キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

夏に紫外線を浴びた方は要注意! 秋に肌荒れになる可能性も

サロン ド リブール  曽我部 妙子 先生

1100039_a01

海やキャンプ、スポーツ、今年の夏もレジャーをお楽しみになられましたか? 日焼け止めを塗っていても、浴びてしまった紫外線、心配ですよね。しばらくして日焼けにならなかったからと、胸をなでおろすのはまだ早いです。その紫外線の影響でお肌にトラブルが出てしまうのは、この秋かもしれません。

夏の紫外線が秋の肌トラブル(シミなど)に

なぜ、夏に浴びた紫外線が、秋になってお肌に影響が出てしまうのでしょうか?

それをご説明するには、紫外線を受けたとき、お肌の「どこ」にダメージを受けるのか、理解する必要があります。

表皮は層になった構造をしている

お肌は下記のように、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という層に分かれています。

プリント

そして、もっとも表面の「表皮」は、下記のように、さらに細かい層に分かれています。

・角質層(もっとも表面側)
・顆粒層
・有棘層
・基底層(もっとも内側)

紫外線によるメラニン生成がシミの正体

紫外線を受けると、まずお肌の表面が乾燥してしまいます。

そして、表皮のもっとも奥にある「基底層」がダメージを受け、「メラニン」を生成します。

それは、メラニンによって、紫外線が基底層よりも奥に入らないように防ごうとする、身体を守るための防御反応です。

そして、このメラニンがシミの正体です。

(編集部:メラニンの働きについては、「シミの原因を知る! 紫外線から日常のスキンケアも」も合わせてご覧ください)

ターンオーバーで秋にトラブルが表面化

私たちのお肌は、古い肌細胞(角質)がはがれ落ち、新しいお肌に生まれ変わる「ターンオーバー」が働いています。

ターンオーバーは表皮の中で行われており、基底層で新しい肌細胞が作られ、それが少しずつ層を上がっていき、最終的には角質層ではがれ落ちていきます。

先述の通り、紫外線はお肌の基底層にもダメージを与え、メラニンが生成されます。しかし、そのとき基底層にある(ダメージを受けた)肌細胞が、ターンオーバーによって表面に上がってくるのには、時間がかかります。

つまり、夏に紫外線を受けて、そのダメージが表面化するのには、時間差がある場合もあるのです。秋に表れる可能性も十分にあります。

40代のターンオーバーのサイクルは2ヶ月?

1100039_a03

ターンオーバーの理想のサイクル(基底層から肌細胞が生まれて、角質層からはがれて落ちていくまでの期間)は、28日間といわれています。

ただ、この28日間というサイクルは、子どものときのもので、年をとるにつれサイクルは長くなります(つまり、古い肌細胞がお肌に残っている時間が長くなります)。

ご自分のターンオーバーのサイクルは、おおよそ、28日間に「年齢を加えた日数」とお考えください。

例)40歳のターンオーバーサイクル
28 + 40(歳) = 68日間

そう考えると、40代になると、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)には、「約2ヶ月」かかることになります。

すると、夏に紫外線を浴びたとしても、そのとき基底層に受けたダメージは、どうなるでしょうか? 下記のように、約2ヶ月後に表面に表れます。

8月 紫外線を浴びて、表皮の基底層にダメージ
10月 基底層にあったダメージがターンオーバーによって表面化

このように、8月に受けた紫外線は、10月に肌トラブルとなって表れるかもしれません。

身体の冷えでターンオーバーがさらに遅くなる

さらに、秋や冬になると、気温も冷え込んできます。その中で、足を冷やしたりすると、冷え性になって基礎体温が下がってしまいます。

体温が下がると、代謝も下がります。ターンオーバーも、お肌の新陳代謝です。代謝が下がると、ターンオーバーのサイクルも遅くなってしまいます。

加齢でターンオーバーのサイクルが遅くなっているところ、身体を冷やしてしまうと、そのサイクルはさらに遅くなります。

その分、夏の紫外線で基底層に受けたダメージは、お肌に長くとどまることになり、シミやくすみなどで表れてしまうので、注意が必要です(現在は、夏でも、冷房の影響で冷え性になる方がいらっしゃるので、身体を冷やさないようにすることは大切です)。

お肌の「外から」「中から」保湿する

1100039_a04

紫外線でダメージを受けてしまったときは、「保湿」してケアしてあげましょう。

ただ、化粧水や美容液で保湿してあげるだけでは足りません。重要なのは、お肌の「外から」と「中から」、両方から保湿することです。

パックで「外から」、代謝を上げて「中から」

お肌の外からの保湿には、化粧水を使ったパックなどがお勧めです。

そして、お肌の中からの保湿には、代謝を上げてあげることです。代謝が上がると、体内で作られる水分の量が増えます。それが、みずみずしいお肌につながります。

例えば、子どものお肌を想像してみください。ふっくらとしていて、みずみずしいですよね。子どもは代謝が良いですから、それも、ふっくらしたお肌を作るひとつの要因です。

■ 代謝の良さがふっくらしたお肌を作るまで

・代謝が良い
 ↓
・体内で作られる水分の量も多い
 ↓
・その分、出ていく水分も多い
 ↓
・それがお肌を押し上げ、ふっくらとしたお肌を作る

このように、紫外線を受けてしまったときは、代謝を上げることを心がけてください。それによって、体内で作られる水分量が増え、お肌の中からも保湿することができます。

ターンオーバーの活性化

代謝を上げることは、ターンオーバーをしっかり働かせることにもつながります。

紫外線で基底層に受けたダメージは、ターンオーバーによって、早くはがし落としてあげることも大切です。代謝を上げるのは、その点でも改善が期待できます。

まとめ

お客様には、この例え話をよくさせていただくのですが、お洋服に醤油をこぼしてしまったとき、すぐに洗い落とさなければ、シミになって残ってしまいますよね。

夏に受けた紫外線も同じです。その年の内に、ケアするようにしてください。夏に紫外線を浴びてしまったら、9~11月のスキンケアがとても大切です。

(取材・文:「キレイの先生」編集部)

本日のキレイの先生