キレイの先生

ホーム > 美肌 > スキンケア > 

肌の状態をチェックする肌カルテから学ぶ!キメ・角質とは?

リンパ&腸セラピーエイジングケアサロン Lepasi  森 弓子 先生

肌の状態をチェックする肌カルテから学ぶ!キメ・角質とは?

「レパシィ」では、お肌の状態を細胞レベルからチェックした、「肌カルテ」を元にしたトリートメントも行っています。肌カルテでは、お肌のキメや、角質の状態などをみることができます。

肌カルテとは

肌カルテは、
1. 問診票にお答えいただき
2. お肌の細胞のサンプルを取らせていただくと
データをお出しすることができます。

サンプルは、右頬・左頬・お肌の気になるところの3ヶ所から取らせていただきます(肌カルテが出るまでに少々お時間をいただきます)。

肌カルテでご確認いただけるのが、
a) 日常のお肌の状態
b) お肌の「キメ」の状態
c) 「角質」の状態
です。

今回は、b) キメ、c) 角質について、簡単にご紹介させていただきます。

どちらも、きれいなお肌には大切な要素です。

お肌の第一印象を決める「キメ」

「キメ」とは、お肌の表面の凸凹のことです。

「お肌がきれい・美しい」や「お肌が荒れている」といった評価は、このキメの状態の印象から来ています。

お肌は下記のように、凹凸があります。

お肌の断面のイメージ図

この図は、お肌の表面が皮脂膜(*1)に覆われており、お肌の内部は水分をしっかり抱え込んでいる状態です。しっかりと凹凸があり、これがキメの整っているということです。

お肌の見た目も美しく、お化粧ノリも良いです。また、外からの刺激もはね返せます。

肌カルテをみたとき、「マスクメロン」のような紋様が出ていれば、キメが整っている表れです。

マスクメロンの紋様がきれいなキメ

しかし、これが、お肌の内部の水分が減ってしまう(乾燥してくる)と、凹凸はなくなってきます。

お肌のキメも整いません。見た感じも、少し荒れた印象が出てしまいます。また、外からの刺激にも弱くなります。

肌カルテでは、このお肌のキメの状態をご確認いただくことができます。

肌カルテ

*1 編集部の補足:皮脂膜について
皮脂膜とは、皮脂(油分)と汗(水分)が混ざり合ったもので、お肌を覆っています。お肌の内部の水分が蒸発しないようにカバーする役割があり、お肌の潤いに欠かせません。

健やかで美しいお肌の鍵となる「角質」

「角質」は、お肌のもっとも表面の層で、厚さは約0.02mmしかありません。

しかし、その薄い角質が、お肌の大敵の乾燥や、紫外線などの外的ダメージからお肌を守っています。

また、角質内の水分の蒸発を防いで、お肌の潤いを保っています。

このように、お肌にとって、角質はとても大切な働きをしています。すべての肌トラブルの元を防いでいる、といっても良いでしょう。

角質は、隙間なく重なり合っているのが、理想です。

隙間がなければ、お肌の内部からの水分蒸発(乾燥)を防げ、お肌のバリア機能が高い状態です。

一方で、角質に隙間が空いていると、
・お肌の水分も蒸発しやすく(乾燥しやすく)
・外部からのダメージも受けやすく
なってしまいます。

まさに、健やかで美しいお肌の鍵は、角質にあるといえます。

肌カルテでは、この角質の健康状態が、細胞レベルでご確認いただけます。

肌カルテ2

まとめ

お肌がきれいに見える方でも、肌カルテを出してみると、改善点が見つかったりします。前回との比較もできるので、お肌の状態がどう変化したのかも、ひと目で分かります。

「お肌がきれいな方も、もっときれいに」そのヒントになるのが、肌カルテです。

いちどご自分のお肌を肌カルテでご確認されると、今後のスキンケアのヒントになると思います。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:「キレイの先生」編集部)

【編集部セレクション】キメのあるキレイなお肌を作ろう!

化粧水のつけ方!しっとりもちもち感UPする使用方法まとめ

化粧水は手よりもローションパック!5段階レベルアップ術

乾燥肌の改善!夜の入浴からスキンケアでどんな方法がある?