ落ちづらくなって、お肌のバリア機能も乱れてしまいます。

また20代から、お肌の弾力成分「コラーゲン」・「エラスチン」、保湿成分「ヒアルロン酸」も減少し始めます。

他にも、ストレスや不摂生などの生活習慣の乱れが、それまでのようにリカバリーできずに、お肌の状態に直結しやすくなると思います。

症状

この年代から大きく感じるようになる悩みのひとつが、シミです。

それまでは、日焼けしてもシミのもとを排出できていたのが、ターンオーバーの周期が長くなったことでそれが残ってしまい、シミにつながります。

また、コラーゲンやヒアルロン酸の減少で、お肌はそれまでよりも乾燥しやすくなっています。

保湿不足でお肌が乾燥していると、皮脂(ひし)のバランスが崩れて、毛穴が開いたように見えてしまいます(毛穴の開き)。

皮脂について

「キレイの先生」編集部です。皮脂は、毛穴から分泌している油分で、皮膚の表面で汗などの水分と混ざり合って天然の保護膜「皮脂膜」を作ります。皮脂膜には、皮膚の水分が蒸発するのを防いでいる役割があります。お肌が乾燥していると、皮膚の水分を保つように、身体は皮脂の分泌を増やそうとします。それによって、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の開きなどの原因にもなります。

対処法

この年代でしたら、先程の基本(紫外線対策・生活習慣・保湿)をおろそかにしなければ、お肌の状態もまだまだ十分に挽回することはできます。

保湿は、化粧水をしっかりつけてあげる、1回で潤わなければ繰り返し何度も入れ込むようにします。ローションパックもおすすめです。

ローションパックの方法

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、ローションパックの上からラップをかけたりすると、保湿効果をさらに高めることができます。

また食事面では、下記のような栄養素を摂ることをおすすめします。

■ シミ対策に良い栄養
ビタミンC、ビタミンA、など

■ 皮脂のバランスを整えるのに良い栄養
ビタミンB2、ビタミンB6、など

お肌の曲がり角 [2期]35歳

お肌の曲がり角 [2期]35歳

私が2回目のお肌の変化を感じたのが、35歳のときでした。

これは個人差がありますから、30代後半にお肌の変化を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

原因

その原因のひとつは、これまでにも出てきたターンオーバーです。40代では、ターンオーバーの周期は55日になるといわれています。

そしてもうひとつ、この年代のお肌の変化は、ライフスタイルが大きく関係しているように思えます。

そのくらいの年齢になると、仕事でも責任が重くなってきたり、主婦の方も家事や育児に追われたりして、自分のことが後回しになりがちです。

その結果、ケアがおろそかになってしまい、それがお肌に表れる、というのもあると思います。

症状

この年代になると、下記のような悩みが増えてきます。

・シミ
・くすみ
・ほうれい線
・大人ニキビ
など

対処法

忙しくて自分のことを後回しにしがちな時期ですが、ご自分のケアをおろそかにしないことを心がけましょう。

基本の紫外線対策・生活習慣・保湿が大切なのは、これまでと同じです。

特に保湿は、化粧水で外から潤いを与えてあげるのもそうですが、水分を摂って身体の中から保湿することも大切です(お茶類等はノンカフェインであっても嗜好品と考え、「水」を飲むことを心がけましょう)。とにかく、「保湿、保湿、保湿」です。

そして、くすみを取るには、代謝を上げることです。それには、下記のようなことがおすすめです。

■ 食事で栄養を摂る
代謝を上げるのにおすすめの栄養素は、ビタミンB、ビタミンEです。
また、食べ物から「食物酵素」を摂り、体内酵素をできるだけ代謝に回すようにすることも効果的です*。

■ 血流を良くする
血流が良くなれば、くすみも改善します。また、老廃物の回収もスムーズになります。
それには、運動が効果的です。体全体の血流を良くすることは、顔のお肌にも関係してきます。もちろんフェイスマッサージなども、お顔の血行を良くすることができます。

お肌の曲がり角 [3期]49歳

お肌の曲がり角 [3期]49歳

最後のお肌の曲がり角といえるのが、50歳あたりです。

個人差はありますが、この年代になると、お肌の衰えを感じやすくなると思います。

原因

その原因のひとつはやはり、ターンオーバーです。50歳になると、ターンオーバーの周期は75日になるといわれています。

そしてもうひとつの原因に、女性ホルモンがあります。

その年代になると、閉経やそれに近い時期となり、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

女性ホルモンには、「美のホルモン」ともいわれるエストロゲンがあり、美しいお肌作りにも大きく関係しています。

その女性ホルモンの減少も、お肌の衰えを感じるようになる原因です(他にも、コラーゲン等も減少し、お肌の衰えは進みます)。

また、更年期(閉経の前後10年間)は、精神的なバランスを崩しやすい時期でもあります。心と身体はつながっていますから、その精神的な不調がお肌に表れてしまうこともあります。

症状

この年代では、下記のような悩みが増えてきます。

・シミ
・細かいしわ
・たるみ
・ハリ不足
・化粧ノリが悪くなる
など

対処法

この年代になりましたら、紫外線対策や保湿にこれまで以上に手をかけ、必要に応じて基礎化粧品にお金をかけるようにしても良いかもしれません。

また、お肌のたるみやハリ不足は、筋力の衰えから来ます。

そのため、マッサージで血流を良くしたり、お顔の筋肉を正しい位置に戻してあげたりすると効果的です。

そして、アロマトリートメントやエステサロンなどを利用して、プロの手で定期的にケアしてもらうこともおすすめです。

サロンでは、ご自分ではなかなか行き届かない部分までケアすることができます。また、ご自分の身体の状態に気付き、自分自身と向き合える機会にもなると思います。

デイリーケアをしっかり行うことと、定期的なプロのケアを受けることの二本立てが、この年代のエイジングケアにはおすすめです。

エイジングケアにおすすめのアロマ

エイジングケアにおすすめのアロマ

私はアロマセラピストですので、エイジングケアにおすすめのアロマ(精油)を2種類、ご紹介させていただきます。

ひとつは、「フランキンセンス」です。これは、エイジングケアNo.1ともいえるアロマです。

キャリアオイル(植物油)で0.5〜1%程に希釈して、フェイシャルオイルとして使うのがおすすめです。

美肌の精油「フランキンセンス」

「キレイの先生」編集部です。下の記事でも紹介していますが、フランキンセンスは「美肌の精油」として知られ、化粧品にも使われたりしています。

そしてもうひとつが、「ローズ」です。バラ(ローズ)の香りは、女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれます。

ローズの精油は、その香りを嗅ぐだけで女性ホルモンを整える効果を期待出来ますので、部屋に香らせたり、アロマスプレーや香水などを作って携帯したりしておくのも、おすすめです。

お肌の曲がり角について

お肌の曲がり角について

「お肌の曲がり角」というと、マイナスの印象があると思いますが、それは言い換えれば「お肌の転換期」です。

「ああ、身体も変わってきているんだな」ということを知るきっかけにして、その気付きから生活習慣を改善したり、スキンケアに気をつけたりするようにすれば良いのです。

「お肌の曲がり角」をあまり悪いものと捉える必要はないのではないでしょうか?

繰り返しになりますが、大切なのは「紫外線対策」・「生活習慣」・「保湿」です。

早い内から、これらの基本のことを心がけてほしいと思います。

まとめ

「キレイの先生」編集部です。

お肌の曲がり角が年齢的にはどのくらいに訪れて、どんな症状が出やすいのかを知っておくと、対処法もみえてくると思います。

今回の取材で印象的だったのは、お肌の曲がり角への捉え方です。

「お肌の曲がり角」という言葉には、良いイメージはありません。

ただ、それを悪いこととして捉えるのではなく、村上 先生のおっしゃたように、それをきっかけに捉えるようにすると良さそうです。

個人差はありますが、生きている以上、お肌が衰えていくのは仕方のないことです。

それを「お肌の曲がり角だ…」とあきらめてしまうのではなく、それまでの生活習慣やスキンケアを改善するきっかけにしていきたいものですね。

今回取材した村上 由紀子 先生に「キレイの先生 バラに満ちるオールインワン」をお試しいただきました!

ゲルタイプの美容液は、保湿力が優れているのが好きで普段からよく使っているのですが、この商品は、保湿はもちろん、夜使うと翌朝のハリが素晴らしかったです。最初は化粧水とクリームをプラスして使っていましたが、本当にこれ1本で大丈夫でした。忙しい朝や疲れて眠い夜でも、負担なくスキンケアできる強い味方だと思います。

バラに満ちるオールインワンとは

エステオーナー100人以上の教えを詰め込み、水を一滴も加えずバラ水に置き換え、バラのチカラで年齢肌をうるおわせます。

※個人の感想で、効果・効能を保証するものではありません。


(取材:「キレイの先生」編集部 文:クレセント Aroma & Natural Style 村上 由紀子 先生、「キレイの先生」編集部)

* 2016年5月23日に公開した『お肌の曲がり角は何歳?どんな症状が出て対策法のおすすめは?』を再編集しました。

本日のキレイの先生