キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

どんな肌トラブルが?ターンオーバーの周期28日が乱れると

Yukako エイジレス・ビューティー  Yukako 先生

1100036_a01

お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は、きれいなお肌を作るための基本です。ターンオーバーの周期が乱れてしまうと、肌トラブルにつながることは想像できると思います。では、どんなトラブルが表れやすいのか、周期が乱れてしまう原因も含めて、みていきたいと思います。

周期の「遅れ」による肌トラブル

ターンオーバーの理想の周期は、28日間です。しかし、20歳前後を境にして周期が遅くなり始めるというデータにもあるように、年を重ねるにつれ、周期は遅くなっていきます(詳細は「お肌の新陳代謝「ターンオーバー」! 美肌の基本をおさらい」をご覧ください)。

お肌が生まれ変わるサイクルが長くなるわけですから、お肌にも影響が表れることは想像に難しくありません。

まずは、ターンオーバーの周期が遅くなることで、どんな肌トラブルが起こりやすいかをみていきましょう。

お肌が固くなって「しわ」が目立ちやすくなる

新陳代謝が遅くなることで、古い肌細胞(老化角質)が長い期間、お肌の表面に残るわけですから、お肌は厚くなります。すると、水分を吸収する力や、水分を保持する力が低下して、お肌は乾燥しやすくなります。

お肌が固くなっている状態ですから、シワができると、目立つようになってしまいます。

代謝が働かず「シミ」が消えにくい

ターンオーバーによる新陳代謝がスムーズに行われていれば、シミの正体のメラニン色素も、次第に皮膚の表面に押し上げられて、老化角質と一緒にはがれ落ちていきます。

しかし、ターンオーバーが遅れてしまうと、メラニン色素が排出されずにお肌に残るため、シミが長く残ってしまいます。

お肌の厚みで「くすみ」が目立つようになる

先述のように、ターンオーバーの周期が遅くなることで、老化角質がたまってお肌は厚くなり、乾燥しやすくなります。また、シミも残りやすい状態です。そのため、お肌が暗く見える(くすみ)ようになってしまいます。

毛穴がふさがり「ニキビ」の原因にもなる

お肌が厚くなると、毛穴もそれに押されるようにして、ふさがれがちになってしまいます。すると、毛穴から皮脂が排出されずに、つまってしまいます。

その状態が、ニキビです。

(編集部:毛穴についての詳細は「【ミニコラム】「きれいな毛穴 = 美肌」」も合わせてご覧ください)。

化粧品の美容成分が浸透しにくくなる

例えば、肥えてふっくらした土壌に、お水や栄養を与えてあげると、ぐんぐん吸収しますよね。では、固いコンクリートではどうでしょうか? 当然、肥えた土壌に比べると、吸収は悪いでしょう。

お肌も同じです。ターンオーバーの周期が遅くなって、お肌が固くなると、せっかくの化粧品の栄養(美容成分)を与えようとしても、みずみずしいお肌と比べると、あまり入りづらい感覚があると思います。

周期が遅れてしまう原因

1100036_a02

ターンオーバーの周期が遅くなってしまう原因としては、まずは加齢が挙げられますが、下記のようなことも原因になると考えられています。よく「お肌に悪い」といわれていることですね。

・紫外線
・睡眠不足
・ストレス
・偏った食事
・運動不足
・血行不良
など

スキンケア不足も原因に

お食事と同じように、お肌にも化粧品で栄養を与えてごはんを食べさせてあげる必要があります。スキンケアを怠っていると、お肌も身体と同じように栄養失調となるのです。

もちろん食事やサプリメントで、身体の中からお肌に栄養を与えることも大事ですが、同じくらい外から栄養を与えることも大事です。それをできるのが、日常のスキンケアです。

「Yukako エイジレス・ビューティー」では、ターンオーバーを28日間の周期に近づける施術を行っています。老化角質を取り除くのですが、それと合わせて、お肌に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸が配合された化粧品を使って、栄養をお肌に与えてあげます。

ターンオーバーを働かせるという視点で考えたときにも、本当にお肌を良くしてくれる化粧品をお選びになることは、とても重要です。

周期の「早まり」による肌トラブル

1100036_a03

前回の記事でもご紹介しましたが、ターンオーバーの周期が早まりすぎても、「敏感肌」になり、肌トラブルにつながります。

敏感肌は、肌細胞と肌細胞の間がスカスカのため、お肌の中の水分が逃げやすく、乾燥しやすい状態です。また、お肌の表面もはがれ落ちやすくなっているため、外部からの刺激を受けやすく、かゆみが出たり、化粧品にかぶれやすかったりします。

アトピー肌も、敏感肌のひとつとお考えいただくと、分かりやすいかもしれません。

まとめ

きれいなお肌を保つには、ターンオーバーをしっかり働かせて、お肌を生まれ変わらせることが欠かせません。

ただ、そのターンオーバーの周期が遅くなったり、早まったりすると、肌トラブルにつながってしまいます。

年を重ねるにつれて、周期が遅くなってしまうのは、ある程度仕方ない面もあるかもしれませんが、生活習慣で気をつけられることもあります。今回ご紹介した、ターンオーバーの周期が遅れてしまう原因を、少しでも改善していくことが大切です。

(取材:「キレイの先生」編集部 文:Yukako エイジレス・ビューティー Yukako 先生)