キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

エステサロンFD [埼玉県 川口]  久保 信乃 先生

【プロが語る美容成分】オールマイティー成分「プラセンタ」

1100006_a01

美容成分としてすっかり定着したプラセンタエキス。私のサロンでも、開店当初からずっと使用しています。くすみやシミ、乾燥にはもちろんのこと、しわやたるみ対策に不可欠な繊維芽細胞の活性作用ももっているので、お悩みや年齢を問わず、多くの方に必要とされています。美容液としても、インナーケア(身体の内側から美容成分を摂ること)としても心強いアイテムです。

プラセンタとは

胎盤から抽出したエキスだから栄養素が豊富

プラセンタとは、胎盤から抽出した美容エキスです。一個の細胞がわずか10か月で人間に育て上げるほどの働きをもつ「胎盤」を原材料としているので、細胞賦活作用(細胞の新陳代謝を活発化させる作用)に、とても優れています。

それ以外にも、多くの働きを持っていますが、何よりもお肌本来の機能を高めてくれるので、様々な肌トラブルに対応できます。

プラセンタでお肌の生まれ変わりを活性化

私たちのお肌は毎日生まれ変わっています。新しい細胞ができて、古い細胞がはがれていく。そのサイクルを「ターンオーバー」と呼びます。健康なお肌は、28日周期でターンオーバーが行われています。ですが、年齢とともにターンオーバーの日数が増えていってしまいます。そうすると、シミが消えにくくなったり、くすみや乾燥を招いたりします。

プラセンタには、細胞分裂を促して代謝を活性化させたり、古い角質がはがれたりするのを助ける働きがあるので、本来のターンオーバー周期へと促してくれます。

肌のお悩みを選ばず

プラセンタには多くの作用が期待できます。潤いやハリを促す保湿作用、メラニン生成を抑える美白作用、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作る繊維芽細胞を活性化させる作用もあるので、一般的な化粧品では難しい、しわやたるみ対策も期待できます。

表皮の悩みも、真皮の悩みもカバーする、オールマイティーな成分と言えるでしょう。

※ニキビ肌とアトピー肌の方は、専門家にご相談の上での使用をお勧めします。

まずはプラセンタ

自分の肌質に合う化粧品が分からない、悩みにぴったりのものが分からないという方は、とりあえずプラセンタから始めてみると良いかもしれません。何種類もの美容液やサプリメントをお使いの方は、大抵のお悩みをプラセンタはカバーしているので、プラセンタひとつに絞っても良いかもしれません。

本日のキレイの先生

「キレイの先生」編集部からのお知らせ

エステサロン100店に取材してローズウォーターに魅せられ、贅沢バラ水のオールインワンを作りました

モイスチャーゲル
キレイの先生モイスチャーゲル水を一滴も加えずに、贅沢なローズウォーターで置き換えました。保湿にこだわり抜いたオールインワンで、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プロテオグリカンをはじめ、56種の保湿成分を配合しています。

150mL 定価4,860円(税込)

詳細はこちらから